フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

2016年5月 9日 (月)

碓屋(うすや)@三条商店街

GWネタ、まだまだ続くその7です。この記事で本blog2400ネタ目なのに、今気が付きました汗。。


飛び石だったGWで平日だった5/6金曜日。官公庁は普通に平日業務中。こういう日に休めるのは非常~に珍しい一般サラリーマンな私、今日はどこにランチに行こうか!と悩むのだ。

で、最近、三条商店街近隣でバイトしていた嫁が1か月ほど前に行った和食店が非常に良かったので、行こうよ!ということで予約を入れたら席が取れたのだ。うきうきとお店に向かう12:00。お店の名前は、碓屋(うすや)、開店1年ほどのお店だが、京都食道楽系な方々には既に名が通ったお店ですな。

1
お若いご夫婦2人で回されているお店。ご主人は15年大阪の鰻料理店で修行された方なのだが、なんというか非常に驚きましたので、気合を入れてご紹介。

2
店内雰囲気。和カフェ的、なほんわりとした照明。鰻店特有の煙っぽい感じは皆無。4人掛けのテーブルが2、2人掛けが2、カウンター席が3かな。テーブルに置いてある日本酒セレクトに目がついつい行くのだが、京都・福井・岡山・山形とセンスがいいよね!と嬉しくなってくるのだ。(車で来てしまったので、昼酒は無しなのですが。。)

3
ランチは、う飯重¥1500がメインで、鰻が苦手な人が白御飯にとり替えたり、鰻を増量したり色々お願いできる模様。白あんのチーズケーキが非常~に気になったのだが、GW中はやっていないのですよ~と済まなそうに奥様。

4
で、暫しの後、ででんと登場、う飯重。今回は¥1500のでお願いしました。なんとも良き佇まいですな。。では、開けますよと。

5
一の重の盛り込みは、¥1500ランチとしてはありえない高密度。まだ焼いてから30分は経過していない出し巻きが2切れ、酢レンコンに隠れているのは焼き鰆、揚げたての小芋・生麩の天ぷら、炊き合わせは筍、海老、蕗に南京、大根に高野豆腐。茄子の揚げひたし、驚くべき柔らかジューシーな合鴨ロース、小さな器に入っているのは筍の木の芽和え、それに魚の角煮というなんとも驚くべき和食の小宇宙状態。

更に驚くのは、おばんざいではないハイレベルさ。1つ1つが非常に上質、且つ素材感が際立つ味付け。蕗とか筍が特に好きだ~。大阪で修行された、というのを帰ってきてからHPで確認し、ちょっと嬉しくなった半大阪人。これを祇園界隈で食べたら、倍は取るんじゃないの~と言う感じ。

6
二の重はうな重。当然、このお値段なので、鰻はほんの一口なのだが、それがまた良い。 一切れは可愛らしいのですが、確かに蒸し工程無しの腹開きのさっくり系地焼き鰻でした。まんべんなく甘味控えめの鰻タレの掛かった御飯は、近江のえんこう米(減農薬 無化学肥料)で、やや固めに炊かれていて、量も期待以上。文句無し~! いやあ、素晴らしいです。

7
これは夜にも来なくては!と、奥様に夜メニューを見せてもらえますか?とお願いして、パチリ。食指が動くもの多数。これ以外にも、グランドメニューのアラカルト類もかなり豊富。焼き物に揚げ物、煮物に特化した刺身が無い和食店なのだ。いやぁ面白いですな。。

多分、近日中に夜、呑みに来ている気がします!

