フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■麺類・うどん 2013年 Feed

2013年12月24日 (火)

手打ちうどん けんどん屋@伏見稲荷

なぜだか京都手打ち麺3連チャンの3作目です。

そういえば12月の3連休。普段食べ歩きまくっている我が家では、クリスマスは大体自宅且つ、私が料理を作る、というのが通例。が、昨年・一昨年は引っ越しやらの忙しさにかまけて、ケーキぐらいでごまかしてクリスマスも何もない状態だったのだ。しかし今年は良いタイミングの3連休。 早めに自宅クリスマスということに。

で、クリスマスネタは恥ずかしいので多分書かない(汗)のだが、街中に材料を買い出しに行く前に、夜はしこたま食べるのでなんぞ軽いものでも食おうよと、車で立ち寄ったのが、伏見稲荷にある手打ちうどん店、けんどん屋。 
11:30オープンのお店で、お店blogでPAがあるのを事前にチェック。師団街道を丹波橋方面から北上し、無事PAを発見。本日2組目の客として店内に。

1_2
開店前、入り口わきの麺打ち場でご亭主が切りそろえた麺を捌いている姿が見える。30席ほどある店内に。
伏見稲荷からもほど近く、良い季節なら行列ができるそうなのだが、流石今日は大丈夫だったようで。カウンター席の隅っこを確保し、メニューを確認。

最近、大阪にある讃岐系饂飩店はトッピングに力を入れた豪華なメニューが主流のような気がするが、ここは京風且つお手軽店で定食も¥800前後、天婦羅釜揚げ¥1050が最高価格。カツ丼などの小丼が付いてくるランチセットも魅力的だが、初見の饂飩店では無条件でカレー系を頂くことになっているcoldsweats01ので、そういうのをチョイスする。 

15分ほどで店内はあらかた5分入りほどになり、セット物メニューが多いので家族経営なカウンター内は戦場のような忙しさなのだが、見事に注文がこなされていくのを見ているのも楽しい。

2_2

まずは嫁注文、京都の冬の風物詩、きつねあんかけ¥670が登場。具は甘く炊いたおあげさん、それに卸し生姜のみ!という潔さ抜群のうどんだが、熱々でとろとろの葛餡をふうふう言いつつ頂くのが冬の京都の定番ですな。。

4

で、肝心の饂飩。あまり京都では見たことが無いほどの太目。外側がソフトで滑らかだが、京饂飩としては腰があるほうですな。むちむちとした食感で旨いダシが良く絡む旨い麺だ。
カウンターを覗き見ると巨大な圧力釜が鎮座しており、そこで饂飩を茹でているのが解る。饂飩を圧力釜で茹で上げているお店は、交野の楽々ぐらいしか知らなかったのだが、ま、同じ道具を使っても方向性は違いますな。讃岐ではなくて京饂飩だが、夏に来て冷たいのを食べてみたくなりました。

3_2

で、伏見稲荷近くということでおいなりさんは当然スタンバイ。小ぶりだが3個¥200という良心的価格。京都市内の薄口味付け店とは違う傾向、しっかり甘口で飯の固さも丁度良い塩梅。嫁に2個取られました。coldsweats01

5_2
で、俺注文。かき揚げカレー¥770が登場。当然注文後揚げられたサクサク熱々、かき揚げだ。具は小エビに玉ねぎ、エンドウ豆という布陣。
これもしっかり&スッキリ和風カレーダシがむちむち饂飩に良く絡み、なかなか美味しかったです。もちょっと辛口だったら更に嬉しい賀茂。

何時も来られる常連さんは、饂飩に海老天やらカボチャ天、わかめなどなどお好みのトッピングを追加して楽しんでいる模様。店内のどこにも表示は無いのだが、大盛りも無料らしいのでお次は大盛りで頼もうと誓いました。ま、車なら10分ほどのご近所なので、京都市内に出るついでに便利に寄らせてもらうことにします。ご馳走様でした~。

 

 

 

◆手打ちうどん けんどん屋
住所:京都市伏見区深草一ノ坪町41 パールハイツイナリ1F
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:30 水休・不定休(月1日)
TEL:075-641-1330

 

 

 

2013年11月 3日 (日)

