フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 喫茶ガボール@三条 | メイン | 稲荷山に登ってみたMEMO@2014.2.16 »

2014年2月18日 (火)

ブリークでディナー(2)@烏丸五条

またまた雪が降った金曜日の京都南部、伏見地方。今シーズンは週末になると雪!というのが4回目。今回は平日の雪で朝から驚くべき横殴りの中を歩く羽目になったのだが、嫁と丁度今ぐらいの時期に五条あたりにご飯を食べに行ったら、いきなり雪が降ってきて、傘も持っていなかったのでえらい目にあったのを思い出した。

その時に行ったお店が今回ご紹介するBrique(ブリーク)なり。食事がしっかりしたワインバー的なお店でフレンチとイタリアンの中間、という感じのメニュー編成。手打ちパスタがあるのと、しっかり系ソースで食わせるメインは無いのでどちらかというとイタリアン寄り、と言う感じですかね。
が、メニューはおよそ非常に正統派。前回、超お腹がいっぱいになったのを嫁が覚えていたのだが、また、美味しい目をしようと前日予約で席確保。20:00ならOKだ!とのこと。  ちなみに前回ネタがこちら

1_3

五条烏丸交差点の北西100mほどの静かなビジネス街にポツンとある。今日も前日からの雪が雨に変わり、朝からずっとそぼ降る中やってきたのだ。ゆったりとしたカウンター席が7席、奥にテーブル席が2、かな。我々が入って満席に。

3_3

こういうお店なのにカウンター前の壁に蝋梅を生けてある花瓶が掛かっているのがお洒落。ロゼのスプマンテ(グラス¥700だったかな・・)を頂きつつメニューを確認。 メニューはこの規模のお店とすると結構豊富な部類だ。前菜がお任せで出てくるシステムなので、量加減が解らず厳選4皿をチョイス。以下、全皿事前に1人前づつに分けて頂けました。

4_2

まずは定番のワインのアテ、前菜その1。ベーコンとローズマリー風味のグリッシーニ。それに可愛らしいクロワッサンはクリームチーズとパンチェッタを挟んだもの。小さなシューは鴨の煮込みを挟んでいる。春巻き風なものは豚のリエット入り。全てほの温かく、美味しい。

5_3

お次もお任せの前菜は嫁と別々のものが出てきた。こちらは俺が貰った皿。右の丸く形を整えたものは熊本産馬肉のカルパッチョ。軽くオイルで和えてガーリックしっかり、カリカリに焼いたチーズを添えてある。イカ墨パン粉に包まれたポテトサラダも面白いですな。 完璧ワインのアテですな。

6_3

こちらはプチトマトを柑橘系、それにミントの風味を利かせたジュレで和えた涼しげな一品。こちらは口直し用にもイケそうなとてもさわやかなお味。

8

で、牛モツとトリッパの白ワイン煮込みで¥1720なり。まろやかな甘口仕上げで、ま、牛丼好きなおっさんなら無問題に好きなお味でしょうな。ほんのりローズマリー。仕上げにレタスがたっぷりでこのたっぷり目のダシがもうスプーンが止まらない。。

7_2

こりゃパン食わな、でしょう~とお願いした吉田さんのパンは¥900と良いお値段チーズ系に胡桃系、フォカッチャにバゲットにふわふわ系とキャラが異なる5種のパンしっかり!なのが食事系パン好きには堪らなく嬉しい。。お代わりし放題なのも更に嬉しい。

9

お次も旨かった。自家製タリアテッレに合してあるのは、鴨・菊芋のラグー、それにセリ。かりかりの菊芋チップを散らせてある。これも優しいウマ甘口な味わいでぶりぶりと美味しいですなぁ。軽い赤を、とお願いし、ピノノアールで通したのだがピタリなお味。おもわずにんまりな¥1900なり。

ちなみにワインは赤・白とも5種類がスタンバイ。¥650~¥1300ほどのプライスゾーン。

10

で、魚の皿。今年は雲子にあまり出会ってないねと注文した雲子のムニエルに炙った雲丹を合わせたもので¥2660なり。ソースが先の白ワイン煮込みと同じ傾向だったが、こういう食べ方をすると又印象が変わりますな。。トロケル一品。これもパン劇消化メニュー。

11

パンをお代わりしたおかげでかなりお腹一杯なのだが、最後の肉の皿が凄かった。。マンガリッツア豚の炭火焼で¥2850なり。真ん中は黒キャベツで巻いたもの。ご覧のように見事な火入れ。ちゃんと火は入っておりアミノ酸完璧活性化、更に量もしっかりで参りました。いやー、お腹パンパン過ぎ・・。

12

流石にデザートはもう食べられず、嫁はギブアップ、俺だけエスプレッソを頂き暫し腹ごなしにのんびりするのだ。

以上で〆てスプマンテ2のチョイ良い赤2に白2とパン食べ過ぎでアルコールもやや控えめ。。で、〆て¥18000チョイという想像よりはチョイ安いかな、ぐらい。しかし良く食べました。。次回はパン・パスタは止めておいて、まだ食べていない前菜3にメイン1ぐらいでカパカパワインを楽しんでみたい!という感想。ご馳走様でした、次回は温かい季節に来ます!

 

 

◆Brique(ブリーク) 
住所:京都市下京区諏訪町通松原下る弁財天町336営業時間:[月・水・木・日]17:00~27:00 [金・土] 17:00~29:00 火休
TEL:075-200-9922

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/32101385

ブリークでディナー(2)@烏丸五条を参照しているブログ:

コメント


スイカ小太郎さん、こんにちは。 現在海外に住んでおりまして日本にいるときはずっとブログ見させていただいていました。 ちなみに鴻池新田にいたので地元ネタは特に嬉しかったです。 フレンチは大好きなのですが関西で食べれるようなフレンチがここにはなく、”もどき”を自分で作ったりするのですが、スイカ小太郎さんの記事、とーーっても参考になります。今回は↑のイカスミパン粉がとっても気になりコメントさせていただいました。このイカスミパン粉の部分はどんな感じで調理されていましたか? 良かったら教えていただけませんか?

テキサスさん、最近コメントが付かないものでチェックが漏れていました~。お返事遅れてすみません~。

で、イカ墨パン粉なのですが、色は黒いですがイカ墨的風味は控えめで、イカ感はほんのり、と言う感じでした。微細な粉末でしたね。

http://cookpad.com/search/%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%BF%20%E3%83%91%E3%83%B3

このあたりのイカ墨食パンレシピをご参考にパンを作り、電子レンジで乾かしてフードプロセッサで粉砕すれば似た感じのものは作れそうですね。NETでググってみたら結構色々なお店で採用実績があり、イカ墨パン粉とんかつもあるようです。
ご参考まで。

コメントを投稿