フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« タヴェルナ・イル・ヴィアーレ@二条駅前 | メイン | 炭櫓@近江八幡 »

2015年9月21日 (月)

ジュメルニジュウク (Jumelles 29)@麩屋町綾小路通下ル

シルバーウイーク1日目のディナーネタ。
RyuenのネタをFacebookに書いたとき、そういえば京都の人気洋食系なお店で行っていないところ!と思い出させていただいたのがこちら。フレンチバル、ジュメルニジュウク。

言わずと知れたビブグルマン店。京都に越してきた当時、かなり週末前に予約電話を入れていたのだが、余りに席が取れず、そのままこの1年ほど失念していたりするのだ。今回は1週間ほど前に予約電話を入れ、それでも18:00オープン時間入り2時間制限、ということでようやく席を押さえたのだ。

29_1

こういう京町家リノベーション物件。開店時間の5分ほど前写真なり。オープンするとのれんが出るのでわかります。予約しているものだ!と伝えると、8席ほどのカウンター席の真ん中に案内される。 他に4人掛けテーブルが2、2人テーブル1ほどだが、食べログを見ると32席。奥に個室もある模様。

メニューはかなり豊富な部類。それにかなりお手頃価格。一番高いので尾崎牛のグリエで¥2700、それ以外はメインでもおよそ¥1500ぐらいな感じ。ボリュームもありそうなので、悩みつつ4皿ほどチョイスを。

29_2
まずは、このお店名物メニューをお願いしたので、白ワイングラスから。5種類ほどスタンばっていて、お値段は¥500~¥950というプライスゾーン。シチリアのをお願いする。メニューがなんだか可愛らしいですな。

29_3
で、名物料理だという「濃厚なウニのプリン」で¥1300なり。ウニの殻が器になっていて、プリンというより、ウニ風味のパン用クリームスプレッドですな。これがまたガーリックトーストとよく合うのだ。濃厚!とメニュー名に冠がついているのだが、それほど濃厚でもない、意外にバランス系。

29_4

で、ワインでぐだぐだやりたかったのでお願いした自家製シャルキュトリー盛り合わせ。

29_5_3

いやー、何種類あるのか、これは凄いよね、という物量作戦な¥2600なり。しかし、これだけの種類をそろえるのは大変でしょうな。フレンチ・イタリアン両方のハム類があるのも嬉しい全12種類ほど。(いちいち名前を書くのがしんどいので手抜きです。だはは)

特にこれは凄いなぁ、と感心したのは白い器に入っている2種。燻製の風味を付けてある豚のリエット、それに超!フレッシュ感のあるレバーパテ。両方ともお勧めいたします。ハム類では、鴨生ハムも良かったかな。

白ワインは一瞬で呑んでしまったので、赤のグラスにスイッチ。こちらも5種、¥500~¥1200というプライスゾーン。

当然、すべてパン類とも相思相愛なので、バゲットでもフォカッチャでも追加で注文するとさらに幸せになれるのだ。

18:00スタートが我々含めて3組ほどで、次々にお客さんが入ってきて19:00ちょい前には満席になったのだが、呑みながらぐだぐだしたい派とすると、お料理の進行は遅いぐらいでちょうどよいのだが、なんだかテンポ良すぎ。お料理がどんどんどんどん、出てくるのだ。

29_6
で、お次も他に類似のメニューが思いつかない、リンゴ風味のブータンノアールのコロッケで¥1100なり。

29_7

切ったらこういう感じ。御存じのように元ネタは豚の血のソーセージなのだが、これはどういう手法なのかクリームコロッケ的な一品になっている。黒いのは竹炭かな。しかし、なんともオドロオドロシイ外観なのだが、食べるとリンゴソースは期待通りよくあっていて相当良いです。大!感心なり。

29_8

メインにチョイスしたのは子羊のロースト。一本単位で注文でき、1本¥650なり。いやーお値打ちですなこれは。火入れもお味も申し分無しなのだ。

で、甘いものはお願いせずに、〆て白2・赤3で計¥10800なりという非常にお手頃価格。残念だったのは、フロア陣の連携がよろしくなく、途中で追加をお願いしたパンが帰り際に出てきたり汗、お料理は前の皿にまだ料理があろうとも爆速でどんどんでてきたりで、以上で約1時間で食べてしまうという食いっぷり状態。
お料理はなかなか良いけれど、2人且つ満席だと色々アラが目に付いちゃうよねぇという感想。多分、テーブル席で4人ぐらいでわいわい喋りながら、ボトルでお酒を呑むのが一番よさそうな予感ですな。御馳走さまでした~。

 

 

◆ジュメルニジュウク (Jumelles 29)
住所:京都市下京区麩屋町綾小路通下ル塩屋町81-1
営業時間:18:00~翌2:00  火休
TEL:075-371-6029


で、1時間で食事が終わってしまったのだが、外に出るとなんだか秋風が気持ちよくて、ちょっとだけ散歩して帰ろうよ~ということに。

29_9
やってきたのは東山界隈。ライトアップで清水寺が遅くまで開いている!らしいので、久々にオノボリサン気分を満喫しに。

29_10
流石にここまで30分ちょいかかったのだが、まだまだお客さんで盛況な清水寺に到着。

29_11

お客さんのうち、半分ほどは海外からの方々ではないのか、というような状況。

29_12

いやー、なかなか目の保養になりますな。それに東山を吹き抜ける秋風がなんだかとても気持ち良いのだ。

29_13

なんだか満足して、珍しく梯子酒もせずに帰宅。シルバーウイーク1日目でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33579423

ジュメルニジュウク (Jumelles 29)@麩屋町綾小路通下ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