フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■フレンチ  2015年 Feed

2015年12月15日 (火)

電氣食堂@高倉通四条下ル

創作料理というと、過去の経験ではなんだかチョイ胡散臭いというか、居酒屋の変態バージョンというか、過去、良い印象の良いお店が少なくて、どちらかというと敬遠しているカテゴリー。
が、今回ちょっとリッチ目なランチで、なかなか良きお店に当たりましたので、いつもよりちょっと力を入れてご紹介。お店の名前は、電氣食堂。京都には同名のお店があるようだが、こちらは、高倉通四条下ルというかなり人通りの多い場所にある。

が、路地奥の隠れ家という感じで、ぼーっと歩いていたらまず出くわさない位置。四条通から高倉通を下りながら右手を見つつ移動してください。看板からIshikawa系列だと推測。

1
路地の奥に目をやると、こういうお店が見えてくる。ま、如何にもなロケーション。

2
1Fは、かなりゆったりした席間のカウンターが10席ほど。なかなかアダルトな雰囲気。壁面ミラーで囲まれているので、実際よりも更に広く感じますなぁ。。実は、これはイイなぁと思ったので、帰りに2階席も見せてもらったのですが、そちらにも14席ほど。MAXは6名様までという席構成。当日はカップルのみ4組、という状況。壁の落書きによると今年の6月末には存在していたようだ。(後ほどご紹介)

3
ランチは月替わりの¥2800(税別)1種類のみ。飲む気満々で飲み物リストももらうのだが、ボトルで¥3000~¥3500のお手頃価格なワインがリストに並ぶ。グラスは赤白各2種。日本酒は1種類だし、ここではワインを飲んどけ!な模様。グラスの白(¥600)をお願いする。

4
「煙」なる、燻製煙を器に封じ込めたサラダ。このお店では一押し!なんでしょう。

5
数の子といくら、それにフルーツ類がしっかり入っているサラダなのだ。ブドウにキウイ、イチゴに、ザクロ、スナップエンドウにレンコン、紅大根に葉野菜類などなど。さっぱりしたフレンチドレッシングで、それに燻製臭がほのかに香り、美味しい。やるではありませんか。。

6
お次、フォアグラを使ったフランで、上に生雲丹、それとダシ醤油の泡がかけてある趣向。仏+和、的な。これも外さず美味しい。器ごと口に入りそうな、ちっちゃな器も可愛らしいのだ。(前にあるのがティスプーンなので、サイズを想像してください~)

7
メニューにはありませんが、お店からのサービスの一品です!と出てきたのは、油揚げの巾着の中に、刻み九条ネギたっぷり+生麩、さらに美味しいかつおだし、という。超あつあつでこれまたなかなか美味しい。

8
で、タイのパッタイから習ったパスタ。ぴりりと刺激にある味付けで、これは非常~に好みのお味。奥がパウダー状にしたラー油(辛いですよ!と釘を刺されたが、これがあるのでより美味しい感じ)アツアツを凍ったマイクロトマトと合わせているのも面白い。3口分ほどだが、タイ+伊の超!充実な一皿。

9

超ミニミニ鰤大根。聖護院大根なのが京都風。もう想像している通りの、甘口母の味な和そのもののお味ですが、人生で初めて、鰤大根の汁でバゲットを頂く機会に恵まれたのだ。。面白すぎですな~。

10
ハマグリとズワイガニのブイヤベース。器は小ぶりなコーヒーカップ的な面白いもの。器チョイスのセンスが非常~によいですな。アツアツ蟹スープとしてGOODなり。これは仏的な。

11
〆のリゾットの前に、ちゃんと口直しが出てくる。はっと!する酸味のカシスのジェラートなり。

12
軽くソテーした白子(フグとは言われなかったが、なんだろう? 美味しい)と、豆乳と白みそを合わせた仏+和なリゾット。最後まで創作料理を貫くんですなぁ。いやー、〆て1:30ほどの大満足なり。。

