フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

お出かけ記録2014 Feed

2014年12月29日 (月)

本年最終、ポタリング日誌@2014.12.28

風邪気味で1か月ほど自転車に乗っていなかったのだが、ようやく体調も回復。来年早々、お天気次第で3、4日あたりには16社めぐりをしよう!という作戦bなのだが、昨年から10kg以上脂肪が落ちたためか、非常に寒さに弱くなり、新調したウエア類(ほぼ全身コロンビアスポーツ)の寒さ対策確認も兼ねて、年賀状を印刷している嫁を置いて久々ポタリングということに。お昼からは他の用事もあるので、午前中の3時間半走り回るぞと、8:30自宅出発。

1
朝、気象庁発表では2℃だった京都。日中は9℃ぐらいまで上がるということだが、空気の冷たさは半端なく。突き抜けるような青空の中今年は30往復はした木津嵐山自転車道をひた走る。流石にチャリノリダー各位もあまり走っていない。松尾橋の手前でパチリ。、頬が切れるような寒さの中で、なんだかシンと静かな桂川だ。

2
まだあちこち霜が残っている。とりあえず寒いのだが運動を停めると余計に寒いので、ダッシュで更に北上。

3
やってきたのは松尾大社。もう年始の準備は万端だ。

4
もう来年の巨大絵馬が掲げてあったのでパチリ。(自分の分の年賀状が終わっていないので使おうかな。。)

5
いつもよりはゆっくり目で50分ほどで冬枯れた嵐山に到着。いつもはこの先の渡月橋を望むベンチで大休止!するのだが、ベンチの上にも霜が降りていて寒い寒い。数分のインターバルのあと、まだ時間があるので市内をぐるっと回って帰ろうということに。で、Facebookで寒桜が咲いていたというのを数日前に読んだポイントを目指して出発するのだ。

6
やってきました北野天満宮。こちらも早くから絵馬を掲げているのを思い出してやってきたのだ。年賀状に使わせてもらいます~。

7
で、北に3分ほどあがると寒桜ポイント、平野神社に到着。流石にお参りしている人も少なかった。少し曇ってきて寒さが一段階アップした京都地方。。寒い寒い。

8
境内の片隅で寒桜が健気に花を付けている。ほわんとそこだけ明るいようですな。。

11

なんだか満足して、そろそろ帰ろうか~ということに。丸太町通まで降りて、一気に東に。鴨川に当たったら川沿いの遊歩道を南下して帰るいつものコース取り。

9
途中で思いついて、今年最後の定点観察ポイント、東福寺臥雲橋へ。冬枯れた景色も良いものです。今シーズンも雪景色が撮影できるかな

10
で、お正月中は驚くほどの混雑になる伏見稲荷はもうお正月風景になっているか気になって覗きにいく。賀正のノボリが立ち、もうすっかり準備万端な感じ。
本当に海外のお客さまで大人気。参拝客は普通の週末なのにとても多く、その1/3は海外からのお客様ではないかいな、という状況。

自宅に帰り着いたら丁度12:00。寒さ対策は手袋の改善が必要だな、以外はなんとか大丈夫そうな感じで、来年早々16社にアタック予定です。良い準備運動になりました。

 

◆本日の走行距離:40.34km
◆本日の平均時速:18.6km/h

2014年12月 6日 (土)

光明寺紅葉と洋食の店 シェル@ポタリング日誌2014.11.30

ようやくFacebookに参加しはじめたこの1か月。本名をどこか得体のしれない会社に託すのは精神的にやだなぁ、と言うのがあり、まったく入る気はなかったのだが、リアルでblogをやっているのを知っている友人から最近ペンネームでも入っている人が多いよ!との情報。スマホのグレードアップついでに入ってみて無事京都系なグループ数か所にも参加することができ、結構楽しんでいるのだ。
ま、あいかわず「スイカ小太郎(。を入れられなかったのが多少不満sweat01)」と偽名ですのでいつ叩き出されても文句は言えないのですが、ま、それなりに楽しむ予定です。あちらには、こちらで書きにくいことをぼちぼち書いていくつもりですので、よかったらお友達になってください~。。

