フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

★滋賀ネタ Feed

2015年11月19日 (木)

ラーメン いっこく@滋賀県近江八幡市

土曜日のランチネタ。
朝から雨予報の京都地方。紅葉巡りはなんとか晴れそうな日曜日にすることにして、秋冬物の休日用洋服類を少しだけ仕込みに、またまた竜王にあるアウトレット方面に。10:00のオープン待ちで入店し、11:40には、ほぼ狙いの買い物を済ませて、どこぞで飯だ飯だ~ということに。

で、京都に劣らず結構ラーメン店が豊富な滋賀。まだ行ったことがないところは非常に豊富。今回も以前から気になっていた近江八幡市にあるラーメン店、いっこくに行ってみようということに。竜王から車で30分弱、というところですかね。

1
そぼ降る雨の中、お店前に到着。PAは10台分ほどで満車。12:00を少し回ったところで、お店前には1人、中に4人ほどの待ち客がいる状況。が意外に回転は良く15分足らずでで我々の順番に。4人掛けテーブル席2、あとはカウンターというゆったり目な店内。大将と配膳のお姉さんの2名体制で回されていた。唐揚げがおいしい!と聞いていたのだが、スタッフが病欠中ということで、普段は出されている唐揚げ類などのサイドメニューは中止中。ちと、残念なり。

2
が、ラーメンメニューはそれでも相当豊富な部類。基本、2人ともこってり系重視派で、且つがっつり系(次郎インスパイア系)はボリュームが非常に良さそうな気がしたので、私がこってり醤油¥730+豚リブ一本乗せ¥250、嫁は和風こってり¥730をチョイス。2人でチャーシュー丼¥300を分け分けしようという作戦。

4

で、しばしの後、豚リブ1本がででーんと横たわった私注文のこってり醤油が。軟骨までふるふるに煮込まれた豚リブは当然おいしいのだが、このラーメンにはシビレマシタ。

5
スープは濃厚豚骨醤油。我が故郷、和歌山の濃厚中華そば系に似たお味のお店が多数あるが、まろみの中にコクもしっかりな相当旨いスープ。コラーゲンは相当含有しているが、箸が立つような濃厚さではないのだが、なんだか程よい濃度。脂分も控えめだが旨みは満載。これは良いです。

それを引き立てる低加水ストレートしこしこ麺。どことなく韓国冷麺的食感のしっかり腰、山崎麺二郎をどことなく思い出させるような。。いやー、超!気に入りました。

6
で、嫁注文の和風こってりは、上記のスープに魚粉を加えて、醤油タレを若干控えた感じ。もやしが加わるのがこってり醤油との違い。スープはこってり醤油がいいよね!と嫁と意見一致。

7
麺は同様でしこしこと細麺なのに食べ応えあり。しかし、チャーシュー非常に柔らかく、かつ大面積なので嬉しい。チャーシュー2枚のせで+¥60という非常に良心的価格なので、豚リブ1本よりチャーシュー4枚のせにしても良いかもですな。

8
で、更にうれしくなったのが、このチャーシュー丼。丼も平均点はらくらくクリア!なのだ。2cm角弱の角切りチャーシューがこれでもか!とてんこ盛り状態。甘口のたれと紅ショウガに刻みネギのB級的マッチングもなかなか良好。ウマシ!ですな。

流石ロードサイド店で行列ができるだけあるな!と納得できた良店。こちらの鰻店とともに、竜王での買い物帰りについつい思い出す一軒になりそうです。ごちそうさまでした~。

 

 

◆ラーメン いっこく
住所:滋賀県近江八幡市江頭町413-1
営業時間:[火~金] 11:30~14:00、18:30~21:30 月休・第一・三火休
      [土・日・祝日] 11:30~14:50、18:00~21:30
TEL:0748-26-7724

 

2015年9月23日 (水)

