フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■洋食・バール Feed

2016年2月18日 (木)

洋食堂 ゴメンネJIRO@大阪 天五

土曜日の大阪食べ歩きネタ、最終のその4です。年に何軒か非常に力を入れて書く、思い入れたっぷりなネタがあるのですが、今回もそういうお店だと思ってください。またまたネタに行くまで前振りが長いです。。。汗。

前日の金曜日、久々に大阪に行こう!という作戦を思いついて、嫁に大阪で再訪したいレストランはどこ?(ただし比較的お手軽系)という質問をしたら、

チャイナカウンターTAKE(見事な手業で1人で回しているカウンター中華。非常に上品)
ランデブー・ゼ・ザミ(がっつりなのに上品で非常にバランスが良いカフェ的ビストロ)
・TAMANEGI(お気に入りイタリアン、ボッチオが再出発したお店)

あたりがすぐにでてきたのだが、そういえばココ!と、嫁からこのお店の名前が出たとたん、もうそこに向かうしか思いつかなくなったのだ。お店の名前は「ゴメンネJIRO」。天満市場の北側にある洋食店。

多分、我々が食べ歩きをするきっかけになったお店。時空をさかのぼること1998年、1995年からNETで大阪の食べ歩き情報を流しておられたさとなおさんのHPを発見し、あーこれは美味しそう!とマークしていたのだ。
当時、本格和食やフレンチは肩が凝るので経験がなく、イタリアンに洋食に中華、それに焼肉!という偏った嗜好だったのだが、さとなおさんのリストに上がっているお店を一つ一つ訪問するのが楽しくなったのが2000年ごろ。多分リストされているお店でも相当早い段階で訪問し(現在のスフィーダの前身、トラットリア・アルチェントロのほうが先かな・・)、一発で我々の嗜好のツボにピタリとハマり、特に足しげく通った一軒が、このJIRO。まだぷらら天満が無かった時代。店名の由来は定かではないが、非常にお安くアテ系洋食が楽しめるお店だ。

初訪問以後、機会があるたび頻繁に行っていたのだが、blogを始めた2004年ごろは取材拒否のお店で、ネットには出すなとのお達し。(書くと某掲示板でタタかれたりして、汗)しかたなく過去、このネタこのネタで名前を伏せて紹介していたりする。(しかし、10年以上昔のネタは、語りのテンションが妙に高いので、今読み返すと超恥ずかしいですな、ハイ・・汗)

で、今回は前日予約なので、どうかなぁと電話してみたら、18:00の予約がスパーンと取れたのだ。いつ以来だろう、もう7・8年ぶり。。既に食べログにも出ているお店なので、いつもより気合を入れ、安心して書かせてもらうことにします。

Jiro1
天五商店街の東側、ぷらら天満の北側にビニールシートで囲まれた飲食店が複数あるブロックがある。そこが元の天満市場の中心部。その北側中央の一角に写真のお店があるのだ。カウンター席が10席、テーブル席が1つで6席(相席システムなので、3組カップルが入る場合あり)というこじんまり店内。カウンターの隅っこに我々が座ってちょうど満席に。キッチン内は既に戦場で、マスターとサービス担当のおにいさんの2人で黙々と料理をこなす。雰囲気は記憶と全く違わなかった。

Jiro2
ちと、画質が悪いですがメニュー写真。(クリックで拡大)お二人で回されているとは思えないほど種類は豊富。それに非常にお安い。名物の「ちょっとエビフライ」は15年前と変わらず、いまだ¥280なのだ!びっくりですな。。メニューは8割以上制覇していると思います。

暫し悩んで、揚げ物が超お得意なこのお店では、食うべきものを食うでしょう!ということに。(ハンバーグも美味しいので、ちょっと悩みました・・・汗)

Jiro3
料理の説明は基本無く、出来次第にゅーっと目の前に皿が付きだされるのもJIRO風。まずは、このお店では我々は外せないメニュー、牛蒡のフライ¥350が登場。コンソメ煮した牛蒡をフライにしてあるようなもので、牛蒡の風味はしっかりなのに柔らかく頂ける。それがカリッとした衣と非常~に合うのだ。タバスコとウスターソースを下品にしっかりつけると、ま、幸せ。

ワインは選択もへたくれもなく1種類。たしかグラスで¥400とかそれぐらいのお値段。(写真は、半分ほど呑んだ後です。)

Jiro4
で、牛蒡だけで嫁共々グラス赤を空けてしまい、お次の前菜盛り合わせ¥520に合わせて追加。とびっこが乗っている海老のマヨネーズ和え、スモークサーモン、カツオのカルパッチョ、それにガーリックトーストという鉄板の布陣。更に言う、2人で分けられるこのシッカリ量が¥520。

Jiro5

カキフライは4個付けで¥600。非常に大粒、且つ衣はかなりシッカリした食感で、超!アツアツに揚がっているのでうっかりかぶりつくと火傷しそう。茹で卵がしっかり入った自家製タルタルソースだけで丼飯がかき込める一品。文句無し!

