フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■カレー 2015年 Feed

2015年10月 6日 (火)

京都うろうろ梯子酒の記録(バーカオスその3)@2015.10.03

んで、藤むらで焼肉を頂いた後、まだちょっと呑みたらないのお~、が、22:30からラグビー日本代表がサモアとガチバトル!という予定であと、2時間弱、という時間帯。

そうそう、〆カレーを含め、ちょこっとウイスキーでも頂きに行こう!と思いついたのがバー カオス。何を呑んだのか備忘録代わりにちょこっと書きます。

1_3
まずは、ちょっとスモーキーな感じので、ハイボールをくださいとお願いして出してもらったのが、こちら。

4_3
激しくぼけていますので、多少ましなのを。小さな蒸留所、benromach(ベンロマック)のシングルモルト2005ボトリングのものを。ラベルにPeat smokeと書いてある通り、相当に煙っぽい感じで、啜るにつれ、なんだかまったりしてくるのだ。
ハイボールのあとは、お隣の緑のボトルのアイリッシュウイスキー、ブナハーブン(BUNNAHABHAIN)12年もストレートでちびちび頂いたように記憶。特級ウイスキー、のラベルが張ってあるので、1989年以前のボトリングですな。。。ま、色々と探してこられますなぁ。。

2_3
嫁が珍しくハイボールを呑む!というので、チョイスしてもらったのがこちら。ティーリング社のヴィンテージリザーブ21年。バーボン樽で20年以上寝かしているそうで、まろやかまったりと女性が好みそうな味わい。度数が58℃もあるので、ハーフにしていただいたかもですが、嫁ニッコリ。

3_3
で、甘まろやか系で美味しいのがありませんか~!とお願いして、こういうのはどうですか~と出していただいたグレンファークラスの21年・25年・30年物。3本とも1990年代に流通していたオールドボトルのようだ。それも私が実は好きなシェリーカスク(シェリー樽で寝かせたもの) 折角だから!と30年物をストレートで。。今回頂いた中で一番お高いのはこちらですな。。

5_3
で、嫁は甘いカクテルよりもう少ししっかりしたものを!とお願いし、ドライジンのソーダ割りを提案頂いた。イングランドのTarquinなる作り手のドライジンで、1バッチ300本単位だそうな。またまた珍しいものを探し当ててきますなぁ。ソーダ割りにすると、非常にすっきりとした感じでなかなか良いものですな。

いい感じで酔っ払ってきたので、バーの仕上げに出てくるとは思えない〆カレーをお願いするのだ!

6_3
いつものキーマに、エビカレー、牡蠣カレーという海鮮系2種を加えた三種盛り!にしてもらいました。 野菜類の付け合わせも非常~に豊富で、なんだかにやけてくるのだ。結構しっかり辛いのですが、後を引かないすっきりとした辛さ。いつもながら大満足なりでした!


 

◆Bar Chaos (バー カオス
住所:京都市中京区河原町通三条下ル二丁目東入ルサキゾーBAR北通ビル 2F 北側
営業時間;17:00~閉店時刻未定となっているが、そんな早い時間に空いていないでしょうなぁ。。 不定休
TEL:075-256-0233

2015年8月22日 (土)

京都うろうろ梯子酒の記録(バーカオスその2)@2015.8.13

で、四条大宮のやきとり雷の続きネタ。
もうちょっとだけ呑もう&〆メニューを食べようよ!とやってきたのは、つい先日やってきて、これはウイスキー好きならどっぷりハマりそうだよなぁと思ったウイスキーが旨いカレーバー、カオス。

1_3
木屋町三条下ルで河原町通と西木屋町通間の路地。このビルの2Fにお店がある。非常に隠れ家的ですので、こういう雰囲気がお好きな方ならたまらないでしょうな。トークが軽快なお若いふっくら系マスターが1人で回されているお店。マニア臭ぷんぷん。

今日はウイスキーをロックで!とお願いしたら、こういうセレクトで提案頂いた。

2_3
右手はTALISKERなのだがこちらをチョイス。10年物なら某やまやでも手に入るのだが、こういうのは見たことがないですな。。ま、見たことがないようなボトルを見たことがないようなお値段で頂けるお店なのだ。このTALSKERもやや硬い感じだが嫌いではないです。HART BROTHERSも初めて見ました。

