フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« ラ・ピニャータ@大阪 堺筋本町 | メイン | まるDeBar (マルデバール)@六角通河原町東入ル »

2015年12月15日 (火)

電氣食堂@高倉通四条下ル

創作料理というと、過去の経験ではなんだかチョイ胡散臭いというか、居酒屋の変態バージョンというか、過去、良い印象の良いお店が少なくて、どちらかというと敬遠しているカテゴリー。
が、今回ちょっとリッチ目なランチで、なかなか良きお店に当たりましたので、いつもよりちょっと力を入れてご紹介。お店の名前は、電氣食堂。京都には同名のお店があるようだが、こちらは、高倉通四条下ルというかなり人通りの多い場所にある。

が、路地奥の隠れ家という感じで、ぼーっと歩いていたらまず出くわさない位置。四条通から高倉通を下りながら右手を見つつ移動してください。看板からIshikawa系列だと推測。

1
路地の奥に目をやると、こういうお店が見えてくる。ま、如何にもなロケーション。

2
1Fは、かなりゆったりした席間のカウンターが10席ほど。なかなかアダルトな雰囲気。壁面ミラーで囲まれているので、実際よりも更に広く感じますなぁ。。実は、これはイイなぁと思ったので、帰りに2階席も見せてもらったのですが、そちらにも14席ほど。MAXは6名様までという席構成。当日はカップルのみ4組、という状況。壁の落書きによると今年の6月末には存在していたようだ。(後ほどご紹介)

3
ランチは月替わりの¥2800(税別)1種類のみ。飲む気満々で飲み物リストももらうのだが、ボトルで¥3000~¥3500のお手頃価格なワインがリストに並ぶ。グラスは赤白各2種。日本酒は1種類だし、ここではワインを飲んどけ!な模様。グラスの白(¥600)をお願いする。

4
「煙」なる、燻製煙を器に封じ込めたサラダ。このお店では一押し!なんでしょう。

5
数の子といくら、それにフルーツ類がしっかり入っているサラダなのだ。ブドウにキウイ、イチゴに、ザクロ、スナップエンドウにレンコン、紅大根に葉野菜類などなど。さっぱりしたフレンチドレッシングで、それに燻製臭がほのかに香り、美味しい。やるではありませんか。。

6
お次、フォアグラを使ったフランで、上に生雲丹、それとダシ醤油の泡がかけてある趣向。仏+和、的な。これも外さず美味しい。器ごと口に入りそうな、ちっちゃな器も可愛らしいのだ。(前にあるのがティスプーンなので、サイズを想像してください~)

7
メニューにはありませんが、お店からのサービスの一品です!と出てきたのは、油揚げの巾着の中に、刻み九条ネギたっぷり+生麩、さらに美味しいかつおだし、という。超あつあつでこれまたなかなか美味しい。

8
で、タイのパッタイから習ったパスタ。ぴりりと刺激にある味付けで、これは非常~に好みのお味。奥がパウダー状にしたラー油(辛いですよ!と釘を刺されたが、これがあるのでより美味しい感じ)アツアツを凍ったマイクロトマトと合わせているのも面白い。3口分ほどだが、タイ+伊の超!充実な一皿。

9

超ミニミニ鰤大根。聖護院大根なのが京都風。もう想像している通りの、甘口母の味な和そのもののお味ですが、人生で初めて、鰤大根の汁でバゲットを頂く機会に恵まれたのだ。。面白すぎですな~。

10
ハマグリとズワイガニのブイヤベース。器は小ぶりなコーヒーカップ的な面白いもの。器チョイスのセンスが非常~によいですな。アツアツ蟹スープとしてGOODなり。これは仏的な。

11
〆のリゾットの前に、ちゃんと口直しが出てくる。はっと!する酸味のカシスのジェラートなり。

12
軽くソテーした白子(フグとは言われなかったが、なんだろう? 美味しい)と、豆乳と白みそを合わせた仏+和なリゾット。最後まで創作料理を貫くんですなぁ。いやー、〆て1:30ほどの大満足なり。。

13

で、手前のせんべいっぽいのは、白味噌味と胡麻味のカルメラ焼き的なもので、真ん中は紅茶のゼリー、奥はクレームブリュレ。慣れていない人はびっくりする香ばしい一保堂の茎ほうじ茶とともに。

¥2800(税別)でこのコースラインナップなので、当然一皿の量は可愛らしいのだが、これだけ皿数があるとお腹いっぱいになりますな。高年齢層、もしくは女性少人数グループで、且つランチでのんびりとワインなどたしなみたい!な人には非常にウケが良さそうだと予測。夜も一皿増えて¥3900という恐るべし高CP。まだまだ世間には知られていなさそうなので、席は取れやすそうです。気になる方はぜひ。
 

 

◆電氣食堂
住所京都市下京区高材木町221-3
営業時間:12:00~13:30(LO) 17:30~21:00(LO) 水休
TEL:075-351-2288

14
で、6月ごろには存在していたと分かった店内への黒壁へのサイン色々。2人しか認識できませんが汗、あと、椎名桔平さんのサインが少し離れてありました。これ以外にももう一つ6月28日だかのサインが向かいの壁にあったのですが、達筆すぎて読めませんでした汗。

で、1:30ほどの大満足ランチのあと、ぶらぶらとこちらへ。

16
帰りがてら、最近、ダシを取るときにお世話になっているうね乃製だしパックを購入しに、仏光寺に。

15

境内に、えええ、今頃いったいどうしたんですか!と聞きたくなるぐらい紅葉真っ盛りなモミジが1本なり。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33683143

電氣食堂@高倉通四条下ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