フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« カレー&デリ サティア@和歌山市 | メイン | 茶房 梅樹庵(メイジュアン)@竜神村 »

2016年5月 4日 (水)

中華料理 楓林(ふうりん)@和歌山市

GW1日目。和歌山の実家に帰ると、まずは花山温泉でひとっ風呂!というのが定番の我が家。花山温泉が17:00から割引になるので、その時間狙いで温泉を満喫し、そのあと、どこかで晩御飯!というのがゴールデンパターン。で、今回やってきたのは花山温泉から車で1分ほどにある中華料理店、楓林(ふうりん)。実は結構思い入れのあるお店。

1_2
もともと、和歌山市神前にあり、多分、両親を誘って一番回数やってきたのが移転前のお店なのだ。ご主人は四川料理を日本に広めた陳建民氏の孫弟子にあたる方で、2008年ぐらいに体調不良で閉店されていたのだが、2013年末ぐらいから、またこちらで再開された模様。店名だけだろ?と思っていたが、そのご主人が中華鍋を振るっているらしい。

実は1年ぐらい前に、再開されたことに気が付いていて何回か再訪しようとしたのだが、満席やら、急なお休み、それに20:00閉店!と計画的に動かないと行きにくいお店になっていて、ようやく今回やってこれたのだ。
店内は、もともとラーメン店かなにか、という居抜き物件。カウンター席が6、4人掛けテーブル席が3、という以前よりも大分小さめ。以前は四川料理店だったが、今回は中華料理店、とより親しみやすくなった感じですな。

2_2
で、いきなりメインディッシュなわけで。麻婆豆腐は以前のお店と変わらず¥850なり。花椒の効きは以前よりはかなり控えめだが、一口食べて、あー、これは確かに楓林に違いない!と確信。 当然大御飯¥250を注文し、ミニ麻婆丼化して頂くのだ。

帰ってきて大昔のネタを見て「すみません、辛くしてください!」とお願いするのを忘れていたのを思い出した。

3
で、棒棒鶏¥1200なり。クラゲも入っている。ふっくら柔らかい蒸し鶏にしっかり胡麻ソースが美味しい。 このあたりで、もう相当にこやかになっている4名。

4
で、餃子は¥350×2で注文。皿が小さいのに12個も乗っているので面白い盛り付けになっていますが。実は以前の楓林では、あまり好きではなかった一品。が、こちらでは野菜多めの餡がしっかり入っていて、あれー?こういうのだっけ?と納得。これは美味しいです。

5
玉ねぎと豚肉細切り肉の炒め物で¥750。四川おふくろの味!とメニューに書いてあったのでついつい注文。炒め物を複数お願いするとベースの中華ダシが同じなので皆同じ味!のような中華店とは一線を画す、玉ねぎの甘味満載のなんともくつろげるお味なのだ。やっぱり美味しいなぁ、と大満足。(が、以前のお店にはなかったメニューかも)

6

酸辣湯は¥400なり。十分、しっかり2人前取れます。いやー、相変わらずお得過ぎ!

で、カウンターにお持ち帰り用丼が次々に並べられていくので、これは何?と観察していたら、近所の工事現場のおにいさんが残業食を注文しているようで、全20人前ほどが生産されているのを目撃。(おかげで料理進行は、そんなには早くなかったのですが、呑んでいたら待たされ感はほぼ無し。凄いです。。)

7

酸辣牛肉片で¥1180なり。すっぱ辛甘い複雑なお味の牛肉の炒め物。白御飯必須!なお味。。

8
で、大定番の四川成都家庭風玉子炒めは¥850なり。きくらげと、野菜類、それにほんわりとした玉子が絶品。これも白御飯と名コンビネーション。いやー、旨かったです。

ま、普段使いのお店なのですが、以前よりも更にちょっと気軽系なメニューが増強されている感じ。お店の名前入りメニュー「ふうりんめん」も気になる気になる。。
しかし、近所にこういうお店があると確実に嬉しい一軒ですな。で、ノンアルコールビール1、焼酎水割り2で〆て¥8000ほどという、4人なのにすみません~価格でした。 多分また、我が家では花山温泉とセットでコースが組まれる予感です。また来ます!
 

 

 

◆中華料理 楓林(ふうりん)
住所:和歌山県和歌山市鳴神1051-1
営業時間:11:00~20:00(L.O) 木休
TEL:073-473-3220

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33816277

中華料理 楓林(ふうりん)@和歌山市を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