まったりしつつ、なぜこんなカレーを作り始めてしまった談義などに花を咲かせてちびちびとウイスキーを頂く。

3_3
嫁は、マスターお手製のフルーツ&野菜漬け込みジンのトニック割りをチョイス。これもソルダムとありえない野菜の組み合わせだったような。。でもまろやか甘くて、甘いもの好きならまず嫌いではなさそうなお味。

4_3

で、アテカレーを1つお願いする。3種類ほどが良いかなぁと、黒板には載っていないビーフ、それにキーマとアサリミックスキーマの3種掛けをお願いしてみた。

なぜに、マスターがスリランカカリーに挑戦せざるを得ない状況になったかは、ま、お店で聞いてみてください~。

(当然、大阪のロッダグループ、それにセイロンカリーは両方ご存じで、セイロンカリーのほうが、好みですかね、というご意見。私も同様。。)

5_3
で、じゃじゃーんと登場、スリランカカリー。ビーフはもう繊維がほろほろになるほどビターな感じに炊けていて、それだけならちょっとほろ苦く、あまり旨くはないのだが、これを黒板に書いてあるように良くmazemaze!すると、なんだか凄い化学変化が生じるのだ。あさりキーマも悪くない。面白いです&ちゃんと旨し!

味付けのポイントはなんですか~とお聞きして、スパイスミックスやらタマリンドのペースト(というか固めたもの。過去スパイスショップで買いたかったが使い切れなさそうなので躊躇していた)を見せてもらい、ちょっとだけタマリンドを分けてもらったり。すんませんすんません。

7_3
で、もう少し飲みたいんですけど、と提案頂いた3本。いやー、普段の稼ぎではまずお目にかかれないボトルですなぁ。折角なのでちょっとだけTALSKERの25年物、それにグレングラッサの30年物を頂く。このグレングラッサ、一口呑んでちょっと天国に近づいてしまいました。高いウイスキーほど呑みやすい、の典型。。いい経験をさせてもらいました。

またまた、ずいぶんお安くして頂いたので支払いは書かないでおきます~。ウイスキー&スリランカカリー好きならぜひ一度挑戦を。。

 

 

◆Bar Chaos (バー カオス
住所:京都市中京区河原町通三条下ル二丁目東入ルサキゾーBAR北通ビル 2F 北側
営業時間;17:00~閉店時刻未定となっているが、そんな早い時間に空いていないでしょうなぁ。。 不定休
TEL:075-256-0233

2015年8月14日 (金)

セイロンカリー@大阪 大正区泉尾

めずらしく2か月前ぐらいからどこに遊びにいく?と作戦を立て始めていた今年の夏休み。2つテーマがあって、熊本城と宮島を見たいというのが今年の目標。もちろん、その土地の美味しいものもしっかり食べるのだ。で、5・6回に分けて、旅行ネタが続く予定ですので、ここは1つ、よろしくお願いいたします。

で、今回は大阪南港ATC前からカーフェリーを使って別府湾に上陸し、熊本ー博多ー広島と移動する作戦。南港から船が出るのが19:55。チェックインは1時間前ほどなので、港近隣のレストランで、何か食べておこうよということに。

1_2
やってきたのはJR大正駅から1kmほど南西にいったところ、泉尾商店街。大阪に住んでいた時代を含め、今回初めてやってきた。この中に目指すスパイス系料理店があるのだ。

2_2
如何にもな感じのお店外観。17:00オープンのジャストにお店前に到着。店名の通り、お若いシェフはスリランカ出身の模様。 日本人の女性がフロア担当、という2名体制のお店なのだ。スリランカカリーというと、大阪ではロッダグループが有名だが、こちらも負けないほどの人気のようだ。(ロッダグループは2号店が出来たようなので、また行かないと・・) 

3_3
ランチ時のメニュー。(クリックで拡大します~)カレーだけでなく、スリランカ風ビリヤニ(スパイスを利かせた炊き込みご飯)や、コットゥなるロティ(薄焼きナン)を細切りにしてカレー炒めにした一品など、あまり他のお店で見かけないものが多いのが嬉しい。 カウンター席が3、2人掛けテーブルが2の4人掛けが2の計17席というこじんまりしたお店で、2人テーブルに陣取る。

