フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

にし野(2)@西院

バタバタしていて更新が止まりました。先週の土曜日ディナーネタを1つ。

先週の串揚げに続いて、串繋がりで焼き鳥なんてどうよ?となり、直ぐに思いついたのが、西院にある焼き鳥店、にし野。お若いご夫婦2人で回されているお店で、コース仕立てで焼き鳥を頂く趣向。そうだそうだ!にし野に行こうと当日16:00ぐらいに予約し、無事席GET!(実は2週連続予約アタック。前週は振られましたが。。。汗) 

1
そとから見ると何屋さんなのかよくわからないかも、ですな。。予約時間の18:30、本日1組目の客としてお店に。

2
基本コース2種からお願いし、食べたりなかったら追加の串をお願いする仕組み。が、1本がかなりシッカリ量なので、呑みながらだと結構満足できてしまうのだ。青たたき?なる謎のメニューが気になったので、そちらをチョイス。

3
なにはなくても、ここでは日本酒を頂くのが幸せ。8勺が標準量で大体¥700~¥800というプライスゾーン、2人でも色々楽しめるのが嬉しい。
こちらで初めて呑んで思わずハマった、赤米で作った京都府伊根町の「伊根満開」なるまろやか甘口酒を燗で。梅酒のようなニュアンスがある甘口なのだが、なんともくつろげるお味ですな。。

4
で、意外に早く出てきた「青たたき」。胸肉の部位をさっと炙ってスライスし、大量のネギポン酢で頂く趣向。これでもか!と唐辛子が効いていて、辛いもの好きならおもわずにっこりなお味。締まった肉質の鶏にスっパ辛いポン酢がたまらなく合うのだ。

5
で、お次は手羽先。皮のパリパリさと、しっとり焼きあがった肉の対比。ジューシー極まる一品。いやー、このお店は美味しいなぁ、と思わずほくそ笑むのだ。

6
野菜の出し方が変わったんですよ~と奥様。キャベツに芽セロリ、それに赤いのは紅芯大根、茶色いのは生のヤーコン、それに人名のような面白い名前のブランドカボチャ(名前しっかり失念汗。)野菜の自然の甘味でさっぱりと、という趣向。

それと火入れ、超レア!ななんともトロケるキモが登場。。タレ焼きですが、火入れがギリギリな見極め。ほんのり温かい、ぐらいですが、ちゃんと火が入っていて本当に美味しい。

7
写真ぼけボケですが、伊根満開みたいなのほかにあります?と奥様にお聞きして出してもらった福岡県の杜の蔵(もりのくら)純米 七七七 Theme2015なり。七年熟成の古酒で、どことなくシェリー酒のようなニュアンス。いやー、面白いものがありますな~。、

8
モモ肉とネギ。しかし、大口を開けてかぶりつく必要のある大ぶりな一品。ネギの直径2cmほどあります。ネギの甘味と、これまた皮はサクサク、かぶりつくと超!ジューシーな鶏のコントラストにうっとり。

9
焼き野菜2種。今回は串ではありませんでした。アスパラ+菜の花的なスティックセニョールと、バターで仕上げたレンコン。手堅くウマしですなぁ。

10
つくねは山椒をしっかり利かせた風味豊かなもの。これまたウマしですな~。

11
口直しです!と出てきた一品がまた面白い。梅干しの刻んだのが入った、鶏ダシ風味しっかりな茶碗蒸し。中にも梅干しが忍ばせてあるのですが、確かにサッパリと頂けて、口直しに良いかもですな。

12
もう8勺、燗酒をお願いして玉櫻あたりを出してもらったと思うのだが、写真失念で、最後の〆は大将にお任せで出してもらった、鳥取は日置桜 生もと強力なり。基本お任せにすると燗酒が出てくるのの、このお店が好きな理由。こちら、ファーストコンタクトはガツンと来るけれど、次第にふくよかな味が広がって酸もあまり気にならず美味しいです~。

このあたりで、次々にお客さんが入ってきて、カップル4組、奥のテーブル3名で満席に。やっぱり人気。

14
合鴨は、どこ産だったっけ・・。ほんわり山椒。非常に脂がのっていて香ばしいのだ。これも鴨好きな我々、お気に入りの一品。

15
砂ずりは塩で。レモンぎゅっぎゅで嫁ニコニコ。

13
〆は、これまた超!レアなささみ。大ぶりな人参ほどありそうな山葵を卸して大量につけてあるが、山葵の風味を楽しむためで、辛みはそれほどでもなく。しかし、てんこ盛りでお願いしたい~な、爽やかなお味。〆にぴったり。

