フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・うどん 2007年以前 Feed

2007年12月28日 (金)

釜だしうどん やしま(2)@守口市

坊さんも走り出すrundash忙しない年の瀬。いよいよ押し詰まってきましたな〜。
本業の方がなかなか思ったように片付かず、ぴしっと年末までに有象無象含めて全部終わらしてやるわい!とか思っていたのですが、なかなかどうして、年明けにずるずる引っ張りそうな今日この頃です。shockshock 皆様はすっきりお正月を迎えられそうですかね? smile
 
んで、なぜかクリスマスイブのお昼に出かけた比較的近所のうどん屋ネタを1つ。
 
ま、ウチの掟では通常、クリスマスは自宅で地味飯。特に何をする、というわけでもないのですが、とりあえずケーキでも買いにいくか、でも梅田まで出るのはしんどいねぇ、と京橋辺りで適当に何か買うことに。出かけたのが丁度お昼時。なにやら麺類気分で、どこか適当な所はないかな?と思い出したのが、先日行って結構気に入った饂飩店、やしま。 定食類が充実していて、あまりお安いとは言えないが、なかなか旨いし、とにかくお腹一杯になりそうなので守口方面に車を走らせる、祭日の月曜日、11:30。
 
お店のPAに車を停め、お店の中に。先客は1組だけだったのだが、祭日もやっているのでクリスマスイブとか関係無しで結構人気で、12:00ちかくになるとどんどん人が集まってくる。メニューを睨み暫し検討。
 
1_2

こういう定食系メニューが充実。メニューの数もやたら多い。鍋焼き饂飩のセットモノが¥1600もしたりするので、あまりお得!とは言いがたいのだが、ごらんの「ミニ丼三昧定食」のように、炭水化物まみれになって午後からの活動に差し支えそうなボリュームなのだ。

2_2

んで、俺チョイス、とりからカレーセット¥980のご飯をかやくご飯に変更して¥1030なり。
いやー、ボリューム満点ですな。速攻でとりからカレーうどん化して頂くことに。辛口カレー饂飩好きが嬉しいサービスで辛口、劇辛を御願いできるので、試しに辛口で御願いしてみた。
 
流石にしっかりした辛味で、はっきりとお子様にはお勧めしにくいレベルにまで唐辛子の辛味を感じる。いやー、小麦粉に利いたややもったり系ダシだけれど、これはうまいっす!辛いのが得意な方はぜひ劇辛に挑戦頂きたい!ですな。smile 麺もほどよい腰加減。前回同様、鶏のから揚げもしっかりガーリックが利いたジューシーなものでウマウマ。その上、かやくご飯も炊きたてほかほかなのだ。全体的に期待以上にハイレベルじゃん!という感じ。smile
 
3_2

嫁チョイスがミニ丼セット¥880なり。親子丼+こんぶうどんの組み合わせ。女性が好みそうな感じですな。
 
うどんは昆布だしが利いたダシも旨いし、麺もしっかり。親子丼もちょっとしっかり甘辛い丼ツユがイケてます。期待以上にウマかった、お腹は満腹のちょっと嬉しいランチでした。smile
 
Photo_3

んで、クリスマスケーキを買いに京橋の京阪モールへ。あまり量を食べたい気分でなかったので、今回はベタですが、アンリ・シャルパンティエでショートケーキを買ってみた。
 
1個¥575前後。ビジュアルはなかなか可愛らしいのですが、うーん激しく普通な感じ。ウチの感想は「アンリはやっぱフィナンシェ&マドレーヌにかぎるぜ!」という結論に。

2007年12月16日 (日)

うどんの前田@天王寺

またまた久々の更新です〜。
すっかり年末進行で、どうにも気ばかり忙しいですな。が、先週はボーナスが無事に出たので、なにやら物欲がむらむらと沸き起こり、2ヶ月前に買ったリコーのデジカメがあまりにも暗所に弱いのを思い出して、あーでもないこーでもないと検討した結果、今回はNIKONの¥30000ほどの安物モデルに変更した週末。sweat01
んで、新カメラで新店レポートを!と行きたいのですが、まだ開封してマニュアルを読んでいるところなので、先に先週のポタリングネタからひとつ。sweat01sweat01
 
先週は大阪市内ぐるぐるコースで、いつものように大東市→門真→鳥飼大橋から淀川へ、といつものゴールデンコースを疾走。大川沿いを大阪城まで1:30ほどかけて走り丁度お昼時。結構寒い日で「あっつい饂飩とか良いよね!」と嫁と意見一致。
 
