フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« テッペン。その(3)@伏見桃山 | メイン | べんがらや@伏見桃山 »

2014年3月 3日 (月)

コム シェ ミッシェル@柳馬場通御池下ル

またまた、ランチネタに行くまでが無駄に長い日記です。coldsweats01

あとジャスト1か月で消費税が8%になる3月1日。嫁とそれまでに済ます大きな買い物は無いよねぇと話していて思いついたのが、嫁の新自転車購入。今乗っているのは、丁度このblogを始めた10年ほど前に買った「KHS F20T」なる折り畳み式の小径スポーツ車なのだが、普段マンションの室内に置いていて雨の日は基本走らないので10年乗ったとはとても思えない綺麗な状態。

しかし、流石にBBもへばってきて、チョクチョク油を差してやってもキコキコとうるさくなってきたのと、もちょっとしっかり走れるのが欲しいと嫁。運動を兼ねてアルバイトの出勤にも使うとのことで、お手頃なクロスバイクを買おうということに。

コンパクトな京都市内、近場の移動はもう自転車が非常に便利。最近の自転車ブームを受けて、お洒落な自転車店が京都市内には意外にたくさんあるのだ。でまずは三条~四条あたりの自転車屋さんを巡って、お手頃なのを探しに行く。お天気の悪い日で、京都文化博物館そばのコインPAに車を停め、京都シルベスト・SAKULAサイクル・KONSサイクルあたりを巡ろうということに。

で、いきなりランチネタにワープするのですがsweat01、11:00ぐらいに丁度前を通ったので、ランチはフレンチにするか!とお店の前の看板を見て発作的に電話したビストロの席が取れてしまう。お店の名前はコム シェ ミッシェル、ミシュラン2014のビブグルマン店だ。前から何人かの同士sweat01にお勧め頂いていて、過去数回の電話では振られ続けていたのだが、ようやく訪問しました。

1
お店は如何にもフランス!的外観だが落ち着いた感じ。電柱が激しく邪魔ですな。予約をお願いした12:30、店内に。1Fが2人席のみで10席、2Fもあり、そちらは8席だそうな。席間はビストロ的にゆったりしたものではないが、如何にも仏蘭西的雰囲気がプンプン。奥はキッチンで3名ほど動かれているようですな。1Fのテーブル席に我々が入って満席に。

ランチは¥2205の日替わり、¥2940と¥4200のプリフィックス、¥6090のシェフのお任せがある。¥2940がお得!との前情報でそちらをチョイス。前菜がお決まりが6種類に、更に季節替わりが4種類。メインが8種類に季節替わりが3種類と非常に選びがいがあるのが嬉しい。お肉系がお得だとの情報で、そういうのを軸にお願いする。

3

まずはアミューズはベーコンのキッシュ。手でつまんで食べてと言われたがかなり大きいサイズでびっくり。嫁に運転を任せて生ビーを頂きつつ。

4

私がチョイスした前菜。初見のビストロであれば食べているパテドカンパーニュ。それほど強く押し固めてはおらず、ふんわりなお肉!な一品。塩分も程よく好きな味ですな。ボリュームもご覧のとおり。バゲット劇消化メニュー。

5

嫁チョイスはロックフォールチーズ、アンディーブと胡桃のサラダ(+¥200なり)。塩気の強い青カビチーズに青っぽい独特の風味のアンディーブ、それに薄切りの蕪のピクルスが良く合う。キンキンに冷えた白ワインとやりたい!一品だが、嫁は運転なので我慢~。

6

お次は熱々でとても嬉しかった根セロリのポタージュ。セロリの風味は抑えた感じで、濃厚クリーム味とマッチして非常に美味しかった一品。旨いっす!

7

で、こちらは俺チョイスで¥500加算の、滋賀県日野町産小鹿のロースト。ソースは甘口のポルト酒を使った軽やかなもの。火入れはご覧のごとく。お肉扱いがお上手ですな、こちら。量もなかなかしっかり。

8
嫁はニュージーランド産の仔羊もも肉ロースト。こちらもソースは同じだが、更に火入れは軽い。乳のみ仔の羊なので非常に柔らかく旨し。

9
で、ディジョンマスタードが添えられているので、お肉に添えて頂くのだ。マスタードの酸味が特に鹿が非常~に合っていると思った。美味しいです。

満席なので、料理の進みは多少遅めだが、午後の作戦を練りながらまったりと食事が進行。お腹具合もパンパン!までは行かないがかなりしっかり量ですな。

10
で、甘いもの。こちらは俺チョイス、仏蘭西製栗を使ったモンブラン。ミニタルトの上に栗味濃厚なマッシュをかけモンブランに仕上げてあるのが工夫ですな。ミルクアイスとともに。ま、旨くないわけが無い訳で。

11
嫁チョイスは、モカのパルフェで3種のベリーソース。チョコ味濃厚なアイスケーキと言った風情。見た目より全然甘さ控えめなお味でこれも美味しい。

で、嫁はハーブティ、俺は非常に旨かった水出し珈琲を頂き充実ランチ完了!エスプレッソマシンで作ったお湯割り珈琲では無いしっかり系珈琲を出しておられるのは超好感度大!ですな。

サービス担当のお若い男性はキッチンもこなしつつという感じで、我々年長者は御料理の説明を受ける際についつい心の中で「噛むなよ!間違えるなよ!」と応援してしまうのだが、それも含め楽しいランチになりました、だはは。
以上、生ビー1&赤グラス1で¥8000ほどと至極納得価格。再訪確実、ご馳走様でした。

 

 

コム シェ ミシェル (Comme Chez Michel)
住所:京都市中京区柳馬場通御池下ル柳八幡町80-1
営業時間:12:00-14:00(LO) 18:00-22:00(LO) 水休・月1回不定休
TEL:075-212-7713

で、食事後は更に嫁用新自転車を探して京都市内をうろうろ。お手頃新マシンお披露目は来週か再来週になる予定。楽しみ楽しみ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/32123709

コム シェ ミッシェル@柳馬場通御池下ルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