4_2
ビリヤニ好きな嫁は、¥1200のビリヤニセットを注文。先に付け合せのサラダが出てくる。(しかし、カレー系料理店で、サラダに胡麻ドレッシングがかかっている率は50%は確実超えていそうですな。。)

6_2
で、ビリヤニ登場。写真を撮った角度が非常に宜しくないので説明しますと、奥左手にはミント風味のサンボル(玉ねぎの微塵切り和え物)、かなり大きな鶏モモ、右手の赤いのは、桜海老を甘辛く炊いた佃煮風なもので、トマトスライス、目玉焼きがスパイシーな炊き込みご飯の上に乗っている。

更に小鉢にはシャバっとしたインドでいうとサンバル的カリー(これは相当辛い)もついているのだ。 見た目よりかなり量アリ。

7
で、適宜まぜまぜしつつ頂きます。味に深みを加えているのは海老ですな。ミントの風味がさっぱりさを演出し、辛くて甘いのだが、いくらでも頂けそうだ。嫁ニコニコ。

5_2
で、私はこのお店の看板メニュー、アンブラ(スリランカカリープレート)を¥1000を200円増しでバスマティライスに変更した。メインのカリーは、チキン・ビーフ・ポーク・ラムからチョイスできるので、今回はチキンにしてみた。

手前から時計回りに、柔らかく、が食感が残るほどに煮込まれた手羽元2本が入ったチキンカレー、甘まろやかなレンズ豆のカリー、ポルサンボール(ココナッツの振り掛け)、空芯菜!のサンボル、パパド的な小麦と豆を使った煎餅、茶色の野菜の炊いたのはものすごく和食材だったのに忘却の彼方。それにおー!これは!と思ったぬったりとした里芋のカリー、という布陣。

それぞれを単品で食べてもなかなか旨いのだが、良くまぜまぜすると味の化学変化が起こるのだ。ロッダグループよりも辛さは控えめ。旨さの方向性が異なる感じだが、こちらも相当に旨い。甘さ・辛さ・酸味にさまざまな旨み、ぴりりと香辛料の香り、いやー、イケてますな。。

嫁と顔を見合わせて、ここは当たりだよねえと大満足なり。大納得で、フェリーのチェックインに向かうのだ。

  

 

◆セイロンカリー
住所:大阪府大阪市大正区泉尾3-14-21
営業時間:11:00~15:00(LO14:30)17:00~22:00(LO21:00) 水休
TEL:050-5869-6938(予約専用)

 

8
で、ATC前に移動し、さんふらわあにチェックイン。いよいよ九州に出発なのだ。

9
別府まで12時間もあるのだが、ま、長距離運転が苦手、且つ呑んで寝ている間に着くし、ありがたいことこの上なし。

10
寝酒に嫁がチョイスしたのは、レ・グラン・ザルブル ルージュなるハーフサイズの赤ワイン。ローソンでも買えるオーガニックなのですが、これなかなか良いです、の¥609なり。(スーパーで買ったので多少お安く)

別府ネタに続きます。

2015年8月 2日 (日)

CURRY&BAR 240(ニコヨン)@千本丸太町下ル

暑い、とにかくエゲツナイ暑さが続く京都地方、このblogを書いている8/2の PM14:00現在、市内は39℃オーバーとありえないほどの体温越えを達成中。解っていても、1日に「暑い!」を100回は言ってしまうほどのうだるような暑さなのだ。

で、この週末は野外活動はパスして、またまた東宝シネマズで映画でも見ようよ~ということに。と、決まればその近くでなにかランチでも!となるのが我が家毎度のパターン。今回は、Facebookで教えて頂いた6月オープンのニューカマー、スパイスカレー店に向かうことに。

240_2
お店は千本通沿い。JR二条駅から北に上がって500mほどの東側ビルの1Fにあるのだ。名前の通りカレーバーで、11:00~23:00という通し営業のお店。12:00少し過ぎだったが、多分本日1組目の客として店内に。

