フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

久々、月ヶ瀬 堺町店(2)@堺町通御池下ル(+ひさご寿司2)

こちらのネタの続き。
昼間からウイスキーを呑んで、大変ごきげんさんな我が嫁。それから1店梯子酒をし、ワインやら何やらであっという間に16:30に。ちょっと甘いものが食べたい!とふらふらと堺町通御池下ルに。

やってきたのは月ヶ瀬の堺町店。年1回は確実に来ておりますが、ま、似たものを頂くのでblogに書くのは超久々だなぁ、と思ったらこれ以来の6年ぶり。月日の経つのは本当に早いもので。

6

京都の古典的甘味屋さんだが、お値段もお手頃。最近、京都市内ではフルーツ系カキ氷があちこちで大人気なのだが、抹茶系・黒蜜系カキ氷を美味しく且つお手軽に頂くなら、手堅いお店。今シーズン4軒目のカキ氷店ですが、まじめに書いたのがこれ、だけなのでかなり気に入っている、ということなのだ。

7

マンションの1Fに入っているお店なので、古典店としてはカフェ的な明るい雰囲気。京都の旅行雑誌などを置いているカウンターもちょっと季節の飾りつけ。

8
基本、カキ氷は抹茶と黒蜜系のみ。それに餡子を乗せたり、白玉やらアイスクリームやら練乳をトッピングする方式。色々乗せても¥1000前後の安心価格。某とらや、ほどの超高級志向ではないのだ。

嫁チョイスは抹茶ミルク金時の白玉添え。甘味を抑えたあんこがポイントですな~。量も程よく良い感じ。

9

私は黒蜜氷(黒蜜寒天が乗っている)にアイスクリームと練乳トッピング。白玉は付いていたような。これもまろやか旨くてなんだかほっこりなのだ。

市内中心部からちょっと離れているのでおやつタイムを少し外すと空いているのも嬉しいお店ですな。我が家ではお向かいのこことともに16:00台甘味は、こちらと決めているお気に入り。またお邪魔します~。

◆月ヶ瀬 堺町店
住所:京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675
    アーバンライフフォルムズ烏丸御池 1F
営業時間:11:00~19:00 水休(祝日の場合は翌日休)
TEL:075-212-1959

で、嫁が昼酒だけでごきげんさんになってしまったので、ディナー予約はキャンセルしてなんぞ食べるものでも買って帰ろうや!ということに。

12
四条界隈でお持ち帰りお寿司なら、数軒思いつくのだが、今回は足も疲れていたので京阪四条最寄になるこちらに。南座ご用達のひさご寿司。10分ほどでお持ち帰りを用意してくれた。待合いのベンチ3脚あり。

13
鯖寿司は6切れ¥2160。オフシーズンなのでどうかなぁとおずおずと開ける。

14
そりゃオンシーズン12月前後よりは痩せているが、それでも肉厚な鯖寿司。押し加減、米の硬さ、ちょっと甘味が勝ち気味の酢飯も含め、やっぱなかなか美味しいなあと言う感想。

15
巻物の折詰が超美味しそうに見えたので、コスト度外視で注文。手前からふっくら肉厚玉子巻、柔らかい穴子巻、さっぱり梅紫蘇、これはあまり他では見ない鯵紫蘇巻、それに鉄火巻という布陣。
梅紫蘇以外は、酢飯より具が多そうで、口に入れたとたん様々な旨みがスパークするのだ。良く食べる高校生の弁当箱より大分小ぶりですが、以上の構成で¥2760なり。(酔っていたので~)

が、なんだか非常に美味しく、嫁がソファで爆睡している間にハイボール2杯と共に2/3確保!と言う感じ。実はこちらでは、我々が食べ比べしている稲荷寿司を食べていないので、近日中に確認する気満々です。ご馳走様でした!。

 

◆ひさご寿司
住所:京都市中京区河原町通四条上ル塩屋町144
営業時間:9:30~21:00 無休
TEL:075-221-5409

2015年7月28日 (火)

