フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・うどん 2014年 Feed

2014年8月31日 (日)

さか枝と栗林公園@香川県高松市

3週間に渡っての夏休み四国旅行ネタ、ようやく最終のその9です。

なんだか麗しくないお天気になった8/14。松山のホテルでの朝ごはんも付けずにマッハで高松市に移動。高速道路渋滞予測を見ていると夏休みのUターンラッシュが起こり始める金曜日、我々はまたまた陸路を極力使わず、予約しているジャンボフェリーで高松から神戸に19:00上陸し、そこから京都に帰ろうという作戦だ。

71
豪雨ではないが小雨が降ったり止んだりする怪しげなお天気の中、高速を東へ。途中で休憩しつつやってきたので高松着、9:30チョイ。朝抜きでやってきたのは、まぁうどん県で朝ごはんと言えばうどんでしょう?ということで、早めの時間帯にもやっているお店を目指してきたのだ。

お店の名前はさか枝。あまり広くは無い高松市内の県庁など官公庁が集まっている一角にある饂飩店。お隣に結構大きな契約駐車場が有り、そこに10台分ほどのPAが確保されているので車で行きやすいのもチョイスした理由。6:00からやっている、ま、近畿圏では市場の近隣ぐらいしか考えられない営業形態のお店だ。

74
長いテーブルがずらーっと並べられた如何にも気軽な饂飩店、的な雰囲気。40席以上は楽々あるが、この時間帯でもほぼ5分入りほど。大したものではありませんか。テーブルの一角でお店のおかあさんが葱刻みマシーンでてんこ盛りのネギ刻み奮戦中。

かけにぶっかけ、釜揚げなどあるが、今日はぶっかけ気分だったので、俺中¥240、嫁小¥200をチョイス。先にうどんを取りにいき、天かすやらネギ、胡麻などの無料のトッピングを乗せてから、更に揚げ物系トッピングを別払いで乗せてもらう方式。トッピングはあらかた¥80/個のようだ。お安いですな。。

72
揚げ物がずらーっと並び、練り物も旨そうだがとりあえず定番の竹輪天をチョイス。嫁は揚げたての茄子天を。

73
お味は、いりこが立ったまろやかな角の無いダシに、中太で透明感のあるくにんと程よい腰の麺がなかなかに旨い。そんなに剛麺ではありませんな。

ま、天ぷら類は揚げたてに当たるかどうかは運なので、アベレージ的には大阪にあるマニアック饂飩店のほうが遥かに美味しい気がするsweat01が、なにせコストは半額以下、とは恐れいりました。旅行者よりも地元の人が多そうな高松市民のうどん食堂として愛されている良いお店でした。

 

 

◆さか枝(さかえだ)
住所:香川県高松市番町5-2-23
営業時間:6:00 ~ 15:00 日祝休
TEL:087-834-6291

で、饂飩でようやくお腹も落ち着いたところで、美しい日本庭園で名高い栗林公園に。いやー、雨模様のお天気だったが、ここは非常に良いと思った。さか枝から5分足らずの位置だ。

75
日本庭園のメッカ、京都に住んでいてもこの規模の庭園はあまり思いつかないですな。。非常に広く、また見事な枝ぶりの松があちこちにあり、とても印象的。。

76
丁度公園中央部付近にある掬月亭。有料のお茶の接待があるので、少し雨脚が強くなってきたので入ることに。雨のおかげで空いていたのも印象がよかった理由でしょうな。。

78
池に囲まれるように建っていて、曇り空から時折降ってくる雨粒に揺れる庭園の木々を眺めながらなんとも優雅な気分になってくるのだ。いやー、これは素晴らしい。

79
で、冷煎茶と灸まん(こんぴら名物だが、どことなくひよこ饅頭)を頂きつつ、のーんびり。お茶を頂いてから池のそばの眺めの良い部屋を見せて頂く。

80
池の上をすり抜けてくる風が心地よく、いつまでも座っていたくなるのだ。大満足なり。

で、更に高松港方面に移動し香川県立ミュージアムなどで時間つぶしをしていたらこちらも想像以上に面白く、お昼を取っている時間が完全に無くなり、14:30、ジャンボフェリーの待合いでうどんを頂くはめに。

