フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

お出かけ記録2016 Feed

2016年4月25日 (月)

ディオニーの酔いどれワインラリーに参戦(下)@お出かけ記録2016/4/23

こちらのネタの続きです。

91
JAPONICAを後にし、やってきたのは、スペインバルのPoquito(ポキート)、京都ロイヤルホテル&スパの北側。こちらも初訪問。

9
で、こちらはスペインの赤が頂ける。こちらにも我々の後にすぐディオニーの社長が移動してきて、乾杯コールが巻き起こるのだ。

10
手前がタパス盛り合わせで¥500、奥が仔牛の煮込みで¥600なり。実は今回一番気に入った一皿が奥の煮込みかな。(僅差で筍スパ、更に僅差で後述のポテサラ)

グラス1杯で60cc~90ccぐらいな感じなのだが、なにせ普段ならグラス¥2000ぐらいのが入っているというお得さ。(どれがそれかはわかりませんでしたが汗)こちらのスペインも上品なまろみがあり、なんだか非常に口に合いました。

11
チケットは1冊(ワイン8杯分)しか買っていないので、どうしようかなぁ、とやってきたONZE。場所は木屋町四条下ル。最近いったこちらのお店の系列店(というか本店か) まだ13:00にもなっていないので、こちらで1枚だけチケットを使って、

12
で、2枚残っている1枚で、フランスのローヌの赤を。同じ作り手さんの別の赤がグラス¥800だったのでそれを追加で。

13
で、ブリオッシュのパン生地でピスタチオを練り込んだソーセージを巻いてある面白い一品で¥500なり。

14
あ!甘いものがある!とお願いしたヌガーグラッセ¥500をチョイス。こちらもぎゅうづめで大変な状態なのだが、たまたま席が取れたので座って次はどこに行こう!と嫁とスマホを見つめながら悩んでいると、夜の自分主宰の呑み会にも参加する予定のSさんに遭遇。(結局、彼女は8軒コンプリートしたようですが・・・汗)

20代でワインエキスパート資格も持っている彼女に、あと1軒どこに行ったらよいの?というと、SEKAIYAのアルザスの白が上等なデザートワインみたいなので、呑んどけ!と教えてもらったのだ。

15
で、やってきましたSEKAIYA。ここだけ烏丸通より西にあるので、木屋町から歩いているのは結構遠いですな。。良い感じでふらふらとやってくる。

16
で、件のワインがこちら。確かに甘口だがすっきりしていて、非常にフルーティ。これはなんとも上等そうなお味。これとしっかり目の赤¥800を頂くのだ。

17
イベントメニューなのに小皿料理のメニューが豊富。呑んだら食べる派なので、これは非常に嬉しい。

18
で、鴨ロース¥300、ポテサラ¥300を注文。ポテサラにイチゴスライスと、アロエベラのシロップ漬けだと思われるものが乗っていて、これは想像以上に良いなぁということに。

もし!夜に呑み会がなければ、確実にあと3軒もお邪魔するのですが、良い感じの酔っ払い度で自宅にいったん帰宅。地下鉄に乗り、近鉄伏見駅まで。

20
ちなみにディオニーは、近鉄伏見駅から徒歩2分足らずの位置にあり、我が家から徒歩5分ほど。酒蔵のリニューアル物件ですが、なかなかお洒落。

こちらにも小っちゃいのでよいのでワインショップを置いてもらえると、激しく嬉しいと思う地元民です。ディオニーさん、時間限定でも良いのでぜひ!

2016年4月24日 (日)

ディオニーの酔いどれワインラリーに参戦(上)@お出かけ記録2016/4/23

土曜日の昼酒ネタを1つ。伏見にあるワインインポーター、ディオニーのワインイベント、『Coup de Foudre 春らんまん!酔いどれサインラリー』をちょっとだけ覗いてきましたのでご報告。写真が多いので2本立てネタです。

19

「Coup de Foudre(クード・プードル)」とは「衝撃的なひとめぼれ」の意。詳細は、ま、こちらで、なのですが、自然派ワインの取り揃えが嬉しいディオニーのワインを、四条界隈にある協賛店7店をラリーしつつ、美味しいアテとともに頂くという趣向。 協賛店7軒をコンプリートするとディオニー直営ショップの前田豊三郎商店(お洒落スーパー八百一2F)のイベントにも参加できるのだ。