 

 

◆碓屋(うすや)
住所:京都市中京区三条通大宮西入上瓦町58
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00) 水休
TEL*075-823-0033

2016年5月 8日 (日)

いなせや 真でこじんまり呑み会(3)@六角通東洞院西入ル

まだまだ続くGWネタ、順不同でその6です。
数年ぶりで10連休になった今年のGW。始めの3日間は、パンダを見に和歌山に居たのですが、竜神温泉の宿でまったりしていると、FB友のMさんからメッセージが。で、明日の夜、小呑み会を開催するので、お気に入り日本酒店「いなせや 真」に集合!ということになった若干、6名。

1_2
以前は日本酒Barを名乗っておられたのですが、お隣の系列居酒屋店「んまい」からお料理を運んでもらえるようになって、しっかり食べから軽く一杯までなかなか使いやすいのだ。ご店主の真さんが探してこられる日本酒を、お任せで頂くのが一番幸せな使い方ですな。

2_2
ちなみにメニューはこんな感じ。(写真クリックで拡大します)

4_2
日本酒はもちろんお任せで。写真が多いので、先に3種、まとめてご紹介。

和歌山出身者が2名居たので、まずは和歌山は九重雑賀の「クールダウン」純米吟醸をチョイス頂いた。12℃と度数低めなので、しゅるしゅると呑めてしまう危険な一杯。
で、お次も和歌山市内の酒蔵、世界一統の「南方 純米吟醸」 無濾過生原酒を。ラベルがいなせやオリジナルになっていたので驚いた。
更に、栃木は菊の里酒造の「大那 超辛口」 無濾過生原酒と続く。ま、呑み助ばかりなのでアテよりも酒に目が行くのだが、アテもなかなかイケているのだ。

3_2
カツオの酒盗、クリームチーズの塩昆布和え、茹で鶏肉ほぐし梅肉和えだったかな・・。ま、日本酒のアテとしては間違いないチョイスですな。

6_2
いなせや本店が鶏料理押しなので、鶏刺身も美味しい。レバカツ(写真大失念)などなどで、まったり気分に。

7
ポテサラも鉄板。鶏チャーシュー付きなのがいなせや風。(酔っぱらっているので、写真の精度が非常に低いのだ。。すみません~汗)

8_2
いかなごくぎ煮のクリームチーズ和え。あー、これは自宅でもやろうと思った一品。

5_2
わいわいと楽しく呑んでいるので自然にピッチが上がる。今回は冷酒押しだったのだが、更に3種追加。熊本は瑞鷹の「菜々」純米生原酒 、滋賀の浪乃音酒造の「渡船60」純米吟醸、最後にまた和歌山に戻ってきて、世界一統の「南方」特別純米 若水 山廃仕込という真さんチョイス。だんだんしっかり味に、という趣向。(相当酔っ払っているので、分かっちゃいないのですが汗)

グラスで5勺づつくらいなのですが、流石に6種類も呑み比べると結構良い感じ。(ここに来る前に、八百一の2階で嫁はグラスシャンパーニュを、私は日本酒の試し呑みを4種、計200ccほど呑んでいるので、かなり幸せな状態に。。)

9_2
熊本が大変な事態になっているので、こういうのを積極的に頂くことで応援したいですな。独特の甘味が料理の隠し味にもピタリな赤酒も試し呑みさせて頂いた。豚の角煮とかに使うと非常に良さそうな。(もちろん、呑んでもなかなか旨し)

10_2
甘口のお酒にはへしこの炙りなんぞの塩辛いアテがなんだかよく合うのだ。Mさんお気に入りの豚バラ味噌付け焼きなんぞもお願いしたように記憶。

12

で、季節なので食べておくでしょう~と深草産筍の炭火焼で〆。

以上、わいわいと楽しく呑み語り、楽しいひと時でした。また、どこかでやりましょう~ということに。あまり食べていないのもありますが、以上で1人¥5500なにがし、というお支払い。真さん、ありがとうございました、また来ます~。

 

◆いなせや真
住所:京都市中京区六角通烏丸東入ル堂之前町231 イヌイビル1F
営業時間:18:00~翌3:00(2:00 L.O) 不定休
TEL:090-7101-3423 

2016年5月 7日 (土)

タイレストラン イーサン@烏丸今出川

GWネタ、その5です。
GW中は様々な催し物がある京都市内、今日は嫁が見たい!という千本閻魔堂の大念仏狂言の日。13:00スタートなので、その前にどこぞでランチだ!ということに。

