フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

○ウチご飯 Feed

2015年12月27日 (日)

2015年のクリスマスケーキ@洛甘舎

普段のお休みは外食続きなので、クリスマスは嫁への普段の感謝も込めて、曜日が合えば私が全メニューを制作する、というのがこの10年我が家の掟。で、流石に平日の仕事帰りにしこたま料理をするのは厳しいので、今年は23日の天皇誕生日にクリスマスをやっちゃおうよ!という作戦。

というくだりは、2014年クリスマスネタとまったく同じ(汗)なのだが、今年も同じ作戦だ!となった2015年。で、どうせ料理するなら!とレパートリーを増やすために毎年1つづつ新しいメニューに挑戦してみよう!ということになっていて、今年挑戦したのがこちら。

0
最近、カフェやらバーなどお店にあるとほぼ注文している気がする「キッシュ」なり。普通のタルト型では厚みがちょっと少な目で、中の具がちょびっとしか入らないので、カフェで出てくるキッシュのように厚み4cm以上の肉厚なのを作ろう!と思ったのだ。
が、これがなかなか曲者。パイシートを膨らませすぎたり、中が固まらなかったりなどの失敗と試作を繰り返すこと6回。写真のが3回目かな。ほうれん草とソーセージの入った定番的な。ようやくコツがつかめてきました。(ノリは化学の実験 汗)

1.パイシートが膨らみすぎないように半分程度に伸ばしてからケーキ型にセット、しっかりピケする。
2.中に入れる卵液(アパレイユ)を事前に湯煎して人肌ほどに温めておく。

慣れてみると意外に簡単(1時間ほどで出来て、手は20分ほどしかかからない)且つ美味しいので、フリッタータに代わって嫁のリクエストが多発しそうな予感ですな。。で、クリスマス決行日(汗)当日になり、実は体調が非常にすぐれない中、必然的に軽めにメニュー選定。

1
トマトと角切りベーコン、ゴボウのキッシュ。チーズ量により焦げ方色々。んー、中ちょっと柔らかめ。

2
で、一皿目はクルミ入りのパテドカンパーニュ、アスパラとニンジンのフリッタータ、奥は今回唯一張り込んだマグレ鴨ローストとチャリーコンポートのソース。470gという巨大サイズの一部ですが、またまた食材はこちらで調達

3
あとはお惣菜系。タコとブロッコリーのサラダ、ワルドーフさんのポテサラ、キノコのペペロンチーノ、生ハムとリンゴと洋ナシ、カボチャのバター煮など。

4
三条商店街のお気に入りパン店、パンスケープ謹製バゲット、ブール。むっちり系で粉が出ないタイプなので、自宅で食べるのにはよい感じ。

5
で、嫁チョイスのお酒はロゼカヴァ。意外に辛口。(でも、諸事情であまり呑んでいないのだ。。)

厚さ4cm超!重量800g超!というオージー産ステーキ肉も用意していたのだが、(実は試作も1週間ほど前に決行)なんだかお腹がいっぱいで、作って食べて呑んで皿まで洗ってジャスト4時間のディナー終了。

6

が、甘いものは別腹。3年連続でグラン・ヴァニーユも芸がないかなと思ったので、嫁に「ショートケーキで良いので、どこかおいしそうなの買ってきて~」とお願いし、買ってきてもらったのがこちら。

洛甘舎なる、八百一の向かいに最近できたケーキ屋さんで、和テイストなケーキ類もあるのが特徴。ガトーショコラ、イチゴショートもなかなか上質で期待通りだったのですが、白あんを中心に配した生クリームロールケーキ、「洛甘ロール」が美味しいです。餅粉を練りこんだというもちもち生地がGOOD! お値段もお手頃ですし、次のお誕生会のケーキはここのにしようかなぁ、と思案中。。。

 

 

洛甘舎 (ラッカンシャ)
住所:京都市中京区三文字町227-1 藤六ビル 1F
営業時間:[平日・日]11:00-20:00 [金・土]11:00-20:30 水休
TEL:075-708-3213

また、来年に続く予定です~。

2015年5月18日 (月)

