フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

Bruno(2)@蛸薬師通富小路東入ル

んで、こちらの大人の遠足ネタの続き。
永観堂を後にし、どこぞで晩御飯でも食べようよと歩き出した2人。気分はお肉系!と意見一致。平安神宮そばを通って気になるお店を覗こうとするのだが、勤労感謝の日のためお休みの店が多く、そのまま気が付けば三条付近までやってきたのだ。

で、思いついたお店にTELし、席が取れたのでやってきたのが、Bruno(ブルーノ)なる、自家製のソーセージやらハムやらのシャルキュトリー(食肉加工品)の専門バール。非常に恰幅のよい、笑顔が可愛らしいマスターが腕を振るうお店だ。2年前に、こちらの催し物の時に一度覗きに来ていて、いつか再訪しようと狙っていた一軒。場所は、先日行った人気クレープリー、オルハコシトの入っているビルの1F。

1

お昼前から活動を開始して相当へばっていて、うっかりしてお店の外写真を忘れたので店内雰囲気写真を。カウンターが8席ほど、全24席という中箱を、先のマスター+2名で回しておられるのだ。

2
突き出しはイタリア系卵焼き、フリッタータ。なんだか芸術的な皿内配置ですな。

3
んで、お手軽系泡ものをボトル(たしか¥3500なり)で頂いて、頑張った今日に乾杯!なのだ。結構歩いた26000歩なり。

4
ポテサラは¥550なり。クリーミーなタイプでちゃんと旨し。

5
で、全部自家製のシャルキュトリー盛り合わせ¥1000をお願いすると、こういうデカいガラス蓋に燻製煙が閉じ込められた状態で、テーブルに出てくる。どうやって煙を押し込んでいるのかは企業秘密だとのこと。で、3分ほどテーブルの上待った後・・・・

6
もわわわーんと、自家製ハム群登場の巻なのだ。

7

手前から意外に塩分控えめな豚肩ロースのハム、左手奥が豚タンハム(これが一番お気に入り)、ブロック状のしっかり鶏ももハムに、薄切りの鶏むねハムはあっさりと、という感じ。燻製臭はいたって穏やかなものですが、いやー、これは激しく呑めますな。。

8
で、肉!気分なので自家製ソーセージを3種類注文。常時10種類以上スタンばっているのが驚きですな。これは定番のBrunoソーセージで¥650なり。1本で100gほどはありますかねぇ。
一度ゆでてから焼いてあるタイプで、皮も含めて非常にソフト。ふんわりした食感で、シャウエッセン的ブリブリ感とは違うものですが、これはビールやらが進みますなぁ。。

9
ソーセージと一緒に食べたいなと思ってお願いした手作りパンは¥300なり。テニスボール半分ほどだが、驚くほどたっぷりと黒コショウを練りこんでいる一品。確かにソーセージに添えてアテ的に頂けるのだ。これ、お勧めいたします。

10
メキシカンチョリソーは¥650なり。カイエンペッパー・ハラペーニョが入った辛口タイプ。が、これも程よい辛さです。上のパンのほうがびっくりするかも。

パスタやチャーハンなど、あまりシャルキュトリー専門店らしくない〆メニューもスタンばっているのだが、今日は肉で攻めようと更にソーセージを注文。

11
で、チョイスしたのが香草ニンニクたっぷりソーセージで¥800なり。これはしっかりぶりりんとした食感、それにペペロンチーノ的なオイルソースを回しかけたものですな。羊肉!という癖はなく、香草とよく合っていて旨し! これもチョイ推薦。

明日はお仕事なのでこれぐらいにしといたら!ということに。で、赤グラス1、ボトル1本で〆て¥8000チョイだったように記憶。伝票をチェックしてもらっている間に、ちょこっとこういうのが出てくる。

12_2
しかしまぁ、シャルキュトリーを含めなにからなにまで手作りのようで、どこまでマニアックやねん!と突っ込みたくなるお店ですな。再訪して、普段の活動範囲だし、今現在の我々に非常~にマッチしているように思ったので、またちょくちょく覗きにきます。ごちそうさまでした! 