21

まぁ、何が凄いと言っても、フランス・スペインから生産者の皆さんがこのイベントに参加されているということですな。 で、夜から自分主宰の呑み会がある(滝汗)ので、流石に全部は回れないのだが、我々が過去行ったことがないお店が4軒もある!ので、ランチがてら回ろうということに。11:00の開始時間に合わせて、まずはこちらにやってきた。

1
一軒目は、Tatezan Kyoto。寺町通三条西入に細ーい路地があってその奥、という今回一番秘密基地的な位置にあるのだ。まだオープン1分前ほどでどうしようかな?悩んでいると、青いイベントTシャツを着こんだおじさんが、もうオープンですよ!いらっしゃいませ~、と後から声をかけてくれ、店内に。(後程、ディオニーの社長さんであることが判明)

2
で、事前に8枚つづりのチケット¥3500を買っていて、そのチケット1枚で、イベント限定ワインが頂けるという趣向。まずはロアールの白から。エチケットもイベント専用ですな、気合い入りまくりな。食事に合いそうな、するっと呑める良い感じな一杯。幸先良し!

3
で、揚げたてのホタルイカ天ぷら¥500と、

4
筍スライスがてんこ盛り!なトマトソーススパ¥1000を、とりあえずお腹に入れ大満足。お店も良い雰囲気なので、また夜に使わせて頂くことにします~。

5
なんだか気温急上昇!な京都地方。ジャケットなど着てこなくてよかった!と思えるほどの、初夏のような暑さの中、お次のお店、JAPONICAへ。寺町通沿い、京都市役所の西側。

6
こちらでは、ロアーヌの赤、アルザスの白が頂ける。結構大きな箱ですが、席が取り払われ、立席なのだが満員状態。

7
生産者のお二人の挨拶のあと、社長の合図で楽しい昼酒に乾杯!!なのだ。しかし、大満席なので、ここでフードにありつくのは大変そうだよなと判断し、先もあるので移動しようよ~、ということに。

8
しかしまぁ、とことんうららかな京都。その2に続きます~。

2016年4月17日 (日)

都をどりを見学してきた記録@2016.04.16

京都の春を告げる行事の1つ、都をどり。明治5年から続く、京都の春を彩る定例の催し物だ。2016年の今年、なんと144回目の開催なのだが、実は、今回初めて見学しようということに。2週間前ほどに、公式HPから席の予約を入れたのですな。

1
公式HPからネット予約が可能で、週末は大人気。

都をどりを見にいこう!と思いついた4月上旬には既に土日はあらかた席が埋まっていた。開催期間は4/1~4/30、期間中は12:30、14:00、15:30、16:30の1日4回公演があるのだ。当然、良い時間は満席で、御飯時の12:30公演にNET予約を入れたのですな。

2
で、予約を入れた当日、開園1時間30分ほど前にやってきた、祇園新地甲部歌舞練場。

先にチケットをもらおうということに。

3

ネットで予約していると、スマホで予約画面を見せるとチケットと引き換えてくれるシステム。意外にハイテク(死語)なのだ。事前に、踊りの前にお茶とお菓子が頂ける茶席がついているチケット¥4800を購入。

4
12:30の席はお茶席が始まる11:15に入場できる。入場すると、舞妓さんや芸子さんの鍛錬が伺える生け花や書、絵画を拝見できて、お土産ブースのあとにこういうお庭前で、時間待ちすることになるのだ。しかし、想像以上に立派なお庭ですな。。

5
紅枝垂れ桜が、そろそろ散り仕舞のタイミング。しかし、四条周辺にあるお庭の中では、こちらはダントツに美しいかも。

6
紅枝垂れ桜は、もう数日で枯れてしまいそうな、五月を思い出しそうなうららかな日。

7
お庭のあっちこっちを隅々まで見て回る。モミジの青葉がとても綺麗。そろそろお茶席の時間(11:30)になりそうので、再度建物内で並びます。

8
で、ざっと150名単位のバッチ処理になるのだ。1回目の枠に入れたのですが、非常~に後ろの席だったので、お庭でゆったりしておけば幸せかもですな。

10
茶席では、芸子さんのお茶の御接待付き。早めに室内の待ち席で並んでいたら前のほうに座れるのだが、お庭であっちこっちと楽しんでいたので、後ろから3番目でした(汗)

