フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« らーめん 門扇 伏水酒蔵店@伏見 納屋町商店街 | メイン | コナチネッタでランチ(4)@聖護院東町 »

2016年2月24日 (水)

Obaseでランチ(2)@河原町三条

京都マラソン当日だった日曜日。
朝から結構良いお天気で、3日ほど前に「京都マラソン中なので予約取れるよ!」の予言通り予約が取れたお店に向かう。お店の名前はObase。イル・ギオットーネ、レストランおくむらご出身のシェフのお名前がそのまま店名になったピカピカニューカマーレストランと書いてから、既に9か月。何回か予約電話を入れたのだがずっとNGだったのでニコニコとお店に向かう13:00。

Obase1
京阪三条駅を降りると、鴨川は太陽の照り返しがまぶしいぐらい。なんだかいい気候。

Obase2
早春を告げる三条大橋西詰にある2本の河津桜も既に5分咲き。もう春はそこまでやってきているのだ。

Obase3
で、時間通りお店に。カウンター席の手前2席が我々のために空いていて、それ以外は当然満席。奥の席は既にメインの皿が出ている状況。ランチは、コースで¥4000のが一種類と超わかりやすい構成。苦手食材ありませんから!でスタートするのだ。(なんでも食べますが、好き嫌いは、もちろんあります。)

Obase5
まずは前菜を兼ねたスープからスタート。具沢山のミネストローネだが、野菜の種類は半端なく多い。ブロッコリー、ロマネスク、カリフラワーに根菜類が8種類は確実。優しいお味のスープに合わせるのは、里芋のフリット、それに自家製グアンチャーレ(豚ホホ肉の塩漬け)という布陣。いやー、とても健康的で良いですな~。

Obase4
呑みたいグラスが¥1500前後になるので、ボトルでもらおうか~!とお願いしたシーファー・リースリング 2014 / ファン・フォルクセンなり。ボトル¥6000。甘いのは駄目!とお願いしたのだが、なんだか美味しい。
お手軽系ボトルの選択肢は多くないです。コース¥4000なのでお手頃系も色々おいてほしいかも。(酒呑みのボヤキ。しかし基本、白しかありえない料理進行ですからねぇ。。)

Obase6
お次は非常に旨かった鰤の炙り。九条ネギをバーニャカウダソースで和えたもの、ブンタン(あまり酸味が無い和系柑橘類)、高知産トマトとスプラウトを合わせた一品。過去類似のものを食べたかなぁ、とついつい考えてしまうのだ。

Obase7
皿の上にやってきた春。超たっぷりな菜の花とアサリ。柚子皮の香り・苦みがなんだか和心。が、食べるとしっかりイタリアーン、なのだ。あちこちで見かける皿だが、とても丁寧で美味しい。菜の花の比率がありえないたっぷり量なのが工夫。バゲット、フォカッチャと合わせてソースもしっかり頂くのだ。

Obase8
メインは地鶏のロースト。付け合わせは3種類のキャベツ(紫・ちぢみ・春)のロースト、カシューナッツと粒マスタードのソース。健全かつ美味しい。

Obase9
で、超!可愛らしい口直し(ヨーグルトのソルベだったかなぁ。。。既に忘却の彼方で自信無し)で、口をさっぱりとさせて・・・・

Obase10
柑橘類がお好きなのか、デザートも柑橘系。甘平なるこれまた和柑橘系のみかんで愛媛産。2007年に品種登録されたニューカマーなのだ。ポンカンの系列なので甘味と酸味のバランス良好。それにれに甘平ソルベ+ヨーグルト?クリームを合わせて。さらりと上品で美味しい。

Obase11
で、小菓子と美味しい珈琲で充実ランチ終了!
お喋りに夢中なマダムグループのメインの皿と同時に入店したのですが、食べ終わったのは我々が先でした汗。

¥4000ランチ競争はなかなか激しい京都ですが、とても丁寧で好感が持てる良店。グラスでお安い系ワインをもちょっと種類置いてもらえると更に嬉しいかも~ですが、多分また来ている予感です。御馳走さまでした!。


 

◆Obase
住所:京都市中京区河原町三条恵比須町534-39
営業時間:12:00~13:30 18:00~21:30 水休
TEL:075-211-6918

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33750447

Obaseでランチ(2)@河原町三条を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