フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« ブション@寺町二条 | メイン | ル・ピックアシエットでディナー(4)@東山五条 »

2014年7月28日 (月)

百香居(baisyankyo)@花見小路通新橋下ル

で、土曜日の晩御飯ネタを1つ。
久々にエアコンの効いた映画館で、米版だがなんだか非常に正統派な怪獣映画を堪能し(周りを見ると50代以上の年配の人が2割ほど居てびっくり)時計を見ると18:00チョイ過ぎ。程よくお腹も減ってくるのだが、晩御飯はこれまた超久しぶりな中華料理をチョイスしていたのだ。

お店の名前は、百香居。開店1年目に突入したまだ新しいお店だ。大阪に居た時代には、我々のような少人数でも、お酒を楽しみつつ色々なお料理をまったり頂ける中華料理店が目移りするほどあったのだが、京都では大人数で行かないと色々楽しめないお店が主流で、少人数向けのお店が意外に少ない。で、あちこちのNet情報源によると、ココはそういう気配濃厚だったので、非常に楽しみにやってきたのだ。結論から言いますと、我々の好みドンピシャ、でした。

1_2
お店は花見小路沿い、新橋通を10mほど下がった飲食ビルの5Fという場所。50m範囲に先週行った和食店がある。エレベータを5Fにあがるとそのフロアが百香居だ。半個室の6人テーブル席は女性のグループ客、掘りごたつの個室もあるようで、そちらはカップル?が、キッチンを囲むL字カウンター席が10席。そちらは我々が入り、カップル3組、という状況。お若いご主人とサブのお兄さん、それにサービス担当の女性の3人体制。

メニューはかなり豊富で40種類ほどはスタンバイ。季節替わりメニューも色々やられているようだ。フカヒレ、鮑などの高級食材も比較的お手頃価格だが、特に好んでは食べないので、アテ系なレギュラーメニューから攻めてみることにした。

2_2

まずは前菜3種盛りで¥1500なり。しっかり太めのクラゲに、良い感じで浸かった酔っ払い海老、それに蒸し鶏ネギソース。丁寧なお料理という印象。俺はハイボール、嫁は焼酎麦水割りでゆるゆるとスタート也。

3_2
ちょっと店内が暗いのであまり写真が美味しそうでは無いのだが、2人前お願いした点心4種盛り合わせ。奥は四川風の茹で海老餃子、蟹身を巻いている細い海鮮春巻き、それに海老ニラ饅頭と季節のシュウマイが1皿¥700という良心的価格。特に気に入ったのはぶりんとした食感も楽しい海老ニラ饅頭かな。。美味しいです。

4_2
3種の海鮮(モンゴウイカと貝柱、エビ)の泡辣椒(パオラージャオ)炒めで¥2200なり。泡辣椒とは赤トウガラシを乳酸菌発行させた四川独特の調味料で、辛味はややマイルドだがまろやかな旨みは非常に乗っている。ほっくりしたアスパラとも相性が良い印象だ。

こりゃー、我々の趣味とぴたりだねぇと、俺は芋焼酎水割り、嫁は紹興酒グラスに切り替え、かなり良い気分になってくるのだ。

5_2
ラムの香草焼¥2400なりをお願いしたら、「どうですか、かぶりつかれますか?」と聞かれたのでそうお願いした。でっかい骨付きラムをしっかり下処理(蒸し?)してから、揚げ焼いた感じ。大阪のお気に入り中華店、こちらのパイグーと同じ傾向で、香菜にネギ、しっかりガーリック、それに唐辛子が利いたウマウマ味。(肉が解らないので、上に載せてある香草類は横に避けて撮影)いやー、旨いっす! 嫁ともどもにんまりと。。

6_2
旬の8種野菜炒めで¥1400なり。レンコンにつるむらさき、青梗菜、小松菜、アスパラ、もやしに人参まではわかったが、あと1種類は・・・。オイスターソース系なコクのある味で、これもなかなか美味しい。なぜこの順番で出てきたのかだけが?ですな。。(〆以外を2回に分けてお願いしたが、注文順、そのまんまのような気がしますな。。)

で、嫁は麦水割りに紹興酒ロックで、私は久々の中華料理でなんだかお酒が非常に進んで、ハイボール1に芋水割がたしか4、いや5?。甘いものもスタンバッているのだが、今日は〆麺類!ということで、酸辣湯麺¥800を1つお願いしたら、ちゃんと2分割にしてくれた

7_2
苦手な人用に香菜は小皿に入れ出してくれるのだ。つるつる系玉子麺で、スッパ辛いスープがなんとも後口良し。はー、食った食った。

激ウマ!とまでは言わないが、どれもハイレベルでバランスは良く、辛いものも上品にコントロールされている。特に炒め物系は、さらっと上質。海鮮も肉類もイケているし大満足なり。以上で〆て¥15000ほどと、ま、かなり飲んでいる(汗)のでソコソコ行きましたがお値段も納得。場所がらタイミングが合えば同伴出勤前食事中、みたいなカップルばかりになりそうな気がするが、そういうのも含め楽しいお店でした。再訪確実!ご馳走様でした~。

 

 

◆百香居(baisyankyo)
住所:京都市東山区橋本町396-2 祇園神聖ビル 5F
営業時間:18:00~23:00(L.O.22:00) 日休
TEL:075-533-7292

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/32364315

百香居(baisyankyo)@花見小路通新橋下ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