9
出して頂いたお饅頭は「春の日和」というネーミングのとらや謹製。更に今日のおうすは宇治は森半謹製。可愛らしいだんご柄のお皿は、お土産に頂けるのが嬉しいのだ。

11
で、お茶の後には、いよいよ踊り!なのだが、その前に20分近く時間待ちがあるので、お庭を見下ろせる建物内の2Fに移動。(ちなみに席はチケットをもらった時点で決まっている)

12
気を付けていないと、そのまま通り過ぎてしまうのでご注意を。建物の2Fに上がるとなんだか、緑がとてもまぶしいのだ。

13
いやー、激しく和んでしまうのだ。いいですな、これは。

14
で、満足して、再度公演の待合に。当然、お土産コーナー完備。
嫁は、これは何か記念に買わないと(汗)!と、都をどりテーマカラー?の目に突き刺さるようなスカイブルー色のポーチを購入。

15
で、雅な踊りを大堪能!なのだ。

当然、写真NGなので、画像は、本家のこちらをごらんあれ。1時間と意外に短い時間なのですが、なんとも雅な気分になれた貴重な体験でした。未経験者にはお勧めいたします!
(見学者の1/4は海外からのお客様だったような気がします) 

ヨ~イヤサ~♪

 


◆祇園甲部歌舞練場
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570−2
TEL:075-541-3391

2016年4月10日 (日)

京都桜巡りポタリング(京都府立植物園)@2016.4.9(2)

土曜日のポタリングネタ、その2です。その1がこちら。

ランチは久々に北山までやってきたのでグリル東洋亭で洋食でも!と思ったのだが、11:30過ぎで、もう30人以上並んでいて、こりゃだめだ~!ということに。と、嫁がFB友のDさん推薦の釜焼きピッツア店があるよ!ということで、そこから5分ほど東に移動。なんとかランチ難民にならず、ウマウマな目にあって大満足。(また、後程ネタに)

で、お腹もいっぱいになってやってきた、こちら。

13
帰りにすっと帰れるように、南の正面門に回ってきた京都府立植物園。年に2・3回は必ずやってくる京都市内でも非常に好きなスポット。入園料¥200の価値は確実にあるのだ。

門の前から、温室わきのソメイヨシノがこんもりと超大満開になっているのがわかる。

14
で、毎年恒例のチューリップとソメイヨシノの共演だ。なんとか、散ってしまう前に間に合いました。

15

いやー、なんとも天晴な風景。もう散り桜で、風が吹くたびに見事な桜吹雪が辺りを覆う。温室前はソメイヨシノの大木が20本ほど植わっていて、花見客の皆さんがお弁当の真っ最中。

16
ソメイヨシノとボケの花の共演。流石に特異日のようで花見客で普段よりは大盛況なのだが、有料のせいか、それとも非常に植物園が広いせいか、そこまで混雑しているという感じはない。小さなお子様連れでお花見をするなら、一押しスポット。

あちこちで、和装姿のブライダルカップル(ここでは日本人ばかり)が4組ほど写真撮影真っ最中。最近、流行しておりますな。。

17
植物園の中に半木神社があって、前の池ではモミジの若葉と桜の共演。ゆるゆると散歩する。いやー、なんとものどかなのだ。

22

中央の大芝生前にもソメイヨシノの大木、それに紅枝垂れなどの色々な桜が固まって植えてあり、そこも一大花見スポットになっている。

19_2
紅枝垂れは満開、ソメイヨシノもあと僅かな命を爆発させるように、大満開。

いやー、いいないいな、今度はお弁当を持ってこよう!(・・・・と、毎年思うのだが、結局我々はついつい桜を求めてポタリングで京都市内中を走り回っているのですな、だはは)

20_2
植物園なので、当然様々な植物が植わっているのだが、今日の主役はソメイヨシノですな。なんとも圧倒的な存在感。 が、なんともうららかで、自然にうきうきした気分になってくる。今年の桜写真で一番気に入ったのがこちら。(クリックで拡大) なんとも圧倒的密度。