前田豊三郎商店@東洞院三条下る 八百一本館2F

旨い蕎麦店でのランチ後、驚くほどの日差しの中やってきたのはお洒落系スーパー、八百一本館の2階にある「前田豊三郎商店」なる酒屋さん。

前田豊三郎商店は、ビオワイン、それに日本酒などコダワリのある品揃えが楽しい、好きな酒屋の1軒。お店でちょこちょこ買い物をしているのだが、先日そこでたまたま買った信州マルス蒸留所の「ツインアルプス」(たしか¥1600ほど)がなんだか呑みやすくていい感じで気になっていたのだ。

と、GOODタイミングで、FB友からマルツウイスキーの試飲会があるよ~と教えてもらったのが一ヶ月ほど前。会場が前田豊三郎商店併設のカウンターバーコーナーで、そこで一度呑んでみたかった!というのもあり参加してみることに。参加費用は¥1500。7月25日・26日の2日間、計6回の開催で、初回の予約を押さえたのだ。

1
今回、ご説明くださったのはマルスの営業の方でトークも非常に軽快。樽詰めして熟成させる前の蒸留した原酒をまずは味見を!とグラスに注いでくれた。手前の左側ですがわかりますかね。
半分ほど呑んだ写真ですが、熟成前はまったくの無色、且つアルコール度数は60°なり。口に含むとぐーんと鼻の奥に広がるパンチの利いた味で、これが樽の中でどんどん熟成し、変化していくわけですな。

で、スモーキーさが異なる2種類の原酒を頂きました。普段ハイボール派なので流石に割らないで頂くと、それはもう、ガツンとくる(汗)のですが、ちみちみ舐めながら頂くのだ。

2
モルトの原料になる二条大麦。ピートで燻された燻製度合いによりスモーキーさが変わり、フェノール値60ppm以上がスーパーヘビー、という位置づけだとのこと。

3
で、ウイスキーに合わせるなら、燻製した物やチーズが良く合いますよ!との前田豊三郎商店さんの提案で、燻製ミックスナッツ、クラッカーに乗っているのはクリームチーズと岩海苔、レンコンはレモンと燻製醤油がかかっている。(何?燻製醤油?と思ったが、そういうのがあるのですな~。) 色々と発見のあるお味でした。

4
で、マルスウイスキーの5種類のウイスキーを次々試飲できるのだ。

あまりお酒が呑めなかったころは、バーボンなど穀物系ウイスキーが好きだったのだが、段々呑めるようになるに従ってスコッチのスモーキーさも好きになった派としては、なかなか楽しい講義でした。あっというまの1時間。

11_2

で、まぁ、普段の寝酒よりもちょっとだけ張り込んで、帰りに2本買って帰ってきたのだ。右手は岩井トラディション ワインカスクフィニッシュで¥2376なり。。山梨マルスワリナリーの「穂坂日之城農場産 赤ワイン」の樽で1年間追加熟成させたもの。穀物系も入っているブレンデッドですが、円やか且つ和食にも絶対合いそうな。(日曜日に半日かけてついつい半分ほど呑んでしまいましたが。残りは、もちょっと大事に呑もう汗)

左手は、マルス モルテージ越百(こすも)で、¥4536なり。タイプの異なる複数のモルト原酒をヴァッティング(混和)したモルトウイスキー。限定モノなのでとりあえず、何か良いことがあるまで開けずに置いておくつもり。

とても勉強になったので、また同じような会があるときは覗きにいく予定です。

 

 

 

前田豊三郎商店
住所:京都市中京区東洞院三条下る三文字町220 八百一本館 2F
営業時間:10:00~21:00 無休
TEL:075-223-3567

2015年7月27日 (月)

蕎麦 ろうじな@寺町夷川西入ル

土曜日のランチネタを1つ。
六角通と東洞院通の角に「八百一」という巨大八百屋スーパーが出来たのが、2013年4月。京都市内で野菜類はマニアックな品ぞろえなわりには意外にお安いので、週末は四条界隈に居る時は結構頻繁に野菜を買いに来るお気に入りスーパーなのだ。

その2階に、これまたマニアックな品ぞろえの酒店「前田豊三郎商店」があるのは京都の酒好きならご存じだと思う。こちら、単なる酒屋でなく、商品を有料味見をしたうえで買い物ができてしまう6席のカウンターバーがあるのも有名。
で、最近FBでお友達になって頂いた30歳年下の女性(滝汗)から、信州のマルスウイスキーの味見会があると聞いたのが一ヶ月ほど前。最近基本寝酒はウイスキーなので、それは行かないと!と13:00からの味見会の予約を入れたのですな。

