フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

お出かけ記録2013 Feed

2013年12月31日 (火)

Cafe 来隣(KIRIN)@京都冬景色2013.12.29(後編)

雪の大原ネタ、後編&本年最終ネタです。
遅寝遅起きな我々としては朝早くからの活動で、もうお腹が減ってきた11:00。とりあえず三千院から寂光院に移動する途中で何かお腹に入れようということに。

Kirin1

大原バスターミナルから寂光院に向かう道。直ぐに高野川に出て川沿いを少しだけ歩くことになるのだ。と、道をふさぐようにお洒落なカフェにぶち当たる。

Kirin2
春に来た時に建築中だったカフェが小奇麗になってオープンされており、ここでランチにするということに。お店の名前はきりん、なり。ランチは11:30が開始時間。大原プレートなる大原の野菜をたっぷり使ったセットが¥1500なのだが、まだ20分ほど時間がある。中に入って聞いてみると、急がないならお待ちいただくと食事できますよとのこと。

Kirin3

ストーブ前のソファ席のまったりさに満足し、ダウンジャケットを脱いで暫しゆったりさせて頂くことにしたのだ。ランチでなくてもおにぎりのセット物やピタサンドなどモーニングセットもあるのでもう少し早い時間でも大丈夫。

で、暫しの後、早めに段取り頂いたのかランチが登場。これがなかなか健康的で嬉しい。

Kirin4
まずは、香芯大根と水菜・プリーツレタスのサラダ。良く炒めた玉ねぎが入ったポン酢系ドレッシングが美味しい。

Kirin5
で野菜がたっぷりなおかず類。紙包み焼は、白ネギと白菜、シメジ。これも大根卸ポン酢系ソースで。揚げさんと白菜の生姜風味に炊いたもの、小さなココットに入ったのは豆乳のグラタン。あと蕪や人参などのローストに、チキンソテー、影になって見えないが大きなイタリア風玉子焼が鎮座。柴漬けが付いてあるのが大原らしい。

Kirin6
で、赤米が入ったご飯と薄揚げと白菜の優しい味のお味噌汁が付いてくる。想像以上にしっかり量且つ健康的。これは女性に受けそうですな。どれも薄味で、特に霜が降りると柔らかく甘くなるという大原の白菜が美味しかったです。

Kirin7
カウンターにはアーチスト系な方が作られた手作りペンダントなどが販売されていて、そういう田舎住まいナチュラル派な人々が集まってきそうな、そういう雰囲気。

田舎好きにはなかなか良いお店ですなぁ。お茶もしたかったのだが、色々用事もあるのでとりあえず寂光院に向かう。12:00前だが日の当たるところはあらかた雪も消えて、青空と太陽がまぶしい。

Kirin8
が、寂光院あたりは山影になっているところが多く、まだしっかり雪が残っていた。

Kirin9
山門につららがある!と嬉しそうに嫁。

Kirin10
我々が住んでいる同じ市内sweat01なのですが、南の端の伏見とは気候帯からして違うという感じですな。とても良かった冬の大原散歩でした。今度はもっと雪深いタイミングでやってきます~。(2月くらい?)

で、帰りは京都バスで三条まで移動し、御池に出来たグランディールで朝パンを買い、晩御飯を乙羽寿司で仕入れて帰宅15:00。徒歩17000歩でした。

 

 

 

◆大原リバーサイドカフェ 来隣(きりん)
住所:京都市左京区大原来迎院町114
営業時間:10:00~日没まで 火休
TEL:075-744-2239

 

 

●で、2013年の更新はこれで終了です。2014年の初更新は1/3か4になる予定です。それでは皆様、良いお年を!