82
冷凍っぽいが、若布うどんのダシがなんだか非常に旨かった。フェリー乗り場の雑踏のそばで、こういう急ぎの食事もタマにはアリですな、の¥350なり。

81
フェリーの上は雨模様であまり眺望が無かったのが残念だったが、無事神戸港に到着19:00、21:00チョイ前には丹波橋の自宅に到着。

前週にやってきた台風のおかげでなんだか泥縄計画で、雨模様も多かったので当初想定していたところ(かずら橋とか)は行かなかった四国旅行でしたが、なかなか楽しめました。日本のマチュピチュ(汗)など見に行きたい所が結構あるので、また再訪しそうな予感です。。

2014年8月18日 (月)

長田 in 香の香@香川県善通寺市

夏休みの四国ネタが数件続く予定です。まずはその1。

四国はあまり縁が無い土地で、過去仕事で愛媛の宇和島に一度行ったことがあるだけ。当然、仕事場とホテルと駅をぐるりと一周回った、という薄ーい印象しか残っていない(汗)のだが、今年の夏休みは四国に行こう!ということに。

きっかけは非常に単純で、大阪時代に好きで通っていたイタリアン、靭公園にあったL'APIがご主人の出身地の松山に春に移転したので、松山は行ったことないし、L'APIを覗きに行くついでにあちこちで美味しいものを食って道後温泉にもしっかり入って、あちこち四国見物をしよう、という、ま、いつものごとくの作戦。

1_2
で、帰省していた和歌山の実家から和歌山港に移動。南海フェリーで徳島から四国に上陸する計画だ。丁度8月12日。阿波踊り開催日の1日目に当たるので、徳島市内の混雑を避けて朝5:35のフェリー予約を3日ほど前に取ったのだ。(台風11号のおかげで、今回の旅行は超泥縄状態~。ホテルを決めたのも3日前・・)

台風が前日の通り過ぎたところで、まだ明け方は小雨がぱらつくお天気。船からの綺麗な眺望もなく、7:30には無事徳島港に入港。まずは、香川県のこんぴらさんをめざして一路高松自動車道を西へ西へ。

で、朝ごはんも取らずにやってきているので、結構お腹も減ってくる。こんぴらさん最寄りの高速善通寺インターから5分の位置に目当ての饂飩店があるので、やってきた10:00。

2_2
うどん県と言われる香川では、朝5:30からやっているお店もあるという近畿圏ではありえない県民食っぷりなのだが、こちらも9:00オープンとかなり早い時間に開くお店だ。香川でうどんというとぶっかけや釜玉を想像してしまうのだが、こちらは釜揚げうどん一本で頑張っておられるのだ。

ちなみに2014年8月現在、食べログの饂飩店ランキングで2位。(ちなみに一位は、京都市内からもほど近い、楽々)結構期待しつつお店に。駐車場は80台とありえないほど巨大で、席数も120席!なのだが、もうお店の前の良い場所は満車状態。驚きですな。。

3_2
店内の茹で鍋の前にレジが置いてあって、おばちゃんに釜揚げ小¥250、大¥350をお願いする。数字の書いてあプラスチックの札を貰い、後は茹で上がるまで15分ほど待つことに。メニューは、あとは特大¥600に冷やし、タライ入りとサイズと冷・温が選択できるだけ。サイドメニューはたこめし、いかめし、たけのこごはん、おいなりさんにおにぎりなど結構あるがトッピング用の天婦羅などは無い。

4_2
饂飩が茹で上がる15分後につやつやの饂飩が登場。テーブルにおろしショウガと、刻み葱、映っていないが白ごま、それにでっかいとっくりに熱々のダシを入れて持ってきてくれるので、適宜ツユに投入し、ま、お好みで頂くのだ