串7本なのですが、なんだか非常にしっかりと頂いた気分で、大満足で¥4100コース終了。で、日本酒を4種類で、〆て¥12000ほどと大納得価格なり。当面、我が家の京都市内焼き鳥店極私的ランキングで3本指に入る好き度。また、焼き鳥が食べたくなったら来ます~。 

 

 

 

◆にし野
住所:京都市右京区西院北矢掛町36-16
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:15) 日・水休
TEL:075-322-3184

 

2016年3月28日 (月)

おおさかやでスペシャルエビフライ(2)@千本北大路

で、こちらのネタの続き、土曜日のランチネタ。
桜ポタリングでやってきた上品蓮台寺。枝垂れ桜が大満開で大満足な11:00チョイ過ぎ。程よくお腹も減ってくる。そうだそうだ、この近くに良きランチ処があるよ!と嫁と意見一致、11:30のオープン時間にやってきたのは、日常使いの洋食系定食店、おおさかや。

1_3

こちらもFacebookで教えていただいたお店で、冬の間は牡蠣フライが非常に名物。ちなみに、¥1030でこういう牡蠣フライが頂けるありえないお店なのだ。オープン待ちから次々にお客さんがやってきて、25席ほどの店内は開店後20分過ぎには満席になったのだ。
修学旅行生グループがタクシーの運転手さんに連れられてやってきたり、近隣では非常に知られたお店。

6_3
前回ネタから1枚だけ写真をご紹介したくて出してきた牡蠣フライ。なんと11個付けというわらっちゃうサービス過剰感。で、牡蠣フライが食べたくてやってきたのだが、先週で牡蠣フライはシーズンエンドなのだ。残念無念。。

2_3
が、メニューは笑っちゃうほど豊富、且つどれもお安いので、もう一品、教えていただいていたスペッシャルなメニューを頂いてみることに。

3_4
で、じゃじゃーんと登場、私チョイスは海老フライ定食¥1330を御飯小で¥1310なり。嫁は、出汁巻きとハンバーグ、チキンチューリップフライの北大路セット¥870の御飯小で¥850なり。いやー、よだれ!

4_3
嫁注文の北大路セット。メインはさらりと旨み満載系ハンバーグではなくて、出し巻き玉子かもしれませんなぁ。。明らかに洋食店のお味ではないです。旨し!

5_3
こちらは、私注文の海老フライ定食。頭・しっぽ付きですが明らかに20cmOver級のブリブリ海老フライが3個付け。これまたサービス過剰ですなぁ。頭は食べられませんが、大満足でした。

近隣に気になるお店が3軒ほどマークされているのですが、ポタリングランチの際、近くに居たら食べていそうな気がします! 御馳走さまでした!

 

 

◆手作り洋食の店 おおさかや
住所:京都市北区紫野下御輿町7
営業時間:11:30~15:00 17:30~22:15 水休
TEL:075-451-5524

 

2016年3月27日 (日)

京都早咲き桜を求めて(醍醐寺2と大石神社)@2016.3.27

で、こちらの醍醐寺ネタのその2です。
非常に境内が広い醍醐寺。隅から隅まで見て回ろうと思うと半日は必要でしょうな。で、今回のメインイベント、三宝院に向かうのだ。

12_2
山門を抜けると紅枝垂れ桜の巨木が2本。どちらもおよそ満開といってよい状況。これは眼福ですな~(写真クリックで拡大)

13
醍醐寺中で一番人口密度が高いのがこちら。三宝院のお庭を見る前に、桜の季節なら一番奥のお茶席を見にいくだろうということに。

14
大きなお庭に緋毛氈を敷いたお茶席が出されている。周りは早咲き桜がこれでもか!と咲き誇っているのだ。

15
駄写真を量産し、メインイベントの三宝院のお庭に向かうことに。豊臣秀吉が愛した庭だと非常に有名。枯山水とは違う、ダイナミックなお庭が非常~に良いのだ。

16

で、ここで、過去三宝院に行ったことがある人には驚いてもらう必要があるのだ。

過去、三宝院は写真NGだったのだが、お庭の写真がOKになっていました。これはカメラ好きには非常に嬉しい大決断!なのだ。思わず自撮り棒などの写真撮影を見張っておられる係のおばさんに、「お庭の写真、撮っても大丈夫なんですね!」と2回も確認してしまいました。。

17
で、こういう写真や・・・

19
こういう写真を大量産。非常に絵になるお庭ですな。。

18_2
いやー、激しく良いですな。(写真、クリックで拡大) いつまでものんびり眺めていたいのだが、お腹も減ってきたしそろそろ次のポイントに移動しよう!ということに。

で、ランチ後やってきたのが醍醐寺から車で10分ほどの大石神社。こちらはこじんまりした神社なのだが、一応無料PA、全15台分ほどが完備。写真の鳥居前と奥にあり。

20
名前の通り、赤穂浪士にゆかりがある神社なのだ。境内に1本だけ大きな枝垂れ桜があり、花をつけるとなかなかの見物。

21
今のところ、5分咲きというところ。狛犬が非常にプリティ!

