フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■イタリアン 2009年 Feed

2009年12月30日 (水)

ナガーン クッチーナ イタリアーナ@長堀橋

ようやくお正月休み休暇に突入、スイカです。今年もあとわずか、今年最後のネタはイタリアンで〆を。
先週の土曜日、知り合いで足場も組める芸術家、Nさんから心斎橋の某クラブでライブペインティングがあるので見においでよ、というお誘いを頂き、そのライブの開演時間22:00前に、嫁の元同僚でもあるN奥様、それにこれまた元同僚のFちゃんと久々に一緒にご飯でも食べようよ!ということに。

心斎橋周辺なら嫁のホームグラウンドなのでお店のチョイスは嫁担当。チョイスしたのがNさん御家族も使っておられると言う長堀橋の交差点を南に少し下がったところにあるイタリアン、ナガーン。嫁は一度ランチで使ってから結構お気に入りの1軒になり、会社のちょっとした集まりにも使っているようだ。予約時間の19:00に30分ほど遅刻しsweat01お店に。(おかげで店前写真を忘れました。。。coldsweats01

カウンターが10席ほど、それに2人掛けテーブル席が4ほどのこじんまりしたお店で、明るく気軽な感じ。テーブル席は既に我々の席を残し満席状態。今回はお喋りに夢中でメニュー関係のチェックが非常におろそかになっておりますがsweat01 御紹介なり。

先に来て前菜(ハンガリー産フォアグラのソテー、これは写真無し)を突っついていたN奥様から、ちょっと分けてもらいとりあえずワインで乾杯。

1

本日の魚料理、寒ブリのカルパッチョ。(チョイピンボケでスマヌ)この2週間ほどでぐぐっと寒くなったおかげで良い型の寒ブリが日本海沿岸で揚がっているようですな。無茶脂のりのり!で旨し。赤い大根のスライスとともにさっぱりと頂きます。

2

牡蠣のソテー。超大粒で火の入り適切でぷりっぷり。ケッパーの酸味、それにガーリックの香りが渾然一体! 本日1番の皿がこちらかな。いつもなら¥1500!これは安い!とかお値段まで書くsweat01のですが、今回は飲みすぎで写真も忘れ、記憶もあやふや。。でも、前菜やパスタ類は全皿¥2000せず、メインも¥2500ほどだったようにうっすら記憶。sweat01

N奥様が先に注文していた牡蠣のリゾットやらクリームチーズソースのペンネを頂きつつ、更にアルコールのピッチが上がってくるのだ。。

3

このお店名物、オージー産の鰐のピカタ。あの鞄やらベルトになっているワニだそうな。黙って食べると、ちょっとだけ繊維質しっかりな胡椒が効いた鳥胸肉、みたいな感じで違和感まるで無し。皆でわいわいとネタにするにはぴったりですな。

4

本日の黒板メニューから、スカンピのリングイネ。スカンピから海老ダシ出まくり~で美味しい。オイルも完璧乳化でなかなかGOOD!なり。

5

〆は鴨ロースト。バルサミコソースのオーソドックスなものですが、茸に野菜類がたっぷりで非常に健康的。味付けは好みなんですが、火の入りがもうちょっと軽いほうが更に好みかな。

ターボモードでお喋りしたおかげで珍しくアルコールのピッチが上がり、4人でワインを3本空けたのですが¥3000~¥4000のワインが色々あるのでお安く済みました。あまり食わなかったのもありますが、割り勘時、2人で¥10000で良いよ!と太っ腹N奥サマ。いやーありがとうございます&うるさい客ですんません。又来ます~。happy01

 

Naga~n cucina italiana (ナガーン クッチーナ イタリアーナ)
住所:大阪府中央区東心斎橋1-3-7 ENT長堀 1F
営業時間:(月~金)11:30~14:30 (月~木)18:00~22:00
       (金・土)18:00~26:30! 日休
TEL:06-6252-5566

club今年のblog更新はコレで終了です。来年は1月3日より更新予定です。皆さんも良いお正月を!