240_3
壁面に描かれた巨大、かつなんだか可愛らしいガネーシュ神の絵がででーんとお出迎え。お若いマスター1人で回されているようだ。

カレーメニューは4種類。スリランカチキンカレーにパキスタンカレーが辛口、バターチキンカレー、エビとココナッツのカレーが甘口だ。基本のカレーは¥880でパキスタンのみ¥950。合いがけシステムを採用していて2種類なら¥980、3種類なら¥1100、4種類なら¥1210というお値段。
しかし、4種類を合いがけしちゃうというのも太っ腹ですな。嫁はメニューを見たとたん、即4種類を!と即決。私は暫し悩んで、バターチキン以外の3種類を大盛りにして¥1200、という注文を。 辛さアップなどの細かい調整もお願いできるようだ。(一辛UPで+¥50なり)

240_4
あまりにも暑いので、ちょっとだけ冷え冷えなドリンクを注文。ハイボールは¥400なり。いやー、良いハイボール3大要素を満足していますなぁ。氷は容器1/3ほどと少な目、しっかり炭酸、更にやや濃いめ。流石夜はBarだけあって非常に良心的! お勧めいたします。

で、店内に充満する香辛料の香りの中で、なんやかやで20分ほど待ちカレーにご対面、なのだ。

240_5
まずは私注文3種合いがけ。ほぼ90°単位にカレーが掛け分けられていて、右からチキン繊維がほろほろにほぐれたパキスタンカレー、手前がスパイシーなスリランカチキンカレー、左手が海老とココナッツカレーという布陣。
奥に様々な野菜のアチャールやらピクルスやらが盛られている。いやはや、なかなかビジュアルは良好。

240_6
嫁の4種合い掛けも登場。手前の野菜類の付け合せが非常に種類豊富。左から人参・玉葱・キュウリのピクルス、茄子のアチャール、ジャガイモのザブジ、キャベツのポリアル。いつもは赤玉ねぎのアチャールも付いているようだが、きゅうりとトマト、大根の角切り的サラダが乗っていた。いやー、充実ですな、これは。。

で、カレーの感想。辛口のパキスタンカレー、スリランカチキンカレーとも辛いもの好きなら至ってレギュラーな辛口。が、ベースのダシやら香味野菜の味わいも楽しめるなかなかいい感じに仕上がっている。特筆すべきはパキスタンカレー。ほろほろにほどけた鶏肉とチョイ強めのトマト、それにクミンがなんだかいい感じにバランス出来ていて旨いのだ。面白いですな。

バターチキン、それに海老とココナッツカレーは両方ともバターの風味しっかりの甘口だが、これらも旨み満載、悪くない。合いがけをお願いすると卵の黄身がカレーに乗ってくるので、それをまぜまぜしたり、辛口とかわりべんたんで頂くのも一興ですな。大満足なり。
コスパは、まぁ良くはないですが、非常に手間がかかっているのは大納得なり。カレー好きなら1度食っておくべきかも!ですな。映画絡みでまた来ます~。

 

 

 

◆CURRY&BAR 240(ニコヨン)
住所:京都市上京区竹屋町下る聚楽町863-25 朝田ビル1F
営業時間:11:00~14:30 18:00~21:00 火休・第3水休
TEL:075-432-8818

240_1
で、観に行ったのはこちら。既にNETで賛否両論渦巻いておりますが、原作と別のお話と考えれば、我々はなかなか楽しめた派。いやー、怪作であります。

しかしPG15指定なのですが、40数年前、「フランケンシュタインの怪獣、サンダ対ガイラ」の人喰われシーンで映画館で大泣きしたのがトラウマになっている者としては、あまり低学年のお子様を連れて行くのはお勧めしにくいです。地上波でTV放映する際は、カットの嵐でしょう~。

2015年7月21日 (火)

京都うろうろ梯子酒の記録(バーカオス、それにはんな)@2015.7.19

こちらのネタの続き。
最近、というか数日前にFBで見かけた、年代物ウイスキーやらジンやらを出されているBarのアテカレーが非常に美味しい!とのうわさ。写真を見る限り、これはBarカレーでは無いよなぁと速攻で行って見る気になったカレー好き。

お店の名前は、Bar Chaos(カオス)。BOOKOFFでちょっとだけ時間つぶしし、20:30ごろ入店。2010年からやっているようだが、カレーを出したのはつい最近、2か月ほど前の模様。

1_3

場所は、木屋町三条下ルで河原町通と西木屋町通間の路地が入り組んだ一帯。六角通の一本南。飲食系雑居ビルの2Fにあるので、まぁ一元さんは入り込みにくい場所なのだが、勇気を奮うには良い感じですな。最近、平日はほぼウイスキーしか呑んでいないので、わくわくしつつお店に。

