フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

中国菜 燕燕@出町柳

土曜日のポタリング中ランチネタを1つ。
丹波橋の自宅を8:30に出て、六地蔵経由で醍醐寺、大石神社を回り、五条坂の峠に差し掛かる際にハンガーノック状態一歩手前、ぐらいのお腹ペコペコ状態に。

とりあえず、鴨川まで出て次の桜ポイントに行く前になにかご飯をたべよう!ということに。気になる洋食店があったのだが、店名も忘れていて(浅井食堂ですが)行きつけず、そうそう中華なんて良いじゃないの?とこれも前から気になる中国料理店を目指す。お店の名前は燕燕。現地ナイズな本格中華を食べさせる普段使い店。

1
満席かな?と扉から中を観察すると2人掛けテーブルが1つ空いていて無事席確保なり。36席あるようだが、奥に向かって細長い京都的な作りで奥のほうは良く解りませんでしたが、12:00ジャストで、ほぼ満席。小奇麗に片付いた油ギッシュ感の無い店内だが、何気にアルバイトのお姉さんが現地の方だったり、色々と本格的なのだ。春節の時期休まれるのもなんだか本格的。

2
ランチ時は¥850の定食のみなので、色々試してみたい派な我々としてはちと魅力が少な目。(麺類とかも食べたいし。)が、幸いにも今日は定食気分だったので、私はA、嫁Bをチョイス。

3
で、じゃじゃーんと登場。メインの皿以外に、小皿はピリ辛系春雨の和え物、ザーサイ、優しい味の玉子スープ、それにレモン系ゼリー、中国茶はお代わりしし放題。ご飯は大中小からチョイス可能~。

6
鶏肉の炒めピリ辛山椒風味。柔らかいジャガイモと鶏肉が半々。唐辛子と山椒が利いた甘口のタレがご飯に劇合いますな。。そんなに辛くはないですが旨みは満載。。いやー、御飯大でも全然余裕でした。

4
嫁チョイスはひき肉と茄子の醤油煮。いやー、こちらも御飯に鉄板的に合う一品。ミンチは少な目ですが、美味しいです。

5
で、お店の雰囲気写真を1つ。程よくお腹一杯で満足できました~。

厨房内はあちらからやってこられたシェフのようですな。キッチン内は中国語が飛び交うのだ。メニューは台湾や四川、広東などええとこ取り且つお手頃で嫁とこれは夜に実力を把握しに来ないと!、という感想。近日中にお邪魔していそうな予感です。ご馳走様でした~!

 

◆中国菜 燕燕
住所:京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町211 
営業時間:11:30~14:00(閉店14:30) 17:30~21:30(閉店22:30)
       木休・第3水休、中国春節休(2月)
TEL:075-222-1489

2015年3月30日 (月)

タイ屋台 琴音@西院

1_4土曜日のディナーネタ。

アジアン系フード&辛いものは大好きな我が家。中華にインドネシア、タイにインド等々、なんでも食べる雑食系。タイ料理ももちろん大好きで、あの甘スッパ辛い複雑なお味+パクチーの風味はなんだか非常に体に合うのだ。

で、久々にそういうものを食べたいね、と検索して行きついたのが今回ご紹介する、タイ屋台 琴音。最近気になっている地域、西院にある。西院はこの中華店を含め、なんだか気になる良いお店が色々あり、行ってみようと数日前に予約したのだ。

数少ない訪問ネタをアップされているblogを見ると、なんだかえげつなくサービス精神旺盛なお店sweat01で、大体そのボリュームに轟沈されてくるのだ。どうだかな?とお店に。

2_3

お店は小上がり+畳張りなアジアン混沌系。なんとも表現しにくいマッタリ感。ツメツメでも全十数席というところでしょうな。本日1組目の客として店内に。意外にお若いガタイの良いシェフとサブのお兄さんの2名体制。