Spice Bazaar Kyoto@北山

なんだか気に入ったので、とても珍しい自作ご飯用食材ショップネタ。

結婚当初から、カレーを作るのは私の仕事、ということになっている我が家。昔々は、カレールーは2種類以上のメーカーのを混ぜるんやで!をスタートに、どんどんエスカレートしてきたのだ。
20年前は牛筋&圧力鍋活用のトロトロ系カレーから、牛タンや牛テールからダシを取る、やや贅沢系欧風まろやかカリーなど欧風カリー的なものにハマっていたのだが、この5年ぐらいはスパイスカレーに目覚めて、ネット通販でスパイスを仕入れて、小麦粉一切無しの手羽元チキンカリーや、30分で出来る合いびきキーマやらを作るお家になったのだ。(お店で気に入ったメニューがあったら、似たものを作ろうとする、そういう習性sweat01

で、通販は大体、ここを年2、3回ペースで使っている。
食材を扱っているお店の宿命で、沢山の量を買うとお安くなるシステムなので、一般家庭ではちょっと使いにくい量をついつい買ってしまうことになるのだ。クローブ、カルダモン、クミンを200gとか、1週間に1度カレーを作って、いつまで持つんだよ!的な量になる。(クローブ、カルダモンは、2年は楽々持ちますな・・) が!、どの程度保存できるのかなと調べてみると、風味を維持できるのは半年程度、ということなので、もちょっと気軽に少量をお安く買えるところはないかなぁ、と考えていたのだ。(丁度クミンがもう少しで切れるタイミングだったので・・・sweat01

1_2
で、Facebookを見ていたら、この4月、北山に京都でも珍しいスパイス専門店ができたとの情報。場所は、堀川北山のチョイ東側、本町小学校東の道路を少し上がって、一つ目の角を更に東に50m、住宅街のど真ん中にこういうお店が見えてくる。日曜日のポタリングの途中、寄ってみることにしたのだ。

お店の名前は、Spice Bazaar Kyotoなり。インド人のご主人が居られるというマダム1人で回されているお店だ。

https://www.facebook.com/spicebazaar.kyoto

お店のFBはこちらです。マダムがとても良い人で、話好きなケハイ濃厚なのだが、次に行きたいところがあったので、10分ぐらいの爆速で買い物をしてきた。

2_3

ヨーグルトに非常に良く合うマンゴーピュレの缶詰、850gがなんと¥490なり。クミンホールが50gで¥200、チリパウダーが50gで¥150、オリジナルカレーパウダーが50g、¥290、どこかで見かけたら買おうと狙っていた乾燥ムング豆も250g、¥250なり。これは一般家庭でも非常に買いやすい。以上で〆て¥1300なり。(¥80オマケしていただきました、あは)

3_3
うちのお隣の、ネパール出身の大学の先生から教えていただいた豆スープを作ってみることに。超簡単です。

・お湯を沸かす
・お湯量の10%ほどムング豆投入
・塩、卸し生姜投入、15分ほど煮る。マメが潤びてきたら・・
・別鍋でテンパリング(低温の油でじわじわ炒める)したクミン適量を入れたら完成。
・頂く際に、レモンの絞り汁をしっかり投入。(私は、ガラムマサラを軽く一つまみもプラス)


スープなので、それらしい水分量を心がけること、塩味が薄いと味がボケるのでしっかり目に、コツはその2点のみ。マメダシが利いたなんとも優しいお味に仕上がるのだ。しばらく朝ご飯にこれを頂くことになりますな。

通販は、ついつい送料無料ゾーンまで買っちゃうことになるのだが、それが無いので非常~に使いやすい。 ちょこちょこ覗きに行きたいお店が、また1軒追加されました。自作カレー派なら、ぜひ一度どうぞ。

 

 

◆Spice Bazaar Kyoto
住所:京都市北区小山西元町29
営業時間:11:30~18:00 木休
TEL:075-366-3299

2014年12月23日 (火)

2014年のクリスマスケーキ@グラン・ヴァニーユ

クリスマスは、普段の感謝も込めて、曜日が合えば私が全メニューを作成する、というのがこの10年我が家の掟。で、流石に平日の仕事帰りに料理をするのは厳しいので、今年は23日の天皇誕生日にクリスマスをやっちゃおうよ!という作戦。

で、久々にケーキでも食べる?と、3週間ほど前に予約しに行った人気ケーキ店、グラン・ヴァニーユ。昨年はチョコレート系をお願いして今年はどうしようかなと思ったのだが、出足が遅れて予約できるのはチョコ系しか残っていなかったのだ。