で、いつものようにその前のランチネタ。昼間っからウイスキーを呑むのが13:00なので、その前に軽めにランチと言うことに。京阪三条駅で降りて、あ!と思いつき、こちらにやってきたのだ。

1_2
昨年、オープンした蕎麦店、ろうじな。11:30の開店10分前に到着したが既に5人ほどの行列ができていた。ちなみにカウンターが8席、テーブル6席(2+4)というミニマルスペースで、開店と同時に満席に。

2_2
本日3組目の客としてカウンターに。お酒も結構豊富なのが嬉しい。最近、フロア担当のご主人の奥様が産休に入られたようなのだが、カウンター内の2名(たぶん、ご主人のお母様+アルバイト?のお若い女性)の連携がなかなか見事。

3

で、やっぱ呑むでしょう!と長考の上お願いしたのがまずは福岡は庭のうぐいす、なつがこいなり。この季節、あちこちで見かける銘柄だが、期間限定で一合で¥1100が¥1000なり。ちびちび飲みつつ蕎麦を待つのだ。このような日本酒にあうアテが昼からも豊富なのが、このお店の利点。

がまぁ、この後にウイスキーが控えているので、盛り蕎麦に小鉢がついてくるお昼のおきまりをお願いする。

7_2

お昼のおきまりは¥1300なり。盛り蕎麦に、小鉢2種、御飯ものが付いてくるのは激しくお得ですなぁ。

8

盛りは少な目だがシズル感溢れる蕎麦は、腰も十分、非常に旨し。。いや、これはイケていると思います。そばつゆは関西的なあまり濃厚ではないものですが、バランス良好。

9

玉子焼と、湯葉となっぱを薄味で炊いたの。ちまちまつまみながら、日本酒も楽しめるわけで。

10
それに京風にはんなりした薄味の生姜と薄揚げの炊き込みご飯が付いてくるのだ。炊き加減といい非常にこのみ。

11
蕎麦を待っている間に1合呑んでしまったので(汗)、もう少し呑みたいと山形は東北泉の超辛口¥1000/合をチョイス。これもなかなかイケているお酒でした。酒器も気がきいてますな。いやー、うま。

実は最近、タイヤ系グルメ本で☆を取っているお店に再訪し、流石に旨いのだが御料理のサーブが超~遅かったりしてネタにする気力を失ったりしていてsweat02、こちらは御料理から雰囲気からサービス含め、まるっと非常に気に入りました。 信頼する情報筋によると、夜は予約が確実のようですがお勧めいたします! 旨かったなり。 

 

 

◆蕎麦 ろうじな
住所:京都市中京区丸屋町691
営業時間:11:30~14:00 17:00~20:00 月休
TEL:075-286-9242

で、お腹も程よく一杯になったところで、昼ウイスキーを頂きに移動するのだ。続きます。

2015年7月26日 (日)

綾綺殿(りょうきでん)@浄福寺通下立売上ル

先週の3連休、月曜日ランチネタ。
ポタリングで嵐山経由でぐるっと京都府立植物園、下鴨神社を巡る三角コースを走る作戦。朝ごはんもそこそこに出てきたので、嵐山でもうお腹が減ってきたのだがまだ10:30ごろ。京都府立植物園に向かうあいだに、どこかでご飯を食べるところをさがようよ!ということに。

と、二条城の大分北側、浄福寺通下立売上ルに10:00からやっている町屋カフェがあることを思い出す。お店の名前は綾綺殿(りょうきでん)。山中油店がやっているお店だ。築100年Overの元お米屋さんを町屋カフェに改装したとのこと。山中油店のほうは祭日で閉店していたが、こちらは11:00少し前でもうオープンしていた。

1
場所は、非常に解りにくいですな。我々は嵐山から丸太町通を使って西に向かう際使う1本北側の細い筋(下立売通)で、山中油店の東側100mほどの路地を上がった位置。

2
店内は落ち着いた雰囲気で、時間が早いので我々以外は1組だけ。2階もあるようで1人女性が途中で入ってきて、上っていった。
店名は、平安京に16あった御殿名の1つに由来していて、そういう名前の御殿の跡地がこちらのようだ。