5_2

茹で揚げてから水で〆ていないので表面は釜揚げ独特のむにむにした食感、太さは若干太めかな。。噛み締めるとお餅のようにむっちりと切れる。

で、まぁ、いりこに昆布に色々混ざっていそうな濃厚で、やや甘口の旨いダシにしっかり浸して頂きます。これが¥250で頂けるとはなんとも驚きですな~。

が、嫁と「やっぱ我が家では香川県人が尊ぶ釜揚げよりも、海老天などゴージャスな具材がてんこ盛りのったぶっかけや、熱々の鶏天カレーうどんが好き」を再確認した(汗)饂飩店でした。ご馳走様でした~。

◆長田 in 香の香
住所:香川県善通寺市金蔵寺町1180
営業時間:9:00~17:00 水・木休 (祭日時は営業)
TEL:0877-63-5921


で、食事後は腹ごなしに785段の石段を登りに、こんぴらさんに。

6_2
実家の年寄り用に抜群にウケるお土産をGETして・・・。

7_2
坂出市にある香川県立東山魁夷せとうち美術館に。

8_2
やってきたのはこの絶景を見るため。美術館内のカフェ、な・ぎ・さから瀬戸大橋を眺めることができるのだ。

9_2
で、ようやく本日一杯目の珈琲¥450+香川県産の金時にんじんを使ったプリン¥170を頂いて暫しホッコリ。お天気もよくなってきたので、瀬戸大橋タワーに登ったりしてオノボリサン気分を満喫。

で、本日の宿泊地、丸亀に移動するのだ。その2に続きます。

2014年3月29日 (土)

手打ちうどん春日井@大宮五条

最近、週末に書き溜めて毎日1ネタづつリリース、と言う作戦で回している当blog。先週は出張週で、千葉に一泊で出かけた帰りに名古屋のセントレアの近所に行って、名古屋でエビフライ食って帰ってきた(本当)という以外は仕事がはかどらなかったのだが、3日ほど京都に居なかったので、なんだかあっというまの1週間。

当然、次のネタは京都の早咲き桜!となるのですが、その前に先週の超早咲き桜見物に立ち寄った饂飩店ネタを1つ。
千本釈迦堂を後にして、淀方面に移動する前にとりあえずお腹も減ったので何か食おう!ということに。行きたいお店は星の数ほどあるのだが、今回は軽いもの狙いで、つるつるっと!イケるものかなあとお店を物色。なんだか、お店が決まらない日で、あそこかなぁ、ここかなぁと目移りしていたら、大宮五条の交差点までやってきた。

1_9

と交差点の北西角に、なんだか佇まいが良い饂飩店を発見。お店の名前は春日井。どこかのblogやらで記事を読んだ記憶がうっすらあって、これも御縁なので入ってみようよということに。

店内は如何にも饂飩店!的な和風な雰囲気。キッチンが覗けるガラス窓があり忙しそうに饂飩を茹でる職人さん2名。20席足らずのこじんまりしたお店だが、我々が入って満席に。年齢層高めのお客さんばかりだが、次々とお客さんがやってくる人気店だ。商売繁盛で結構ですな。

2_9
メニューの一部。カレーうどんがあるじゃんか、と入った時点で速攻メニュー決定。嫁が注文したかしわ天ぶっかけなど、メニューは結構豊富。京都系のお店だが、冷たいのはざるうどんだけでなく、ぶっかけ類もスタンバイしているのだ。

3_8

で、嫁注文の鶏天ぶっかけは¥890なり。鶏天は大阪のお店のようにぶっといものではなく、ご年配の方でも食べやすそうな可愛らしいサイズのものが5個。さっくりと揚げたて。

4_8

麺はなんとも透明感がありますな。。京都的な細麺、だがくにーんと伸びのある麺でなかなか美味しい。

5_7

俺注文は海老天入りカレー¥880+かやくごはん¥250なり。

6_9

カレーうどんは鶏ベースで、たっぷりのネギに薄揚げが入っており、鰹ダシだと思うがダシは尋常ではないコク。辛さは控えめで、くどく無いまろやかカレー系なのだが、なんとも旨い。海老天も小ぶりですがちゃんとしていますなぁ。これは相当高得点!な感じ。丼はぱっと見小ぶりで京都的なのだが、深さはあるので結構お腹に来ます。