2009年12月23日 (水)

イタリア食堂 クアトロアミーチ @京都 三室戸

日曜日のランチネタを1つ。
諸事情で京都にある醍醐寺に用事ができた日曜日。それなら車で行って黄檗にある京都一人気のパン屋さん「たま木亭」にいくのはどう?という作戦を練り始める前日の夜。
で、いつものパターンで近所で手ごろなランチ処は無いかなぁとググッていて発見したのが、今回御紹介する「イタリア食堂 クアトロアミーチ」なるお店だ。

場所は花の寺で有名な三室戸寺がある京阪三室戸駅のすぐ前、という立地。三室戸駅は京阪宇治線を中書島から宇治方面に向かう、宇治の1つ前ののんびりした雰囲気の駅だ。京阪宇治線は500mピッチぐらいで駅があるので宇治からも全然徒歩圏内という感じですな。

1

駅前にこういう感じで「スマイル」という地元用スーパーがあり、その2階にお店がある。写真手前側に道路を挟んでスーパー兼用のPAがあるので車でもOKなり。スーパーの外にあるウッドデッキ風の階段をとんとんと2Fに上がると、そこがクワトロアミーチだ。ちなみにお店HPがこちら

最上階の2F、周りに高い建物が無いので日当たりがとても良好。イタリア食堂と名乗るだけあってカフェ風の気軽な感じだが掃除は隅々まで行き届いていて気分の良い空間。カウンター席が14席ほど、あとは4人がけテーブルが2の、2人掛けが2ほどのこじんまりしたお店だ。2人掛けテーブルを確保しメニューを確認。ランチは¥1050、1600、3150の3種類でメインの皿がついているのは¥3150だけ。後はパスタランチ。んー、、と悩み¥1600のを1つお願いする。パスタは4種類からチョイス可能だ。

2

お店の明るい感じが判りますかね? 前菜の皿がとてもしっかりしていて色々入っているのが嬉しい。チキンソテーにカプレーゼ、鰯のトマト煮に玉子焼き、白いんげんとツナを合えたの、ヨコワとアボガドのカルパッチョ等。味付けは控えめで変なひねり無く健康的な感じ。

パンも自家製で蜂蜜入りのほんのり甘口フォカッチャにゴマたっぷりの田舎パン。これもなかなか健康的、かつ量もしっかりですな。

3

俺チョイス、茸たっぷりのボロネーゼ。写真から期待できるそのもののお味、という感じ。ちゃんとしてますな~。旨いです。が、パスタは1.4mmの細手のもので茹で上がりが早く便利なのだが、こういうしっかり系のソースにはもちょっと太いのが合っているように思った。(湯で加減は適切でしたが)

4

こちらは嫁チョイスの牡蠣と春菊のオイル系パスタ。牡蠣は大粒で火の入りも完璧、オイルは完璧乳化。こちらは細麺でも言うことありません、旨いですなhappy01
量もかなりしっかりあるほうで、女性ならもう十分すぎるほどだと思います。

5

んで、前菜と同じくデザートもしっかりしているのだ。なかなか乙女心くすぐる構成ですなぁ。ミルクアイスにブルーベリーのタルト、シフォンケーキと、苺の入ったふるふるゼリー。どれもちゃんとしていて感心。で、〆に嫁ストレートティ、俺珈琲を頂いて充実ランチ終了。

大阪市内で¥1600ランチでメインの皿が付いていないと、えー、それはちょっとお得感薄いンじゃないの?とか思うのですが、こういう日当たりの良い郊外のお店なら、食事の後にしっかりデザートを頂きつつのんびりお喋りを興じたりするのが平和でよろしそうな感じですな。花の寺参りなど、御近所に寄られたらぜひどうぞ。happy01

 

 