Jiro9
夕方から降り始めた雨のおかげか、今日はあまり遅めの予約がなかったようで、17:30に予約された皆さんが帰った席に、飛び込みのお客さんが入れる日。ラッキーですな。狙いは雨の日、19:00前後と見た。

Jiro6
エビフライとビフカツは¥1500なりと、このお店では最高価格帯メニュー。(最高価格は、エビフライとステーキで¥1600なり)小ぶりだがさくりと揚がったぷりぷりエビフライ、それに甘まろやか系濃い口デミグラスソースがぴたりと合うビフカツ。旨くないわけがないわけで。。。。大満足!

しかし、ここに来たらやっぱりこれで〆ないわけはないでしょう~ということに。。

Jiro7
オムライスは¥850なり。どちらかというと小ぶり。が、超!濃密な仕上がりなのだ。。

Jiro8
スプーンで割ると、ふわんとテーブル周りが湯気に包まれる。ほわほわ玉子にトマト味シッカリライス、それに濃厚でビターな濃い口デミグラスソースが、ま、合わないわけがないわけで。嫁と争うようにして食べてしまうのだ。ふはー、極楽極楽。

最近、中国でも日本のドラマの影響でオムライスが大流行らしいのですが、中国からの旅行者もそのうち、このカウンターの隣でオムライスを食っていそうな予感・・。いやー大満足なりでした。

以上で、赤グラス6杯で〆て¥6000チョイという、大納得価格なり。。JIROが以前とまったく変わっていなかったこと、我々の嗜好がほぼ変化がなかったことが再確認できた夜でした。(しかし、皆、年は取りましたな・・汗) 御馳走さまでした、また、機会を狙って確実に来ます!

 

 

 

◆洋食堂 ゴメンネJIRO
住所:大阪市北区池田町8-9
営業時間:17:30~22:30(L.O) 日祝休(隔週で日営業)
TEL:06-6354-0480

2016年2月17日 (水)

けむパー@大阪 天三

で、更に土曜日の大阪食べ歩きネタ、その3です。
ホワイティのコウハクで、いい気分で昼ワインでまったりし、お次は、14:00からオープンしている燻製物が美味しいというバルを目指す。場所は天神橋三丁目。泉の広場を上がると結構な雨模様で、東通商店街を抜けて、東に東に。

1_3
やってきたのは、けむパー。けむは煙から来ていると思われるのだが、なぜに「パー」なのかは激しく謎だ。Bar、というとエレベーターが無い雑居ビルの地下1Fや3F以上にある隠れ家的なお店を想像してしまうのだが、ここはあっけらかんとした路面店で、カフェ的な明るさがあるバルなのだ。

5_4
燻製は、一時自宅でも作っていた大好きなメニューで、その種類が多いと聞いて楽しみにやってきたのだ。(メニュー写真クリックで拡大)しかし、まあ、色々と豊富に種類がそろっていますなぁ。塩チーズケーキの自家製スモークとは何ぞや!と思うのだが、まずは、お任せ盛りを2人前¥1000分お願いしたのだ。

アルコール類もバルなので、これでもか!というほど非常~に多い。拘っておられるのは日本各地の地ビールで、ウイスキーやらカクテル類も豊富。ディナーまであと2時間、軽めに呑んで、天神橋商店街を酔い覚ましに歩いて、という作戦。

2_3
カウンター上のステンレスケースに地ビールを冷やしているので好きな人はたまらんでしょうな。私は、ここならではのもの!と思って、タリスカー(とても良いスコッチウイスキー・スモーキーな味わい)のハイボールに燻製した黒胡椒をかけたという、けむパーハイボール¥1000を。嫁は、焼酎ロックにパクチーを入れたパクチー焼酎ロック(たしか¥500)をチョイス。
ハイボールは当然美味しいのだが、このパクチー焼酎が、パクチーがなんとも面白い風味を醸し出すのにびっくり。自宅でもしよう!と思った。

Photo
で、じゃじゃーんと登場、燻製盛り合わせ。自家製の鳥ハムやささみ、かまぼこに明太子、ちくわに枝豆、うずら玉子に、クリームチーズ。それに天津甘栗まですべて燻製。さらにさらに、ちくわに添えてあるマヨネーズまで燻製なのだ。いやー、やりますなぁ、これは。ちまちまと燻製をつついて、カウンター内の男前三名と常連さんの話に耳を傾けながら、超まったりしてくるのだ。これは良いです!