というのは置いといて、先週の日曜日のポタリングネタを1つ。紅葉の移り変わりを楽しんだ今シーズン。流石に今年もこれで終わりだよねぇと比較的ご近所にある光明寺に行って見ることにしたのだ。昨年、初めて紅葉を見にきたのはこのネタで書いたが、モミジの種類が非常に多く、過去見た紅葉でもずば抜けて綺麗だった1つ。グラデーションの美しさは、ちょっと筆舌に表しがたい。もう盛り過ぎているのだが、どうだかなぁとやってくる。

1
自宅から8kmほどで、30分ほどでやってきた10:30。もう観光バスが大挙して押し寄せてきているが、お寺の中が広いので東山の有名紅葉スポットのように、そんなに大混雑と言う感じでは無いのだ。
入り口から本堂までは、うーん流石に盛りは過ぎたな、なのだが一部綺麗に紅葉した木が残っている。こちらは本堂からの帰りのほうが紅葉が凄いので、ワクワクしつつ山を下りるのだ。

3
いやー、なかなかの眼福ですな。。

2
で、出口に向かってモミジ並木をくぐりぬけるのだ。デジカメのホワイトバランスは、もうこんなカラフルな景色には当たったことが無いと狂いまくり。想像していたより紅葉が残っていた。

4
前日の朝は豪雨だったので、流石に参道沿いは散紅葉で一杯。

5
薬医門の内側。いやー、なんともゴージャス。

6
なかなか綺麗だった仕舞紅葉でした。大満足で、次はご飯にするぞ!ということに。丁度2日前にFacebookで教えてもらった向島にある洋食店を目指すのだ。

自転車で40分ほどかかりましたかね。やってきたのは「洋食の店 シェル」なり。もう開店30年はゆうに過ぎている老舗ですな。ランチ営業だけですがコストパフォーマンスは、ま、ちょっとありえないレベルのお店です。3σ(3/1000→1000軒行って3軒あるか)レベルな感じ・・・。
お店前に自転車を2台以上停めると通行の迷惑になりそうなので、ちょっと離れたところに停めてお店に。

12
逆光でお店前写真を見事失敗したので、店内の雰囲気の一端をどうぞ。ま、テーブルにレースのクロスが掛かっている、そういう雰囲気。カウンターが6席、4人掛けテーブルが3.カウンターが一杯でテーブルが空いていたのでそちらに入れてもらう。とりあえず、昭和な店内を、我が母上様と同年代と思しきサービス担当の女性1人がフロアを仕切るのだ。ご家族経営なんでしょうなぁ。

7
ランチは全て盛り良し!なライスと玉ねぎスライスてんこ盛りのみそ汁付。この店ではこれを食え!とアドバイスされたクリームコロッケランチ¥850、それにヤキヤキランチ¥850をお願いするのだ。

8
で、丁度お客さん入れ替わりタイミングだったようで、結構しっかり待たされた後(20分)驚くべきボリュームのクリームコロッケがでででんと登場。。。あまりにでかいので写真を撮ってもサイズ感がなく、嫁に手を入れてもらいました。厚さ25mm、幅200mmは、ま、確実にある巨大なもの。他のお店の3個分、いや4個分相当・・、という馬鹿野郎サイズなのだ。おったまげました。

9
間髪を入れず、私注文のヤキヤキランチも登場。。でっかい目のスマホ(GALAXY Note Edge 5.6inch)とサイズ比較ください~。解りにくいですかね・・・

11
嫁に「はい、半分!」とライスの上に分けてもらいました。ベシャメルソースは炒めたミンチと玉ねぎ微塵切りがしっかり入った意外にしっかりした味で、飯のおかず!と言う感じで迫ってくる。

が!ヤキヤキランチも負けず劣らずのボリューム感なのだ。

10
こちらです。うず高く積まれているのは、1枚で通常のランチでメインになりえるポークチャップ(というかポークステーキトマトソース掛け、的一品)、若鳥チキンステーキ(腿)、それにチキンカツというてんこ盛り!な布陣。

お味のほうも激しく昭和~と言う感じで、出しゃばらないご飯の添え物にぴったり!なトマトソースやら付け合せのカレー味のスパゲッティが郷愁をさそうのだ。お腹ははちきれんばかり。いやはや、大堪能しました。