 

 

 

 

大原散歩@京都冬景色2013.12.29(前編)

和歌山出身、それにスキーなどの冬系スポーツには過去手を出したことが無かったので雪景色をじっくり見たことは数えるほどしかなく、雪が降ると心は犬のように庭駆け回ってしまうsweat01のだが、昨晩から随分冷え込んできた京都。NEWSによると京都市内でも北部のほうは雪が積もりそうだ、との予想。

で、以前からの懸案で、雪景色の京の庭園を見学したい!という絶好のタイミングだと踏んで、前日は早寝して休みというのに7:00前にはきっちり起床。NETで金閣寺のライブカメラを確認するとうっすら雪景色に。ちょっと雪が少な目だったので、これなら大原まで行けば雪景色は確実!と8:00チョイ過ぎ自宅を出発。天気は雲一つない快晴。気温ー1℃と寒い寒い。

出町柳まで京阪で、後は京都バスと言う作戦。出町柳駅前から北東に目をやると比叡山は真っ白。バス停前の路上にも日影の部分にはうっすら氷が。で、30分ほど後にこちらに居たのだ。

1_3
空気はひえひえなのだが、快晴なので日が当たっているところは温度急上昇中。マッハで三千院方面に徒歩移動。坂道のあちこちが凍結していてつるつる滑るが、道路には雪はほとんどない。

で、先に三千院に行くよりも、あの庭園を見るでしょう?と宝泉院に。

2_2

山影は手がかじかむほどの寒さで、観光客もまばら。静かな宝泉院だ。自宅から1時間ほどで来れるのはありがたい。

3_3
五葉松と雪のコントラストが美しい。お茶菓子とお抹茶を頂けるので、暫し緋毛氈の上にゆったり座りこむ。

4_3 

青竹と赤い松の幹に雪の白が映えますな。流石に靴を脱ぐと足先が寒さでじんじんするのだが来てよかったなと思える瞬間(写真クリック+Ctrlで拡大します。) 実は、今年大原訪問4回目だが、今回が一番嬉しかった犬系人間。

5_3
宝泉院その3。

6_3
お庭の美しさに感動しつつ、今度は三千院方面に移動。9:30を回るとこの寒い中結構な数のお客さんがつるつる滑る坂を上ってやってくるのだ。

7_3
勝林院は中に入らず写真だけパチリ。で、三千院に。

72

こちらは流石に観光客はそれなりに居るのだが、お庭の美しさにはびっくりですな。。暫しカメラであちこちをパチパチと撮影。

8_2 

(写真クリック+Ctrlで拡大します。) お若いお坊さんによるお正月準備中で、山門に大きな垂れ幕やしめ縄の飾りつけの真っ最中。

9_2
わらべ地蔵にも雪が綿ふとんのように降り積もっている。でも、ちょっと寒そうですな。

10
あまりにお地蔵さんが寒そうに見えるので笠をかけてあげたくなるようなシンとした空気。

102
が、10:00過ぎになり山影から太陽が昇ってくるといままで影だった部分にもお日様が当たり出し、流石にぼたぼたと雪が枝から落ちだすのだ。思いっきり着込んでいる&登山用ブーツなので特に寒くは無いのだが。

11
誰かのいたずらか、赤い欄干にウサギの雪だるま。

大満足なのだが、お腹が減ったのでちょっと早いけれどランチだ~ということに。
後編に続きます。

 

 

 

 

2013年12月 8日 (日)

京都紅葉模様@ポタリング日誌2013.12.07(その2)

こちらの激盛り寿司店ネタの続きです。
とりあえずお腹が一杯過ぎでペダルを回すと膝がお腹にくっつきそうな中coldsweats01、嵐山から東へ、東へ。丸太町通りの銀杏は、道路脇に驚くほどの落葉でてんこ盛り状態の中、滑らないように気を付けつつ北東方向へ。