7_6

かやくごはんウマ~。鶏肉に牛蒡、油揚げに白ごま、木の芽の香りが食欲をソソルのだ。カレー饂飩なので、本当なら白ご飯!と行きたいのだが、このかやくごはんがあるならこちらをチョイスしちゃうかも、ですな。

前行った太秦のこちらのお店と雰囲気が似ているが、京都系饂飩店では、かなり気に入った一店。ご馳走様でした、暑くなったら冷たいのを頂きに来ます~。(と、言いつつカレーうどんを食っている気がしますな。。happy01

 

◆手打ちうどん春日井
住所:京都市下京区下五条町435-3
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00 火夜休・水休
TEL:075-812-5237

2014年3月 1日 (土)

みくりやうどん@滋賀県湖南市

滋賀県の竜王にある巨大アウトレットモールに色々買い物に行こう!ということになった日曜日。

で、いつものようにそのご近所でランチを食べようという作戦になるのだが、アウトレットに行く前に立ち寄ったのが「みくりやうどん」なる饂飩店。 なんでもテレビ番組でも紹介された滋賀県湖南市では非常なメジャーな饂飩店らしい。

名物が巨大な海老天、それに海老フライが乗ったカレーうどんだ。開業1980年というから老舗と言うほどでもないのだが、既に地元民のハートをがっちり掴んでいる模様。で、カレーうどんは大お気に入りメニューの1つの我々も、それじゃ一度、ということに。

1
栗東ICを降り、野洲川を左手に見ながらR1を東へ。11:00というえらく早めの時間から開店しているのだが、開店10分ほど前に到着してしまう。が、40台は楽に停められそうな巨大PAは10台近い車が停まっていて既に開店しているようだ。

もうお腹が減っていたので、こりゃラッキーと店内に。90席ほどある大きなお店でほぼ外観通りの和風民芸調な雰囲気。窓際の席を確保し、メニューを確認。

2
メニューは非常に豊富でメインはカレーうどん、それにつけカレーうどん、カツ丼といったところ。カレーうどんだけで16種類がスタンバイ。これ以外にもうどん+丼!のような炭水化物をバリバリと摂取できそうなセットメニューも目白押し。名物の海老天・エビフライカレーうどんのご飯付セットが¥1280。俺はそれを、嫁は鳥なんカレーうどん¥780をチョイス。(税別です)

外を眺めていると、次々にお客さんが車でぞろぞろとやってくる。いやー、大人気ですな。。

3

で、暫しの後やってきた俺チョイスの一品。ご飯も大盛り、サラダはキャベツと人参千切りだけのシンプルなものだが、こちらもなにやらしっかり量。

4

海老天は衣で元の海老が3倍以上に膨らんでいるが、エビフライは結構しっかり巨大海老。いやはやこれはボリューム満点ですな。。

5

で、こちらは嫁チョイス、鶏なんカレーうどん。柔らかく煮こまれた鶏肉がしっかり。単品でお願いすると丼が更に巨大になり、カレーダシもしっかり~。トッピングが違うだけでダシや麺は基本皆同じようですだ。

6
で、食べてみて驚いた。ベースのダシは和風だが和風を感じさせないほどしっかり辛く、粘度はしっかりめ。カレーの旨み満載なお味。大阪で人気のカレーうどんを出すお店(たとえば、こちらこちら、さらにこちら)と方向性は同じ感じだ。麺も中太で腰もそこそこ。讃岐の粘り腰とまでは行かないが旨し。いやー、これを1980年から出されているのであれば、驚きですな。。 (と書いたら、エビフライがトッピングされたのは2002年ぐらいからのようだ。ま、名古屋方面からの影響だと見るが、同じようなことを考える人があちこちに居る感じ)

