フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■和食・寿司・居酒屋 Feed

2016年3月19日 (土)

夢処 漁師めし 雑魚やでランチ(2)@六角通烏丸西入ル

所用でお休みにした平日ネタ。で、こういう機会でないと行けないお店!と思いついたのが魚料理店、 雑魚やのランチ。過去、土曜日に飛び込みで行こうとして行列ができていたり、売り切れていたりで諦めたこと数度。更に、最近土曜日のランチ営業が無くなった!ので、ますます我々が食べる機会が減ったお店。 11:30の開店待ちなら大丈夫だろうとお店に向かうのだ。
ちなみに、夜に一度伺った経験があるのだが、非常に新鮮な魚料理をお手頃に、かつお腹いっぱい頂け、評判はすこぶる良いお店ですな。

1
11:30の5分前。店内のウエイティングに既に4人ほど待っておられたので、後に続いて並ぶ。六角通烏丸西入ル、というビジネス街のど真ん中。

2
ランチメニュー。漁師めしというのは具だくさんの海鮮丼で、〆をダシ茶漬け的に頂けるもの。雑魚やめしは魚系お惣菜の定食。その合わせ技の贅沢めし、という3種類がスタンバイ。 ¥880~¥1280というお手頃価格。この、パワーランチ目当てで大勢の近隣のビジネスマン&観光客が集まってくるのだ。定刻にオープン。奥のカウンター席に案内される。
2階席もある全47席の結構大きなお店が、平日ランチで一杯になるのだ。(2階席は予約できる模様)

3
漁師めしの食べ方マニュアルを眺めながら、暫しお料理を待つ。並んでいる時に先に注文を聞いてくれたので、速やかにお料理がでてくるのだ。

4
まずは私注文の漁師めし上¥1280がででーんと登場。牛蒡の胡麻和えに、お茶漬け時のトッピング用蟹肉胡麻ダレ和えが添えられている。丼のサイズ感がちょっとわかりにくいので・・・

5
刺身マウンテンを崩して寄った写真をどうぞ。。。いやー、写真を見返しても涎。。。ホタルイカにイクラ、非常に新鮮な魚類は3、4種類ほど、キュウリ角切りと沢庵角切りが食感アクセントになっているのだ。これに、山葵醤油をぐるんと回しかけ、無心でわしわしとかきこむのですな。いやー、これはなんともお得ですな。。。

7
ある程度食べた後で、お好みでダシ茶漬けをお願いできる。今日はまろやかな豆乳出汁でした。そのとき御飯もお願いすれば追加してくれるサービスあり。上から別添えの蟹肉の胡麻ダレ和えを加えると、ぐっとコクが増してGOODなり!。これは旨いや~とニッコニコ。

6_2
嫁注文の贅沢めし¥1000なり。(写真クリックで拡大)漁師めし小(が、これも御飯の追加がお願いできるので、女性なら全然しっかり量)、それに鮪ステーキ、冷ややっこ、さつまあげと、丼の奥に隠れている・・・

8
桜エビが乗った茶碗蒸しまでついて、繰り返しますが¥1000なのだ。いやー、やりますな~。

非常にお腹が一杯になり、大満足でお店を後にしたのだ。また、平日に休みが取れたらやってきます~。

◆夢処 漁師めし 雑魚や
住所:京都市中京区六角通烏丸西入ル骨屋町147-3
営業時間:ランチ11:30~売切れまで 夜17:00~0:00(L.O.23:00) 土曜日ランチ休
日休・月祝日(前日の日曜日は営業)、スタッフの家族の誕生日休
TEL:075-221-3358

 

2016年2月 4日 (木)

味の王様@福井駅前

またまた、福井にある関連工場への出張になった火曜日。同僚と2名、一路サンダーバード1号に乗り福井へ。 2週間前は、おどろくほどの吹雪でびっくりしたのだが、今回は朝から非常に良いお天気で、無事10:00前には現場に到着。みっちりと17:00前まで仕事して、またまた福井駅前に帰ってきた17:30前。

