フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 炭火ぶた串焼 風味堂@蛸薬師通室町西入ル | メイン | 頑固麺に再訪(3)@藤森 »

2014年10月 8日 (水)

Hikari-Yurari 久々、再訪(6)@京都市役所

先週の日曜夜、喉がなんだかいがらっぽいな~と思ったら、目が覚めた月曜日朝、いきなりの鼻声、頭もガンガンガンガンと非常に痛い。あー、久々の風邪だ。で、結局2日間も会社をお休みするという体たらくで、すっかりヘロヘロ状態。いや、皆様も季節の変わり目にはお気を付けを。

が、1週間大人しくしていたので、やっぱ土曜日はなにか美味しいものが食べたいなぁとなるのが我が家の常で、2日前予約で席を押さえたのがワインが美味しいアダルト向け伊太利食堂、Hikari-Yurari。我がblog5回目の、でも1年ぶりほどの登場。随分お久しぶりだと思ったら、昨年の祇園祭以来なのだ。びっくり。

2回目になる京都国立博物館 平成知新館まったり見物の後、予約時間の19:00丁度にお店に到着。カウンターだけ12席のこじんまりした店内。昨年まではサービス担当の可愛らしい女性が1人おられたのだが、現在はシェフ1人で接客から料理に鍋洗いまで1人でこなしているようだ。既に先客はカップル2組で、既に4組に。いやー、これは大丈夫なのかよ!と思ったが、シェフが1人で奮闘しているのを見学するのも結構好きな我々だ。(だはは)

Hikariyurari1
赤のボトルで行こうよ!との嫁の提案で、シチリア産の赤(¥3800だったように記憶)を頂く。産地固有品種の葡萄、フラッパートで作られた非常に透明感のある綺麗なワイン。チョイ冷やしてウマ~。いつもの突出しを頂きつつにんまり。

Hikariyurari2
で、お料理が出てくるまでにつなぎでお願いしたワイン用アテで、乾燥白無花果の赤ワイン煮は¥500なり。非常に大ぶりの乾燥無花果を軽く赤ワインで煮て漬けこんだと思われる一品。乾燥したものを戻すと、生とはまた違った旨さがありますな。確かにこれはワインにピタリ。無花果好き嫁は無条件で大お気に入りの一品に。
これと生ハムを合わせても旨いカモ!と自宅でも作ろうと、帰りにご近所のやまやで乾燥無花果を買ってしまうのだ。

Hikariyurari3
1人で奮闘するシェフの早回しビデオを見ているような身のこなしに感心しつつ、やってきた前菜。2皿に取り分けてくれたのは、人参と柑橘と自家製リコッタチーズのサラダで¥1100なり。
これもなんだか他のお店では見かけないですな。。千切りした生人参を甘口で酸味を抑えたビネガーで和えて、それにルビーグレープフルーツ、リコッタチーズとアーモンドスライスを合わせた一品。非常にシンプルだが素材感あふれる一品。激しく旨いです~。

Hikariyurari4
で、今回、実はこれを食べに来た自家製生ハム盛り合わせは¥2800なり。これらの生ハム類は全てシェフの手による自家製なのだ。マニアック!の一言。
牛1種に豚が2種、ラルドなどなど5種類の味わいが頂けた。塩!香辛料以上!みたいなシンプルな味付けらしいのだが、ま、手と時間はたっぷりとかかっているでしょうな。。旨いです~。

ワインも旨かったので、塩辛系良いアテとの相乗効果であっと言う間に1本空けて、赤のカラフェ500ccを追加で。(サンジョベーゼだったかなあ。、これもなかなか美味しかった)

Hikariyurari5
2皿に取り分けてくれたパスタはショートパスタのカサレッチャをお願いしてみた。鶏と砂肝、それに枝豆を使った優しい甘口。シチリア由来メニューを日本風にアレンジ、という感じなんですかね。これも激しく旨し~。