3_3
メニューは非常に多いのだが、このタイ満腹コースは超お腹一杯になるとの情報で、最近大食は自信が無いので(本当)、満喫コース¥2000をチョイス。これでも全4皿のタイ料理が楽しめる。アラカルトも豊富で魚料理がお得意なようだ。それを前提にお願いする。

辛さとパクチー量を初めに確認されたので、大丈夫なので辛くして!パクチーてんこ盛り!のみお願いしてみました。

4_2
喉が渇いているので、まずはタイ的にチャーンビール缶は¥300と非常~にお手頃。カラフルなプラ製カップも屋台気分ですな。旨し~&お得。さらりと呑みやすいので日本ビール党も暑い季節なら気に入る人が多そう。

6_2
タイ風野菜サラダ、ヤムヤーイがまずは登場。タイ風の腸詰スライス、レタスにきゅうりにトマトに刻みパクチーが何気にてんこ盛り、でこれがえげつなく辛い。タイの小さな青唐辛子、プリッキーヌてんこ盛り盛り。ナンプラーの旨み、柑橘系の酸味、ガーリックが次々に攻めてくる。辛いが箸が止まらない~。

7_2
タイ米で作ったという泡盛は¥350なり。ロックで出てくる。ペットボトルのお水は飲み放題。度数はかなり高そう。40度ぐらいありそうだ。。ちなみに泡盛呑み放題は¥1000なりですが、我々が挑戦すると腰が抜けそうです汗。

8_3

2品目はタイ風チキンバーベキュー、ガイヤーン。円やかナッツ甘口系で、合わせるスイートチリソースもそんなに辛くない。良きアテですな。

9_2
で、このお店のスイカ家内地位を不動のものにした一品。鰈のから揚げにチリソースを合わせた南蛮漬け的一皿、プラトートサームロット。

パリパリに揚げられた20cm悠々オーバーな鰈に円やか甘いチリソース、てんこ盛り盛りなパクチーが驚くほどの一体感を見せるのだ。いやーウマすぎですな。背骨と頭以外ほぼ完ぺきに舐めつくすほど頂きました。
で、あまりに旨かったので途中でやっぱもう1皿お願いしよう!と+¥500で頂けるというシェフお任せメインディッシュをこの段階で追加注文。シェフ、スマヌ!

10_2
更に辛く、お肉系でね!のリクエストで作って頂いたのは、タイ風牛肉の醤油炒め。たっぷりの薄切り牛肉、パプリカと玉ねぎを炒めて、生レタス、パクチーと合わせて頂く趣向。辛くして!とお願いしたので、赤トウガラシ・青トウガラシてんこ盛り盛り!

すき焼き的なお味だが、ガーリックの風味+口から火が出るほど非常に辛い、が、これも箸が止まらない~。健康的且つ旨しな一皿だ。無茶呑めます。

11
タイ料理屋で〆、というとカオマンガイにガパオライス、それに緑・赤・黄のカレー、だが麺類も含め色々あり目移りするでしょうな・・。今回は定番のグリーンカレーをチョイス。ご飯もジャスミンライス、それに糯米がチョイスできるのも芸が細かい。

12_2
たっぷりの茄子、鶏肉、それにシメジ入りのスープカレー的なシャバシャバ感。ご飯たっぷり過ぎ。。。美味しいですが当初の予想通り食べ過ぎました。。

で、ビール2、泡盛6で〆て¥7700という超超お手頃価格。この数か月で最もお腹がいっぱいになった飲食店が実は、こちら。食べ盛りなお若い人に大推薦したい! 嫁は泡盛のアルコールとお腹一杯の合わせ技でしっかりへたばり、数週間ぶりに梯子酒に行かなかったので非常にお得に済みました(汗)。
いや、旨かったです!再訪確実!ですが4人ぐらいのほうが更に楽しめそうです。 

 