炭櫓@近江八幡

SWネタ、3日目のその3です。
定期的に買い物にいく竜王のアウトレット。前日夜、なんだか急に冷え込んできた感があったので、秋物を仕入れに朝からお出かけ。 流石SWで高速は結構な混雑、9:30のオープン時間狙いで8:30には自宅を出てきたのだが、京都東IC前から渋滞しだし、竜王前も3km渋滞で10:00ちょい前に到着。

で、靴1、帽子2、食器類1、ドレスシャツやカットソーやらセーターやら4、リンツのチョコパック2(ここに来たら嫁が絶対購入)と買うものが決まっていたので大体いつものような買い物をばばばばばっ!と短時間で済ませ、アウトレットを出たのが11:35。お気に入り店で、お得な割引があったので、なんだかお得に済んだのだ。

で、まだ早めの時間だがランチはアウトレットの外に出て鰻をたべようよ~と一路、近江八幡を目指す。お店の名前は炭櫓(すみやぐら)、近畿圏では珍しい名古屋系大規模鰻レストランなのだ。

1
郊外のロードサイド店。手打ちパスタのお店、和食店と駐車場が共用なので、100台近く車が停められそう。想像以上にでっかいお店でびっくり。アウトレットから30分ほどで到着。

2

で、更に驚いたのがこちら。入り口で靴を脱ぐどことなく居酒屋的なお店なのだが、下駄箱は全98人分。 席数がそれぐらいあるということなのだ。食べログを帰ってきて確認したら全106席という巨大鰻店なのだ。過去来た鰻店では間違いなく最大級。

更に驚くのが、木札が無いので想像できると思うのだが、2組のカップル待ちが居る状態。。下駄箱から推測するに、80席近くは席が埋まっていると思われるのだ。これは大人気ですな~、流石にびっくり。

が、回転がよいのか、10分も待たずに我々の順番に。奥のテーブル席に陣取る。1人客用のカウンター席もあり、そちらの前がオープンキッチンになっていて、鰻を串に刺したり、もくもくと鰻を焼いているのを見学できるのだ。

メニューも鰻だけでなく、結構いろいろと豊富なのだが、ま、初心貫徹なので、嫁はひつまぶしの特上(うなぎ1匹)¥3600を、私は特上うな重¥3500をチョイスなり。

3_2
テーブル上には、こういうひつまぶし食べ方マニュアルやら、鰻トリビアが書かれた結構読み応えのある冊子が置かれていて、焼き上がりまでの時間つぶしをしてもらおうというお店の意図が明確なのだ。
で、注文してからきっちり、30分ほど待たせてもらいました。

4

で、嫁注文の特上ひつまぶしがででーんとまずは登場。 固形燃料でアツアツに保たれるダシに、ネギにワサビの海苔などの具材たっぷり。で、薬味にダシはお代わり自由という太っ腹。鰻入りの茶わん蒸し、それに肝吸い付きというゴージャスメニュー。

5

鰻は腹開きの関西風。蒸しておらず、皮はさくり身はふっくら系。やっぱ、関西系の焼き重視の鰻が好みだ~という感想。タレは名古屋系の甘味しっかりなもので、これもかなり好み!

6

で、特上うな重もじゃじゃんと登場。こちらも肝吸いと鰻入りの茶碗蒸しがついていて、なかなかボリューム大。御飯は控えめなので、大盛りは+¥100なり。私はノーマルで。
ああ、やっぱ関西系の蒸し工程の無い鰻は旨いなぁ、と実感した瞬間。炭の香ばしさが好きな同じ好みの方々に推薦します~。

ま、お得ではないのだが、超!大納得な一品。本当に美味しかったです。竜王のアウトレットは年4回ペースぐらいで来ているのですが、再訪確実な一店に。いやー、お勧めいたします。(帰ってから、ググってみたら、我が伏見にある日本酒レストラン「月の蔵人」が同じ経営母体であることに気が付きびっくり。滋賀資本だったのですなあ。。。)