お店のお向かいが京都文教大で、大学周辺にはそういうガッツリ系ランチ店多し!という典型店。いやー、お手頃にがっつり行くには良いお店です。4人で行って別々のランチをお互いに突っつくのが楽しそうです~。

◆洋食の店 シェル
住所:京都府宇治市槇島町三十五56-5
営業時間:11:00~14:00 木休
TEL:0774-20-1782

2014年12月 3日 (水)

今年ラスト? 京都紅葉模様@14.11.30

ベルクールでのしっかり2時間ランチの後、外に出てみると朝の豪雨が嘘みたいなほどな青空。PAに戻ろうと御蔭通を東に。途中でとても綺麗な銀杏の大木が並んでいるのに気が付く。

1_2
近寄ってみると、どうも京大のキャンパス内のようだ。おどろくほど真黄色な世界。

2_2
青空と銀杏のコントラストがなんだか目に眩しいほどだ。朝雨だったので、自宅を出るときはご飯を食べたら四条に出て、買い物でもして帰って来ようという作戦だったのだが、折角晴れたのでどこかで今年最後の紅葉でも見に行こうということに。

4_2
で、やってきたのがこちら。地元民ならご存知でしょうが、実は駐車場が只なのも嬉しい北野天満宮。モミジ苑に入ってみることに。

5_2
紅葉のピークはとうに過ぎているのだが、なかなか綺麗なポイントあり、予想以上に大勢の紅葉狩り客でにぎわっていた。

6_2
紅葉はこんな感じで、もう今年はもう仕舞です!な状況。

61
スマホでもパチリ。ちょっと嘘くさいのですが(汗)なかなか綺麗。

7_2
朝方降った雨で驚くほどの散紅葉。。ちょっとした絨毯ほどに散り積もっているのだ。乾いてきたらごろごろしてみたい。。

8_2
見上げると、かろうじて残っているこちら。

9_2
ふかふか紅葉クッション

10_2
本年最後の仕舞紅葉でした。

11_2
茶屋でお茶とお菓子を頂いて帰ります。老松の大茶会、なる限定版お菓子がでてくるのだが、毎年微妙にバージョンアップされている感じで、今年は昨年より更に美味しくなっているように思いました。白味噌餡旨し!

2014年11月29日 (土)

紅葉真っ盛り、京都@ポタリング日誌2014.11.23(3)

一週間に渡り、ようやく3連休のポタリングネタの最終版です。
大満足のカレーランチの後、自転車で3分ほど走るともうそこは大徳寺境内。大徳寺は、京都に越してきてからは初訪問のような気がするのだ。大変広い敷地内には20を超える寺院が立ち並び、この季節は普段非公開の塔頭(たっちゅう)が見学できたりするのだ。

20
一つ一つの塔頭をじっくりと見ていたら、いくら時間があっても足らないが、山門から少し中を覗くと今が紅葉の盛りで綺麗なお庭だらけ。

前日ネットで見ていたら、大阪に住んでいた時代に一度来たことがある高桐院のお庭が綺麗だとの情報。ほぼカレー目当てで大徳寺までやってきているため(汗)、あまり時間も無いので、高桐院を見学しようということに。

14
こういう人が入らない写真を撮るのは本当に困難な状態で、ツアー見学者で大混雑状態だった。ま、嵐山よりは随分マシなので、タイミングが合えば、ですが。

16
こちらは紅葉よりもオレンジ色や黄色に色づくモミジがなんだか綺麗。そういう種類のようですな。苔生した山門の前でモミジが音も無く揺れる。人は大変多いが、なんだか皆静かに見学しているのだ。

19
お庭のほうが、もう随分散紅葉になっていて、苔の上に落ちたモミジの葉が千代紙のようにも見えるのだ。

15
で、お庭で暫しゆったり。薄曇りの中なんとも幻想的。

17
お庭の反対側の建物周辺は、なかなか綺麗。庭に降りれるようにスリッパが置いてあり、なにかな?と思ったらトイレでした。。だはは。

21
この大きなオレンジ色のモミジがお庭でひときわ目立っていた。

18
回遊式庭園もスリッパに履き替えて、地上に降りて見学できるのだ。暫しゆったりと見学を。

東山の紅葉の名所ほどの華やかさは無いが、鄙びた雰囲気で騒ぐお客さんも居らず、混雑の割には静かに紅葉見物ができました。
で、大満足&今日の晩御飯に備えて、速攻で帰る、15:00チョイ前。 以上、11/23日曜日版ポタリング日誌でした。

