フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 炭火焼く鳥 ソリレス@河原町松原上ル | メイン | ラトナカフェ@岩上通蛸薬師下ル »

2014年6月 9日 (月)

オステリア・イル・カント・デル・マッジョ@堺町通蛸薬師下ル

happy01またまた5日ぶりの御無沙汰、生きておりますスイカです。
土曜日は久々にポタリング日誌!と、朝9:30に嵐山方面にお出かけ。が、前日梅雨に突入した近畿地方。当然のようになんだかどんより~と曇り空なので、お昼前までちょっとだけ運動して、ランチもせずに昼前には帰って来ようという作戦。

嵐山までは片道14km。なんとか天気が持ったのだが、折り返してそのまま桂川沿いの自転車道を引き返そうとしたら、松尾あたりでポツポツとしっかりした雨が。で、こりゃぁもう帰らないとね、とそのまま南下していくと雨がピタリと止んだのだが、久世橋のあたりで結構凄い雨になってくる。こりゃだめだと丹波橋方面に向かおうとすると、京セラ前あたりでいきなりバケツをひっくり返したような超豪雨に。

11:00には自宅まで帰ってきたのだが、京セラからの10分足らずの間に、パンツまで完全にびちゃびちゃ状態。ま、もう寒くも無いし、そういうアクシデントも含め、なかなか楽しいポタリングでした。sweat01 (以上、ポタリング日誌!)

で、前日予約で席を押さえたディナーネタにいきなり行きます!。

1
やってきたのは、フィレンツェ料理が楽しめるイタリアン、オステリア・イル・カント・デル・マッジョなるお店。2週間ほど前に現在、糖質制限系でダイエット中だ、というネタを書いたのだが、もうそういう時に使うのには、超良いお店なのだ。

このお店、一押しメニューがビステッカ・アッラ・フィオレンティーナなる肉料理。フィレンツェ風赤身肉のTボーンステーキだ。100g¥1080で焼いてもらえ、500gから頂けるのだが、糖質と脂質は控えめ、タンパク質をしっかり採りたい我々にはぴったりなメニュー!最近、赤味熟成肉を出すお店が増えているが、ここはそんなには熟成させていないと思う。とりあえず、嫁と久々の肉だ肉だ~!と楽しみにやってきたのだ。

あまりに嬉しすぎで予約時間の19:00に15分ほど前に到着してしまうsweat01。先客は1組。小奇麗なカフェ風の気軽な店内。シェフと奥様、フロア担当のおねえさんの3人体制。席数は4人掛けテーブルが1、あとは全部2人掛けで12、というこじんまりした感じ。メニューは、前菜が7種類、パスタ5種類にメイン5種類ほど。種類は多くは無いのだが、まぁ、このお店でビステッカを食わずに帰るということは、ちょっと考えられないので、それを前提にすると、カップルなら+前菜2のパスタ1で十分な感じでしょうな。

3

まずは、自家製ハムの盛り合わせで¥1720なり。肉厚のパテはもちろん、ロースハム、それにサラミまで全部自家製。なんだか超~飲める感じですな。

2

で、肉!なので当然赤ワインをチョイス。¥3600でしたかね。。

4

ちゃんと2皿に分けてくれます。ペラペラ広麺のパッパルデッレは、鴨のスーゴ(ソース)で。甘口の優しい味わいのソースで、パッパルデッレに絡む絡む。実は、あまり期待していなかったのだが、今は大阪に無き(松山に移転した)L'APIに匹敵する非常に口に合うソースだ。量は少ない目ですが、こりゃ凄味のあるお味。気に入りました。

で、肉が出てくるのをわくわくしつつ暫し待つのだ。(焼く前に、テーブル前に焼く肉を見せに持ってきてくれるサービスあり)

5
17:30でほぼ満席に。流石に料理進行は遅くなるのだが15分ほど待ち、じゃじゃーんと登場ビステッカ。(ま、飲んでいるので無問題)
これで最小量の500gなり。なんだか2人で十分以上。焼き目を見ると、塊で火を入れて切ってから更にさっと網焼きしているようですな。。

ちなみに、付け合せは定番のポテト、白いんげん豆、それにグリーンサラダ(どれも¥500)からチョイスできるのも糖質制限中の我々には非常に嬉しい。当然、サラダをチョイスなり。

6
で、焼き加減はこういう感じ。表面はしっかりの塩、粒胡椒でざくざくするほどで香ばしく、肉の香り濃厚。中はジューシーに焼けていて言うことありませんな。。とりあえず無言でわしわしと頂くのだ。最近スーパーでも厚み5cmぐらいの塊肉が簡単に手に入るので、自宅でもオーブンで色々作っているのだが、なかなかこういう色味には仕上がりませんな。。肉焼きは奥が深いかも。 

なんだか非常に満足してしまうのだが、ちょっとだけ飲み足りないので、食後は嫁の行きつけワインバー(というかスナック?)を目指そうということに。
で、デザートなしで〆て以上で¥13000ほど。
某食べログ等で異常に低い評価なのだが、こういう何を食べるかが超明確なお店は大好き。ビステッカ食わずにどのこの言うなど、ありえないお店ですな。いやー大満足なり、また来ます~。

 

 

オステリア・イル・カント・デル・マッジョ
  
(OSTERIA IL CANTO DEL MAGGIO)
住所;京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町512-2
営業時間:11:30~14:30(ランチ営業は日祝のみ)
       18:00~22:00(L.O.21:30) 木休
TEL:075-211-7768


で、ナイトキャップを求めて、木屋町五条方面に移動するのだ。

7
このお店のカウンターに置いてある「月刊少女野崎くん 1-4巻」は嫁の差し入れなので心して読むように。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/32287661

オステリア・イル・カント・デル・マッジョ@堺町通蛸薬師下ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