フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 結構早めの再訪、マンボ飯店(2)@西院 | メイン | 山吹と、青モミジと(松尾大社)@ポタリング日誌2015.4.18(1) »

2015年4月15日 (水)

ラマーノディマルコ(La Mano di Marco)@荒神口

日曜日のランチネタ。
前日雨だったので、日曜日の軽いポタリングの途中チョイスしたのは、あれー、こんなところにイタリアンなんてあったっけ、と、こちらのネタを書いた際に前を通ったお店。 
誰か行ったネタを書いていないかと検索すると、食べログで関西系イタリアン店レビューでは非常に信頼している書き手の方がこれは良い!と推薦されているのを発見。お店の名前はラマーノディマルコ(La Mano di Marco)。場所は河原町の荒神口の交差点を30mほど下がったところ。

1
なにせポタリング途中で、結構それ的な恰好(サイクリングジャージにハーフパンツ、スパッツにヘルメット)なので、嫁と入れるかなあとおずおずと店内に。4人掛けテーブルが3、2人掛けテーブルが1、カウンターが4席という構成。山小屋的なこじんまりとした良い感じ。伊太利人のイケメンシェフ、マルコさんがやられているお店です。サブのお兄さん、フロア担当の女性の3名編成でした。

2
食べログでは焼き鳥屋のような雰囲気だ、と書いておられた方が居られたのですが、全然的外れですな。コンパクトですが、細かいところに気配りを感じられ、なかなか小洒落た雰囲気。先客は2組で直ぐにテーブル席は満席に。

0
ランチメニューがこちら。¥1600のコースは、パスタは2種類・リゾットが2種類スタンバッているのですが、ハーフサイズがお願いできるので、カップルなら1回で全種類制覇できる仕組み。暫し悩んで、嫁が手打ちパスタのフルサイズ、私がリゾットのフルサイズをそれぞれ注文し、鯛のソテーを1つ付けてもらう作戦。

3
まずはしっかり量の自家製のフォカッチャが登場。ふわふわ系で、オリーブオイルとスパイスを乗せていてなかなか美味しいのだ。

4
前菜。自家製の豚ローストのハム的なもの、それに鮪のカルパッチョとサラダ。この豚ハムが驚くほどの柔らかさで旨み満載。更にサラダも癖のある野菜を柑橘系ドレッシングで上手にまとめていて、鮪と合わせてあるアボガドのスライスも好印象。これは旨いです~。

5
で嫁チョイスの手打ちパスタ。やや太めのタリアテッレと言う感じ。このソースが激しく激ウマでブロッコリーとルッコラ、それにミントを合わせた浅利ダシの効いた輪郭シッカリなお味。生クリームの旨みも乗せていて、パン劇消化系ですな。パスタの腰も程よい。

が、ちと量が少なかったので、これはどうかなぁ、と思っていたら手違いでハーフサイズでした!と同量が直ぐ追加で出てきました(汗)。
こちらではハーフサイズでお願いしたほうが間違いが少なそうな予感ですな。

8

で、リゾットのほうは間違いなくフルサイズが出てくるのだ。サービス良好なボリューム感。ホタルイカと野菜の煮込みを合わせたトマトと烏賊の旨み満載なもの。米の芯はほぼ無いのですがこれも非常に美味しい。烏賊の目を取るような繊細さはありませんが味付けは完璧!ですな。

6

メインは鯛のソテーをお願いしました。鯛をベーコンで巻いてあるなんだかフレンチ的手法。付け合せの豆の煮込みを含め全体のバランスは非常に良いですな~、気に入りました。

7
で、ちゃんとデザートと紅茶も出てきます。(珈琲は+¥200なり) ミルク系クレームブリュレフルーツしっかり版みたいな感じで、これもちゃんと旨かったです。

ハーフのパスタ、リゾットをチョイスすると全4皿(パン除く)が¥1600という非常にお得な価格設定。とりあえず荒神口周辺のイタリアンでは一押ししておきます~。まだまだシステムは変化しそうな予感ですが、お味は手堅い感じでこれは夜も覗きに行かないと!という感想です。

 

◆ラマーノディマルコ(La Mano di Marco)
住所:京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町214
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~22:30(L.O.21:30) 火休
TEL:075-744-1601

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33247091

ラマーノディマルコ(La Mano di Marco)@荒神口を参照しているブログ:

コメント

長らく焼き鳥屋だったので、昔行っていた人間からすると、その跡を改装しなおした感がどうにも抜けません…
美味しいのですけどねえ。

3joさん、コメントありがとうございます~。
以前焼き鳥屋だった感は天井に目をやれば確かにしっかりあるのですが、あれを焼き鳥屋だといっちゃかわいそうですよ。

大工さんの見事なリノベ手腕に大感心です。ま、普段使い狙いなのでOKだと思います~。

場所と思い出がそう見えさせるのでしょうね。
ご近所のつづきさんも、学生時代はお気に入りの中華のお店で、ランチにしょっちゅう通っていたので、どれだけ変わっていても入ったときに違和感ありそうです(中華2軒とベーグル屋のあとにつづきができました)。
この界隈は入れ替わり激しいです。

コメントを投稿