 

 

 

◆本日の走行距離:46.26km
◆本日の平均時速:16.0km/h

久々に2日間で100km走ったので、かなり疲れました。。。。

2014年11月27日 (木)

紅葉真っ盛り、京都@ポタリング日誌2014.11.23(1)

で、前日のお酒のおかげで異常にしっかり寝れた日曜日、朝6:30。大体普段の平均睡眠時間は6時間チョイ、と言う感じだが、8時間近く寝れて、前日自転車で50km以上走り回った疲れもあまり残っていない感じ。

後から起きてきた嫁に今日も良い天気そうなので、過去紅葉の際に覗いたことが無いスポットにでかけようよ!ということで、9:00過ぎ自宅をちゃりちゃりと出発したのだ。今日はこの紅葉真っ盛りの嵐山方面に行ってみるという作戦を断行。が、まぁ、どのあたりが混雑するか?はリサーチしまくりなので、何の問題も無く嵐山木津自転車道をひたすら北上。自転車乗りダーの皆さんは紅葉など気のする様子も無く、ひたすら自転車道を疾走しているのだ。

で、普段なら嵐山中之島公園に入り、渡月橋を渡るというのがいつものコースなのだが、観月橋から人が零れ落ちそうな写真が前日Facebookで晒されていて、松尾橋を渡って桂川の左岸に渡り、昨年やってきて、これは綺麗だなぁ、と感心した紅葉スポットを目指す。

1_4

で、今年もやってきました鹿王院(ろくおういん)。どちらかというと嵐山の紅葉ではやや遅めのスポットですかね。昨年の記録はこちらで、去年のタイミングよりかなり紅葉していました。。


2_4

山門から中を覗くと奥の紅葉が期待される、こんな状況。

3_4

で、今年もっと深紅で真っ赤っかだった紅葉を見る。驚くほど濃厚なアカですな。。。。補正した写真など嘘臭いのは嫌いだが、こちらはリアル且つ濃厚に赤いのだ。そういう品種なのでしょうな。

4_4

お庭の紅葉も今が盛り。良いタイミングでこれました。

5_4

たまたまツアーで入っておられた10名ほどの団体さんにくっついて、お寺の由来や仏像の由来などを聴かせてもらうラッキー。

6_3

海洋堂作、のようなあまりにも端正なお顔(汗)。いやー、眼福なり。大満足で次のポイントに移動。今年一番混雑を覚悟した紅葉スポットなのだが、午前中、および混雑する道を迂回して行ったので意外にすんなり到着したこちら。

8_3
やってきたのは嵐山で多分、天龍寺に次ぐ超メジャー紅葉スポット、二尊院。甘いもの好きの食いしん坊には小倉餡発祥の地として、有名。タクシーなどで来ると逆にハマる典型的ポイントでしょうな。チャリの機動力は偉大!なり。

もう10年近く前、青モミジのころに来たことはあるが紅葉の際は初めて。わくわくしつつ中に。

9_3
いやー、これまたグラデーションが綺麗ですな。。真っ赤な紅葉も良い個人的にはこういう緑から桃色にオレンジ、黄色に橙、みたいな華やかな色合いのほうが好きですな。。

10_3
参道は空いていると言っても流石に人を入れないで写真を撮るのは不可能なほど。燃え上がるモミジがまぁため息が上がる美しさ。

11_2

本堂前もかなり良い感じ。あちこち早い木は散紅葉になっているが、十二分に綺麗。嫁が御朱印を頂いている間に駄写真をパチパチと量産。

12_2
スマホで撮ったこういうのとか。(今のデジカメにはズームが無いので。。)

13_2
こういうのとか。角倉了以翁の像周辺も非常~に綺麗。
やっぱシーズンの二尊院は期待以上だよね!と大満足で後にしたのだ。お次はランチネタに続きます~。