手打ちうどん 団平 でカレーうどん(2)@ポタリング日誌2013

世は11月第一週の3連休。日曜日からは雨模様の予報で、貴重な晴れの土曜日はポタリングだ~と、いうことに。

10:00前自宅出発。とりあえず南に下り枚方辺りまで行って帰って来ようという作戦。地図上では20kmチョイの自転車散歩には程よい距離で、まずは丹波橋からいつものように鴨川・西高瀬川・桂川が並行して流れているポイントまで10分。

鴨川の左岸に3m幅ほどの自転車道があり、ずんずんと下っていく。直ぐに桂川と合流して、河川敷の畑を眺めながらのんびりと。連休初日で晴れ予報日が今日だけなので、流石に自転車が多いですな。本格ロードにミニベロ、MTBにママチャリ軍団、様々な人がニコニコとすれ違うのだ。

自転車道から旧1号線に出て、宇治川・木津川を跨ぐ御幸橋を渡り八幡市に入る。旧国道と並行した自転車道が淀川沿いをずっと河口近くまで続いているのだ。枚方近くまでは原チャリ進入禁止用車止めも無く、超走りやすい。

1
樟葉駅前のゴルフ場傍。林立する高圧電線用の鉄塔は日本海側まで延々続いているのだ。(多分・・) 朝寒かったので薄いダウンジャケットを羽織ってきたのだが、流石にポカポカしてきて不要に。

で、小休止の後は枚方宿方面を目指してちゃりちゃり。自宅から約22km、1時間半ほどで到着。

2

我々が枚方にチャリで来たらお約束のようにやってくるお気に入り、呼人堂(こじんどう)。めざすは枚方名物のどら焼き「あかつき」なり。詳細は9年前に書いた(汗)、こちらをご覧あれ。

3
お店前は大輪の菊が秋の装い。

で、ノーマル版あかつき、栗入り・もち入りを各2個づつ購入し、お腹も減ったしなにか食おうよということに。で、思いついたのが御殿山にある饂飩店、団平(だんぺい)。カレー饂飩が美味しいお店で、そういうのも良いよねぇと更にちゃりちゃりとお店に。ちなみに前回ネタがこちら

4
着11:45ほど。既に5台分ほどの駐車場は満杯で、空いていたカウンター席を確保。全30席が5分も立たず満席になり、ずっと数組の行列ができる人気度合い。
嫁は本日のスペシャル!と速攻でメニュー選定。俺は、前回と同じのをチョイス。

5
まずででーんと登場、俺チョイス、カツカレーうどんはご飯付で¥940なりとチョイ良いお値段。(ピンボケでスマヌ) 
ボリュームはご覧のように申し分無いのだが、自転車でやってきて頂くには後でペダルを回せなくなるほどで、注文してからちょっと反省~、ですな。2000Kcalはありそうな感じ。。

6
で、アップ写真。揚げたてのトンカツに、刻み揚げ、それに肉うどんに入っているような甘辛く炊いた牛肉がしっかり。

7
嫁チョイスは、鶏ちく天カレーうどんで¥940なり。こちらも子供のこぶし大!ほどの巨大鶏天が2個、更に半割の鯛ちくわ!という具だくさんの布陣。

8
前回より若干麺が太目になっているような気がしますな。むちむちぶっつんと歯ごたえも良い感じで非常に旨い。
特筆すべきはカレーダシ。カレー好きなら大体の人が頂けるほどでそれほど辛くはしていないが、鰹系饂飩ダシとカレー香辛料の一体感が素晴らしい。鰹ダシが濃いカレー饂飩店は沢山あるが、カレー成分とどういう化学変化を起こすのか後口に妙なえぐみが残るお店がタマにある。こちらはコクがあるのに後口スッキリ!で美味しい。

9
嫁にもらったが熱々すぎてかぶりつけなかった巨大鶏天はご飯の上に着陸させてミニカレー丼として。しかしまぁ、炭水化物まみれでお腹一杯ですな~。嫁もご飯小まで平らげ大満足なり。

やっぱカレーうどんに関しては、京都より大阪のお店のほうが好きなところが多いなぁ、と再確認した一日でした。当然、またお腹をしっかり減らせて来ます~。

 

 

 