1
辛いものが食べたい気分だったので、タイ料理なんてどうよ?と過去行ったことがないお店を検索して、発見したタイ料理店、イーサン。場所は京都御苑の西側、烏丸今出川交差点の北西側。

2
11:00オープンで、11:30ほどにやってきたのだが、既に満席近い人気度合い(もしかすると、最近予約無しで見学できるようになった京都迎賓館がらみのお客さんが多いのかも)
お客さんが押し寄せる前の店内雰囲気写真をパチリ。

かなり席数が多いお店で、ざっと30席以上ありそうな感じ。帰ってきて確認したら全46席だったので、2Fにも別に席があるようだ。2人掛けテーブルに通される。

メニューも非常に豊富で、メニュー説明だけで写真が4、5枚必要なほど。ランチバイキング¥1200が人気で、ガタイの良い大学生ぐらいのお兄さんが集結してくるお店なのだ。

そこまでは食わないよなぁ、と今日はランチのセットメニューをお願いしてみました。

3
私注文は、バイキングと同価格のバンコクランチで¥1200なり。おかず類非常に豊富。

4
手前の右手はサラダかな。ポテサラに、卵焼き、鳥ハムに野菜類など、この1皿で20種類超の食材が頂けるタイ料理店では珍しい仕掛け。奥右側は具だくさんのトムヤンクンスープ(エノキ茸とか入っている穏やかな辛さ)、左手奥は鳥唐揚げに野菜類たっぷりの辛い甘酢をかけた一品。左手手前は生もやしの人参、ピーマンなどのあっさりピクルス的なもの。

イーサンとはタイの東北地方で、辛いものの聖地として非常に名高いのだが、基本、セットメニューではそれほど辛い物はなさそうだ。

5

非常に具だくさんの鶏グリーンカレーと長細米の御飯の組み合わせがたまりません~な一品。ちなみにこの中で一番辛いのは、鶏唐揚げの甘酢あんかけ、という外し具合が素敵。(もう少し辛くても全然OK!)

6
嫁注文はパッタイ(台風焼きそば)のセットで、¥980なり。バンコクセットと同じ野菜サラダがついていて、更にあっさり系スープもついてくるお得さ度合い。麺の腰が控えめなのがチョイ残念だったが、生もやしの風味にふんわりと柔らかい玉子など、我が家では相当好き度は高い目。

パッタイは細麺で、腰もほぼ無い柔らかめなのだが、生もやしとガーリックの風味で大満足の大納得なお味なのだ!。 とりあえずラーメン系にランチセット系など非常にメニュー豊富ですな。
ランチバイキングは大食いなら他店の追従を許さないお得さ加減ですが、もうちょっと辛さでパンチのあるメニューがあれば更に嬉しいのに!という感じですな。場所は非常に良い位置なのでまた来る確率大です~!

  

 

◆タイレストラン イーサン
住所:京都府京都市上京区今出川町325
営業時間:平日:11:00~14:30 土・日・祝日:11:00~15:00
     夜:17:00~22:30(22:00L.O)
TEL:075-441-6199

8
で、やってきた千本閻魔堂の狂言、13:00からなんと7件の出し物があるのだ。
(最後まで見ていましたが、終わったら16:00でした、)

9
なんと太っ腹なことに見学は無料。しかし、なんとものんびりとした出し物ですなぁ。(落語の原型に当たるのかも、と思いつつ見学)

10
7つの出し物中5つは有声劇、2つが無声劇。有声劇のほうは、一定以上の年齢ならどういうお話か、普通に進行に応じて分かるので、なかなか楽しめました。

2016年5月 6日 (金)