 

 

◆炭櫓(すみやぐら)
住所:滋賀県近江八幡市音羽町26
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30) 不定休
TEL:0748-31-3325

2015年7月21日 (火)

横浜家系らーめん 秀吉家(2)@滋賀県守山市

3連休の中日、日曜日のランチネタ。
前日の4軒梯子酒のおかげですっかり熟睡した日曜日。目が覚めたら9:00を回っていた。台風一過、の予定だったのだが、朝方から伏見周辺では結構激しい雨が。。 これは野外活動は不適切だよねえということに。ちょっと買い物したいものがあるので竜王にあるアウトレットに行こうか?ということに。

いつもより遅めに出てしまったので、ランチを頂いてからアウトレットに行く作戦。守山周辺のラーメン店で食おうや~とやってきたのだが、1軒目はカウンターのみ10席しか無いのに12:00チョイ前で既に20人ぐらい行列していて(汗)、次善策はここ!と嫁が再訪していたがったお店にやってきたのだ。お店の名前は秀吉家(しゅうきちや)。近畿圏では珍しい横浜は家系ラーメンを出されるお店。京都にも類似の人気店はあるが、いつも驚くほど並んでいるので行く気力が起こらない行列嫌い、なのだ。

1
前に2台分の駐車スペースがあるが、お向かいが巨大パチンコ屋とコンビニが共用している巨大PAがあるので、そちらに駐車。雰囲気が変わっているなぁ、と思ったらお隣の確か読売新聞販売店だった並びのお店前が空き待ちスペースになっていて、店外で10人チョイほどの行列ができるようになっていた。ちなみに、そちらはお店でもなんでもないようです。

まだそれほど長い行列にはなっておらず、4組目で並ぶ。結構待つかなあと思ったが、段取りは良いようで15分ほどで我々の順番に。このネタ以来なので、ほぼ2年ぶり。

2
メニューは基本横浜ラーメンのみ、なのだが、トッピングやらなにやらで非常に細かいカスタマイズができる仕様。麺量は、普通、中盛り(1.5)、大盛り(2)更に0.5玉を追加でき、細かく調整をお願いできるうえ、写真のように味の濃さ・油量・麺の茹で加減の調整をお願いできる。トッピングは更に細かく、海苔にネギに玉子に、キャベツ(普通は乗っていない)チャーシューは1枚・2枚増量と2段階調整という細やかさだ。食券制なので、細かいお願いは口頭で。

3
で、まずは嫁調整の麺量普通、味普通・油普通・麺固め¥650が登場。

4
で、私の分。前回は1.5玉をお願いしていたのだが、今回は麺量普通、味普通・油多め・麺固め+チャーシュー1枚増しで¥800を。チャーシューは大面積なので、結構ボリュームあり。しかし、写真の見た目はコピーのようにほぼ変わりませんな。。青いのは茹でほうれん草。

5
何が旨いと感じるのかなぁ、と考えるのだが、このひねくり捻じれた腰しっかり太麺の存在感を楽しむラーメンなのでしょうな。他のラーメン店の麺の半分ほどの長さの短めの麺なのだが、食べやすくする工夫なんでしょう。 コクあるスープも、普段食べない感じだが、なかなか旨し。。柔らかい大面積チャーシューも食べごたえたっぷりで、前日、京風鶏チャーシューのみのラーメンを頂いたので、豚好きとしては、より美味しく感じた鴨ですな。

6

前回も頂いた炙りチャーシュー丼小は¥350なり。肉厚且つしっかり炙った香ばしいもの。ラーメンに乗っているチャーシューとは違う肉々しい食感。これもうめえですわ。わしわしと頂くのだ。

太麺好きの嫁が、あそこは美味しかった~と定期的に頂きたがるお店なので、またアウトレット絡みでお邪魔しそうです。ご馳走様でした!。

 

  