4_2
で、お昼過ぎに家にやってきたレヴェイユ11cmで¥3000なり。昨年はこういう三角柱を寝かせた形だったのだが、今回は半ドーム型。

5_2
中身は紅茶風味の滑らかなムース、それに苦甘いグレープフルーツのコンフィが絶妙に合う大人向けな味。しっかり甘いが清涼感のある甘味を付けた生クリーム、ジャクジャクのジャンドゥジャの歯ごたえの相乗効果。。こりゃ旨いです。。。
が、その前にアホほど食っていたおかげで半分ほどで轟沈なり~。一部、明日の朝ごはんに。。(汗)

で、今年も同じメニューだ!と嫁に突っ込まれるのを防止するため(汗)、料理メニューも一部晒します~。

1_2
飲む気満々な布陣で色々こしらえました。カヴァのアテ用カナッペ色々、奥は人参とマッシュルームのフリッタータ、胡桃とセロリ、林檎のポテサラ、茄子のカポナータ、カボチャのバター煮など野菜系多し。またまたお隣へのおすそ分け分で2セットを用意。 別盛りでサーモンと海老のマリネやら、チーズ盛りやら色々。。(ま、流石に全部は食えなかったんですけれど。。)

2_2
最近オーブンが変わったので、試作も兼ねてのフォアグラと木の実のパテ。これは先週日曜日に仕込んだもの。皿はなんだか和食ですが、いい感じで火が入ってにっこり。最近オープンした阪急オアシスの西院店で、量り売りで金柑を4粒買って¥40。(こういう買い方ができるのが超!嬉しい。サラダに使う用に買ったマスカット10粒は¥60でした。。)蜂蜜煮にして添えると美味しいです。

3_2
で、バターでじわじわ焼いたフォアグラなどもカナッペにしつつ、とどめを刺したオージー産ステーキ。1枚500g超のド迫力。。フォアグラや、スペイン産ハモンセラーノ、フォアグラ4個にビアソーセージなど色々は、また、こちらから調達。しかしステーキはいくら焼いても難しいものですなぁ。あまり厚みは無かったので、両面を強火でシッカリ焼いてから100℃オーブンで10分ほど寝かせたもの。オーブンを使うなら20mm以上あるほうが旨くいく感じ。。

料理を作って、皿や鍋を洗いながらのディナーで、楽々4時間ほど食っているのですが(滝汗)、流石にお腹大満腹で、アルコールも入らず、まぁ、こういうネタを早々に書いているわけで。。以上、来年のクリスマスに続く、予定です。

2013年12月28日 (土)

2013年のクリスマスケーキ@グラン・ヴァニーユ

トップぺージに晒すのは恥ずかしいのでsweat01、Indexを出している間にクリスマスネタを1つ、ちゃちゃっと。
昨年のクリスマス時は本業が年末の追い込み状態で料理もへたくれもなく、ごく普段通りの晩御飯でケーキだけは買いに行き、人気ケーキ店PATISSERIE.Sで出来合いの¥3000ぐらいのを購入。

ムース系のケーキがお得意のお店なのでシャンパンを使った軽やかな大人向けのをチョイスしたのだが、が、あまりにも軽やかで淡雪のようにすっと溶ける感じ。料理のほうがあっさりだったおかげで、もうちょっとガツン!と来るのが良かったよねということに。

で、1年経った今年は多少仕事の段取りや心の余裕もできて、2週間前ほどからケーキでも予約しておこうかということに。で、今年買ったのがこちら。

1
グラン・ヴァニーユ謹製、ポワールマロン12cm版で¥3000ジャストなり。サイズ的にはかなり可愛らしめで大き目のショートケーキなら3個分ほどの体積だが、2人で食べるなら十分以上ですな。
ネタにはしていませんが、イートインには過去来ていてチョコ系などしっかり甘いものが特に良いように思ったのでチョイス。しかしなかなかお洒落ですな。。

2
サッパリした洋ナシのコンポートとジュレがたっぷり仕込まれたミルクチョコレート系ケーキですが、なんとも激しく旨い。一番下のジャンドゥジャのジャクジャク感、マロンクリームは栗感はそんなに強くないが結構しっかり甘く、チョコ層との相性もぴったり。濃いめの珈琲と絶妙に合いますな。。大満足。