4
昔のおくどさんやら、流し場がそのまま置いてあるキッチンスペースだったところ。しかし、雰囲気ですな。
油店の直営店なので、揚げ物系のランチメニューが色々そろっていて、11:00前だったがお願いできた。私はエビフライとトンカツのセット¥1450を、嫁はエビフライとチキン南蛮のセット¥1400をお願いする。

5
で、暫しの後香ばしい油の香りと共に定食が登場。小鉢には高野豆腐の含め煮、野菜たっぷりの薄味のお味噌汁が嬉しい。揚げ物はたっぷりのタルタルソース・トンカツソースとともに。 ご飯はむっちゃ少なく!とお願いしましたが、まだ多い目かな。。

6
トンカツは1cm厚ほどのミニサイズで3切れ、それに1/8切の玉ねぎフライが1個。特筆すべきはブラックタイガーだと思われるでっかいエビフライ。外さっくり・中しっとりと良い感じに揚がっていてお味はなかなか。

7
嫁のはトンカツがチキン南蛮に変わった以外は同じ。いやー、我々が思い込んでいるチキン南蛮とはかなり違うものでした。量も女性向けかな。

お味は悪くないですが、ちょっとおかずが少ない目かな。とりあえず、周辺にご飯を食べられるところが少ないので、このあたりを見物に来る際には、休憩したり、早い時間にさっとランチにするのにはありがたいかもですな。ご馳走様でした~。
 

 

 

◆綾綺殿(りょうきでん)
住所:京都市上京区浄福寺通下立売上ル
営業時間:10:00~18:00 水休
TEL:075-801-3125

2015年7月24日 (金)

台風一過と梅雨明け、御手洗祭@ポタリング日誌2015.07.20

なにやら相変わらずのバタバタで海の日のポタリング日誌。
折角の3連休は、前2日は台風11号の影響でお天気は麗しくなかったのだが、ようやく月曜日は良い天気の予報。 これはちょっとだけポタリングだ!と9:30、丹波橋出発。40分ほどでこちらに。

1
台風の影響が色濃く残るのだが、ま、お天気は非常にGOOD。近畿地方の梅雨明け宣言が出された日、なのだ。

2
小休止の後、なんだか今日はお腹が減るよねぇと、早めにやっているご飯屋さんんを検索して、二条あたりにあるカフェにランチに行くことに。(また、後程ネタに)

食事のあとは、ちょっと気になっていたポイントに向かう。

3
京都植物園。温室の前の池になんだか機雷状の異様なものがででんと鎮座している。

4
我々が注目している造形作家、ヤノベケンジ氏のモニュメントが鎮座している。黒い太陽、だそうな。なんだか異常且つとんでもないエネルギーを周囲に放出している感じ。綺麗に咲いている蓮となんだか不思議なアンサンブルを醸し出すのだ。

5
梅雨明けの夏の風景、その1。(蜂のおしりに注目。。。見えないか。)

6_2
夏の風景、その2。

7

夏の風景、その3。

8
夏の風景、その4。暑いのだが、綺麗な花々になんだか満足してそろそろ帰ろうか~ということに。

9

今日は、下鴨神社の御手洗祭(みたらしまつり)の日。台風一過の日で流石に日中は温度計急上昇!なのだが、冷たく涼やかな御手洗川に足を浸けられるので、気持ちいいだろうなぁとやってきたのだ。昨年に続き2回目、ですかね。

13
流石人気で、暑い中お参りする人で大盛況。

10
ぶるるっと震えるほど冷たい御手洗川の水になんだかまったりなのだ。(ちょっと寒いぐらいです)

11
地下水なので年中18度らしく、非常に冷たい。いきなり暑くなってちょっとバテ気味だったのでとても気持ち良いのだ。(見苦しい写真でスマヌ。完璧自転車モード)

12
最後に冷たいお水をありがたく頂いてお参り完了!なのだが、今回はお手持ちのペットボトルにお水を入れますよ!のアナウンスがあり、お願いしていれていただきました。昨年は無かったように思うが、これは嬉しいですな。。

で、我が家では大事に持って帰って、ありがたくウイスキーの水割りにして頂いたのだ汗。 なかなか良いポタリングになりました。

 

◆本日の走行距離:42.3km
◆本日の平均時速:17.3km/h