22
境内全景。境内の一角に、ミニポニーの花子ちゃんが飼われている非常に珍しい神社です。

23
本殿から見下ろした風景。いやー、なかなか。雨さえ降らなければ、来週末でも十分楽しめそうな予感。以上で、大満足で家に帰ることに。

来週末が、いよいよソメイヨシノが大満開!な予想。さあ、来週はどこに行きましょうかね。。と、嬉しい悩みなのだ。来週に続きます~!

京都早咲き桜を求めて(醍醐寺1)@2016.3.27

いよいよ桜シーズンイン!な京都。今週末のこのネタこのネタ、更に夜桜のこのネタ。京都桜ネタが続きます。

で、日が明けた日曜日。今日もポタリング!と行きたいのだが、昨日見事にマイチャリがパンクしてしまい(ロードバイクと同じタイヤで、京都御苑の砂利道を走ってはいけない汗)、昨日呑みに行ってから修理していないので、今日は車で、早咲き桜を見にいけるところに行く?ということに。

1_2
で、やってきました醍醐寺。丹波橋の我が家から20分足らずで到着。今日は意外に道路も空いていたのだ。お寺のPA(一日¥1000)にすんなり駐車し、まずは京都でも一番巨大な早咲き桜がある霊宝館(仏像を展示しているところ)に向かう。霊宝館前の参道はソメイヨシノの並木になっているのだが、ごらんのように1分咲き以下という状況。

霊宝館と本殿、それに秀吉のお庭がある三宝院3か所を回って¥1500という見学料。桜が咲いているので今日は3か所とも回るよ!と鼻息も荒いのだ。

2_2
昨年ぐらいから裏手に桜並木ができて、そちらもなかなか綺麗なのだが、今日は何か催し物があるようで裏の通路は立ち入り禁止。(テレビ関係?) で、正面から霊宝館に向かう。早咲き枝垂れは、およそ6分咲きほど。

3_3
で、いきなり本日のメインイベントなのだ。私が足る限り京都で一番立派で巨大な紅枝垂れ桜がこちら。(写真クリックで拡大)

4_2
夕方から曇り予報だったのでダッシュで出てきたのですが、その甲斐がありました。。霊宝院でありがたい仏像とご対面し、まんまんしてから、次は本堂を目指すのだ。

5_2

本堂前の枝垂れ桜も満開。。いやー、なかなか綺麗。

6_2
金堂わきの枝垂れ桜はほぼ満開。。ギャラリー多数なので、こういう写真はなかなか撮れ難いかもですな。。雲がどんどん風で流れるので、ころころと明るさが変わり、写真の雰囲気も変わるのだ。

7
で、こちらは五重塔向かいにある清瀧宮拝殿脇の紅枝垂れ。こちらも引き画ではほぼ満開モード。7分咲きほどですかね。。

8
国宝の五重塔。いやー、見事。(曇ってなければ、更に良かったのですが。。。)

9
奥の弁天池の山桜?の類も、今まさに大満開!。いやはやうっとり。。

10
山桜?全景。いやー、非常に立派ですな。

11
で、本日の実はメインイベント!になった秀吉が愛した庭がある三宝院に向かう。ここが非常に~に良かったのだ。写真が多いので、その2に続きます!

 

 

祇園白川宵桜ライトアップ@お出かけ記録2016.3.26

で、こちらのネタの続き
京都の春を満喫しよう!、とポタリングの後は又、京都市内に出てきた2人。西院あたりで晩御飯を食べて、(また、後程ネタに)食後の散歩に祇園四条までやってくる。

1
やってきたのは、祇園白川。この季節は宵桜ライトアップがあり、今年は3/24~4/4の期間開催されているのだ。ソメイヨシノだけでなく早咲きの枝垂桜もあるので、もう咲いているだろうという作戦。

もう21:30ごろなのだが、まだまだ大勢の観光客の皆さんで大盛況。

3
枝垂れ桜は大満開。なんとも艶めかしい色合い。

2
比較的お値段が張りそうなお店が多い地域。良い感じのBar兼甘味処ができていたので備忘録代わりにパチリ。

5
夜桜の手ぶれ写真を大量産。しかし、戻り寒波で5℃ほどしかなくダウンジャケット必須な四条界隈だ。

4
良く見ると、枝垂れ桜はそろそろ終わりモードかな。来週はソメイヨシノにスイッチしそう。

6
巽橋から四条通に出て、大満足で家路に着くのだ。寒かったけれど良き春の散歩になりました。