◆タイ屋台 琴音
住所:京都市右京区西院三蔵町22
営業時間:18:00~23:00(L.O) 不定休 blog
TEL:080-4243-5102

お腹一杯なので、またまたヴィレッジバンガードでアホな買い物をいっぱいしてから腹ごなしに四条界隈を散歩。

13_2
木屋町四条周辺もすっかり春爛漫なり~。

京都 早咲き桜巡り(京都御苑)@ポタリング日誌2015.3.28(4)

土曜日のポタリングネタ、最終のその4です。その3がこちら

本日の最終ポイントに選んだのは、無料で京都の早咲き桜を満喫するのならこちら!な京都御苑。丸太町側に早咲き桜ポイントが点在するのだ。

40
まずは御所の中で、早咲き桜と言えば!な近衛邸跡。枝垂れ桜は本日が正に満開。風が吹く度に辺りに花びらがふわふわと散るのだ。

39
ま、写真に人が映り込むのは仕方無いですな~、こちらでは。中国からのお客様も非常に多い。

41
天気が良くて本当に良かったのだ。白い桜がなんだか眩しい。

42
近衛池前の枝垂れ桜もほぼ満開でとても綺麗。水曜日ぐらいまでは楽しめそうな感じですな。

43
とにかく人はてんこ盛りに多い。朝行った醍醐寺に次ぐ見物人の多さでした。シーズンまっさかりな京都、舐めてはいけない。

44
桃園に移動。こちらも紅白とも大満開中。目が痛いほど真ピンクな世界。

45
ほんわりと上質のティッシュのような(汗)白い花も美しいのだ。

47
空には本当に雲一つなく、京都上空が飛行機の航路であるのが良くわかる一日でした。ジェット雲が現れ、直ぐに消えるのだ。

46
で、更に京都御苑の早咲き桜で名高い糸桜を見物に。こちらもほぼ満開。あまりに周辺に人が多いので、5分ほど待ってこんな感じ。

48
桜のドームに入って空を見上げるのも楽しい。いやー、見事な枝ぶりですな。。嫁も大満足のようなので、ちょっと早めだが15:00過ぎには撤収だ!ということに。またまた鴨川の遊歩道沿いをゆるゆると帰るのだ。

49

帰りにまた前を通った、行きの逆から見る川端五条の枝垂れ桜も超綺麗。大満足の桜ポタリングでした。
 

 

◆本日の走行距離:43.75km(距離は意外に稼いでいない)
◆本日の平均時速:14.6km/h

2015年3月29日 (日)

京都 早咲き桜巡り(上品蓮台寺・水火天満宮・妙覚寺)@ポタリング日誌2015.3.28(3)

週末のポタリング日誌、京都の写真blogは星の数ほどあるので、とりあえず情報の鮮度最優先(汗)、でその3です。その2がこちら

平野神社を後にし、お次は最終チェックポイントの京都御苑を目指して、東に東に。途中でまだ数か所、早咲き桜ポイントがあるのだ。まずは阿亀桜で有名な千本釈迦堂を目指す。

28
うららかな春の日差しの中、丁度手作り市の開催日。過去何回も来ているお気に入りポイントだが、初めて当たりました。40軒以上の様々な手作り作家さんの雑貨屋や色々な食べ物が並んでいる。

29
後ろ側から阿亀桜。んー、まだ2分咲きで開花し始めというところですな。手作り市のため過去来た中で最もにぎわっているような気がしました。お客さんで大変盛況。

30
山門側から阿亀桜。どうも花のつぼみが無い枝が結構あるような気がします。
しかし、これならまだ来週末でも花があるかもしれませんな。

31
で、千本通りをずんずん登り、初めてやってきた桜ポイント、上品蓮台寺。またまた出どころはFBですが、ここが非常~に良かったのだ。
観光寺院ではなく、中を見学したりできませんが、桜の季節は境内は開放されている模様。山門からも立派な枝垂れ桜が確認できる。