で、帰りは18:40の発車予定。で、帰る前に当然のように出張旅費で今日の働きに乾杯だー!となるわけで。実は今回3回目の訪問、福井駅から徒歩1分、130m前にある居酒屋、「味の王様」に。

1
夕方になってまたまた怪しい天気になってきた福井駅前。霙模様から時々雪になり結構冷え込んできた。駅前アーケードを伝って、お店に逃げ込む。お店は、昭和の香り色濃く残る、なんとも居酒屋だ~的な雰囲気。食べログで結構良い評価なのと、駅前から非常に近いという立地の良さで、平日の夜19:00ごろには出張族で満席になるのだ。今回は17:30なので客は我々だけ。カウンターに陣取り、さぁ何を食べようかということに。

2
過去3回のスマホ写真をひっつめて4:3にしておりますので、3回分の写真を混在で出します汗。突き出しは、過去3回ともいい感じの酸味具合のモズク。実は好みなので結構嬉しい。ハイボールは巨大グラスで嬉しいのだが、今回は芋焼酎お湯割りで。(ブランド不明。お味もごくごく標準的)

ちなみに日本酒を呑む人のほうが幸せなお店で、福井の地酒は結構そろっているのだ。同僚はなぜか河豚のヒレ酒¥700からスタートなり。

3

で、ありえない料理その1、刺身盛り合わせ¥1480なり。大体盛り合わせになるものは決まっていて、冬の間は、確実に鰤に鯵、鰯にタコが乗っていて、今回は甘エビにイカ、もう一品が乗っているという京都ではありえない盛り込みよう。
鰤の歯を跳ね返しそうなブリブリ感、鯵とイワシの甘味、フレッシュな脂感はなんとも美味しい。魚料理以外は基本、ほぼ感心するところが無い(汗)のだが、魚は相当に良いのだ。

4
で、ありえない料理その2。入り口ののれんにも名物!と書いてあるこのお店最大推薦メニュー、鯵のたたき¥650なり。ごらんのように超フレッシュな鯵角切りをネギと生姜、それに刺身醤油でまぜまぜしていただく趣向。御飯に乗せても、日本酒でも、という。いやー、これを食いに来た!

5
魚料理以外は地雷がけっこうある(汗)のだが、メニューにも推薦されている豚角煮で¥730なり。
歯が不要なほどほろほろで、味付けも過剰で無く、これは、ま、手堅いですな。GOODです!

6
地元ではダダミという鱈白子のバターソテーは¥830なり。いやーこれまた酒が進みますな。。ちなみに夏季はバイ貝のバターソテーになるのですが、それも旨し。

7
富山名物、シロエビの唐揚げもスタンバイ。¥700ほどだったように記憶。パリパリとこれも良き酒のアテになるのだ。

8
で、お勘定を!とお願いすると、〆にサービスでアサリのお味噌汁が出てくるのだが、それが何気に旨い&嬉しい。(ぱっと見た目、具の無いお味噌汁ですが汗)良きサービスですな。今後とも続けてほしい!

で、電車までの1時間ほどで、ばばばっと2人で日本酒2合、焼酎お湯割り3で、¥7000チョイ、という納得居酒屋価格。いやー、ごちそうさまでした。
基本、魚料理を食べる気軽な居酒屋。ツボにハマるメニューが何点かあるので、新メンバーを福井にお連れする際は、電車に乗るまでに1時間あればご案内していそうな予感ですな。御馳走さまでした~。
 

 

◆味の王様
住所:福井県福井市大手2-5-5 辻ビル1F
営業時間:17:00~24:00 日休
TEL:0776-23-6831

9
で、駅前(西口)に出てみると、ロータリーにあった恐竜の動くモニュメント3体が撤去されていてびっくり。あとで調べてみたら東口に2体が移動し、1体は3月までどこかの倉庫でお披露目を待っている模様。しかし、福井、どんどん好きになってきました。これもご縁ですな~。



 

2015年12月23日 (水)