Hikariyurari6
で、一度食べて美味しかったので今回もお願いしてみた仔羊のハンバーグは¥2800なり。ハンバーグ、ということだがソーセージのようにぷりんと肉詰めになっているのだ。これも2人前をそれぞれ別にサーブしてくれた。ハーフでもオーダー可の模様。
バルサミコを利かせて煮たレンズ豆と、生クリーム的なリッチな味わいのマッシュポテトをソースにして頂くのが美味しい。

いやー、相変わらずの大満足なり、ですな。甘いものはお次のアテがあったので、本日はこれまで。で、赤ボトル1、結構良いカラフェ1としっかり飲んで、以上で¥16000チョイ、という納得価格なり。 ご馳走様でした、また来ます~。

 

◆hikari-yurari
住所:京都市中京区押小路通麩屋町東入橘町611-1 B1F MAP
営業時間:18:00~24:00 月休・月2回不定休あり
TEL:075-251-1865

 

 

◎このblog、他のhikari-yurariネタ
◆元田中初訪問2012年3月(1)
◆引っ越し後2012年8月(2)
◆2012年9月(3)
◆2013年1月(4)
◆2013年7月(5)

Hikariyurari8

お次の目当てのお店に向かう前に、で、乾燥無花果を買いにやまやに。結構遅い時間にも開いている酒屋さんなので超お気に入り。そちらに向かう途中で、京都市役所がなんだか超派手派手なライトアップだったのでパチリ。いわゆる1つのピンクリボンですな。

で、やまやで色々買い込んだ後、やってきたのがこちら。写真が少ないので、このネタで晒します~。

Cave_de_k1
やってきたのはCave de K(カーヴ ド ケイ)。祇園四条にあったお気に入りデザートバーKrapeは閉店してしまったのだが、再度リッツカールトン京都の西側に移転復活されたのだ。嫁は前から超楽しみだった模様。

Cave_de_k2
Caveと言えば仏語でワイン貯蔵庫のことだが、壁や床一面がこういう状態。酒飲みならだれもがうっとり~、でしょうな。

Cave_de_k3
で、こちら以来の、クレープ・ド・シュゼット¥900を頂くのだ。ナイトキャップに久々に美味しいカクテル(嫁がジンベース、私がシェリーベースだったかな。。既に忘却の彼方。。)を合わせて頂いてまったり。ちょっとリッチな良い気分で写真を撮るのも忘れてご機嫌に。ご馳走様でした。確実、また来ます~。



◆カーヴ ド ケイ
(Cave de K)
住所:京都市中京区木屋町二条東入ル ヴァルズビル1F
営業時間:11:00~翌2:00 火休
TEL:075-231-1995

で、まぁ、ご機嫌で飲み過ぎて再び体調不良に陥ったわけで。気温変動が激しいこの季節、皆さまもすべからくご自愛を。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/32836759

Hikari-Yurari 久々、再訪(6)@京都市役所を参照しているブログ:

コメント

こんばんは、初めてコメントさせていただきます!
いつもこちらのブログのグルメネタを参考にさせてもらってます、お世話になってます♡

今回は住まいの近くのヒカリユラリさんだったので、思わずコメントしてしまいました。私もよく利用するんです!ワインの値付けが素晴らしいですよね!!
飲んべぇの私には有難いお店ですっ。

小太郎さん、ヒカリユラリさんのビルのお隣、蓮乃色という和食のお店もとてもお勧めですよ!(^^)!
本当に丁寧なお仕事で、毎回見惚れます。。。
機会あれば行ってみてくださいね。

では、また美味しい情報を楽しみにしております!!

みえさん、コメントありがとうございます。

ヒカリユラリの御近所とはまた良いところにお住まいですねぇ。我々も憧れなんですが、多分、そのあたりに住むと更に外食率が増えそうなので、財布が持たないかも~ですね。だはは。

蓮乃色、前は散々通ったことがあり、雰囲気も良さそうなのでどういうお店かなぁと思っていました。ランチもやられていましたかね? また機会が有ったら覗きに行きますよ。

こちら以外にも御近所でお気に入りのお店がありましたら、ぜひ教えてください~。

コメントを投稿