13

で、手前のせんべいっぽいのは、白味噌味と胡麻味のカルメラ焼き的なもので、真ん中は紅茶のゼリー、奥はクレームブリュレ。慣れていない人はびっくりする香ばしい一保堂の茎ほうじ茶とともに。

¥2800(税別)でこのコースラインナップなので、当然一皿の量は可愛らしいのだが、これだけ皿数があるとお腹いっぱいになりますな。高年齢層、もしくは女性少人数グループで、且つランチでのんびりとワインなどたしなみたい!な人には非常にウケが良さそうだと予測。夜も一皿増えて¥3900という恐るべし高CP。まだまだ世間には知られていなさそうなので、席は取れやすそうです。気になる方はぜひ。
 

 

◆電氣食堂
住所京都市下京区高材木町221-3
営業時間:12:00~13:30(LO) 17:30~21:00(LO) 水休
TEL:075-351-2288

14
で、6月ごろには存在していたと分かった店内への黒壁へのサイン色々。2人しか認識できませんが汗、あと、椎名桔平さんのサインが少し離れてありました。これ以外にももう一つ6月28日だかのサインが向かいの壁にあったのですが、達筆すぎて読めませんでした汗。

で、1:30ほどの大満足ランチのあと、ぶらぶらとこちらへ。

16
帰りがてら、最近、ダシを取るときにお世話になっているうね乃製だしパックを購入しに、仏光寺に。

15

境内に、えええ、今頃いったいどうしたんですか!と聞きたくなるぐらい紅葉真っ盛りなモミジが1本なり。

 

2015年12月 7日 (月)

Restaurant Nagatake@御池通間之町下ル

サラリーマン稼業で、数少ない1年に2回嬉しい金曜日のあと、予約を入れていたフレンチにディナー、ということになった土曜日。以前は仏光寺通高倉西入ルにあったフレンチで、特徴的な黄色い一軒家レストランだったのだが、今回開店10年目にして移転されたらしい。以前1度だけ伺っていて、お料理のバランスも良いし、これはなかなかイケているお店だな、という印象があったのだが、移転してようやく再訪、ということに。1週間ほど前に予約しました。

お店は、京都府文化博物館のちょうど北側ブロック。予約時間の19:00ちょうどにお店に到着。

Nagatake1
以前の真っ黄色ないかにもフレンチ的な一軒家という感じではなくて、こういうさりげなく高級感漂う雰囲気に。入り口には予約で満席だという表示が。靴を脱いで、店内に。もともと京町屋だったのだろうなぁ、というフローリング物件で、席間もゆったり目。お店はカウンター席が8席、テーブル席が4、もしくは6という以前よりコンパクトにした感じで、当然というか、予約で満席なのでカウンターに案内される。シェフご夫婦+サブのお姉さん、お若いお兄さんの4名体制。店内は新築の良い木の香りが漂うのだ。

コース仕立てで、夜は魚がメインの¥7000のと、魚・肉がいただける¥8000の2種。やっぱ肉もねぇ、と¥8000のをお願いする。で、何を飲もうかなぁとワインリストを確認。一番お安いので¥5000から、という感じなのだが、こちらをチョイス。

Nagatake4
まずは白!と、アルザスのピノ・グリ¥6500をチョイス。期待通りのすっきりまろやか系。いやー、なかなか良心的な値段付けですな。

Nagatake2
可愛らしい突き出し。左からオレンジ風味のニンジンのラペ、豚リエット、鴨の生ハム仕立て。当然のようにお箸があるのが、京都らしいというか。基本お箸で頂きました。

Nagatake3
で、バゲットはむっちり無漂白系でなかなか美味しいのだが、それを引き立てる大山産バター、自家製アンチョビ入りバターに、ハーブ3種と白バルサミコを使ったパン用オリーブオイルが、なんとも美味しい。(ついつい、バゲットを2個追加してしまいました。だはは)

Nagatake5
インカの目覚め(ジャガイモ)のマッシュの上には、サンマのピュレ的な。丸いのはシューマイの皮を揚げたもの、黄色い葉っぱはトウモロコシの芽。いやー、想像力は無限大!なのだが、サンマってどう調理しても味が強いなぁと感心する一品。パンともベストマッチでパン劇消費。