◆イタリア食堂 クアトロアミーチ
住所:京都府宇治市菟道田中14-3 三久ビル 2F
営業時間:11:30~15:00 18:00~L.O.23:00 不定休
TEL:0774-23-2330

2009年11月24日 (火)

リストレンテ デイ カッチャトーリ@京都四条

1 先週の京都ネタ、その2です。
紅葉見物を計画していた3日ほど前。我々がどこかへ遊びに行く最大の目的、何か美味しいものを食べようよ!といういつものパターンで、今回は数軒のイタリアンのお店に電話してみる。

と、2件目にして予約OKとなったのが、今回御紹介するRistorante dei CACCIATORI (リストレンテ デイ カッチャトーリ)、なるお店だ。
まだ開店して1年ほどの新しいお店で、オーナーシェフはイタリアはピエモンテ州の有名なシェフの下、5年、他のイタリアのお店でも2年もの経験を積んで開店されたとのこと。自然と期待は高まるのだ。。

場所は京阪四条から徒歩3分ほどの駅近物件。四条通り大和大路を50mほど北に上がったところ。周りは無料案内所やらなにやらで結構ごちゃごちゃしているのだが、お店はこういう感じで、階段を上がった中2階にある。

2

17:30オープンの18:00に予約を入れていたのだが、ちょっと早く17:45ごろに到着。今日1組目の客として中に。白を基調にした極シンプルで上品な内装。4人テーブル4つだけの小さなお店だ。付かず離れずの良い感じのサービスの女性が1人(奥様?)、キッチンは覗けないが2人ぐらいの予感。

コースのみになっていて、夜は¥6000、¥9000の2種。特に皿の選択肢はなく固定されているようだ。(ちなみにお昼は¥4000一種類だけ)暫し悩んで¥6000にしとこうか~、ということに。ワイン類も結構揃っているのだが、流石に30000歩歩いて消耗していて、グラスの白をお願いするのだ。尚、グラスワインは赤白各3種、¥900、¥1000、¥1300というプライスなり。ボトルなら30種類以上はありそうな感じ。

3

まず出てきた温かい前菜。パルミジャーノのクレーマを詰めた玉葱の岩塩焼、なるお料理。中型玉葱ほどある大きなものだ。見たまんま玉葱の皮の中にクリームチーズグラタンが入っている。超あっつあつで中に入っているとろけんばかりの玉葱がこれまた旨い。今日は冷たい雨が降ってかなり寒かったので非常に嬉かった一品。

4

お次、蝦夷鹿・石榴・紅玉リンゴのサラダ。オレンジ果汁とマスカットビネガーのソースがまろやかで素敵なお味。皿の周囲に散らしてあるのはヘーゼルナッツですかね。。芸が細かいですな。

5

3品目はホウボウ。ソースが変わっていてドライトマトとオリーブのみじん切りをあわせたオイルソースだ。かりりっと焼けたホウボウとこの酸味のあるどことなく田舎っぽいような不思議な味のソースがぴったり。

とりあえず食べるのが早い我々だが、早い時間帯の客がウチともう1組だけだったので、タンタンタンと小気味良く料理が進行するのだ。

6

んでパスタ。(どうもホワイトバランスが狂いますなぁ、ウチのデジカメ。。)ソースは近江牛だったかのラグーでオーソドックスなものだが、この超幅広麺が面白い。ポレンタ(トウモロコシの粉)を練りこんでいるので、むちむちとは違うぶりっさくっとした面白い食感になっている。量は控えめなんですが、大盛りでお願いしたい感じ。いやー、良いですな~。

7

んで、メイン。本日は仏産兎のワイン煮込み。付け合せはポレンタを練ったそばがき風なもの、それに甘~いパプリカ。いやー小学5年生時代の諸事情でウサギさんを食べるのは禁じ手にしていたんですが、が、食ってみると非常にあっさりしていて基本鳥系なお味で無問題に旨し。。見た目は随分煮込んでいるように見えますが色濃いのは表面だけで、中は程よい感じ。。罪深き私を許したまえ。。sweat01 