んで、どこか行ってないお店は?と思い出して天王寺にある「うどんの前田」を思い出す。ついでにハード系のパンが結構行けてるお洒落なパン屋、parigotに行くのも良いね!とチャリチャリと移動。
 
1_7お店は、四天王寺から谷町筋を挟んだ西向いだ。ま、見るからにうどん屋さん、みたいな風情で見落とすことはなさそうだ。

4人掛けテーブルが並んでいる40席はありそうな結構大きめのお店なのだが、随分と人気でほぼ満席状態だ。 

夏の間は冷やしたカレー汁に冷たいうどんを付けて食べるザルカレーうどんが人気?sweat01なのだが、流石にこの季節は置いて無いようですな。回りを見渡すと大体お得な丼物とうどんがセットになっている定食類か、カレーうどんが人気。俺は無条件でカレーうどんを、嫁は暫し悩んでピリ辛うどんをチョイス。

 
2_6

んで、先に俺注文のカツカレーうどんで¥930なり。お腹が減っていたのでついついカツ入りを注文。うどん2玉でも同額というサービスもあるのだが、今回はパス。
 
3_7カレーダシは辛さ常識範囲で小麦粉もったり系なのだが、ウスターソース的な味わいを感じるもので好みの味。カレー饂飩も随分いろんな店で食ったが、これはかなりハイレベルな部類ですな。smile
 
カツはたっぷりなカレーダシに沈んでいるのだが、かなり大きなもので、その上十二分に叩いたらしく柔らかい。うどん屋さんが出すカツとしては出色のできばえですな。大感心。

麺は大阪的でふんわりおつゆしみしみ系。もう少し腰のあるのが好みなのだが、カレーダシとの絡みぐあいも良く、これはこれで旨い。
 
5_5

んで、こちらは嫁チョイスのピリ辛うどんで¥820なり。
ごらんのように豚キムチのっけうどん、のような構成なのだが、キムチ特有の酸味は無く豚肉も超たっぷり。うどん2玉にすると相当大食漢でも満足できそう。

 
4_6 昆布が利いたカツオ合わせダシがうんまい。寒い時に具合の良いメニュー。が、12月にチャリで2時間走ってから頂くと鼻ずるずるで結構凄い状態で頂くことに。sweat01
 
鍋焼き饂飩系メニューが充実しているのも魅力的だが、時間がかかるので14:00過ぎてから注文してね、とのこと。
小さい「幸うん」を感じつつ帰ってきました。smile 
遅くまでやっているし、年中無休だそうなのでなかなか使えるお店ですな。天王子公園帰りやお参り帰りにぜひ。smile
 
 
■うどんの前田
住所:大阪市天王寺区逢阪2-3-8
営業時間:17:00〜23:30 年中無休
TEL:06-6773-8800
 
しかしなんだろ、幸うんって。謎〜。

2007年11月27日 (火)

いずみ釜揚げうどん@和歌山市

週末の和歌山ネタ、その2。
和歌山駅の東口から5分ほどの位置に、旨い釜揚げうどんを食わせる讃岐うどん屋があると、このblogのコメントで教えて頂いてから、ずっと気になっていた我々。
 
が、ウチで饂飩というとカレーうどん、それにアツアツの天ぷらが乗ったぶっかけ系が好みで、麺のうまさで食わせる釜揚げうどんは、嫌いではないのだが、積極的にチョイスするほどではない、優先順位の高くないメニューだったりする。
 
和歌山出身の両親も饂飩好きだが、本格的讃岐うどんはほとんど食ったことがないはず。で、「どう?本格的な釜揚げうどんが和歌山で食えるらしいで?」と誘うと「それは一度は食っておかないとなぁ」、と言うことに。
 
Om9fvsbx お店は10:00開店で麺切れ次第終了。13:00ごろには麺切れする、という話だったので11:00狙いぐらいで車で和歌山駅東口付近へ。
お店のPAは無いが、近所のコインパーキングに車を停めたことを伝えると\100キャッシュバックしてくれる仕組みだ。

しかし、お店外観はなんともやる気なさ感が漂う雰囲気ですなぁ、そこはかとなく。やっているのかいな?とお店の中に。
 
 
2pbn4vhb 外観どおりのこじんまりした小さなお店で、人の良さそうなご主人とおかあさんの2人体制。4人掛けテーブルが3、1人用の壁に向かうカウンターが3席ほど。11:00ちょっと前だったのだが、常連さんでほぼ半分の席が埋まっている。
 
