フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« ファミリーキッチン Pu@仁和寺 | メイン | 麺処 鶏谷@嵐電山ノ内駅 »

2014年12月 9日 (火)

タヴェルナ メザノッテ@木屋町通仏光寺上ル

これもFacebookで仕入れてきた情報で、昨年末オープンした木屋町通四条下ルにあるイタリアンの新店が1周年イベントをやっておられるとのこと。Meetsのうまい本にも露出していたお店で、Facebookで紹介されていた投稿の写真がなんだかとても旨そうに思えたので予約を入れたのだ。

1

お店の名前はTaverna Mezzanotte (タヴェルナ メザノッテ)日本語では「深夜食堂」の意。名前の通りLOが26:30OKという遅い目族が使いやすいお店ですな。で、我々は19:30に予約を入れ、お店に。


お店に到着。予約しているのにお店の外に「Closed」の表示が出ているので、あれあれ?と、扉を開けると普通にオープンされていて、ご主人が「なんだか今日はお客さんが少ないんですわ」とぼやかれていたのだが、Closedが出たままだよ!とお伝えしsweat01、営業中札をひっくり返してディナー開始なのだ。 ま、申し訳ないのだが、そのおかげで最後まで貸切状態で、超ゆったりでした。

店内はカウンターが7席、4人掛けテーブル2、2人掛け1というこじんまり空間。が、現在は齢31歳!というお若いシェフお一人で回されているので、これでも広いでしょうな。

メニューは1人で回しておられると思えないほど豊富。タパス的小皿料理からしっかりメインまで50種類はありそう。これ喰っとけ!はありますか?とお聞きして、前菜1にサラダ、パスタ・リゾットにメインをそれぞれチョイス。

2
突出し。緑色の三角なものはほうれん草入りフリッタータ、手前のものは生ハムとキャベツをビネガーで炒め炊いた、というようなお惣菜。自宅でもやろう!と早速思った一品。ワインが進みますな~。ワインは色々置かれているが、本日はグラスで。スプマンテが¥800だったかな。。

3
前菜にチョイスしたのが鰤のカルパッチョ。注文時にサラダを合わせて頼もうか悩んでいると、「ウチのカルパッチョは美味しいお塩で頂いてほしいので、他のお店のようにほわんとサラダを合わせたりとかはしていないんですわ!」というシェフの物言いが面白かったのでお願いしたのだが、確かにシンプル。ピクルスと甘いプチトマト、バルサミコと塩!と言う構成。ちゃんと美味しい¥900なり(安!) も、ちょっとビネガーを乗せたほうが好きかな。

4
で、野菜も食いましょうとチョイスしたのがパンチェッタと温泉卵のシーザーサラダで¥800なり。パンチェッタの盛りを見てもらうと想像できると思うが、酒のアテになるサラダですな~。こりゃ美味しいです。

5
で、パスタ。丹波産猪の赤ワイン煮のラグーソース、タリアテッレで。¥1600なり。いやー、これは盛り良しですな。風味の強い良い黒胡椒をしっかり利かせてあり、まろやかなソースと抜群に絡む! シェフは肉料理のほうがお好きだと見た。

6
で、リゾットも食べたいよねぇと、あさりたっぷりのトマトリゾットをチョイス¥1600なり。ベタなお料理だと思うが、これもなんだか非常に口に合うお味。米はやや緩めだが旨い。

7
で、メインの皿。イベリコ豚のミラノ風カツレツで¥2300なり。これも注文時に「ほかのお店ではトマトソースとか合わせると思うんですが、バターの風味が飛んでしまうので、ウチではビネガーでお出ししているですわ!」という物言いが好きだったので注文したもの。
実はミラノ風カツレツは非常に思い入れのあるお料理で、あると注文しちゃうのだが、これはそもそも豚肉だし、肉は薄く叩いておらずボリュームは満点なのだ。かなりオリジナル解釈ですな。が、バターの風味が非常に豊かで美味しい。付け合わせの椎茸ソテーが非常に旨かったりするのも嬉しい。

8
で、1周年記念でバローロがグラス¥1000ということだったので、お相伴にあずかるのだ。いや、美味しかったです~。

流石に食ったぜと、大満腹。我々だけだったのでご主人とお話をする時間がたんまりあり、その上丁度丸一周年の日で特別に奥様がお店に居られ、可愛い1歳児のぼんぼんにまでご挨拶頂く始末。楽しいディナーになったのだが、折角1周年記念日にあまりに空いていて、申し訳ない気分でした。(ま、Closedのおかげなんですが。。)

9
で、甘いもの。ご本人いわくあまり好きでは無い(汗)のだが、これは酒飲みでも美味しいと思いますよと言って出してもらった、ブルーベリー入りのクラフティなる焼き菓子。 焼いた生地に爽やか系シロップをたっぷり染み込ませてあるのでクリームのように生地がほどける。これも旨かったです。

お喋りが楽しいディナーになったのと、ご主人のワインのチョイスが良いのでついついアルコールが進み、泡2、白3、赤4と我が家ではありえないほどしっかり飲んで、以上で〆て¥15000ほどという超納得価格。半額以上呑み代ですな。。
地元民には知る人ぞ知るお店なのだが、週末は逆に空いている感じ。現在は1人でやっておられるお店なのでカップル3組ぐらいが限界だと思います。ぜひ予約電話してからご訪問を。センスありますぜ。

 

 

 

Taverna Mezzanotte (タヴェルナ メザノッテ)
住所:京都市下京区木屋町通り仏光寺上ル天王町150 1F
営業時間(月~土)17:00~27:00 
      (日)12:00~15:00 17:00~25:00
TEL:050-5890-2342(予約専用)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33083255

タヴェルナ メザノッテ@木屋町通仏光寺上ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