¥9000のメインが青首鴨だったので、鴨好きなウチとするとチョイス時にくらくらッと来たのですが、兎もなかなか美味しく量的にも全然OKでした。

8

デザートは、温かいホンダンショコラに、ミルクジェラート、甘い栗。これも外さないお味で、なかなかGOODなり。

9んで〆に俺はエスプレッソ、嫁はカモミールティでほんわりと。一緒にでてきたのがヘーゼルナッツの入った素朴なクッキー、それに小さなヌガーが付いたガレット風な小菓子。

最後まで充実したディナーで大満足。確かに材料はほぼ日本産のものですが、イタリア本土から直送!みたいなイタリアイタリアした皿が好感の持てる良いお店ですな。

以上、白グラスワイン4、赤ワイン1で〆て¥18000弱という納得価格なり。ジビエ系なものがお得意のようなので、これからの冬の季節にチョイスすると更によさそうな予感です。おういうのがお好きならぜひどうぞ、美味しいですよ。happy01

 
 
 
 
 

Ristorante dei CACCIATORI (リストレンテ デイ カッチャトーリ)
住所:京都市東山区大和大路四条上ル常盤町158-2
営業時間:11:30-15:00(ランチ営業は金・土・日のみ) 18:00-24:00 月休・祝休
TEL:075-551-7457

2009年11月 4日 (水)

Osteria e bar Piu (ピウ)@堺筋本町

土曜日のディナーネタを1つ。
嫁はお仕事、俺は最近のハードスケジュールから月曜日は休む!と宣言し4連休。朝から非常にだらだらとした休みを堪能。で、夕方からは嫁の勤め先の御近所で晩御飯にでもしようか~ということに。
特に予約も入れず出たとこ勝負。夕方嫁と落ち合い、南船場周辺の数店に電話したがNGで、ちょっと離れるけどあそこはどうだろう?と堺筋本町にあるイタリアン、PiuにTELしようやく席ゲット。20分ほどで付きます!と宣言しお店に向かうのだ。場所もうろ覚えなのだが、以前お昼をい食べに行ったこのフレンチの向かいなので、大体あのあたりだよなぁと進んでいくと無事到着。

Piu1

こういうちょっと落ち着いた感じの雰囲気。ビジネス街のど真ん中であまりこういうお店は無い領域なのだが、頑張っておられるようですな。開店当時から前は何度も通ったことはあったので知っていたのだが、開店ほぼ丸2年にしてお店に。
カウンターが8席ほど、4人掛けのテーブル席が2つだけの小さなお店で、葡萄のバッチを付けておられるTシャツ姿のお若いシェフと、これまたお若いサービス担当の女性(奥様?)の2人体制。バールというには、なかなかシックでお洒落な内装。カウンターに陣取り、さぁ何を食おうか!ということに。

Piu2

先に何を飲もうかなと考えていると、すかさず今月のお得ワインメニューが出てくる。「秋のゴクゴクワインフェア」だそうで、どれでも¥2000と非常にお安い。赤白2本飲んでも¥4000ポッキリなのだ。「これはお得ですね」とサービスのお姉さんに声をかけると、人気なので11月もやりますよ、とのこと。 オーストラリアのシャルドネを明けてもらうことに。

Piu3 今回は、メニュー写真を上のワイン分だけしか押さえてこなかったので、いつもにも増してメニュー説明がええかげんですので、そこのところよろしく。

で、バール系さっとでてくるつまみメニューから、なぜかいつもお願いしてしまうピクルスなり。確か¥380ぐらいのお値段。

程よい酸味&塩分で、ウチで食っているものとほぼコンパチブルかな。。(もう自宅でも散々漬けているので結構慣れてきました。。。)