メニューは、釜揚げの小・中、それにきざみの小・中のみ。夏季限定で冷やし饂飩があるようだ。俺がきざみの中、嫁と両親は釜揚げの小、ということで。
 
ぢりりりりん、とお店にある古風な黒電話が結構頻繁に鳴る。なんでも麺茹でに30分近くかかるらしく、今から行くから茹でといてよ!という常連さんの予約電話らしい。なかなか合理的なシステムですな。しかしお店のお母さんが電話に「はい、うどん屋です」と出るのにはびっくり。(お店前の看板でも屋号が隠れているので、名前にはこだわりがないのかもしれませんな)smile

 
Zwvkuefr
んで、20分ほど待って、まずはででーんときざみうどん(中)登場。カニカマが印象的なビジュアルだが、でっかいどんぶりですな〜、これは。
 
ざっと、3玉は楽々ありそうなボリューム。ダシはさっぱりと関西風、こんぶとカツオのあわせのような。
W5de4trd 麺は相当な太麺。過去、俺が行った饂飩屋では千日前の釜たけに次ぐ太さですな。では、頂きます。
 
きざみなので、一度水で締めてある麺ですな。表面はぬるるんと柔らかい感触だが、腰ももっちりでなかなか旨いと思った。とりあえずボリュームは満点で、食っても食っても減らない感じ。こういうときは休まず一気呵成にすすりこむベシだ。smilesmile
 
5sl6mnia
で、こちらが釜揚げ。小でも2玉は確実にありそう。釜揚げ用としてはかなり塩分抑え目に仕立てたダシもなかなか旨いが、ここみたいにもうちょっとダシのパンチの効いた方が好みかな。
 
麺はコシはしっかりあるが、釜揚げのほうがぐっとソフト&スムーズな感じ。流石に食い意地がはっている両親も、このボリュームにはタマげたようで、お袋の分は俺が1/3ほど手助けすることに。shock
晩ご飯を外食する気力が失われるほどお腹一杯で、結局随分とお安くついたランチになりました。smile
 
 
■いずみ釜揚げうどん 
住所 和歌山県和歌山市太田369-14
営業時間:10:00〜14:00(麺切れ次第終了)
TEL:073-472-6960

2007年10月24日 (水)

宇野製麺所@東大阪市小若江

日曜日のお昼ご飯。
前日夜がしっかり晩ご飯だったので今日は和風の麺類なんぞをずるずるーっと行くのが良いよね!ということに。で、前から気になっていた近大そばにある饂飩店が日曜日もやっているというネタを思い出し、そうだそうだ高井田のユーバスとセットで行ってみよう!とお出かけを。
  
1_8長瀬の駅から近大に続く商店街をちょっと横道にそれるとそのお店がある。お店の名前は「宇野製麺所」なり。お店にPAは無いが、周辺にコインパーキング多数あり(¥100/30分)
 
如何にも讃岐系の香りが漂うネーミングだが、讃岐ではとてもメジャーな饂飩店、池上製麺所で修行された方が、この4月OPENされた新しいお店だ。大阪の饂飩情報系blogでもとても評判が良いので期待満点でお店に。

11:00オープンの11:30、お店前に数人の行列が出来るほどの人気だ。回転はそこそこ良いほうで10分ほどの待ちで席確保。カウンターが5席、あとはテーブル席が10席?ほどしかない店内。
 
椅子はスタッキングできる丸椅子だし、店の真ん中にででんと製麺機が大きな顔をして鎮座しており、なんというかとても雑然とした雰囲気なのだが、それがまた風情ですな。旨そうな予感大! 他のお客さんはほとんどがご近所の家族連れ。既に人気店ですな〜。
 
んで、俺は日替わりのサービス定食¥750を、嫁がこのお店オリジナルだという親子ぶっかけのあったかいの¥700を。最近値上げしたようだが、ま、大阪では普通ですな。
  
3_8

お昼中は休み無く茹で上げているようで、10分ほどでででんと登場。まずは嫁の親子ぶっかけなり。親子というぐらいで玉子天と粒胡椒がぴりりと利いた鶏天が乗っているのだ。しかしなかなか盛りの良いお店ですな〜。smilesmile
 
4_5麺は扁平で表面はかなりソフト、が、適度に芯に腰が残るタイプ。軽めのグミ感、それほど腰を前面に押し出した感じではありませんな。

ダシはブッカケ用としては鰹がしっかり利いたもの。醤油味しっかりの蕎麦だしをちょっと薄くした感じで、あまり他に例が無いものですな。俺は好きです。smile
  
2_10

こちらは、本日のサービス定食ナリ。海老天と穴子天のぶっかけでこちらもあったかいダシでお願いしてみた。定食なのでシャケフレークのかかったご飯も付いてくる。なかなかサービス満点ですな。
 