で、やってきたのは北野天満宮。12月になると来年の干支の巨大絵馬が山門に掲げられるので、年賀状用写真sweat01に撮りに来たのだ。

1_2

ここも先月の23日にやってきて、もみじ苑を見学したのだが、まだまだ見ごろのモミジの木がありますな。なかなか綺麗。

2_2

今回は中に入らずに、入り口わきから見学。で、西陣の街中を突きぬけてやってきたのは下鴨神社。京都市内でも最も遅い紅葉が楽しめるスポットとして有名。

3_2

世界文化遺産ですな、確かに。糺の森入り口は大勢のお客さんで一杯。あれーと思い、森の中に入ってみると・・。

4_2

今日は手作り市が開かれていて、沢山のテントで手作りの洋服やら手芸品、屋台などなど様々なお店が100店近く立ち並んでいてなかなか壮観。
紅葉よりも、お店を覗くほうが面白いので、のんびり冷やかしつつ奥のほうへ。

5_2

 と、今日は糺の森を走る遊覧馬車がある日。年に2日間だけのようだが奥からパカパカと10人ほどのお客さんを乗せた馬車がやってきてびっくり。丁度来年の年賀状に使えるのでかなり嬉しい遭遇(汗)。しかし何気にのんびりできますなぁ。

6_3

で、毎年やってきているような気がする奥の紅葉ポイントを見物してから、露天を見物に行こうよ!ということに。

7_2

京都で手作り系市と言うと東寺や、平安楽市が有名だが、ここも定期的にあるのですかね。。なかなか盛況。アマチュア諸氏の手作り品だが、お洒落でセンスのあるものが多く、一品物好きには堪らないですな。
スイス的チロリアンファッションやら無印のカタログから出てきたような女性が、糺の森に集結してくるのも面白きかな。

8

紅葉は、来週くらいですかね、ピークは。さくさくと落ち葉を踏みしめながら散策するのも風流。途中でキャンピングカー型カフェでカプチーノなど飲みつつのんびり。

が、15:00を回ると急速に寒くなってきたので出町柳から自宅まで40分!という自分的最高速度を記録しマッハで帰宅。なかなか良い休日になりました。

 

 

◆本日の走行距離:33.4km
◆本日の平均時速:15.2km/h

 

 

2013年12月 5日 (木)

伊佐夫で超スッキリラーメン@ポタリング日誌2013.12.01(その2)

で、こちらの紅葉ネタの続き。

とりあえずお腹が減ったとマッハで白川通を南下。特に何を食べるとは決めていなかったのだが、蓮華寺を出る前に嫁の「何かあっさり系なものが良いな」の一言にビビビと来て、チョイスしたのが、伊佐夫(いさお)なるラーメン店。

1_2

北白川から東に路地を20mほど入ったところにある。この写真の位置から首を右(西)に向けると、そこにはコッテリラーメンの聖地、天下一品北白川総本店があり、12:00チョイ前の時間帯で、既に20人ほどの行列ができているのが見える。

ま、そこも大好きなのだが、二日酔い明け且つ風邪気味の日はもちょっと大人しく、上品なものを食いたいわけで。

2_2

店内に。お若い大将が1人で回しておられるカウンターのみ、12席ほどですかね。店内は綺麗に片付いており、3席だけ空きがありするりと席確保。

塩ラーメン、それも鶏、鯛、炒りことさっぱりした上品なダシが特徴だと聞いて、こういうややへたばっている時を狙ってきたのだ。 俺は鶏そばTEN麺¥700を、嫁は鯛そばTEN麺¥800をチョイス。ご飯が欲しいねぇと、炙り豚めし¥300も追加の方向で。

3_2

で、じゃじゃんと登場俺注文鶏そば。表面を炙った厚手の鶏チャーシュー、白ネギに、赤蕪?、それに多分茹で小松菜。
スープはほぼ透明、が、香ばしい油分はそれなりに浮いていて、すっきりしたお味。麺はかなり平べったい手打ち縮れ麺でぽろぽろした食感。

あまりにスッキリしすぎていてパンチは無いのだが、テーブル上に青柚子胡椒が置いてあり、これを入れてみたら、ぴりりとした刺激がなかなか良く合う。どことなく上等鍋物、みたいなお味になるのだが、ちょっと気に入りました。

4_2

で、これが他に類を見ない麺類、鯛そばなり。
具がラディッシュに空芯菜のスプラウト、紅芯大根スライス、白ネギに春菊、赤紫の野菜は不明だが、とにかく肉っ気全く無しの野菜オンリー。