手打ちうどん 団平 (だんぺい)
住所:大阪府枚方市三栗1-1-10
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:30 月休(祭日時は次の日)
TEL:072-848-8080

 

 


 

食後はあまりにもお腹がいっぱいで、小一時間ペダルを回すとお腹がつっかえて(汗)苦しかったのだが、30分ほどで淀川河川敷公園背割り地区に戻ってくる。

春の桜の名所で、とても賑やかなのだが、この季節でも休日はバーベキューをする家族連れや、散歩を楽しむ人でまったり。我々も30分ほどベンチにごろんと寝転んでストレッチをして、休日を満喫。

10

で、また近所のパン屋に寄ってから、自宅帰宅14:30なり。とりあえずのんびりできた良い休日でしたが、またまたカロリー収支は、600kCalほどプラスになっている気がしますな・・。

 

 

 

 

◆本日の走行距離:50.39km
◆本日の平均時速:15.9km/h

 

2013年8月24日 (土)

福来たるでランチ(2)@近鉄伏見駅

更に更に夏休み中のご近所ネタ。
とりあえず、暑いのでまたまたご近所でランチだ~と伏見駅に。当然、お盆休みのお店もあるだろうと特に決めずにやってきた。この付近でお気に入りというと、こちらのラーメン店がとりあえず今のところ大マイブーム。が当日、ランチ営業がお休みだったので、その道向かい、近鉄伏見駅の高架下にある饂飩店、福来たるに入ることに。

既に8月も終わりかかっているのに、今年一発目の饂飩店ネタであることが今解りまして、ちょっとびっくり。大阪に住んでいた時代ではありえないですな。。京都でお気に入り饂飩店というと、今のところこの福来たるに最近人気の大河、それに市内では山元麺蔵があるが、山元は馬鹿並ぶので、気力があるとき限定で、大河も何回か行っているのだが最近土日はほぼ行列ができるので流石にこの暑い季節は嫌だよねぇと言う感想。で、一番来ているのが実はこの福来たる。初回ネタがこちらなのだが、もう4、5回はやってきているように記憶。

行列はできていないが昨年5月の開店から進歩が目に見えて解るのが楽しいお店ですな。すんなり座れて、且つハイレベルなお饂飩が頂けるのが嬉しい。

1

季節限定メニューが豊富、それにセット物がお得なのも嬉しい。が、初回に嫁が食べたささみ天ぶっかけがボリューム大でなかなか美味しいので、以後、そればっかり食っているのでネタにしていないのだが(汗)、今回はちょっと違うのを食べようということに。結構キャパがあるお店で、座敷まであるので、お盆の今日は家族連れ多し。やっぱ暑いからね。。

2

で、暫しの後、俺注文のBセット、黒毛和牛とろろぶっかけ饂飩と縮緬ご飯がじゃじゃんと登場。麺1.5玉でも同価格なのだが、今回は普通盛りで。

3

饂飩アップ写真。甘辛く炊いた牛肉にとろろに卵黄という暑い夏をさっぱりと且つしっかり乗り切れそうなパワフルメニュー。

4

嫁は鱚天とさより天の梅おろしうどん。ひやぶっかけでお願いした。天婦羅も上質、とまでは言わないが外はクリスプに中はふんわりと美味しく揚がっていてアスパラ2本付というのが良いセンス。これで¥730とは良心的過ぎですな。。

5

で、このお店特筆すべきは麺とぶっかけダシのバランス。ぐにぐにと伸び、グミ系の噛んだ食感がとても良い麺で、太さも丁度良くちょっと甘めの程良いダシとのマッチングが非常に好み。腰がしっかりしてきて毎回どんどんうまくなっているように思うのだ。大河も旨いのだが、ここからそこまで歩いていくぐらいなら、こちらで納得して食っちゃうぞと言いたいですな。とろろ効果でずっるずる~と一気呵成に啜りこみあっと言う間に完食。いや、旨かったなり。

ま、ウチから最も近い饂飩店なので再訪間違いなし。いつもお世話になります~。また来ます。

 

 

 

 

◆手打ちうどん 福来たる
住所:京都市伏見区深草柴田屋敷町76
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~21:30(L.O.21:00) 水休
TEL:075-641-6663