フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« ビストロ・シェ・モモ@三条商店街北側 | メイン | ひさびさ京寿司 大善(4)@嵐山 »

2015年7月 7日 (火)

オステリア コナチネッタ再訪(2)@聖護院東町

土曜日のディナーネタは2週続きのイタリアン。
本年上期で、あーこれは良いね!と思った伊太利はプーリア地方(ブーツのかかと部分)の素朴だが、パンチの利いたいお料理が頂けるコナチネッタへ。

実は、初回訪問以後ランチに行こうと、数日前予約を2回。が、どちらもNGで、それなら夜だ~ということに。3日前に予約し席を押さえたのだ。

当日は、昼過ぎから結構な雨模様。横殴り、までは行かないが、京阪丸太町駅からちょっと歩いて行くのは勘弁(ちなみに徒歩10分ほど)な空模様。

1
なんとか行けるかな?と歩いてお店まで。流石に結構ぼっとぼとになり、お店前写真は前回の使い回しです~。全14席と意外にゆったりとした可愛らしい店内。予約客だけで満席だったのだ。足元の悪い中、もう既に大人気ですな。。

2

さぁ、何を食べようか~と悩むのだ。(メニュー写真、CTRL+クリックで拡大します)

シェフのお任せ前菜が次々に出てくるのが非常に楽しいのだが、パスタを2種類食べたい!ので流石に食べ過ぎになるので~と、メニューをしげしげとチェック。

前菜は魚類で1皿、それに馬のハラミってどうよ?というようなチョイスでお願いするのだ。満席なので流石にお料理の進みは早くは無いが呑んで待っておれるので、我々は無問題!

まずは、スターターで泡グラス(スプマンテ)を頂いて、喉が渇いていたのでほぼ一気飲みしてしまい、更にスプマンテ白・赤のカラフェが500ccで¥1000というお手頃価格なので、またまたそれを速攻で追加してまったり~。

3
パンがしっかり量なので、少な目にして~とお願いしました。くるるっと可愛らしい形のタラッリなる固焼きパンが、ワインのアテにしてもなかなかGOOD。

4
大羽鰯のコトレッタ、完熟トマトとルーコラ添えで¥1600なり。ふっくらさっくり揚がった鰯のカツレツ的一品。

5
全容が解りにくいので分けた写真。トマトが甘い、味付けはトマトとレモン系さっぱりビネガー、それにルーコラの風味という非常にシンプルなものだが、お惣菜的旨さで迫ってくるのだ。魚料理メニューに書かれていた一品だが、前菜にチョイスして正解、正解!と思わずニンマリ!。

6
で、まずチョイスしたパスタ1皿目。タリアテッレでうなぎのトマトソース、レージナの湖畔のイメージ、なる一品。肉厚の鰻がトマトとこんなに合うなんて!という。全体をまとめ上げるのは、甘く、スパイシーなマジョラムの香り。(もちろん、このハーブってなんですか?って聞いたんですけれど。。)
これはうめえやと大満足した¥2100なり。トマト系パスタ好きなら無条件でお勧めします。

7
ショートパスタ類も色々揃っていて目移り!するのだが、傾向が異なるものとしてチョイスしたリゾット「デッレ ゴルフォ」なるあさりとムール貝を使ったレモン風味な一品。コクがあるのにあっさり、これも旨くないわけはない訳で、な¥2000。が、想像以上に量がしっかりだったので、お腹が非常に苦しくなってくるのだ。

8
が、次の皿を見たとたんにまた食欲が盛り上がってくるわけで。馬のハラミのエスカロッブ バルサミコとレモンのソースなりで、¥2300。これも状況が見えにくいので分解~。

9
半分にわけてもこれ+αなしっかり量。で、火入れも完璧。エスカロッブの意味を聞いてくるのを忘れたのだが、普通に炭火焼的ですな。ソースも重くなく良い感じです。もうお腹パンパンだったのですが、脂分が少なく軽い味付けなので、なんとか全部食べきれました。

で、またまた、スプマンテグラス2、白カラフェ750cc、赤250ccと、またまた2人で1リットル越え!と良く呑んでしまいsweat01、流石にお腹もはちきれんばかり。今回は甘いものまで行きつけませんでした~、の¥14000チョイ、という超納得価格。
しかし、色々と面白いものを出されているので、更に全レギュラーメニュー制覇まで通うつもり満々です。ご馳走様でした。また来ます~。

 

 

 

オステリア コナチネッタ (Osteria Conacinetta)
住所:京都市左京区聖護院東町14
営業時間:12:00~L.O.14:00 18:00~L.O.22:00 不定休
TEL:075-744-6530

 

10
お土産に買った玉ねぎ味。¥400+taxですが、たっぷり量で嬉しかったです!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33464925

オステリア コナチネッタ再訪(2)@聖護院東町を参照しているブログ:

コメント

こんにちは、現在糖質制限ダイエット敢行している Georges です。エスカロップとは材料の切り方で厚さ1センチほどに切るのをエスカロップ、それより薄切りにするとエマンセとなります。調理法ではなく切り方の用語です。ちなみにアッシェはみじん切りのこと。
イタリアンには糖分(当分)行けそうにありません。パスタは糖質高いですから。

Georgesさんコメントありがとうございます。伊太利の料理用語って、検索してもあまりHITしないので、ご紹介ありがたいです。(ほぼ同名の北海道郷土料理がHITします。。)

糖質制限が、私のほうがちょっと先行しているようですので、次のネタでご紹介しました。BMI22以下、体脂肪質10%以下、などと無茶を言わない限りパスタなど、全然OKです。

有難うございます。先行して糖質制限やっておられたとのこと、恐れ入ります。

さてエマンセ、エスカロップなどはフランス語です。日本ではヨーロッパ料理の調理用語はフランスのそれを使うのが通例となっているみたいです。

40台のとき104キロまで体重増加、それから医者に脅かされ67.5キロまで主に有酸素運動で痩せましたが、加齢のためか、運動だけでは思うように落ちなくなりました。

しばらくはこのまま糖質制限実行して、ある程度痩せたらパスタ・蕎麦を試してみたいと思います。ご助言感謝いたします。

うはー、104→67.5すか。驚くべしですな。
私は94→75なのですが、現在は76~79周辺でうろうろしております。ちなみに179です。

糖質制限は、その方の標準体重まではすんなりと落ちるようですので、BMI23ぐらいまでなら特に努力無く下がると思います。

ただ、旧来のダイエットに慣れ親しんだ方なら、体重を下げるために、タンパク質・脂質を基礎代謝程度取らないと下がらないので、注意が必要です。ま、あまりご無理はされませんように。

身長おありなんですね、小太郎さんというニックネームからは想像出来ませんでした。
私は昔の実寸171から2センチは小さくなったようです。年と共に縮んでしまいました^^ 
根っからの大食漢で、糖質制限はするものの普通の人より量は多いはず。ちなみに今夜のメニューは、白身の刺身盛り合わせ、キハダマグロとアヴォカドのオリーヴオイル合え、サニーレタス1/2個、白菜とあぶらげの味噌汁に赤ワイン1本。
食べ過ぎですね。

コメントを投稿