◆横浜家系らーめん 秀吉家(しゅうきちや)
住所:滋賀県守山市勝部5-3-28
営業時間:(月~土) 11:30~14:00 17:00~24:00
       (日・祝) 11:30~20:00 不定休
TEL:077-583-2002

2015年6月15日 (月)

志じみ茶屋 湖舟@ポタリング日誌2015.6.14(2)

こちらのポタリングネタの続きです。

自転車では初めて、且つ、久々にやってきた大津市内。ランチは蕎麦なんてよいかも!と狙っていたお店があったのだが、お店前まで来ると臨時休業~!の張り紙が。。で、こういう時用に次善策は用意していて、超久々にしじみ飯なんてどうよ?ということになるのだ。そこからまた5kmほど石山寺方面に移動。

しじみ飯といえば言わずもがなの石山寺名物で、嫁、私とも超超超昔食べた経験あり!なのだが、30年ぶりぐらいで食べちゃう?ということに。石山寺山門前にはしじみ飯を扱うお食事処が7・8軒立ち並んでいるのだが、某食べログで推薦されていた、どちらかというとその中でもこじんまりした「湖舟」なるお店に入ることに。

15
お店はこういう雰囲気。山門から直ぐ左手。自転車を停めようとモタモタしていたら中からお店の方が出てきて親切にガイドしてくれた。

メニューは基本、しじみ飯と近江系お惣菜がセットになったセットメニューが4種類あり、¥1260~¥2060というプライスゾーン。炊き込みご飯類が苦手な人用に蕎麦メニューもある。我々は初志貫徹で、「比良」セット¥1850を注文したのだ。

16

メニューには無かったのだが、ノンアルコールビールありますか?と確認したらあるというので嫁ともども2つお願いすると、先におつまみにどうぞ、とセットのおばんざいを持ってきてくれる気のまわりよう。いやー、これだけで、大変このお店が好きになりますな。。ビール呑みの自転車乗りには激しく嬉しくなる土曜日の昼下がりなのだ!

(支払い時、このビールもどきが¥220だったので、更にうれしかったり)

おばんざいは、近江牛ミニコロッケ、しじみの佃煮、海老豆に赤こんにゃくと近江牛のすき焼き風、ゆばときゅうりの酢の物など、グビグビプハー系にもピタリマッチで非常に嬉しい一品。

17
で、おばんざいをつっつきながら呑んでいたら、炊き立てしじみ飯が登場。おばんざい付きにしたので、私は胡麻豆腐、嫁は湯葉の刺身をチョイス。この胡麻豆腐・湯葉の刺身もなかなか見事な脇役で、ちゃんと美味しいのだが、なんといってもメインは炊き立てしじみ飯ですな。

18
良く混ぜ混ぜして頂くのだ。ほんわりと炊き立てご飯の香り、香ばしいおこげの香りが立ち上がる。

19
こういうお上品盛りにして3杯はイケるのだ。平日は徹底的低糖質生活なのだが、世間で一番旨いのは炊き立ての米~というのを再認識する今日この頃。ご馳走様でした。またポタリング途中で寄りたくなりそうな予感。良いお店です~。

 

志じみ茶屋 湖舟 (しじみちゃや こしゅう)
住所:滋賀県大津市石山寺3-2-37
営業時間:10:00~17:00 金休(オンシーズンは営業。TEL確認)
TEL:077-537-0127

 

2015年6月14日 (日)

大津周辺うろうろ@ポタリング日誌2015.6.14(1)

土曜日のポタリング日誌ネタを1つ。
1人通勤ポタリングで宇治田原町の坂道やらを走り込んで60kmまでの距離なら坂道が少しあろうがもろともしなくなった嫁。
土曜日は貴重な梅雨の晴れ間になりそうで、それなら以前から懸案の京都から1号線を逢坂超えで大津に入り、ちょっとだけ琵琶湖を見て帰って来よう~と言う作戦を実行。

