フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 梅香堂@今熊野 &京都一周トレイル散歩2016.2.6 | メイン | 堀川鳥岩@堀川通下長者上ル »

2016年2月12日 (金)

Animo(アニモ)@御前通御池上ル

建国記念の日のランチネタ。
月曜日からの5日間の平日は基本、ほとんど家御飯な我が家。が、今日は祭日なので、ランチは外で食べようか~という泥縄な算段を始める朝9:30。。毎年2月は京都市内で開催されている京都レストランウインタースペシャルなる催し物があり、2月限定メニューが頂けるレストランが180店舗。多分、観光客が少なくなる時期を狙って、ということだと思うのだが、当日ランチ予約は流石に厳しくて、数点電話した時点でこりゃだめだと諦める。

と、一軒、ゆったりランチが頂けるお店があるよと教えてもらっていたのを思い出す。お店の名前は、Animo。地下鉄二条駅と西大路御池駅のちょうど中間、御前通にある一軒屋レストラン。行けるか?と電話してみたら席が取れ、ランチ難民にならずに済んだのだ。よかったよかった。予約時に¥3500のランチコースのみになりますが?と確認されOK・OK!とお店に。

Animo1
地下鉄二条駅の3番出口からずんずん御池通を西に。御前通を北に上がり、1つ目の路地を右手に首を向けるとフランスの旗が見えてくる。京町家ではないが立派な一軒家。もともと芸術家のお住まいだった模様。

Animo2
エントランスは、なんとも普通にお金持ちな住宅的な。入り口で12:30で予約しているものだと伝えると、入り口わきのこちらのお部屋に案内してもらう。

Animo3
一軒屋なので、大きなお庭に面したお部屋(そちらはマダム4人組でランチ中)と、二階にも席があるようだ。こちらの部屋はMAX8席ですな。今日は我々で貸し切りなので、超ゆったりなのだ。日本家屋だが、すべてテーブル席。ハレの日に、フレンチとイタリアンの良いとこどりメニューを、個室で頂くという趣向のお店だ。

Animo4
で、テーブルセッティング雰囲気こみの前菜写真から。左手から鶏のスパイス風味(鶏ハム的な)、鱈?のエスカベッシュ(南蛮漬的な)、生ハムとサラミ、という布陣。お箸があるのが京都風。

サービス陣はお若い女性と男性。お料理の説明は必要最低限だが、お水や料理進行のチェックはばっちり。頑張っておられます。

Animo5

で、当然昼酒モードなので。ブルゴーニュのシャルドネをボトルでお願いした。アルデッシュ・シャルドネ2013は、¥4000なり。良心的な税込み表示。フローラルで適度なコク系。ちなみに、コースもドリンクも全部税込み表示、サービス料込み(無し?)なので、計算は非常に簡単。

Animo6
パンは、バターしっかりなブリオッシュ、それにバゲット。かなりシッカリ量。オリーブオイルとともに。

Animo7
前菜は、フォアグラステーキとフォンドボーのソース。奥に赤米のリゾット、上に乗っているのがフキノトウのフリットという布陣。火入れもばっちりで、いうことありませんです、はい。パンに合うものがチョイスされているのかも。

Animo8_3
魚の皿。イサキのパートフィロー包み。上に乗っているのはつぼみ菜(アスパラ的な)ですな。揚げ春巻きの皮のようなぱりっぱりな食感のパートフィローに、ふっくらと軽く火が入ったイサキが包まれていて、こりゃ、美味しい。ソースは香草、サフランのバター系なものでとても軽やか。本日一の皿がこちら。

Animo9
肉の皿の前の口直しは、梅干しのジェラート。いや~、梅干しと赤紫蘇のみじん切りが入っていますが、かなりいい感じ。確かに口直しですな、これは。

Animo10
メインは仔牛のクリーム煮。これまた、非常に軽い味付け。量は想像以上にしっかり。付け合わせの野菜類も美味しいのだ。旨い旨いとパンまですべて平らげてしまう。

個室で差し向かいランチもたまには良いよねぇ、と格子窓の向こうに見える細い青空を眺めながら、激しくまったり気分が盛り上がるのだ。。

Animo11
デザートもしっかり。フランボアーズムースに、ヌガーグラッセ(というよりナッツ入りセミフレッド)、コーヒークリームのロールケーキ、それにフルーツという鉄板な布陣。最後まで、ばっちりでした。

Animo12
で、嫁は紅茶、私は珈琲を頂いて充実ランチ完了。

料理に冒険心を求める人には、手堅すぎなお料理で物足りないかも?ですが、個室なので子連れ大家族でも大丈夫(MAX20名まで)ですし、お願いすれば各種サプライズやらバースデイケーキもOKな模様。個室なので気兼ねなく楽しめるのがよろしいですな。この¥3500は、OK!

嫁は、こういうお店は手堅く好きだ!とご満悦。以上で〆て¥11000という超明瞭価格なのも嬉しい。計算簡単すぎですな。御馳走さまでした、また、まったりしたくなったら来ます~。

 

 

◆Animo(アニモ)
住所:京都市中京区中京区西ノ京銅駝町67
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30 水休・第1・3火休
TEL:050-5869-9465 


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33738479

Animo(アニモ)@御前通御池上ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