居酒屋 五島列島 元@伏見桃山

すでにクリスマスモードな我が家。クリスマスは私が料理をする、というのはこの10年ぐらい恒例行事で、だんだんエスカレートして近所の人に自作料理の押し売り(売ってませんが汗)までしている、この数年。お昼から料理の試作を何点かして、晩御飯後にもいくつか作ってみる予定なのだが、ディナーは以前から超!気になる、徒歩圏内のお店2軒を覗こうという作戦。

まずは私がFBでお世話になっているグループの主宰さんが、たまに行かれている居酒屋をのぞいてみることにしたのだ。(17:00からやっているというのが、主なチョイス理由。。)京阪伏見桃山駅から5分ほどの住宅街の中、マンションビルの1Fにお店がある。

1

こういう佇まい。五島列島 元、なるお店です。名前の通り、魚介料理にこだわりのあるお店らしい。

3
奥に向かって細長いお店で、カウンター奥に陣取る。カウンターは10席、向かいの小上りが12席ほどかな。今日は忘年会なのか18:00スタートの9名様の準備中だったご主人と奥様?の2名体制。団体さんが入る前にぱぱぱっと食って、次の場所に移動しようと軽めにチョイスを。

2
まずは、芋お湯割りでスタートなり。突き出しは、数の子では無いなタラコかな?、魚の卵の寒天寄せ。合わせている海藻が非常にフレッシュ。なんだか次の料理に期待が持てちゃうのだ。

で、大将にお刺身を盛り合わせでお願いしてみる。

4
おおおお、これはまたやるではありませんか。手前はカンパチ、赤いのはクジラ(和歌山産らしい。イルカかも)、ヒラメの縁側、天然ブリにサーモンという布陣。 質は非常にハイレベル!。いくらかは不明なのですが、¥2000ぐらいだと予想。。 ああこれはいいよねぇとうれしくなってしまい、もう何皿かお願いすることに。

で、大将に今日食べとけ!みたいなものがありますか?とお聞きしたら、活けタコ(全体でサッカーボールほどある大物で、まだうにょうにょ動いているのを見せてくれる)を刺身で行きます?ということに。

5

日本酒に切り替え待つこと暫し。(英勲 純米吟醸 古都千年の300cc瓶で¥1000なり。日本酒はグラス売りより、こういう小瓶のものがいろいろ揃っている。流石伏見。。)
お待ちいただくかもですが!と言われたのだが、意外に早めにでてくる。唐揚げもプリプリしておいしいですよ!とご主人。

6
素材の新鮮さには文句のつけようがないのだ。酢味噌やワサビ醤油でニコニコといただく。

7

で、嫁好物の雲子の天ぷらをいただいて(たしか¥700という良心的価格)、

9
これは更に呑むでしょう~と英勲 純米大吟醸300cc瓶をお願いするのだ。フルーティでおいしい日本酒ですな。これも¥1000なり。いやー京都市内中心部に呑みに行くのがちょっと躊躇われるほどお安い。

8
次のお店(更に日本酒を飲みに行くのですが汗)の前に、〆に鯖寿司3貫。巨大肉厚バッテラ、みたいな平べったい構造。脂ノリノリで、これもチャンとうまし!で¥750?なり。いやー、大堪能。で、支払いは¥8000いかなかったように記憶。

これはまた、ご近所で非常~によきお店に遭遇してしまいました。おでんやら焼き鳥などの居酒屋メニューをお願いするよりも、季節の魚をシンプルな調理法でお得に頂くには、なかなか良き居酒屋ですな。また来ます~。

 

 

◆居酒屋 五島列島 元 
住所:京都市伏見区両替町323
営業時間:17:00~翌1:00 不定休
TEL:075-601-5580

 

 

2015年12月13日 (日)