お店は隠れ家的と言えばこれほどの隠れ家があるか!と思える秘密感。ウッディな穴蔵という雰囲気。落とした照明もセンス良いですな~。齢30歳ほどのトークがとても軽快なお若いマスター1人で回しておられるのだ。

4_3
年代物のウイスキー、それとマスターが最近凝っている果物+野菜類を漬け込んだジンベースのカクテル、更になんでこういう風になっちゃったのかな、な異常に種類が多いカレーをアテに、〆るBarと言う感じなのだ。

2_3
ハイボールでお勧めを!とお願いしたら、普段呑まないようなアンバサダーの25年モノが出てくる。(ググってみたらもう、販売していないようだ) スモーキー且つマイルド、いや長生きすると良いものに出会いますなぁ汗。焦ったので、ちょっと呑んだ写真です。。薄ハリのグラスも気分。

3_3
で、カウンター上ではジンベースのフルーツ、および野菜類漬け込み酒が良い感じでエキスを放出しているのだ。キュウリとバラの花など組み合わせが楽しい一品が、7、8種類ほど漬かっている。嫁はブルーベリーのをチョイス。(あとで、キュウリとバラの花も頂いたが非常~に旨かったです)

5_2
最近、寝酒にホワイトホースに凝っていて!と言ったら、2杯目はこの12年モノのデラックス版を出してもらったのだ。これも旨し。。マスターの軽快なトークに癒されつつ、なんだかほっこりしてくるのだ。

ニコニコと呑んていると、マスターと同年代と思われるお若いお兄さんが集まってきて、4組ほどの入りに。知る人ぞ知るですな~。カレーは時間がかかります~と言っているわりには意外にお早目に登場。3種類の合いがけを1皿お願いしました。Barとは思えないスパイシーな香りが大充満してくるのだ。

6_2

これがカレーですか~的面構え。力いっぱい補正しておりますが、明るい状態ならこういう感じでしょう。
右奥がトマト感が強いキーマ、左はメニューに無いグリーンカレー筍はいってますけど、的な。手前が更にありえない、夏限定かも!な肉厚な鱧ごろごろなカレー。実山椒の刺激がたまらない。それ以外にもゴーヤやら紫玉ねぎピクルスにプチトマトなど、付け合せの野菜類がてんこもりもり。この一皿だけで30種類ほどの食材が頂けそうだ。

で、一口。和食材のオンパレードだがちゃんとカレー。相当にスパイシー。激辛、では無いが各食材の良い所がちゃんと味わえるようにコントロールされている。いやー、ライスもきちんと固めで大満足なりです。
帰りに支払いがちょっとありえないほどお安かったので、書かないでおきます。ウイスキー好き&カレー好きなら、一度お店に行ってぜひご確認を。
嫁が、私出張中に1人で来るお店に確実に登録された模様。。また、来ます!

 

◆Bar Chaos (バー カオス
住所:京都市中京区河原町通三条下ル二丁目東入ルサキゾーBAR北通ビル 2F 北側
営業時間;17:00~閉店時刻未定となっているが、そんな早い時間に空いていないでしょうなぁ。。 不定休
TEL:075-256-0233

で、もう21:30ほどなのだが、も少しだけ入りそうなので、もう一軒いっとく?ということに。

1_4
嫁が私が出張時に一番居そうなところ筆頭(汗)、酒カフェハンナなり。私はこれ以来の御無沙汰でした。

もう相当呑んでいたので、甘くて重くてずっしり系!とお願いしたらこちらを推薦してもらう。

3_5
萩乃露の純米吟醸、無濾過生原酒 里山なり。確かにお願いしたとおりですな。ぬる燗でもイケるかも。。

2_4
これまた綺麗な盛り込み。日本酒に合い、且つ健康的なものがそろっているのも嬉しい。

4_4
白ワイン的な~とお願いして出してもらった秋田は新政№6なり。ラピスといい、特徴的なお酒を色々出しておられますな。。海外からのお客さまにも受けそうな、そういうさらりとしたお味でした。

で、流石に呑みすぎて、そろそろお開きだ~ということに。また来ます~。

 

◆SAKE Cafe ハンナ
住所:京都市下京区船頭町203
営業時間:18:00~24:00
TEL:075-351-0705