Piu4

お次。面白いメニューで、スモークサーモンとゆで卵のピクルスのサラダなり。¥1500とかそういうお値段。まんま、ゆで卵を酢に漬けてあるピクルスなのだが、食べると酢+玉子=マヨネーズを想起させる感じになっているのだ。いやー、色々考えるものですな。

Piu5_3

これもバールメニューでタコのトマト煮。確か¥500なり。ぷちぷちしたものは吸盤、それにマスタードシードかなぁ。面白い味です、これも。きりり系白ワインに良く合いますな。

Piu6

パスタは手打ちの平麺。タリアテッレですかね。イベリコ豚のタン元のラグー、それにズッキーニ。まろやかなソースとこりっとしたタン元が旨いですな~。麺類好きのウチの心の琴線に触れるお味で本日最大のヒットなり。ボリュームも十分以上で¥1500とかそういうお値段。

Piu7

お肉が旨いお店だと聞いていたので期待してお願いした、シャラン鴨ロースト。¥2800なり。ソースはバルサミコ系の、ま、シンプルなものですが、この肉への火の入り方を見よ!ですな。レアな骨の周りの肉が旨いっす!。

最近、各種事情で嫁ともども平日も飲む機会が多く、お店に入る前は「今日は軽めにね !」と宣言していたのにこの有様。が、更にデザートまで頼んでしまうのだ。sweat02デザートは全4種、全て¥500の共通プライス。

Piu8_2 こちらは嫁チョイスの、巨峰のタルトなり。俺は洋ナシのコンポートをチョイス。(写真は割愛)

どれもなかなかプレーンに美味しい感じ、なかなか良いお店ではありませんか~。

帰りしなにシェフに「良い意味で、食べるの早いですね~」と言って頂けた〆て2時間弱の高速ディナー、いや、どのお店でも食べるのは早いんですが満足できました。

以上で白ワインボトル1、赤グラス2、エスプレッソ1でほぼ¥12000というお値打ち価格。流石、ワイン¥2000がありがたさ抜群。この質ならほんまお安いですな。

バールメニューでシェフがお得意だというサルシッチャを食べ忘れたので、次回は是非いただこうと思いました。また、来ます~。  
 

Osteria e bar Piu (ピウ)  お店のblog
住所:大阪市中央区安土町1-6-22 お店のblog
営業時間:11:30~14:30?(平日ランチあり) 18:00~翌2:00 水休
TEL:06-6131-8464

2009年10月12日 (月)

イタリア料理 スペッロ@南船場

一週間ぶりの御無沙汰、スイカです。
本業で4連発の力試し試験が終わりほっとしていたら、関連会社でトラブル発生。今月は3週連続で九州方面に出張予定。Blogを書いている時間捻出が11月の中旬ごろまでしんどそうな予感。週、1・2回の更新頻度になりそうですので、ま、気が向いたらお立ち寄りのほどよろしくお願いいたします。

ぼやきはこれぐらいにして3連休の中日、日曜日の晩御飯ネタを1つ。
嫁の仕事場は南船場、かつ時間の調整が効く仕事なのでランチにその周囲のお店を覗きにいっているようだ。うらやましいかぎりです。で、日曜日朝、夜は久々にちょっと贅沢しようよ、とまだ行ってないイタリアンのお店を検索。先日嫁がランチに行ったイタリアンのお店の評判が良いので、一度夜覗きに行ってみようか?ということに。
お店の名前は「spello(スペッロ)」、場所は東西に長い南船場の一番東側、一丁目にある。

最寄駅は地下鉄松屋町駅。うちらはお昼前から大阪市内を散歩をしていたので、京橋→大阪城ウオークの見学(西ノ丸庭園)→御堂筋Kappoでジャズライブを堪能→難波高島屋でイタリア展→黒門市場とあちこち覗いた後に予約時間の18:00にお店に到着。(久々の25000歩。。。)

