フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« すぐに再訪、荒神口つづき(2)@荒神口 | メイン | 今年ラスト? 京都紅葉模様@14.11.30 »

2014年12月 2日 (火)

ベルクール、超超超超久々、再訪(2)@元田中

実は先週、3連休のしわ寄せか今年2回目の風邪で寝込んでいて、久々に会社を2日間お休みした、なんだかなぁな1週間。37℃の微熱が続いて鼻水が止まらず声が出ないだけで意外に元気なのだが、声が出ないと仕事にならないので、ま、家でおとなしくしており、流石に週末のディナー予約等は一切しなかった。

が、金曜日なんとか会社から帰ってくると、肩の荷がすーっと降りてsweat01なんだか元気になってくる。そのまま8時間ほどしっかり寝て、土曜日の朝ようやく復調、と言ってよい気分。が、朝から久々のざんざ降りの雨の京都地方。

嫁と相談し、どこか美味しいランチを食べようかと言う作戦を立て始める10:00。まだ紅葉シーズンなので、そういう紅葉ポイントの近くは厳しそうな予感。箱が大きいところなら!と最近ビブグルマンになった京都では結構昔からやられているフレンチを思い出す。嫁が予約を入れると最後の2席なので料理が遅くなるかもしれませんが、とのことだったが、もちろんOKで12:30の席を押さえたのだ。

帰りに買い物などの予定もあるので、雨の中、嫁の運転で元田中まで。お店近隣は数か所コインPAあり。思い出してキッチンごりらのそばに車を停めてお店に。

1
山中越えに向かう時は、散々前を通るのだが、今回の再訪はなんと9年ぶりなのだ。前回はなんともオーソドックスなフレンチだったのだが、もう前書いたネタにはリンクしたくないほど違うお店のような気がしました。(と、いうほど覚えてもいないですがね。。だはは)

2

お店に到着。当然、ほぼ満席と言ってよい状態。京大がらみなのか男ばかり6名グループや、可愛らしくお利口さんな3歳児・4歳児(たぶん)を含むお誕生日祝いのご家族など色々な客層なのが、なんだか楽しい。

ランチメニューは、突出しとスープ、前菜5種、メイン5種のプリフィックスにデザートお茶がついて¥3800、メインが魚肉2皿になると¥4800、秋の特別コースが¥5500(お隣のテーブルがそれだったので見ていたが、内容がとても良いです)という布陣。我々は軽めにね!¥3800のをチョイス。席料が¥300なので、実質¥4100なのだが、なかなか充実の内容なのだ。

3

で、このコースがスープのかわりに250ccのテーブルワインをお願いできるという呑み助には嬉しいサービスあり。嫁に運転をお願いし、可愛いカラフェに入ったワインを頂く。はぁ、休日のランチが更に輝くものになるのだ。

4

で、突出し。ガラス製密封容器に入って出てきたのは、生牡蠣の瞬間燻製。ガラスの容器に燻製煙が封入されていて容器の中で燻製になるという趣向。蓋をあけると香ばしい煙とスモーク臭が立ち上るなかなか面白い趣向です。

5
嫁チョイスのスープ。蕪ピュレを使った優しい味で、浮身に生海老の身が入っているのが斬新ですな~。ビジュアルも含め芸が細やか。

6
でプリフィックスの前菜から私のチョイス。香ばしくコロレした真鱈の白子と帆立貝松葉ガニのリゾット、蟹味噌ソースと。加算¥500なり。
コロレとはじっくり炒めて色を付けること、だそうな。確かに白子と帆立にはしっかり入っているが香ばしく美味しい。リゾットも良い感じですな。

7
出てきて、おもわずうわーと声が出た蝦夷鹿、豊後鶏、フォアグラのパテアンクルート。なんだか驚くほどのしっかり量。ソースもビーツを使っていて根菜づくしな付け合せがとても楽しい。本日一の皿がこちら。

8
メインの皿。俺チョイス、牛タンの赤ワイン煮込み。定番中の定番だが付け合せも含めバランス良く、非常~に美味しい。

9
嫁はアイスランド産だという仔羊のソテー。タイムの効いたソースで。これも大変量しっかり、まろやか甘い系なソースが美味しいですな。。

これは相当にイケているねぇ、と感心しきりなのだがデザートもなかなか美味しかったのだ。これも栗とチョコの2種類があるので、当然2種類をシェアするのだ。

10
こちらは私のチョイス、モンブラン。外の平たいのはメレンゲの砂糖菓子で、ふわさくっと儚くも溶ける。ま、なかは期待通りな感じ。美味しいです。

11
んで、こちらは嫁チョイス、チョコのお菓子。ゴルフボール大、テニスボール小ぐぐらいの見事なチョコボール。厚みは1mmほどだが、なかにチョコクリームにジェラート。ナッツ類にオレンジなどが仕込まれている芸の細やかさ。嫁、大満足。

12
で、かなりお腹大満腹(写真撮り忘れですが、バゲットまでおかわりしてしまい。。)で、美味しい小菓子、それにしっかり珈琲を頂いて充実ランチ完了。¥以上で〆て¥10000チョイという大納得価格なり。
なんだか昔の面影は内外装だけで、お料理は随分今風なものに。流石、ビブグルマン!ですな。いやー大満足、良きお店です。(ちなみに、9年前のディナーはこんな感じ。この便利でもない場所で続いている、というのはそれだけで偉大ですな。。)

 

 


 

 

◆Le Bellecour(ベルクール)
所在地:京都市左京区田中里ノ前59
営業時間:11:30〜14:30
       17:30〜21:30 月休
TEL:075-711-7643

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/33072515

ベルクール、超超超超久々、再訪(2)@元田中を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