限界走行距離100km/Day(たぶん)な、ビワイチなんてとてもとても、な我々だが、なにせ丹波橋から琵琶湖湖畔まで最短コースなら15kmほど。高度差150mほどの坂を登り降りすれば行けるので意外にお手軽。9:00チョイ過ぎ、自宅出発。

途中、風光明媚なところも通らず、一号線を延々進む。逢坂の坂道も20分ほどでパスできて、するすると大津市内にやってきたのだ。

1
途中で数か所道を間違ったおかげで1時間15分ほどで大津港に到着。多少黄砂で薄曇りっぽい感じだが、33度予報が出ていた京都より圧倒的に爽やかですな~。頬を撫でる風が心地よい。 とりあえず過去来たことが無かった三井寺でも見学に行くか~ということに。

2

途中、三井寺わきにある疏水の滋賀県側入り口を見学し、あーここから丹波橋のウチの自宅わきまでつながっているんだなぁとなんだかビックリしたり。。明治18年着工の土木建築物とは思えないですなぁ。

3
で、三井寺へ。まだ10:30ほどで非常に空いていて、境内の緑がとても綺麗。
受付のおねえさんの驚くほど丁寧な説明をお聞きし「1時間ほどで回れますよ~」と、中へ。 (我々は計4か所で御朱印を頂くので、2時間近くかかってしまいましたが)

4
国宝の金堂前の青モミジも綺麗。しかし、非常に広い境内ですな~。総面積で言うと大覚寺やら大徳寺、東福寺に匹敵するでしょうな。結構歩きます。

5
5カ所の御堂の中を見学できるが、内部は基本撮影NG。

6
一か所、一切経蔵という六角形のお経を納めた御堂内部は撮影OKだった。   慶長7年、毛利輝元公が山口県の洞春寺より移築したらしい。先の受付で説明してくれたお姉さん曰く、最も古い図書館の1つ、のようなものですね~とのこと。非常に精緻な作りで飾り類も細かいのだ。なかなか見物です。

7
境内は非常に広いので、映画のロケ現場としても活用されているようだ。

8
我々が最後に来た西国十四番札所でもある観音堂は、少し高所にあって琵琶湖方面を見渡せる。なかなか気分良好スポットなのだ。計5つ御朱印を頂き、満足して、御飯だぁということに。

と、予定していた蕎麦店が臨時休業で、急遽もう1か所狙っていた観光客向けなお店に向かう。(が、意外に良いなぁと思ったり・・)

9
その食事場所そばにある石山寺。こちらは過去3回ほど入ったことがあるので、山門周辺だけを散策。三井寺から30分ほどでしたかね。

10
山門からの中の緑が額縁効果でとても綺麗。

11
こういうユルキャラがお出迎えする石山寺なのだ。石山寺はわずか滞在10分(汗)ほどなのだが、折角琵琶湖まで来たので、琵琶湖の畔を少しだけポタリングしてから帰ろうということに。瀬田の唐橋の辺りから琵琶湖畔遊歩道が整備されているので、なぎさ公園のあたりまでゆったり走るのだ。


13
ところどころ、砂利敷だったりしたりあまり走り良いとは言えないのだが、これはなんともマッタリできますなぁ。非常にきれいに整備されていて、京大やら龍大ボート部諸氏のレガッタ練習を横目で眺めながら、のんびりポタリングを楽しむのだ。

14
膳所城跡公園でぱちり。黄色い可愛らしい花が琵琶湖の畔に一面に咲いていた。

で、満足したので帰ろうか~ということに。あとはまたまた1号線に戻り、同じ道を帰るのは面白くないよねぇと、山科川沿いの遊歩道(これも、走りやすくてマッタリできるので好きなコース。スピードはあがりませんが・)を延々下る。六地蔵経由で丹波橋までまったり帰ってきた16:00。のんびりできた良きポタリングでした。

◆本日の走行距離:59.21km
◆本日の平均時速:15.2km/h