ボリュームはしっかりで、ニコニコと食っていたらお隣の20歳前後のお兄さんが天丼小をおかずに巨大カツ丼を食っているのを発見し、驚愕。いや~良く食えますな。。。

で、しっかり満腹でアウトレット方面で移動しようとお店から出たら、入り口そばに10人以上の行列ができているのにまたびっくり。流石にしょっちゅうは来れないがなかなかイケている饂飩店でした。アウトレットまで15分チョイ、ほどの位置だったのでまた買い物絡みで来そうな予感ですな。ご馳走様でした~。

 

 

 

◆みくりやうどん
住所:滋賀県湖南市夏見639-1
営業時間:11:00~22:00 年中無休
TEL:0748-72-4411

 

2014年1月27日 (月)

手打ちうどん ほそ井@太秦大映商店街

土曜日のランチネタ。
ようやく風邪も落ち着いてきて、サウナにでも入って汗をががっと流し、このまま本調子に持ち込もうという作戦。その前に汗をかきかき温かいものでも食おうよ、ということに。こういう時用のネタで太秦大映商店街にある京風饂飩店にいってみることにしたのだ。

Photo
お店は嵐電広隆寺駅から歩いて数分。PAは無いので近所のコインPAに車を停め、太秦大映商店街に入って100mも歩かないうちにこういうお店が見えてくる。入り口わきに手打ちブースが見える、国産小麦に拘った饂飩店なのだ。

奥に細長い構造でカウンターに小上がり、テーブル席など20席チョイ、というところですかね。店内は新しく掃除も十二分に行き届いている。昨年の9月ごろに開店されたようですな。メニューはこんな感じ。

3
カレー好き&熱々なものを食いたい!ということで、おれはあんかけカレーうどん¥850、嫁は鶏南蛮うどん¥850にランチセット¥200を追加で。夜は居酒屋使いできるらしく、別メニューでアテ類も色々。しかし、タイ風白いカレーうどん、それに味噌鍋うどんにも惹かれるかも・・。

2
突出しに饂飩で作ったかりんとうが出てくるのが嬉しい。饂飩そのままの薄塩味、それに甘く黒糖をかけたものの2種。かりんとう好きなので嬉しい。

5
注文を受けてから麺を茹で揚げる真っ当なお店なので、サーブにはそれなりに時間がかかる。まずは嫁注文のセットものがじゃじゃんと登場なり。湯気もうもう!

6
店名と同じく、透明感のある「ほそい麺」が特徴。確かに讃岐では無く京風なのだが、とても滑らか。むちむちと腰もありなかなか旨い麺ですな。大阪時代にタマに食べに行く、お気に入りの滝井の紅屋を思い出した。
それにダシも相当こだわりがありそう。鰹・昆布の合わせだと思うが味が深い。これは旨いですな~。柚子の香りを乗せてあるのでスッキリと頂ける。

丼は幾分小ぶり。かやくごはんを付けると程よい満腹感と言う感じですかね。

7
で、俺注文のあんかけカレーがじゃじゃんと登場・・。青ネギこんもり、具は薄揚げに鶏肉という布陣。胸をすく良い香りですな。。(あまり鼻が利かないが・・)

8
とろとろのカレーダシもベースの鰹ダシが上品なので、非常に美味しい。辛さはほどほど。食い進むほどポカポカと温まってくるのだ。

9
セットについてきたかやくごはんは、鶏肉と生姜を炊き込んだもの。これも上品な薄口に仕上げてあり、なかなかに美味しい。

コスパは良いとは言えないが、丁寧な仕事で京都らしい細やかさが感じられる良いお店ですな。ダシをたっぷり吸う細麺好きなら行って損無きお店です。広隆寺参詣時に覚えておくとよいカモ。ご馳走様でした~。次回は天ぷら系を食いにきます。 

 

 

◆手打ちうどん ほそ井
住所:京都市右京区太秦桂ケ原町17
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00 月休(祭日の際は翌日)
TEL:075-871-6707

 

10
こちらまで、徒歩3分なり。