Nagatake6
面白い盛り込みの冷菜。手前はいさきのカルパッチョ。キイチゴのビネガー、赤いのはビーツのソース。ガラスの器は、上段が牛テールの煮込みに濃厚なマッシュルームのほのかに温かいソースをいただく趣向。ガラスの器の下にも、バゲットに非常によく合うサーモンのパテが。これは良いなぁと嫁ともどもニコニコ。

Nagatake7
次は温かい前菜。上は、春菊のフラン(プリン的な)の上に、すっきり系ダシと鱧の落としが。手前は、キノコのテリーヌで、これまたバゲットと非常に好相性。バゲットと相性の良いものは、基本、お酒ともよく合うのですな。

Nagatake8
バターナッツカボチャとカボチャの温かいポタージュ。前のお店でも使っておられた面白い器が健在。非常に濃厚で、これまた美味しい。

Nagatake9
で、魚は軽く火を入れた「いとより」のソテー。下には大根で巻いたホタテムースが。黒いのはイカ墨で作ったチュイル。野菜の盛り込みも相当気合が入っているのだ。本日一の皿がこちら。

Nagatake10
お肉はサーロイン、それにこんがり焼けたフォアグラ。(フォアグラが中央に乗っていたので、ずらした写真)お肉は50gほど?なのだが、バター系ソースも含め、期待通りに美味しい。いやー、大満足ですな。。やっぱ¥7000のコースでなく、こちらをいただいたほうが幸せ感高そうな感じ!な、基本肉好きなのだ。

Nagatake11
甘いものも芸こまやかなわけで。洋ナシのジェラートの下にはフレッシュな柿、ぶどう、ポルト酒で作ったゼリーにアングレーズソースという鉄板な布陣。これまたGOODですな。。

Nagatake12
で、お茶の小菓子も充実。ヘーゼルナッツのキャラメル掛けを1つ食べちゃった写真(汗)。他は可愛らしいマドレーヌ、カヌレにガトーショコラというこれまた鉄板な布陣。コーヒーはエスプレッソカップよりちょっと大きめ、というミニミニサイズなのだが、お代わりOKなのだ。当然、お代わりしました(汗)。

いやー、目くるめくおいしい体験。前のお店時代より更にくつろげる良きお店になりましたなぁ。シェフの目配りも凄いのですが、サブのお姉さんの所作がなんだかセンスあるかも!な感じ。で、白ボトル1、白グラス1、赤グラス2としっかり目に呑んで¥27000という良心的価格。(流石に梯子酒は不可能でした。)お安くは無いですが、これだけ呑んで、これなら大納得なり、ですな。 一皿のボリュームは抑え目なので、延々美味しいアテでワインを呑んだ!感濃厚なのですが、とても気に入りました。また、なにか良い機会があったら来ます~。

  

 

  

◆Restaurant Nagatake(ナガタケ)
住所:京都市中京区 木之下町 274-12 カームネス御池1F
営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O.12:30) 18:00~22:00(L.O.19:30)
      水休、第2休、第4日休
TEL:050-5868-1888

 

2015年11月27日 (金)

南フランス料理気まぐれ市場@ポタリング日記2015.11.22

いやー4日間の出勤だったが超濃密だった1週間。先週の3連休ネタが書けておりませんので、ぼちぼち書きます。まずは中日の日曜日ランチネタから。

前日、朝から雨予報だったのだが、朝起きるとうっすらと曇天。これは!と思いNETで降雨レーダーを確認すると、昼過ぎまでなら十分野外活動できそう。前日も40kmチョイポタリングしたのだが、今日も調子が良いのでポタリング!ということに。 で、FB友からお教えいただいた八幡市にあるビストロが気にかかり、ランチ予約を押さえてから、一気に桂川沿いを南下。こういうタイミングを狙っていたのだ。

1時間ぐらいでつくかなぁと思ったが、葛葉のゴルフ場のところで思いっきり道を間違えて、牧野から折り返してきたのでお店についたら自宅を出て1時間15分、約21kmだった汗。(迷わなかったら17km弱なのだ。)