 

 

◆Bruno (ブルーノ)
住所:京都市中京区蛸薬師通油屋町146 
営業時間:月~水・金・土11:30~15:00 17:00~翌1:00
       日 11:30~22:30 木休
TEL:075-255-4554

 

2015年11月29日 (日)

2015年紅葉記録、その11 夜の永観堂@2015.11.23

京都、秋の大人の遠足ネタ、その3です。
霊鑑寺を後に次に向かったのは、京都の紅葉名所として名高い永観堂。過去、散々やってきたことがあるのだが、今回もっとも楽しみにしていたのは夜間ライトアップがあるため。入門開始の17:30まで、驚くほどのお客さんが集まっているのだ。

中に入ると、御池の周りの良いスポットはもう驚くほどの人で、人が居ないポイントを探すのは大変。しかし、昼間なら、今年の紅葉のアラも目立つ状況なのだが、ライトのおかげで息を呑む美しさ。説明無しで、ま、どうぞ。

25

先に入り口から一番奥の本堂前まで一気に移動。夜間は多宝塔には登れないのだ。

29
この辺りは昼間でも綺麗そうな感じ。

30
本堂のわき。(かなりピンボケで済まぬ)

31
本堂から見下ろす。

27
で、あとからお庭の池を望むのだ。いやー、えげつない美しさ。。

28
水鏡に映るなんとも幻想的な風景。この世のものとも思えない、ですな。

32
多宝塔を望むナイスビューポイント。池の周りは一眼を持ったカメラマン諸氏が大勢。

33
池を超える橋を望む。こちらは入場禁止なので人は居ないのだ。しかし池に面する額縁写真を撮れるポイントは、もうすごい人でこりゃ順番待ちは困難。。

34

手ぶれ写真の大量量産で、流石に一眼がほしくなった、素晴らしき夜でした。(自撮り棒は持ってきたのですが、せめて一脚でも持ってくればよかった汗)眼福眼福。

35

で、現地解散になったので、大満足で永観堂を後にしたのだ。まだまだお客さんがどんどん集まる永観堂でした。今年の京都紅葉巡りは、これで最終の予定。

んで、大人の遠足、さらにその4に続きます。

2015年11月28日 (土)

2015年紅葉記録、その10 銀閣寺・法然院と霊鑑寺@2015.11.23

で、こちらのネタの続き
Facebookつながりで参加させていただいた秋の京都、大人の遠足。ランチのあとは、紅葉スポットを散歩がてらゆるゆると回ることに。会費¥3000(食事は別)なのだが、ちゃんとプロのツアーガイドさんに案内していただけるので、確かに超久々に遠足気分なのだ。

12
で、28人がぞろぞろとやってきたのは銀閣寺。朝から雨予報だったので、混雑はしているが参道付近はまだそれなりの混雑度合い。時折、パラパラと粉糠雨が降る状況。

13
銀閣寺が紅葉スポット、という認識はあまり無かったので紅葉の時期にきたことがなかったのですが、(哲学の道周辺は特に混雑するので・・・)黒々とした銀閣寺の威容に赤いモミジが映えるのだ。流石に大勢のギャラリーで大盛況。

14

で、回遊式の立派な庭園を散策し、あちこちでパチパチ駄写真を量産。

15
モミジの木に近寄ると、もうかなり枯れて厳しくなっている木も多いが、引き絵なら十二分に綺麗。なかなか良いなぁと大満足。

16
見下ろすと更に良い感じ。プロガイドさんの流暢な説明で、京都の歴史勉強もした気分になり、次のスポットに移動。

17
で、お次にやってきたのは法然院。こちらは哲学の道周辺では貴重な無料紅葉スポット。過去何回か来たことがあるが、京都に越してきてからは初めてのような気がする。5年ぶりほどかな。。。