いなせや 真で、日本酒の会(2)@六角通東洞院西入ル

昨年から始めたFacebook。既にすっかり生活の一部に溶け込んでいるのだが、Facebook以前から生まれた変化が、日本酒を通じた交友関係。昨年たまたま参加させていただいたSさん主催の日本酒の会。初めてネットで知り合った方々とお会いする機会で、非常にどきどきして伺ったのだが、そういう会に参加する我々をなんだかすんなりと受け入れてくれて、それから気に入って3回ほど参加し、既に常連の顔をしているのですが(汗)、そこから我々のFB生活がスタートしたのだ。

で、その主催のSさんのお誕生日、それと最近ソムリエ試験にも合格されたので、そのお祝いに10人ほどでこじんまりしたお祝いの会をしよう!という嫁の提案で、チョイスしたのが、いなせや真。

こちらで初回ネタを書いた日本酒Barなのだが、マスターの真さんはお店が休みの日も日本酒の蔵元めぐりや日本酒関連イベントへの参加を欠かさない超日本酒マニア。仕事と趣味が完全に一致しているお方ですな。これは会のメンバーに、確実にウケるよねえ!ということに。で、マスターの真さんにもFBつながりでSさんをご存じなのでトントンと話が進み、にぎにぎしく開催することになった金曜日、19:30。平日の飲み会で会社関連以外はほぼ初めてなので、わくわくしつつ。

1
お店は、六角通東洞院の交差点を西に向くと看板が見える「んまい」なる居酒屋が入っているビルの1Fで、入口の奥に少しだけ足を踏み入れ左に首を振るとあるのだ。(分からなかった方が数名。。)

2
で、お隣のんまいと厨房は共通。Barなのにしっかり御飯が頂ける仕掛け。まずは、5種の突き出しと、とろりとまるでワイン的フレッシュな甘みがある日本酒が出てくる。讃岐くらうでぃ、なる濁り系。アルコール分は6%。 カルピス?的な爽やかさ。これは食前酒にはGOODですな。。合わせる大根のカレー煮が妙に旨かったような。

お料理の進行に合わせて、次々に小さな杯で日本酒が出てくるのだ。今回は相当酔っぱらっていたので写真を全部押さえるのは不可能~。なんと全10種類で計3合ほど。

3
前回もいただいたた磐城寿(いわきことぶき)の純米。お目出度い今回の宴のメインテーマ的な。旨し!

4
サラダは2人で1個だった。大根系でしゃくしゃくさっぱりと。

5

これも福島のお酒で、廣戸川、特別純米酒 夢の香なり。この時点で既に3種類ほどお酒が出ていたので、もうどのようなものなのかも夢の彼方なのだ汗。

7
で、ちゃんと旨い焼き鳥3種が出てきて・・・、

8
ソムリエバッチを見せてもらったのでパチリ。想像したより大きく、ずっしりとくるバッチですな。ワインを実際にお店で扱うプロでないと取れない資格らしい。

9
肉みそ系おでん的な。ほっこり。

6

時間つなぎに、720ml瓶4本がテーブルにででんと置かれて嬉しい悲鳴。(当然、元々開栓済ですが、綺麗に頂くのだ。。汗)磐城寿の燗酒もおちょこ一杯だけ頂いたように記憶。。

10
おいしかった鮟鱇のから揚げ。上品なお味で、にっこり。たくさん食べて、たくさん呑み、たくさん笑って大満足。次回の日本酒の会はどこでしようかなぁ、などの話題やら、〇〇の店がおいしいですよ!などの情報交換で盛り上がる。真さんのお酒の説明も非常~にスムーズで、次々に新しい杯が出てくるのだが、もう、この辺りから記憶が怪しいのだ汗。

12
鶏と九条ネギの混ぜご飯で〆。甘口で、ま、おっさんなら鉄板的に好きそうな一品。

13
ちゃんと甘いものもあるのだ。梨のコンポートが乗っかった、酒粕とクリームチーズを合わせたタルト。これにも合わせた日本酒が出てくる徹底ぶりで、残草蓬莱queeen(eが1つ多いが、ミスタイプではない)なる、甘口すっきり系なお酒がなんだか甘いクリームチーズと非常に合う不思議。おめでたい席用にお願いして、某ケーキ店の和三盆の素朴系ケーキを買ってきて、これと別に出してもらったのですが(写真は諸事情で割愛)、それとも非常に合っていて更にびっくり。最後まで大満足でした。