8_3
いい酒といいアテ。面白そうなものが多いので目移り。嫁は先のパクチー焼酎が美味しい!と、更にパクチー焼酎ハイボールに挑戦。私は、ちょっと酔い覚ましに甘めのをと、「柚子香るジントニック」を注文。これも¥600だったかな。。柚子果汁の香りであたりがふわんといい香りに。いやー、これまたなかなか面白いのだ。そんなに甘口でなく、お若い女性にはピタリかな。

4_3
で、もう一つなにかアテ系いっとこ!とチョイスしたのが、いぶりがっことクリームチーズのカナッペで¥500なり。刻んだいぶりがっこをクリームチーズと合えてしまうのが勝利ですな。これも非常に面白い一品。小一時間ほどまったりして、いよいよディナーに向かうことに

以上で〆て、¥3600なり。(どう考えても計算が合いません・・・ごめんなさい~汗)

9

しかし、お店のキャラクター、けむパー君がコアラ?なのはどういう意味なのか聞いてみたかった。。いやー、まったりできました。今度は燻製制覇を目指して、腰を入れて呑みに来ます~。

 

◆けむパー
住所:大阪市北区天神橋3-11-34 北辰ビル  1F
営業時間:14:00~24:00 無休
TEL:06-6949-8799

で、天満周辺で行きたいお店(特に立ち飲み系バル)を沢山マークしてやってきたのだが、結構お腹が一杯で、ディナー前にこれ以上飲み食いはやめておこうということに。(当初予定では、5軒は回ってやろうと思っていたのだが、体力ありませんな。。いや、食欲か。。汗)

こういう時の天満周辺時間つぶし場所でお気に入り2か所。

7_3
天二にある西日本書店。こじんまりした本屋さんだが、店員さんの本が好きだオーラがあちこちに垣間見える品ぞろえが面白い。。久々だったのでもっとじっくり見たかった。

6_3
天三にある小じゃれた100均(一部500円だったりするが)なREALIZE。大体、可愛らし系なキッチン道具を何かしら買ってしまう嫁お気に入りのスポット。この2店以外にも、バッタ系お得服屋に靴屋、雑貨屋にお洒落な家具店など、ふらふら見て回るのが楽しい(今回は時間が無かったので2軒だけご紹介。また近日中に来ないと。。)

で、小一時間の時間つぶしのあとは、天五のあの洋食店に久々にむかうことに。(あー、バレバレですな。。)大阪食べ歩きネタ、最終のその4に続きます~。

2015年12月20日 (日)

まるDeBar (マルデバール)@六角通河原町東入ル

月に一度、通院で烏丸四条付近に20:00前後にいることがあるのだが、ちょっと覗いてみたいお店があったので、嫁と20:00に待ち合わせ。向かったお店が今回ご紹介する、まるDeBar なる洋食系バール。バールと言うには結構しっかり御飯が頂けそうなので、狙っていた一軒。嫁は洋食ランチでチェック済で、数人でお手軽にワインをわいわい呑む場所を探しているので、やってきたのだ。

すっかりクリスマスな河原町を抜け、六角通を東に入り、100mほど行った北側飲食ビルの3F。階段をとんとんと上り店内に。

Debar1
こういう感じ。店内は意外に広く25席ほど。カウンター6席ほどのカウンターに、お若いお兄さんが1人先客。あとで、さらに若いお兄さんがおひとりさまでふらっと、という状況。キッチンにはシェフ1、にこやかなフロア担当オーナー1(実はFB友)、お若いフロア担当のお姉さん2、という編成。テーブル席に陣取る。メニューは結構しっかり目でBarとすると豊富な部類。一押しは100g売りのステーキのようなのだが、ま、平日なので軽めにね!ということに。

Debar2
んで、ワインはボトル売りらしいので、これも軽めなのをお願いしたら、スペインのテンプラニーニョ(BIO)を推薦いただく。¥4000なり。

Debar3
前菜盛り合わせはたしか¥1500なり。今回、メニューを押さえてくるのを見事に忘れたのだが(汗)、先のステーキ以外はMAX¥1500ぐらいだったように記憶。