18

いやー、紅葉コンディションはよろしくないが、やっぱり京都の雅を感じる場所ですな。

19
奥のお庭周辺はすっかり散紅葉。定番の山門を額縁にした写真は、人が結構多くて無理無理でした。

20
で、お次の紅葉スポットの前に通り過ぎた安楽寺前。こちらの山門前も非常に綺麗。樹高10mは超えそうな大きなモミジの木が非常に立派。

21
やってきたのは安楽寺の南隣にある霊鑑寺。毎年、紅葉の季節、桜の季節の2週間つづしか公開されていないらしく、よきタイミングでやってこれました。小さなお寺さんなのだが、ここもなかなか綺麗なのだ。

22
で、こういう写真や・・ (ちなみに写真撮影不可ゾーンには、御所から移築されたという書院に非常に立派な襖絵が残っています。なかなかの見物)

23
こういう写真をまたまたぱちぱちと量産。このお庭を上がっていくと京都市内の一番樹高の高いモミジの大木(15mはありそうな)があるのですが、あまりコンデションがよくなかったので写真は割愛。が、これがいきなり真っ赤になったら凄いでしょうな。。

24
閉門前(16:00)だったので、遠足チーム以外のお客さんがあまりいなくて、なかなかまったりできたのだ。

んで、釣瓶落としの秋の夕闇が迫る中、本日最後の紅葉スポットを目指すのだ。その3に続きます。

ティオペペ@北白川@大人の遠足2015

最近、Facebookつながりで結構いろいろな会に参加している我が家。普通は、まったくblogには書いていない(汗)のですが、今回は京都グルメ倶楽部主宰さんプレゼンツ「大人の遠足」ということで、京都の紅葉を楽しむ企画。1か月前からわくわくして待っていたのだ。

当日は、残念な天気予報だった京都。がなんとか持ちこたえそうな感じで、集合時間の11:30より30分以上早くついてしまった京阪出町柳駅。ランチ会場でランチを食べて、紅葉スポットに移動、という時間割なので、北白川のランチ場所につく前にちょっとだけ黄葉気分を味わいに、遠回りして京大キャンパスの北側に移動。

1_2
木によりばらつきはあるのだが、そろそろ黄葉まっさかりな銀杏の木が美しい。

2_2
目にも鮮やかな黄色。ちょこっと緑が残るのが今年の最新モードですな汗。

3_2
で、学園祭でにぎやかな京大キャンパスを突き抜けて、再び今出川通に出てくる。本日のランチ場所、スペイン料理のティオペペはここから更に東側、志賀腰通沿いにあるのだ。目印がこちら。

4_2
今出川通と志賀腰通の交差点にある子安観世音。なんとも素朴な石仏だ。この石仏の建物が見えたら、左手に。

5_2
やってきたのがティオペペ。コンクリート打ちっぱなしのオシャレ店。開業は意外に古く2009年だとのこと。

11_3
ランチメニュー。今日は28名も集まっているので、イベリコ豚か牛ロースのグリルセット、パエリアのセットをお願いしているのだ。で、嫁はパエリア、私はイベリコ豚をチョイスしわけわけする作戦。20代?から60代まで色々なメンバーがわいわいと会食。

6_2
で、突き出しとサラダ。ワインは当然追加の方向で(当然別料金で、且つお代わりしました汗)

7_2
巨大パエリア。何人前だろう、ムール貝とエビの数から考えると15人前ぐらいですかね。。ライスは更にありそうですが。しかしまあ、ビジュアル良好なのだ。大人数分を作るほどおいしくなるとのこと。

8_2
で、嫁のパエリアがででんと登場。お米の芯はなく、イカなど魚介ののうまみが全面に出て、ま、期待通りのお味。もちょっと固めでも全然OKかな。

9_2
イベリコ豚ソテーはたっぷり野菜とともに。ついてくる大き目のふわふわバゲット2個がついつい進むメニュー。

10_2
で、1時間半ほどのゆったりランチのあと、いよいよ本日の第一紅葉スポット、銀閣寺に向かうのだ。大人の遠足、その2に続きます。

2015年11月27日 (金)

