フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« お好み焼 あらた(3)@西九条 | メイン | ryuen@三条通室町西入ル »

2015年8月26日 (水)

ラマーノディマルコでランチ(2)@荒神口

で、こちらのポタリングネタ中のランチネタです。
六地蔵巡りのようなお年寄り好みなツアーを自転車で巡っている人は少ないだろう、と思ったら我々同様ポタリング(ママチャリ含む)で回っている人も多そうだ、と気づいたのが鞍馬口にある上善寺-鞍馬口地蔵。

で、この先も結構混雑が予想されそうなのだが、バスツアーの方々もそろそろどこかでランチだろうし我々もランチだ~と、太秦にある源光寺-常盤地蔵に行く途中のどこぞで食べるぞ!ということに。河原町通を下りて丸太町通を西に進む作戦。と、途中でイタリアンのお店が目に入る。

1

実は前回もポタリング途中で、今回も半袖サイクリングジャージに、ハーフのレーサーパンツ(汗)という、こういうお店に似つかわしくない全くの自転車スタイルなので、おずおずと入店し、行けますか~と確認しOK。いや、まったくすんませんすんません。こちらが伊太利人のイケメンシェフ、マルコさんがやられているお店、ラマーノディマルコなり。

ランチメニューは¥1600でパスタ2種・リゾット2種からチョイスできるプリフィックスで、ハーフサイズもお願いできるのでカップルでランチをお願いすると4種類制覇できる仕組み。今回はメインはやめておこうとと¥1600のを2つお願いする。

2

で、のどが渇いていたので、ノンアルコールビールを2本お願いする我々だ。¥600なのだが、こういうのをポタリング途中で頂くと休日が輝くものになりますな。

4
パンは自家製のほわほわの超軽いフォカッチャ。トーストしてありアツアツで、オリーブオイルとスパイスを利かせていて美味しい。

5
1つ空いているテーブルにでっかい座布団のようなものが置いてあるので何?と思ったのだが、これがそのフォカッチャの切り分け前のようですな。だはは。

6
前菜は、自家製の豚ハムでこれが柔らかくて非常~に旨い。サラダに見えるものにはマグロのカルパッチョが乗っている。珍しい食材は特にないのだが、味付けといい非常にバランスが良いのだ。

7
で、パスタハーフサイズが2皿同時に出てくる。これは前回も頂いたブロッコリーとルッコラを使ったグリーンクリームソース。浅利の旨み満載で、やや細めタリアテッレに非常に良く絡むソースなのだ。ハーフサイズじゃ足りない~ほど旨し。

8
で、こちらはトマト系ラグー。鴨・豚ミンチにシイタケ・エリンギなどキノコ類を合わせたド定番な一品。これもなんとも旨いですな~。こちらはやや量多めで嬉しい。

9
で、お次はリゾットの皿が2つ同時にサーブされる。リゾットは芯が残るほどではないが、ゆるゆるでもないなかなか絶妙な茹で上がり。(もちょっと堅めでもOKかな。)こちらはマッシュルームにチーズを利かせた一皿。真ん中のラザニア風なのも薄切りのとろける系チーズです。いやー、これまたド定番なのだが、ちゃんと美味しい。

10
で、エビとエンドウ豆のリゾット。味付けの組み立ては先のパスタと同様なのだが、軽やか且つ味の乗ったクリーム味。エビは仕上げで火を入れたようで半生で旨し、なのだ。

11
ちゃんと甘いものもあります。このお店、珈琲は+¥200なのでストレートの紅茶を頂く。超~軽いティラミスもなかなか。

和食材にハマったフランス人シェフによるオリジナルメニューなど、京都では和食材を使ったアレンジが多数あるのだが、こちらはそれとは対極にあるイタリアンですな。
どこにでもある定番食材+イタリアの定番調理法だけで勝負されているように思った。が、ちゃんと美味しいのだ。今度こそは晩御飯に食べに来たいなぁと思った良店。御馳走さまでした~。

 

 

◆ラマーノディマルコ(La Mano di Marco)
住所:京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町214
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~22:30(L.O.21:30) 火休
TEL:075-744-1601

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33533281

ラマーノディマルコでランチ(2)@荒神口を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