La Cucina di I.K.U.@黄檗

GWネタ、その4です。まだ和歌山ネタがあるのですが、先におっ!と思った京都イタリアンネタから。

またまたFacebookを眺めていたら、京阪宇治線/JR奈良線の黄檗駅のそばにイタリアで12年のコック経験を積まれた女性シェフが、お店をやられているとの情報。黄檗と言えば即答で、超人気パン屋の「たまき亭」を思いつく我々だが、明らかに住宅街でレストラン密度は高くない。
リアルイタリア家庭料理に拘られているお店のようで、そういうお店は大好きなので、一度行ってみよう!と予約を入れたのだ。

Iku1
住まいが京阪沿線なので、京阪線でやってきた18:30。お店はたまき亭の移転前と移転後の丁度中間部、新たまき亭駐車場の斜め向かい45°にある。女性シェフらしい可愛らしい外観。

Iku2
店内雰囲気。シェフとフロア担当の女性の2人体制のお店。カウンターが6席ほど、この6人掛けのテーブルに、4人掛けが1、2人掛けが2、という多分、一杯にはされないであろうなぁ、という感じ。

メニューは前菜が15種類ほど、パスタがロング・ショートをふくめ9種類、メインが8種類ほどかな。それほど多い!というわけではないが、食指が動くものが多いので無茶悩むのだ。。GWで食べ過ぎなので、呑みアテ中心で軽めにチョイス。

Iku3

スプマンテグラスは¥600だったかな。。おつまみで殻付きピーナツとプリングルスなのかどうなのか、ポテトチップが付いてくるのがなんとも気軽な感じ。

Iku4
アテに頂いたイタリア産燻製生ハムと、オリーブの盛り合わせは¥880なり。種ありオリーブは塩加減が非常に穏やかで美味しいです。 ハムも文句無し!

Iku5
大麦のサラダは¥580なり。いやー、非常に良心的なお値段ですな。。ロースハムにキュウリとパプリカのみじん切り、カイワレみじん切りが入ったさっぱり系。これを置いているお店では必ず食べるのですが、控えめな酸味付けでこれも美味しいのだ。

Iku6

ワインは全部伊太利産。グラスもあるのだが、ボトル¥2800からとお手軽なものがあるのでプーリア産の赤、¥2800のをお願いするのだ。

で、非常~に楽しみにしていたパスタ2種が続く。ちなみに和食材を組み合わせて皿単価を上げる、ような計算が今のところ一切無い、直球一本勝負なメニューばかりだ。ペペロンチーノなんて¥900ですぜ、奥様。

Iku7
で、まずはラグーソースのタリアテッレで¥1280なり。2人で取り分けて良い感じなほどのしっかり量。しっかりトマトにタイムの香り、アルデンテ、よりはややソフト系な存在感アリアリな太麺に、これまた存在感しっかりなラグースースが絡みまくり!なのだ。捻り無しな剛速球なお味。いやー、文句無しですな。

Iku8
ショートパスタメニューは、オレキエッテ、フジッリ、ペンネなど5種類がスタンバイ。我々がお願いしたのは断面がS字型になっているカザレッチェ。伊太利産ソーセージ、茄子と羊のチーズを使ったオイル系。ガーリックしっかり! これまた非常にしっかり量で嬉しい。

Iku9
メインが食べられるかなぁ、という予想だったのでワインのアテに、トリッパ煮込みにしておいて正解正解、な¥1600なり。これもアテ以上なしっかり量! トマト味が濃いですな~。

始めに御料理をお願いするときに少なかったら追加しますから!ということにしたのだが、期待以上にお腹が一杯に。が!女性シェフのお店なので甘いものは食べとくでしょう?ということに。パンナコッタが売り切れで4種スタンバイ。全て¥450なり。

Iku10
嫁チョイスは、リンゴとアーモンドのケーキ(ぱさぱさ系ではなく、ふんわりと非常に上質)手前は、フルーツのシロップ漬けジェラート乗せ(こういう風に、すべてのメニューは徹底的に日本語表現されているのだが、マチェドニアだと思います。) いやー、期待以上でした!