南フランス料理気まぐれ市場@ポタリング日記2015.11.22

いやー4日間の出勤だったが超濃密だった1週間。先週の3連休ネタが書けておりませんので、ぼちぼち書きます。まずは中日の日曜日ランチネタから。

前日、朝から雨予報だったのだが、朝起きるとうっすらと曇天。これは!と思いNETで降雨レーダーを確認すると、昼過ぎまでなら十分野外活動できそう。前日も40kmチョイポタリングしたのだが、今日も調子が良いのでポタリング!ということに。 で、FB友からお教えいただいた八幡市にあるビストロが気にかかり、ランチ予約を押さえてから、一気に桂川沿いを南下。こういうタイミングを狙っていたのだ。

1時間ぐらいでつくかなぁと思ったが、葛葉のゴルフ場のところで思いっきり道を間違えて、牧野から折り返してきたのでお店についたら自宅を出て1時間15分、約21kmだった汗。(迷わなかったら17km弱なのだ。)

1
で、丘を越えやってきたのは郊外型一軒家レストラン、気まぐれ市場なり。既にオープン後27周年ほどのお店らしい。いい感じで年輪を帯びているのだ。。バリバリな自転車乗りスタイルで店内に。(予約時にラフな格好ですが大丈夫ですか!と確認しました、だはは)

2

店内はシェフご夫婦の趣味満載な感じで、なんともいい感じで古びていて、とてもくつろげる。ランチメニューは¥1600、¥2000、¥3000の3種。¥2000のを2つチョイス。

3
自転車なのでとりあえず、ノンアルコールビールで今日の健康に乾杯!なのだ。

4
小皿に入っているのはエスカルゴ、レバーのパテのカナッペに、鳥系なテリーヌ、奥に見えませんがイワシのマリネ、丸いのは菊芋かな。。自家製など思われるアツアツ丸パン(写真失敗!)にピタリな感じ。

5
紫芋のポタージュは胡麻油を利かせたなんだか中華的な味わい。これは面白いですな~。

7
嫁チョイスは子羊香草焼。ローズマリーの香りがほんわりと。

6
私は牛赤身肉のステーキで+¥300の加算メニュー。ニンジンやらカボチャがでっかいので、子羊を含め大きそうに見えませんが、量は十分。捻りは一切ありませんが、実直なお味です。

8
で、お茶とお菓子。エスプレッソと共に頂くのは、リンゴ系なケーキ(名前失念)とガトーショコラ。最後までちゃんとしているのだ。

9
シェフも奥様もとてもお若くて、どう見ても同年代に見えてしまうのだが、アットホームな、開店同時から知っていたら家族ぐるみの付き合いになりそうな、ほっとした感じのお店です。27年間の時間が作り出したこの雰囲気になんとも大満足なり。
また、ポタリングついでにちゃりちゃりと覗きにくることにします。ごちそうさまでした! 

 

 

◆南フランス料理 気まぐれ市場
住所:京都府八幡市八幡柿ケ谷13-4 
営業時間:[火~金]11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~21:00(L.O)
       [土・日・祝]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~21:00(L.O) 水休
TEL:075-971-0407


で、せっかくここまで来たから!とやってきたのがこちら。

10
山田池公園はなんだかまったりしますなぁ。池の周りを自転車でぐるっと回って、お天気も怪しいので早めに帰ろうということに。

15
で、途中で背割堤で休憩してから、丹波橋から下ってくるときに驚いたポイントに。

11
自転車道が千本通にくっつくポイントで、いつもはここから自転車道を降りて、月の桂の酒蔵前を通って丹波橋に帰るのだが、ええええええ!と驚いた桜。なぜだか5分咲きほどなのだ。何種類か、違う種類の木が4・5本並んで植えてある。

14
で、こういう写真とか、

13
こういう大輪のふわっと咲いているのとか・・、

12
こういう杏子っぽいのなどが咲いていて超!びっくり。明らかに十月桜ではないと思うのだが、こういう季節に咲く種類なのですかね・・、偶然遭遇した眼福でした。