しかし、以上で¥5100/人という超納得価格なのですが、これは、あまりにも頑張りすぎじゃないの?という感じ汗。(お酒の写真を全部出すのはヤバそうなので、一部自主規制しました汗。しかし、京都では非常に変態的な品ぞろえが素晴らしいのだ・・)非常に良かったので、また地味に2人で呑みに来る予定です~。

 

 

 

◆いなせや真
住所:京都市中京区六角通烏丸東入ル堂之前町231 イヌイビル1F
営業時間:18:00~翌3:00(2:00 L.O) 不定休
TEL:090-7101-3423

 

2015年12月 8日 (火)

酒蔵Bar えん@伏見桃山

結構前に行って寝かせていたネタを1つ。
我が町、丹波橋から中書島界隈は、京の酒どころとして名高い伏見で、自宅から徒歩圏内に酒蔵が立ち並ぶ地域。一番我が家から近いのはキンシ正宗で、こちらには売店が併設されていてお土産に重宝しているのだ。こういう風に酒蔵併設の売店や飲食店があるのが、日本酒飲みには嬉しい地域なのだ。

で、伏見の酒蔵の中でも多分一番小さいのが、今回ご紹介する藤岡酒造。その酒蔵に昼間しか開いていないbar、それに売店が併設されている。営業時間が、11:30~18:00という、日本酒を出すお店としてはちょっとありえない時間帯なのだ。 で、伏見に引っ越して来て丸4年。お土産に藤岡酒造の銘酒、「蒼空(そうくう)」や、美味しい酒粕は何回か嫁が買いに来たことがあるのだが、今回はちょろっと昼酒を呑みに行こうということに。

Bar1
当日は雨模様。京阪なら伏見桃山駅が最寄りだが、特急が止まる京阪丹波橋から歩いてきた。5分ほどの距離。大きな杉玉がぶら下がり、造り酒屋だと主張するのだ。

Bar2
んで、店内に。ちょうど15:00のおやつタイムなのだが日曜日だったので、カウンター席6席に2席空きがあるだけで、畳テーブル6席も満席。いやー酒飲みパラダイスですな。。ラッキーとカウンター席に上がり込む。

Bar3
カウンターの向こう側にでっかいタンクが見え、ここで日本酒を作っているのだなあ、と感動できる仕組み。白衣の杜氏さんがしきりに何かのチェックをしておられるのが見える。それをアテに冷酒をいただこうという趣向なのだ。面白い。

Bar7

アテ類も最小限という感じで、メインはグラス売りの日本酒。¥420~¥550というプライスゾーン。

Bar4
濁り酒マニアな嫁は、純米大吟醸の別誂おりがらみを、私は純米吟醸の山田錦を注文。ま、上手に表現できる言葉は持たないのだが、きりりと旨いですな。想像よりもシッカリ系。

Bar5
たぶん、ランチでこちらで食べてから来たのでお腹はかなり一杯なのだが、ちょっとだけアテがほしくて、クリームチーズ酒盗乗せ¥490を。海の香りとしっかり塩味~。ついつい、お酒のお代わりを。(そうそうランチのお店で蒼空を呑んだので、来たくなったのだった。。汗)

Bar6
嫁は折角なので甘いものも頂くよと、酒粕アイス¥490を。これはそれほど酒粕を強く出していないタイプですが、なかなか美味しいのだ。

で、¥3000ほど支払って昼酒タイム終了~ということに。お客さんはちょこっと引っ掛けてさっと出る方がほとんどで、回転が驚くほど良いお店ですな。大人の遠足場所として非常に適切なポイントなのですが、我が家から徒歩10分ちょい、という近場。またちょこちょこ覗きにきます~。

 

 

 

◆酒蔵bar えん
住所:京都市伏見区今町672-1
営業時間:11:30~18:00  水休
TEL:075-611-4666