5_2

それに麺は細目のストレート麺、九州系というより堅茹のにゅうめんのごとき水分を含みにくい麺なのだが、これがこのスープと合わせるのなら納得だな、という感じ。

で、スープが上品で和食店で椀物に入っていそうな、いや、それよりも更に塩分を抑えたようなあっさり系のお味。山葵、それに大根卸しが添えられ、途中でお好みで追加してね、という趣向。 油の風味はあるので、ま、ラーメンといえばそうだよね、と言う感じなのだが、山葵をいれると???が深まる感じ。 いや、お味は悪くはありませんぞ。

6

炙り豚めしも登場。バーナーで炙られたネギが食欲をソソル香り。マヨネーズ甘醤油味系なタレで、ま、これは良くあるタイプですが、ちゃんと美味しい。

なかなか面白いものを頂きました。旨いのか?と言われると、お向かいのお店のほうが行く確率は高そうsweat01なのだが、二日酔い明けには超合っていそうな孤高のラーメン店。 山崎麺二郎と言い、キャラが立っているラーメン店が多いですな、京都は。 嫁がかなり気に入ったようなので、再訪は確実。また、ポタリング途中に寄りそうな予感です。

 

 

◆伊佐夫
住所:京都市左京区一乗寺樋之口27 コーポラス禅 1F
営業時間:11:00~14:30  17:30~20:30 月休 (祭日の際は営業)
TEL:075-702-1770

 

で、程良い満腹加減でちゃりちゃりと自宅を目指す。

7

鴨川を南下していると、五条から七条に降りる川端通り沿いにも真っ赤に紅葉しているモミジを発見。(というか、朝来る時に前を通ったのだが。。sweat01

8

なかなか立派な木で、これが今年最後?のモミジ狩りになりそうな予感です~。

 

 

◆本日の走行距離:35.47km
◆本日の平均時速:15.4km/h 

 

2013年12月 4日 (水)

京都紅葉模様@ポタリング日誌2013.12.01(その1)

12月初日のポタリング日誌。
日曜日、今日も朝から良いお天気。昨日は二日酔いでへたばっていたのだが、1日おとなしくしていたので、ソコソコ好調。そろそろ紅葉も終わりのタイミング、比較的遅めの季節まで楽しめるという紅葉ポイントを目指して、10:00過ぎ出発。 今回は明日は仕事だし、厳選1か所だけにしようということに。

1

で、自転車キコキコとやってきたのは八瀬の手前にある蓮華寺。京都市内から大原に車で向かう際必ず前を通るスポットだが、今回初訪問。

自宅の丹波橋から17km弱、というところ。R24を北上し、九条橋を渡ってひたすら鴨川を北上、出町柳から東大路に入り、途中で白川通に移ってと、ずっと走りやすい道ばかり。ノンストップで約1時間20分で到着。山門の前は散り紅葉がなかなか綺麗だ。

2

入山料は¥400なり。すっかり散り紅葉なのだが、地面に落ちた落ち葉を踏みしめて歩くのも秋の風情。 あー、もう秋もそろそろ終わりかな、としんみり。

で、とても綺麗だというお庭に移動。

3

おー、なかなか素晴らしいですな。。お庭のほうは今が見ごろ、ぐらいの感じ。日曜カメラマンだらけでお互い遠慮しあって、縁側に出ずに座敷の奥のほうからカメラをパチパチ。

4

池に映る紅葉がとても綺麗なのだが、もちょっと薄曇りぐらいのほうが雰囲気があるかもですな。。

5

小さなお寺だが、流石に今日は紅葉見物のお客さんで一杯。バスでどんどん人が入ってこられたので早めに退散することに。

小一時間写真を撮って遊んでいたので、すっかりお腹が減っており、前から気になっていたラーメン店を目指して、白川通を南下するのだ。

お次、ランチネタのポタリングその2です。