フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 鉄板28号@四条大宮 | メイン | クレープリー オルハコシト@蛸薬師通富小路東入ル »

2015年9月25日 (金)

八の坊 (ハチノボウ)@円町

もうSWは終わっちゃいましたが、更に続くSWネタ、その5です。
火曜日、朝から良いポタリング日和。嫁と一緒なのは久々で、家を飛び出た10:00ちょい過ぎ。

1
いやー、なんだかうららかですな。自宅から60分足らずで嵐山中ノ島公園に。5分ほど休憩し、おなかも減ったのでどこか適当なところで御飯をたべようよ!と移動開始。観月橋の上は大混雑だが、桂川沿いのエスケープルートを少しだけ南下し、再び丸太町通に北上して観光客の皆さんをやり過ごし、あとは延々、丸太町通を東に進みつつ、どこかで飯にしようよ~とあたりを見回すのだ。

2

気が付いたら円町までやってきていて、以前から気になっているラーメン店がお店を開けておられるのを発見。お店の名前は八の坊。なんでも横浜家系の流れを汲むお店のようですな。2月オープンの比較的ニューカマー。何せ、我が家ではラーメン月3杯の原則があるので、なかなか順番が回ってこなかったのだが、ようやく来れました。

3

食券制のお店で、写真を見ながら暫し悩む。店内は驚くほど垢抜けたカフェ風で油ギッシュ感まるでなし。が、ラーメンもかなり凝ったものを出されているのだ。基本は家系の流れを汲む豚そば、それに魚ダシを加えた魚そば、更にイタリアン系なベジソバがスタンバイ。
私は限定だという、豚だくカプチーノそば¥850一択狙いでやってきたので、それを。嫁は、暫し悩んで豚そばのブラック(マーユ入り)¥750をチョイス。

しかし、店内はなんとも片付いていてオーナーの趣味が伺えますな。何ともすっかりした爽やかさ。

4

そろそろ混雑しだしてきたので、さっと押さえた雰囲気写真。いやー、なんともカフェ的。が、集まってくるのは、近所の工事現場から直行されてきたと思われるお兄さん3名や、近所の男子学生など、ほぼ男のみ。

5

先にちょっとだけ御飯も食べるぞ!と注文したチャーシュー丼¥400が登場。温めた角切りチャーシューたっぷりで煮玉子半分、それに白髪ねぎ、さらりとした甘だれでなかなか。量は少ない目だが、これはイケてます。

6

で、まず出てきたのは豚だくカプチーノそば。名前の通り泡だったかなり濃厚な豚骨スープだが、箸が立つような粘度ではない。白髪ねぎに、辛子高菜漬、ほうれん草にしっかり存在感あり!なチャーシュー、それに海苔2枚、というどことなく家系と言われればそんな感じかも~的な。根本的に違うのは、家系では多分デフォルトでどんぶり表層を覆っている油膜が無いこと。

7

麺は存在感あり!な平打ち縮れ麺。腰もしっかりでスープが良く絡む。あー、これは好みの味だ!とにんまり。。スープの塩分濃度も適切で最後の一滴まで頂けますな。 途中で、テーブルに置いてある辛子味噌を加えると、また味が変わって嬉しい。

8

で、これも相当美味しいと思った豚そばブラック。麺は平打ちの太麺、細打ちの真空麺をチョイスできる。焦げたガーリックオイルの香ばしい旨みが、先のカプチーノよりは若干濃度控えめなスープに良くあっているのだ。嫁はこれは美味しい!とご満悦。

9
こちらはしこしこもっちり系の腰のある細麺がなかなか素敵にあっていると思った。(いや、太麺でも合うかな。。。だはは)

2人で回されているのに、とりあえずメニューが豊富なので、こちらもちょくちょく覗きに来たいお店になりました。いやー、御馳走さまでした、また来ます~。

 

 

◆八の坊(はちのぼう)
住所:京都市中京区西ノ京伯楽町22-9
営業時間:11:30~14:30 17:00~22:00 水休・第三火休
TEL:非公開

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33587291

八の坊 (ハチノボウ)@円町を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