Debar4
厚焼きベーコンは¥1500だったかなぁ。。。しかし、これは驚くべき大面積且つ、厚さ1cmぐらいあります。良きお肉系アテにあたりニンマリ。

Debar5
エビのアヒージョは¥700だったかなぁ。エビ自体はそんなに食べるところはないのだが、しっかり味が乗ったエビオイルでパンをがっつりいただく趣向なのだ、この、やや小ぶりなむっちり系無漂白系パンがおいしい。このあたりで相当幸せな気分に。

Debar6
で、じゃじゃんと登場なメイン皿。ランチでも出されているハンバーグ。¥1500はしなかったような。。(汗)

Debar7
粗びきの肉肉しい一品。トマト系なデミソースもツボを押さえてる!という感じですな。当然嫁と半分こ方向で。

Debar8
で、実は非常に大好物なチキン南蛮。この甘すっぱ系なマヨソースが、なんとも魔物ですな。いやー、これはうまいです~。マスターは白ワイン押しでしたが、軽赤なら無問題! 

なにせビルの3Fなので、いきなり飛び込みで入るのは勇気がいるのですが、なんのなんの、なかなか使いやすいお店ですな。以上で〆て¥9000割れという大納得価格なり。サービス担当の女性目当てでお若いお兄さんが集まってきている感ありですが(汗)、期待通りお料理もしっかり頂けますな。パーティ用に面白い鍋系メニューがあるので、また覗きにきます。

 

 

 

まるDeBar (マルデバール)
住所:京都市中京区六角通河原町東入ル山崎町236-11 六角ビル 3F
営業時間:ランチ 11:00~14:00 ディナー・バール 18:00~翌2:00 日祝休
TEL:075-256-5595

2015年11月30日 (月)

Bruno(2)@蛸薬師通富小路東入ル

んで、こちらの大人の遠足ネタの続き。
永観堂を後にし、どこぞで晩御飯でも食べようよと歩き出した2人。気分はお肉系!と意見一致。平安神宮そばを通って気になるお店を覗こうとするのだが、勤労感謝の日のためお休みの店が多く、そのまま気が付けば三条付近までやってきたのだ。

で、思いついたお店にTELし、席が取れたのでやってきたのが、Bruno(ブルーノ)なる、自家製のソーセージやらハムやらのシャルキュトリー(食肉加工品)の専門バール。非常に恰幅のよい、笑顔が可愛らしいマスターが腕を振るうお店だ。2年前に、こちらの催し物の時に一度覗きに来ていて、いつか再訪しようと狙っていた一軒。場所は、先日行った人気クレープリー、オルハコシトの入っているビルの1F。

1

お昼前から活動を開始して相当へばっていて、うっかりしてお店の外写真を忘れたので店内雰囲気写真を。カウンターが8席ほど、全24席という中箱を、先のマスター+2名で回しておられるのだ。

2
突き出しはイタリア系卵焼き、フリッタータ。なんだか芸術的な皿内配置ですな。

3
んで、お手軽系泡ものをボトル(たしか¥3500なり)で頂いて、頑張った今日に乾杯!なのだ。結構歩いた26000歩なり。

4
ポテサラは¥550なり。クリーミーなタイプでちゃんと旨し。

5
で、全部自家製のシャルキュトリー盛り合わせ¥1000をお願いすると、こういうデカいガラス蓋に燻製煙が閉じ込められた状態で、テーブルに出てくる。どうやって煙を押し込んでいるのかは企業秘密だとのこと。で、3分ほどテーブルの上待った後・・・・

6
もわわわーんと、自家製ハム群登場の巻なのだ。

7

手前から意外に塩分控えめな豚肩ロースのハム、左手奥が豚タンハム(これが一番お気に入り)、ブロック状のしっかり鶏ももハムに、薄切りの鶏むねハムはあっさりと、という感じ。燻製臭はいたって穏やかなものですが、いやー、これは激しく呑めますな。。

8
で、肉!気分なので自家製ソーセージを3種類注文。常時10種類以上スタンばっているのが驚きですな。これは定番のBrunoソーセージで¥650なり。1本で100gほどはありますかねぇ。
一度ゆでてから焼いてあるタイプで、皮も含めて非常にソフト。ふんわりした食感で、シャウエッセン的ブリブリ感とは違うものですが、これはビールやらが進みますなぁ。。

9
ソーセージと一緒に食べたいなと思ってお願いした手作りパンは¥300なり。テニスボール半分ほどだが、驚くほどたっぷりと黒コショウを練りこんでいる一品。確かにソーセージに添えてアテ的に頂けるのだ。これ、お勧めいたします。