大満足で、もう少し散歩しようということに。

21
春先の今が一番色々な花が楽しめるタイミング。チューリップを始め、シャクナゲなどもとても綺麗。

23
で、南門東側のイングリッシュガーデンにやってきて、¥140の大休止なり。どのあたりがスーパーびっくり!なのかは、不明ですが汗。

24
で、大満足で、京都府立植物園を後にしたのだ。

あとは一気に自宅まで、帰宅15:30、さあ、晩御飯はどこに行こうか・・・てな、春の一日でした。

 

 

◆本日の走行距離:34.00km
◆本日の平均時速:15.4km/h

2016年4月 9日 (土)

京都桜巡りポタリング(上賀茂神社・半木の道)@2016.4.9(1)

実は5週連続の桜ネタ。流石に、これで今シーズンのラストになりそう?ですが、お付き合いください。

またまた週末はポタリングで桜巡り!ということに。先週まだ満開一歩手前、ぐらいだった京都市内のソメイヨシノは木曜日の豪雨でかなり大ダメージ!。が、遅咲きの紅枝垂れはこれから。京都の桜で最後に咲く御室桜は木曜日開花したばかりで、満開は来週の水曜日ぐらい。今回は多分綺麗に咲いているであろう、紅枝垂れを目当てに京都市内北部をウロウロしてみることに。

1
で、あまりに勢いよく出てきたので、丹波橋の我が家からほぼ15kmノンストップでやってきたこちら、カキツバタの名所、大田神社。自生している天然カキツバタで有名だ。GW開けぐらいに満開になるので、今頃はどうなんだろう?とやってきた。池の周りにソメイヨシノが3本ほど植わっている。
ソメイヨシノが散りはじめ、というところ。ちらちらととても綺麗。

2
カキツバタの緑もなんだかとても綺麗。シーズンに備えて、池の周りを整備されている真っ最中だったのでお願いして中に入れていただきました。

3
カキツバタ、現在の育成状況。満足し、お隣の遅咲き紅枝垂れの名所に移動。

4
で、自転車置き場からやってきたので、いきなりメインイベントなり。上賀茂神社の大紅枝垂れ桜で「斎王桜」なり。
今日は良い日だったようで、境内の中では結婚式真っ最中や撮影中カップルが3組ほど。(写真、クリックで拡大!)

6
ソメイヨシノはあらかた終わり。しかし、なかなか綺麗ですな。上賀茂は東山の大混雑と比べれば、なんだかのーんびりしているのでとても好きなのだ。

5
境内を流れる御手洗川にモミジの若葉。ふりそそぐ日差しがまぶしい。日中は22℃まで温度急上昇!な京都なのだ。

7
境内の中にも枝垂れ桜が1本あり、そちらは終わりかけ。遅咲きの山桜系の桜が2本で、そちらも結構満開。(写真大失敗) 大満足で、賀茂川沿いに移動する。

8
ソメイヨシノのトンネルでとても有名な御園橋東詰周辺。ほぼ今が散りごろで風が吹くたびに凄い桜吹雪に。ところどころ、まだ咲いてますよ!的な木が数本。自転車を押しながらゆるゆると進む。

で、本日2つ目のメインイベント、半木の道に移動。

10
今日は、鴨川茶店なるイベント中。川沿いに沢山の出店が立ち並び、琴の生演奏や茶会、なぜか京都府警のユルキャラと写真撮影ができたり、色々と盛りだくさん。

自転車を置いて、ゆるゆると散歩するのだ。ああ、空が高いですな。(やや、黄砂の気配も・・・ですが)

11
当然、それなりにギャラリーは沢山。京都府立植物園のPAは1時間以上待ち!と思われるので、車で近寄らないほうが無難です。(北山あたりのコインPAに停めれば無問題!、って誰向けの情報やねん・・)

9
しかし、なんだか超うららかなのだ。良いお天気に恵まれました。

12
またまた、最近凝っている被写体、タンポポと紅枝垂れ桜の共演。

気が付いたらもう11:30! お腹も減ったので近所で御飯にしよう!ということに。
というわけで、またまたその2に続きます~!