オープンテラスのあるまだ新しいお店で、丁度オープン時間。我々が3組目の客だ。オープンキッチンに向かうカウンター席が6、ぎゅっと詰めたら6人ほど座れるボックス席風のテーブル席が3。ウッディかつ清潔な雰囲気だがどことなく上等喫茶店のような感じ。予約時にテーブル席をお願いしておいたのだが、6人席で2人だったので非常にゆったり。。隣のテーブルと軽くパーテーションで仕切られているのでお隣が気にならず、6人までの秘密会合sweat01にぴったりな感じですな。

カウンター内にはお若いシェフとサブのお兄さん。サービス担当は女性1人の3人編成。うー若そうだな、平均年齢28歳、みたいな感じ。メニューはカウンターの上に巨大黒板が掲げてあるのだ。大きな写真なのでショートカットを置いておきます。写真を見る
¥4200からコースもあるのだが、お昼に京橋のカトマンドゥでうっかり超巨大ナンを食ってしまったsweat02ため、20000歩以上歩いているのにあまりお腹が減っておらず、アラカルトで注文しメインの皿も量少なめで調整をお願いする。。(不覚。。)

が、お腹は一杯目でも飲むのは飲むsweat01ので、暫し悩んでビオのスプマンテをボトルで貰い(¥4000?値段失念。。。)本日の健康に乾杯しつつ料理を待つのだ。。

2

まずは前菜、自家製オイルサーディンとオリーブのサラダで¥1600なり。黒オリーブころころ、レタスにトマト、キュウリに水ナス、ラディッシュの極シンプルな構成。破竹のような細い竹の子がちょっと特徴的。自家製のオイルサーディンは塩分しっかりで強めのビネガーと旨く調和している感じ。

3

ズワイガニとアスパラのタリオリーニで¥1600なり。スープパスタ、みたいなおつゆたっぷりさ。蟹の旨みが溶け出して完璧乳化。パスタは乾麺だと思うがホロホロした食感でなかなか旨し。

4

丹波栗とポルチーニ茸のオレキエッテで¥1800なり。テーブルの上にイガが付いた大粒の栗が置いてあったので注文したもの。収穫の秋ですな~、それに量しっかりですな~。オレキエッテはコイン型のショートパスタで白玉団子のような食感が嫁お気に入りなのだが、ここのはちょっと固めに仕上がっています。ソースは濃厚で好みの傾向。

5

仏産山ウズラのロースト、無花果のソースで¥3000、なのだが後で計算したら全然合わないので、量少なめとお願いした分お安くしてくれている予感。
表面がぱりっと仕上がったウズラが甘い無花果ソースと素敵に合う一品。

6

が!嫁はデザートを注文する余裕を見せる。。6種類スタンバイしているなかでチョイスした桃のミルフィーユで¥700なり。量は少ない目なのですが、予想以上ちゃんとしていて嫁ニコニコ。ジェラートはオレンジ? リキュール系の大人の味わいでコレも旨かったです。

んで、以上ボトルスプマンテ1、エスプレッソ1、紅茶1で〆て¥13000ほどと大満足かつお手ごろ価格で大感心(しかし、計算間違ってないか~?)
全般的に驚きのある構成ではなかったのですが、手堅い感じでお味も確か。2人でキッチンを回わしておられるので全般的に待たされ感はあります。適宜ドリンクやら楽しい食事トークで時間をつぶせる人向けですが、日曜日も使えるのがありがたい良いお店だと思いました。サプライズも予約時にお願いできるようなので、カップルよりもわいわい4人ぐらいで行くほうが楽しそうな予感ですな。推薦!  

 

◆イタリア料理 スペッロ
住所:大阪市中央区南船場1-4-19 オデッササウスセンバ 1F
営業時間11:00~14:00(L0) 18:00~22:00(L0)
      18:00~26:00(金、土) 水休・第3木休
TEL:06-6262-7044