32
中に入るとこういう感じ。1本、そんなに大きくは無いが形の良い枝垂れ桜が境内に屹立しているのだ。見物人、わずか5名。満開ですな。

33
ここも本満寺と同じく、目立つ桜は一本だけなので滞在時間はわずか5分ほど。人も少ないのでいい写真が撮れました。

で、更に東に、東に。

34
で、やってきました堀川通沿いにある小さな神社、水火天満宮。天満宮はなぜか好きで、且つ名前に非常~にシンパシーを感じるのだが、境内にこれまた1本だけ、横幅いっぱいに枝を広げた早咲き紅枝垂れが満喫できるのだ。

35
境内全体像。一眼を持ったお兄さんが次から次にやってくるが、ま、Maxで10名ほどと言う感じで、比較的空いているのだ。

36
見上げると見事な桃色世界が展開されるのだ。いやーなかなか綺麗ですな。
ここも滞在僅か10分(嫁は、お土産も購入)で、お次は自転車でわずか30秒の近場、東側にある妙覚寺へ。

38
山門前にこれも相当大きな紅枝垂れが、現在3分咲きほど。奥の本殿はフルカバーされており修復工事中のようだった。初めてやって来ましたが、これはなかなか立派なお寺さんですな。

37
奥に丁度満開の木蓮があったのでパチリ。

で、大満足で最終チェックポイント、京都御苑に向かうのだ。最終のその4に続きます!

京都 早咲き桜巡り(本満寺・平野神社)@ポタリング日誌2015.3.28(2)

こちらのネタの続き。季節ネタなのでばばばっと書きます。
大石神社を後にし、五条坂を下る前の峠越えで一汗かいて、やってきました川端五条。このあたりの鴨川沿いの桜並木も京都市内の桜では相当に早咲きなのだ。

15
予想通り、もう木によっては満開といってよい状態。手軽に来れるし、空いているので非常にお勧めな桜ポイント。

16
が、朝から活動しているのでもうお腹が相当減っている11:30。(醍醐寺でちょっとマッタリしすぎました。。)とりあえずランチ処にGO!と出町柳まで一気に上る。(ランチネタはまたのちほど)

で、お腹も良い感じで一杯になり、午後の部開始だ!とやってきたのがこちら。

17
本満寺の早咲き枝垂れ桜は京都の桜ポイントでも非常に好きなポイント。5年ほど前に教えてもらって、それ以来毎年来ているが、多少お客さんが増えたとは言えまだまだ穴場感高し。 当日のギャラリー、ざっと15名。数少ない日本人しか居なかったポイントですな。

18
こちらもほぼ満開で今が見ごろ!な状況。いやー激しく綺麗ですな。。。

20
大瀑布!のような満開さなのだ。いいタイミングで来れました。大満足で次の今日目指している一番西側のポイントに向かうのだ。

21
こちらも京都市内の早咲き桜のトップランナー、魁桜を見物に来たのだ。鳥居から眺めれば、桜の周辺だけ様々な国の大勢のお客さんが。

22
先週咲いていたのは一輪だけだったが、1週間で大満開なり。皆、大記念写真撮影大会中。他人さんを入れないで全体写真を撮るのは、ま、不可能。

23
必然的にこういう限りなく上側目線な写真になりますな。しかし純白と行っても良い美しさ。。。

25
魁桜以外にも色々な桜があり、少しずつ満開の時期が違うので3週間に渡り桜が楽しめるのが平野神社の良いところ。お庭で既に咲いている早咲き桜は5種類ほどかな。

24
こういう河津桜系ピンク色なモノや、

27
樹高が10m以上ありそうな非常に多くの花をつける山桜やら、

26
桜としては大きな花を付けるもの(これは目線ぐらいの高さの小さな木)など色々あるので楽しいのだ。
大満足し、さぁ次のポイントに移動だ~ということに。その3に続きます!