1
で、丘を越えやってきたのは郊外型一軒家レストラン、気まぐれ市場なり。既にオープン後27周年ほどのお店らしい。いい感じで年輪を帯びているのだ。。バリバリな自転車乗りスタイルで店内に。(予約時にラフな格好ですが大丈夫ですか!と確認しました、だはは)

2

店内はシェフご夫婦の趣味満載な感じで、なんともいい感じで古びていて、とてもくつろげる。ランチメニューは¥1600、¥2000、¥3000の3種。¥2000のを2つチョイス。

3
自転車なのでとりあえず、ノンアルコールビールで今日の健康に乾杯!なのだ。

4
小皿に入っているのはエスカルゴ、レバーのパテのカナッペに、鳥系なテリーヌ、奥に見えませんがイワシのマリネ、丸いのは菊芋かな。。自家製など思われるアツアツ丸パン(写真失敗!)にピタリな感じ。

5
紫芋のポタージュは胡麻油を利かせたなんだか中華的な味わい。これは面白いですな~。

7
嫁チョイスは子羊香草焼。ローズマリーの香りがほんわりと。

6
私は牛赤身肉のステーキで+¥300の加算メニュー。ニンジンやらカボチャがでっかいので、子羊を含め大きそうに見えませんが、量は十分。捻りは一切ありませんが、実直なお味です。

8
で、お茶とお菓子。エスプレッソと共に頂くのは、リンゴ系なケーキ(名前失念)とガトーショコラ。最後までちゃんとしているのだ。

9
シェフも奥様もとてもお若くて、どう見ても同年代に見えてしまうのだが、アットホームな、開店同時から知っていたら家族ぐるみの付き合いになりそうな、ほっとした感じのお店です。27年間の時間が作り出したこの雰囲気になんとも大満足なり。
また、ポタリングついでにちゃりちゃりと覗きにくることにします。ごちそうさまでした! 

 

 

◆南フランス料理 気まぐれ市場
住所:京都府八幡市八幡柿ケ谷13-4 
営業時間:[火~金]11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~21:00(L.O)
       [土・日・祝]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~21:00(L.O) 水休
TEL:075-971-0407


で、せっかくここまで来たから!とやってきたのがこちら。

10
山田池公園はなんだかまったりしますなぁ。池の周りを自転車でぐるっと回って、お天気も怪しいので早めに帰ろうということに。

15
で、途中で背割堤で休憩してから、丹波橋から下ってくるときに驚いたポイントに。

11
自転車道が千本通にくっつくポイントで、いつもはここから自転車道を降りて、月の桂の酒蔵前を通って丹波橋に帰るのだが、ええええええ!と驚いた桜。なぜだか5分咲きほどなのだ。何種類か、違う種類の木が4・5本並んで植えてある。

14
で、こういう写真とか、

13
こういう大輪のふわっと咲いているのとか・・、

12
こういう杏子っぽいのなどが咲いていて超!びっくり。明らかに十月桜ではないと思うのだが、こういう季節に咲く種類なのですかね・・、偶然遭遇した眼福でした。

 

2015年11月17日 (火)

ラ プティ セヌ(La Petit Scene)@古川町筋仁王門下ル

取り扱い説明書が少し難しそうなのだが、我が家好みの良きビストロに当たりましたので、いつもよりも多少詳しめにご紹介。お店の名前はラ プティ セヌ。今回はちょっと前に関谷絵里さんのサイトでお見かけし、ああ、これは我々好み!とびびっ!ときたので前日予約で席を押さえたのだ。

当日は、そぼふる雨模様の京都地方。最寄は地下鉄東山駅で、東大路通の1本東側の古川町通を南に200mほど。間口が狭いのと、入り口が少し地上より低い位置にあるので、非常~に目立たないのだ。