天ぷらは衣しっかりだがなかなか上等、嫁はもうちょっと軽くても良いよねぇ、との意見だが学生さんの多いこの辺りでは適切なボリューム感だと思いました。
 
こりゃ旨いワイ!と機嫌よくうどんをずるずると啜っていると、「ちょっと音が出ます、ごめんなさい〜」とお店のお兄さん。麺切れになったようで製麺機がだんだんだんだんだんと賑やかに麺を切り出すのを眺めながら、これは切り立て饂飩なのは間違いないなぁと思いつつ5分ほどで完食。smile
 
製麺所というぐらいなので、生麺も売っていて1玉¥80なり。今度鍋でもやるときに買いに行こうかなぁ。良い店です。お近くに行かれたらぜひ。
 
 
 
■宇野製麺所
住所:大阪府東大阪市小若江4-11-15
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜21:00(麺切れまで)水休
TEL:06-6725-0792

2007年9月27日 (木)

釜出しうどん やしま@守口市

秋分の日でお休みだった月曜日、前日夜に久々に京橋のネパール料理屋で馬鹿でかいナンを嫁と2枚も食ってしまい、小不調状態に落ち込む。(単純に食べすぎsweat01
 
が、一夜明けるとちゃんとお腹が減るランチ時。なんぞあっさりしたものでもご近所に無いかいな?と手元にあるmeetsやらを読んでいると、守口市に旨い饂飩屋があるという情報。どうも無休のようなので行ってみようか?ということに。
 
Mtzcojsr お店の名前は「釜出しうどん やしま」なり。ググってみるとかなり昔からあるお店のようだ。が、検索先にアップされていた写真は結構新しいお店に見える。場所は1号線沿いで、中環から松下電器、関西電力を超えるとでかい提灯がぶら下がっているので直ぐにわかる。PAもお店裏に5台分完備だ。
 
そういえば、R163と八尾枚方線の交差点に同じやしまというでかい饂飩屋さんがありますが系列店なんでしょうな、というのは置いといて、PAに車を滑り込ませてお店に。
 
ジャズが低く流れる店内。カウンターが6席ほど、あとはテーブル席が3つほどだが、2Fもあるようだ。グルメウオーカーによると44席だというから結構なキャパシティですな。
 
メニューも随分と豊富で、うどんはもちろん、各種お得そうな定食も色々、夜は居酒屋メニュー、宴会用に鍋もあるという豊富さだ。暫し悩んで、嫁は鳥天ぶっかけうどん\800を、俺は鴨釜うどん\780を注文。
 
D7v3lpr7
嫁チョイス、鳥天ぶっかけうどんなり。鳥天が巨大。他店の倍はありそうなものだ。更にいうとこれは天ぷらではなくから揚げですな。ガーリックが利いたタレに漬け込んであるらしく、ニンニクの香ばしい香りが。。
胸肉だがちゃんとジューシーに揚がっていて感心した。他のお客さんがから揚げ定食を注文しているぐらいなので人気もあるのでしょう。
 
んで、肝心の饂飩。休み無しでチェーン展開しているようなお店だから!とあまり期待していなかったりするのだが(すまん、正直で)表面はややソフト系だがしっかり腰、延び感のあるなかなかイケている麺ではありませんか。。。
量が少ない目なのが不満だが、かなりイケてる!と思った。
 Ewnnwrot
んで、俺注文の鴨釜うどんなり。
名前の通り、蕎麦風に釜揚げうどんを鴨肉が入った濃厚なダシで頂く趣向。七味でなく山椒が付いてくるのが小憎い。
 
Xic1zk5a 一応、麺の写真も撮ったのだが大失敗。箸を右手で使いながらカメラを左手で操作するのは大体ミスりますな〜。bearing
 
が、鴨入りの蕎麦は大好物なので当然文句なし。キホン同じような味ですが饂飩でもなかなか良いものですな〜。腰もそれほど強腰ではないが程よい加減で、釜揚げがお得意な某店や某店よりも個人的には高得点を付けたい感じだ。。(単に鴨汁好きなので。。sweat01) 徳利にダシを好みの濃さに割って頂く用のお湯も付いてくるのが更に泣かせる心遣いですな。
 
こういうお店が近所にあると行き倒すだろうな〜と思う良店。PA在るし、中休みも無く年中無休。ご近所なら知っておくと良いです。お勧め!
 

■釜出しうどん やしま
住所:大阪府守口市八雲東町1-7-2
営業時間:11:00〜22:00
TEL:06-6901-9484