10
メキシカンチョリソーは¥650なり。カイエンペッパー・ハラペーニョが入った辛口タイプ。が、これも程よい辛さです。上のパンのほうがびっくりするかも。

パスタやチャーハンなど、あまりシャルキュトリー専門店らしくない〆メニューもスタンばっているのだが、今日は肉で攻めようと更にソーセージを注文。

11
で、チョイスしたのが香草ニンニクたっぷりソーセージで¥800なり。これはしっかりぶりりんとした食感、それにペペロンチーノ的なオイルソースを回しかけたものですな。羊肉!という癖はなく、香草とよく合っていて旨し! これもチョイ推薦。

明日はお仕事なのでこれぐらいにしといたら!ということに。で、赤グラス1、ボトル1本で〆て¥8000チョイだったように記憶。伝票をチェックしてもらっている間に、ちょこっとこういうのが出てくる。

12_2
しかしまぁ、シャルキュトリーを含めなにからなにまで手作りのようで、どこまでマニアックやねん!と突っ込みたくなるお店ですな。再訪して、普段の活動範囲だし、今現在の我々に非常~にマッチしているように思ったので、またちょくちょく覗きにきます。ごちそうさまでした! 

 

 

◆Bruno (ブルーノ)
住所:京都市中京区蛸薬師通油屋町146 
営業時間:月~水・金・土11:30~15:00 17:00~翌1:00
       日 11:30~22:30 木休
TEL:075-255-4554

 

2015年10月15日 (木)

フレンチ祇園バル 丸橋 川端店@京阪四条

で、いきなりですが、フレンチ祇園バル丸橋のご紹介。 このネタの後、大阪からとんぼ返りに帰ってきて、今日は安ウマ系なお店で梯子酒だ~とやってきたのだ。その1軒目。

1
お店は京阪四条駅から西側、何番出口だったか一番南東の出口を出て直ぐな、川端通ぞいにある駅近物件だ。京都特有の奥に向かって細長い鰻の寝床町家をバルに改装している。結構奥に細長い構造で、食べログには20席と書いてあるが2階もあるようなので、もっと席数があると思われ。

予約なしで17:30ほどに入店。(ちなみに17:00オープンと早めなので使いやすい) 無事店内にある壺庭に面したカウンター的席に案内される。

3
カウンター席の後ろには、こういうワインラックを置いてあり、¥3000~¥10000ぐらいの様々なワインがこれでもか!と展示されているのだ。グラスでも赤白常時各15種類ほど頂けそうな選択肢の多さが、色々呑みたい派には魅力的ですな。。

2
で、たまたま1周年記念の最終日でシャンパンが一杯¥500!というのでニコニコと頂くことに。ラッキー!。

4
突き出し&席料が¥300/人の代わりに、コリスに匹敵する量のバゲットがででんとついてくるのがこのお店の特徴。知らないで来るとちょっと引いちゃいますな。ちなみに進々堂謹製。(半分はお持ち帰りしました)

で、パンに合いそうなもの!ということで、パテドカンパーニュ¥680、ニンジンのマリネ¥380を注文。尚、空いている時に何皿か一度に注文すると、いきなりどどどどどどどっと出てくる可能性大なので、ま、調整してください~。しかしフード類はお安いですな。。。

バゲット好きならば、パテや生ハムなどのお肉系やチーズ系のアテをお願いし、バゲットとともにわしわし頂くのが幸せ。付け合わせの野菜類が多いのも嬉しい。

5

日替わりのキッシュは¥480なり。ほうれん草とサーモンなり。ちゃんと手堅く旨し。赤ワインに切り替え、南アフリカのと、伊太利の軽めの赤を呑んだような。。。

6
梯子酒気分満々なので、若鳥のフリット(って唐揚げやんけ!という突っ込みは無しの方向で・・)¥580で〆。フライ的にざくざくとした衣で、なかなかちゃんと旨し。

以上で、シャンパーニュ2、赤グラス2で〆て¥5000チョイという、どうも済みません価格。しかし、なんとも使いやすいお店ですな。。結構お腹もいっぱいになり、前から気になっている次の酒場(ワインバーですけれど)に移動するのだ! 更に続く予定です。

 

 

◆フレンチ祇園バル 丸橋 川端店
住所:京都市東山区常磐町177
営業時間:[日~木]11:00~14:30 17:00~24:00
[土・日・祝前日]11:00~14:30 17:00~翌2:00 年末年始を除き無休
TEL:075-561-6949