恥ずかしながら料理写真も一部晒します。。

3
今回は仕込み過ぎで3日ほど同じものを食べる羽目になったのだがcoldsweats01、ご近所さんにもおすそ分け。
前菜盛りは京野菜のラタトゥイユ、茸のペペロンチーノ、鴨ロース(これは錦の鳥豊製)、セロリとロースハムのポテサラ、アスパラベーコンフリッタータ、野菜サラダチョイ。 

あと、蓮根キーマカレー煮(最近お気に入り)、鰯のトマト煮、生ハムと柿のサラダにカボチャポタージュ等々も仕込んで、ま、予想以上に食い過ぎ。。

4

が、まあ食って飲んで、作って皿まで洗いつつなので、5時間ぐらいのディナーになりますな。。

メインは子羊ローストで香草とマデラ酒・蜂蜜ソース。肉はこちらから1週間ほど前にオージー産をアバラ8本分ほど購入。(おかげでソースを変えて3日連食sweat01
技術進歩のおかげか、冷凍肉でも馬鹿にならないですなぁ。かなり!旨い肉です。今後も良い日用にタマに使わせてもらいそうな予感。 一緒に買った生ハム500gも結構イケてました。
しかし、このネット店、カンガルー肉とかも買えますし、大勢で集まるときにも使うと面白い賀茂ですな。

5
ま、焼き加減は重要ですな。。こういう時は前日の試作が一番旨かったりするのですよね。本番当日はほんのちょっと火が入りすぎました。
以上、日記代わりのクリスマスネタでした。

 

 

 

グラン・ヴァニーユ (grains de vanille)
住所:京都市中京区鍵屋町間之町通486
営業時間:11:00~18:00 第2, 4火休・水休
TEL:075-241-7726

 

 

2006年5月29日 (月)

ちりめん山椒を作ってみる

超、久々自宅ご飯ネタ。
最近、京都の錦市場に立ち寄ると買ってくるお気に入りのお惣菜がある。それが千波の実山椒の佃煮だ。
 
40gで¥580とそれほどお安くはないのだが、スーパーなどで売っている醤油が染み込んだ山椒の佃煮と比べると、とても綺麗な緑色。これでちりめん山椒を作ると薫り高くてビリリと強い刺激のある大人向けのちりめん山椒が出来る。
 
ちりめん山椒を作りはじめたのは、山椒の佃煮さえあれば意外に簡単に作れる事をこちらのページで読んだから。それ以来京都に行くたびに千波で実山椒を仕入れてくるのだが、結構お高いのでちりめん山椒に入れる山椒の分量が少なめになりがち。shock
山椒をたっぷり入れた、刺激が強い大人向けなちりめん山椒を思う存分食べてみたかったので「実山椒の出回る季節になったら、山椒の佃煮から作ってみよう!」とずっと狙っていたのだ。
 
B2b9lqwy で、この週末、近所のスーパーで和歌山産の実山椒が出ているのを発見。大きなパックに入って¥1280なり。速攻で購入。
一緒にお得用ちりめんを100gほど購入。京都では細かいちりめんが珍重されるようだが、家庭で食べるお惣菜用なので、ま、適当なものを。
 
帰ってきて、レシピはないかいな、とネットで検索(とても泥縄sweat01このレシピが良さそうだったので、これ+今までのレシピで処理する事に。
 
この山椒を枝から外すのが大仕事。ここで細かい枝を取ってしまわないとあとで舌ざわりが悪くなるらしいので、結構真剣に作業する。嫁はこんな作業は得意分野で、もくもくと手を進める。smile
 
Royi389d で実山椒を1分ほど下茹でしてから薄口醤油+味醂+酒でさっと煮て、瓶づめ保管。それほど変色せず緑色なままで佃煮が完成。
それと、先のレシピのとおりにちゃちゃっと実働1時間もかからず、ちりめん山椒の出来上がり。(乾かしたりするので、それに時間がかかるけれど)
 
意外に簡単、かつ山椒の香り高いめちゃ痺れる〜!ちりめん山椒のできあがり。薄口醤油で色を付けず、仕上げにみりんをつかわず砂糖チョイだけで仕上げたので更に大人向けに仕上がって大満足! 熱々ご飯とともに食べると家庭内ご飯消費量がウナギ昇りになるのが確実だ。
 
ウマく行ったので山椒が取れる季節のうちにもうちょっと仕込んでおいて、冷凍しておこうか思案中です。smilesmile