1
我ながらへたくそな写真ですな汗。当日雨が降っていたおかげで見逃しそうでしたが、無事到着。
店内は、なかなか広く全20席以上ありそうなのだが、お若い、かつ非常に寡黙なシェフがなんと1人もくもくとお料理をこなしておられるので、満席にはされないと予想。 先客1組、我々が2組目で、超~ひろびろとお店を使えました。。

3
で、メニューを見て暫し検討。まずはこの2枚の黒板に・・・、

4
こちらの黒板+デザートの黒板があるという、おいおい1人で大丈夫なのかよ!なメニューの豊富さ。お肉系ビストロメニューが非常~に豊富ですな。これはお肉系で攻めないと!とちょっと軽めに厳選4種類を注文。

5
ビストロなのでボトルでワインをお願いするよりお手軽なのが良いね!とチョイスしたハウスワイン。500cカラフェが¥1500、750ccで¥2200というお手軽価格なのが嬉しい。500ccでお願いする。

6

で、まずは田舎風パテ¥1100なり。ずいぶん可愛らしいお皿に乗ってくるのだがパテ自体は非常に大面積。ちょっとレバー成分多めで締まった触感、肉の味は濃厚。これはバッチリ好み。ちょこっと浅めの漬かり具合の酸味しっかり自家製ピクルスとともにバゲットに乗せたりして楽しむのだ。

7
オニオングラタンスープは¥1000なり。2人で分け分けしても十分な量。とりわけのカップもアツアツで、いやー、想像以上にちゃんとしているのだ。黒コショウが効いたピリリ感強めの味わいで、チーズもたっぷり。これまたバゲットを追加で浸して楽しめる一品。寒い季節なら更にたまらんでしょうなぁ。

で、全体的に料理の説明は、基本ほぼ無し!なのだが、お料理は非常に饒舌ですな。これで¥1000かぁ、頑張っておられるなぁ、と大感心。

8
で、メインの皿2種がとんとん!と小気味よく。(結構待ちましたけれど、まさか2皿同時に出てくるとは思わなかったので、かなりびっくり)

岐阜産豚肩ロースのソテーは¥1600なり。ジャガイモのチーズ焼きとオランダなどの茹で野菜が付け合わせで、晩御飯用にバランス良い1皿に仕上がっている。で、お肉は180gぐらいはありそうな、洋食屋さんのメインディッシュ的ボリュームで迫ってくるのだ。ごらんのように火入れも非常にお上手。いやー、非常に良心的すぎですな。

9
で、嫁チョイスはハンバーグステーキ。ソースなし、マスタードだけという超シンプルな構成。てんこ盛りなフレンチフライとともに。これも200gというしっかり量で¥1600なり。

10
火入れもお上手。徒歩400m圏内のハンバーグ専門店には当然かなわないのだが、さまざまな豊富なメニューにバランスよく付け合わせを頂きつつ、お得なワインで酩酊したい方には正しい選択肢ですな。で、嫁は甘いものも食べるよ!と厳選1種(全4種ほどスタンばっていたような・・・)をチョイス。私は赤グラスを1杯追加で。

11
¥500だったかのオレンジのタルト。ま、ほぼ期待通りのお味で。で、支払い時にさらにびっくりしたのだ。以上で〆て赤ワインカラフェ1、グラス1で¥8500なりというお手頃価格。お腹はパンパン!まではいかないがいい感じ。帰りにレジ横においてあった¥200なりの手摘みの乾燥ミントをお土産に購入し、大満足で店を後にしたのだ。

しかし、京都はおなじフレンチカテゴリーでもいろいろなスタイルのお店がありますな。満席になったら確実に回せないとは思うのですが、ま、平日夜にでも予約して覘いて見てほしい普段使いの良店です。関谷さんに感謝しつつ、我々はメニューを1つづつ制覇するために確実に再訪するかもですな。

 

 

ラ プティ セヌ (La Petit Scene)
住所:京都市左京区古川町筋仁王門下る東門前町519-3 角屋マンション 1F
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:30 木休
TEL:075-771-0855

 

2015年10月22日 (木)