日本風アレンジは、大麦のサラダにカイワレが入っているぐらいで、現地的なメニューに拘っておられるように思いました。イタリア人の料理好きおかあさんを日本に連れてきて、八百一に連れて行って、今晩御馳走にしてよ!とお願いしたら、こういうのを作ってくれるのかもですな。いやー、大満足なりでした。次回は自転車でランチにやってくる予定です!

 

 

◆La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク)
住所:京都府宇治市五ヶ庄平野56-2  HP
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00) 日休
TEL:0774-66-5140

2016年5月 5日 (木)

茶房 梅樹庵(メイジュアン)@竜神村

GW2日目のカフェネタを1つ。

今回のGW前半のメインイベント、両親が双子のパンダを見たい!のリクエストに応えて、白浜のアドベンチャーワールドに。そちらのネタは、面倒なので書かないのですが(汗)、半日ほどで500枚ぐらい写真を撮りまくり、可愛らしい双子パンダに癒されまくりで、大満足でちょっと早めに今日の宿竜神温泉に向かう14:00。

1
で、一日に3杯は珈琲をたしなむ、珈琲呑み家族の我々、両親の「そろそろどこかで珈琲でも」は事前に読んでいて(汗)やってきたのがこちら。茶房 梅樹庵。横浜でフレンチの総料理長をやっておられたご主人が、竜神村に移住されやっておられる期間限定、更に営業日限定のカフェなのだ。ちなみに白浜方面からなら、下富田からR311を使うよりも、R42で南部まで上がって、R424を使うほうが楽かな。。

2
駐車場は日高川沿いに10台分ほど用意されているのだ。「もんぺとくわ」というパン屋さんが直ぐそばにあるのだが、現在改築中(というか、一から立て直しの模様)。 この坂を50mほど登ると、お店があるのだ。

3_2
丁度緑が綺麗な季節で、こちらでもなんとも癒されまくりな。。古い和建築物を改装した一軒屋カフェなのだ。

4_2

緑の香りがなんとも心地よい。お店の前にテラステーブルが3つ。そちらでまったりさせて頂くことに。

カフェなので、ホットサンド類、スープにサラダなどの軽食、デザートにお茶など。フレンチ出身のご主人なので予約でディナーなどもやっておられる模様。実は昼ごはんが超軽かったので、結構お腹が減っていて、ホットサンド2種とお茶をお願いしたのだ。

5_3

嫁は珍しい紅茶がある!と、日置川が流れる川添産だという紅茶¥350をチョイス。

6_2
珈琲もこういう場所で出てくるとは思えない、角の無いまろやか旨い上等なものだ。

7_2
で、ホットサンド2種。こちらは、チーズと野菜のグリルが挟んであるホットサンドで¥700なり。濃厚なトマトソースが添えられていてお好みで、という趣向。ちゃんと4等分してくれているのが嬉しい。

サンドも筍なんぞが仕込まれていて、これはただものでは無いな!感があふれるのだが、紫蘇酢で付け込まれたピクルスも何気に旨い。いたどりのピクルスを初めて食べました。あとはロマネスクブロッコリー、芽キャベツに人参、シメジなど。

8_2

こちらはクロックムッシュで¥700なり。いやー、鉄板! 旨しですな。。こちらのほうがトマトソースが合うかも!ですが。

9
なんとも贅沢な気分になれたひと時。疲れている人はここにリフレッシュくると良いかもですな。。御馳走さまでした、あまり頻繁に来れるところではないですが、また来たいです!

 

 

◆茶房 梅樹庵(メイジュアン)
住所:和歌山県田辺市龍神村西 281-1
営業時間:11:00~17:00 良い季節のみ土日祝営業(予約営業5日前)
TEL:0739-78-2056

 

10
で、実はお昼ご飯だった1個¥250のパンダまん。

11
とりあえず、とことん癒されました、ええ。(10時ごろまでは子犬のようにじゃれあっていました)

12
が、お昼からは、この状態で10分以上動きませんでした汗。