更にコリスでランチ(5)@松原通

で、最近全メニュー制覇のためヘビーローテーション中、3か月連続のコリスネタ。
11月~12月は娘さんのお目出度で休業予定だとお聞きしたので、休業前の土曜日ランチにまた席を押さえたのだ。しかし2席しかとれないんですよなぁ、ご同輩。 前回ネタは20日前のこちら。

1
で、12:00予約ピタリでお店に。ま、当然満席で、いつものようにキツキツ相席テーブルに鎮座するのだ。座ったときは、店内の張り詰めたような微妙な空気が、アルコールが進むにつれなんだか超和めて来るのですな。

2_2

で、3か月連続で黒板メニューを確認する幸運に恵まれたのだ。よく見るとかなり入れ替わっているのがわかる。我々の場合、しっかり呑んじゃうと1回で精々3皿注文が限界なので、全メニュー制覇にはあと10回以上来ないと無理無理っぽい感じですな。恐るべしコリス。

で、前回お隣のテーブルで見て、これは!と思った鱧フライは無かったので、超悩みつつ、夜も行きたいお店があったので、アテ系なもの中心におとなしめに注文。

3
いつもの鉄板的に美味しい突き出し(ちょっと塩分高めで、ワインやらにピッタリ)に合わせて、泡ものを注文。¥950だったように記憶。自然派だというクレマン・デュ・ジュラ ブリュット。旨かったので覚えておこう。

4
で、一皿目に向けて、白ワインをグラスで。今日は3本抜栓されていて推薦頂いた2種をチョイス。もう忘却の彼方なのだが手前がル・カノンなるローヌのシャルドネ、奥がサヴォワ地方のルーセットなる珍しい品種。ま、どちらもお値ごろ価格。てんこ盛りバゲットは、今日も半分はお持ち帰りでした。。

前菜・パンの詳細写真は3回目あたりをどうぞ

5
で、イチジク好きの嫁がこれ!と速攻チョイスした「いちじくとブルーチーズ」で¥1500なり。フレッシュなイチジク、臭旨いブルーチーズ、クルミにハチミツ!というなんとも鉄板な組み合わせ。
奥のしわしわになった葡萄が激甘く、これってどうやって作るのですか!とお聞きしたら、低温オーブンで焼いた葡萄を冷やしたものだそうな。

6

ワインがぐいぐい進み、追加したシチリアのグリッロ/ヴィオニエのブレンド物。結構見かけるエチケット。イオンにもありますな。嫁はもう少しお高いのシャルドネをお願いしたと思うのだが、写真が無いのだ~。

7
カンパチのカルパッチョ。数日前にFBで投稿されていたのを見て、これは!と注文したもの。オレンジにピンクグレープフルーツ、マスカット、イチジクにキウイと、フルーツサラダ状態。ま、オリーブにトマトもはいっておりますが。甘いフルーツ類に肉厚且つ結構脂ノリノリなカンパチが非常~に合うという発見。
お勧めいたします。

8
で、〆はお肉なので赤にスイッチ。手前のVerdugo2010はメルローで伊太利産、奥はシラーでこれも伊太利産。ずんぐりむっくりなボトルがなんだか可愛らしい。

9
で、これを食おう!と狙ってやってきた鴨ローストの甘いソースは¥3200なり。過去コリスで見た中で一番大きな30cmほどありそうなオーバル皿でででんと登場。でっかい鴨ロースですな、明らかに300gはありそうな。1切れの厚みが15mm以上確実、あります。ちょっと笑っちゃうほど。
それに焼きプルーン、フルーツジャム(多分アプリコットやらの。。)をしっかり使った甘いソースが非常に合うのだ。が、先の抑え目の2皿のおかげで旨い旨い!とほぼ瞬殺で頂く。ふはー食った食った。。 またまたデザートは無しの方向で。

 

娘さんに¥7000はドリンク代です!と教えていただいた〆て¥13500なり。ふはー、またランチでやらかしてしまいましたが、もの凄く満ち足りた気分で松原通を下るのだ。次回、年内は厳しそうな予感ですな。

 

 

コリス
住所:京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町101
営業時間:11:30~19:00(L.O) 閉店21:00 火休
TEL:075-561-9281