フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ぎょうざ処 亮昌@四条

特に用事の無い週末、久々に映画でも見ようと河原町界隈に。夜ご飯場所以外は出たとこ勝負で、という作戦なのだが、ランチはなんだか餃子なんか良いよねぇ、ということに。

で、前から気になっていた餃子専門店に行ってみることにしたのだ。お店の名前は亮昌(すけまさ)、和エッセンスが盛り込まれた餃子だと情報。
結構暑い日で久々に30℃超の京都地方。梅雨の晴れ間の良い天気の中、お店に向かうのだ。直ぐちかくにはケーキ店のSや、ウマパスタのレオーネがある。

    1

12:00チョイ前ぐらいの時間帯。先客はお若いお兄さん1人だけだったのだが、12:00を回ると近所のビジネス客がわらわらとランチにやってくる。席数は結構ありますな、喫煙席が室外のエントランス部分に4席、店内は禁煙席で、カウンターが4席、4人掛けテーブルが3、2人掛けが2という編成。

2

ま、メニューはこういう感じで、ぎょうざ、それに飲み物のみ!という潔さ。定食は餃子2人前にご飯と漬物、みそ汁付で¥690なり。ま、当然それを注文。ご近所のビジネス客をしり目に俺はジョッキ、嫁はかわいらしいコップで生ビーぷは~!の幸せよ。

3

で、暫しの後定食がテーブルに運ばれてくる。ご飯が結構大盛りなのでランチ量としても十分ですな。

4

餃子アップ。具は京もち豚ミンチにキャベツ、それに九条ネギ、鰹だしベースで隠し味に山利の味噌が使っているそうなのだが、うーん、その効果自体は良く解らないかも。(汗) 皮はやや薄め、ぐらいで程よい厚み。焼き具合も良くコントロールされており、底はバリッと、上はふっくら、と言う感じ。

酢醤油、それに昆布をきかせているという自家製のラー油、それに原了郭?製なのか、テーブルに置いてある黒炒り七味(某店より山椒は抑えているような・・・自家製?)を付けて頂くといやー、これはなかなかイケている餃子ではありませんか。お肉感は少な目の野菜中心の餃子ですが、餃子としてはさっぱりしているのでいくつでも行けそう。生ビーとの相性も抜群。

それと、ニンニクは気持ち、ぐらいしか使っていないらしく 自宅の餃子でも生姜だけでニンニク使わない派なので、嬉しく頂きました。

餃子の具を利用している、キャベツとネギみじん切り、それに麩と豚ミンチが入った味噌汁も良いお味で、美味しかったです。この界隈で餃子というと思い出したくなりそうな良店ですな、ご馳走様でした。また、来ます~。   

 

 

 

 

 

◆ぎょうざ処 亮昌
住所:京都市下京区堀之内町263 1F
営業時間:[月~金]11:30~14:00(L.O) 17:00~22:00(L.O)
       [土・日・祝] 11:30~22:00(L.O) 不定休
TEL:075-201-6175 

2013年6月25日 (火)

らぁめん まだら@宇治市槙島

日曜日のランチネタ。
小雨そぼ降る日曜日の朝10:00。4:00起きで国際蹴球メキシコ戦を見ていて、また変な時間に寝たのでなんともダルイのだが、結構お腹も減ったし、どこぞでずるるっと麺類なんか良いよねぇということに。

で、いつもながらのネット頼りでどこか美味しそうなお店は無いかいな?と検索するのだが、我が丹波橋からもそれほど遠くない宇治市槙島なる地域に、フレンチ出身のシェフが腕を振るうラーメン店があるとのうわさ。季節替わりで面白そうなメニューを出されていて、某食べログを見ると限定の塩トマトラーメンなど素敵に旨そうな感じ。あっさり系スープもタマには良いよね、とお店に向かうのだ。

1

まわりは田んぼやら畑が目立つ軽工業地帯との境目、みたいな立地。最寄駅のJR小倉駅からも1.2kmほどあるので、ま、車で無いとなかなか来にくい場所ですなお店前は当然5台分ほどのPA完備。

自宅から意外に近くて、15分ほどで到着してしまい、PAで暫し待つ。どこからか1人歩いてやってきたお兄さんが1名、一緒に11:30開店の10分ほど前に店内に案内される。

店内は壁に向かったカウンターが6席、6人掛けの大き目なテーブルが2、4人がけテーブルが1。もっと詰めれば席は入れられそうな空間、かなりゆったり目のセッティング。が、暫くして理由が判明するのだ。

2

メニューはこんな感じ。塩ラーメンに醤油ラーメン、それにグリルチャーシュー麺が定番で、あとは季節の変わり麺が1種。ご飯ものも適宜季節替わりしていそうですな、本日はとうもろこしのご飯なり。

で、俺はグリルチャーシュー麺¥800を醤油でお願いし、ご飯付で計¥950なり、嫁はカレー肉味噌と豆乳の合え麺¥800に挑戦。

3

いやービジュアルは非常に良好ですな。動物系に魚介系を合わせた見た目よりコクのあるスープ。香味油はなんだろう、玉ねぎ系? 具は存在感抜群なグリルチャーシュー、煮玉子半分にフライド玉ねぎ、ネギとメンマ。テーブルに胡椒等の調味料は一切置いていないのが、自信の表れか。

5

麺は多加水の中太ストレート麺、腰も程よいややつるつる麺ですな。チャーシューは厚みは5mm以上と存在感抜群なのだが、濃い味付けにはしておらず、グリルして香ばしさがプラス。柔らかく食べやすい。ナイスですな。
あまり普段はこういうラーメンは食べないのですが、全体的にとてもバランスが考えられているという印象。ごきゅごきゅとスープまで完食。旨いっす。

6

で、こちらが嫁チョイスのカレー肉味噌と豆乳の合え麺。別に豆乳タレと温玉が添えられている。ローストチャーシューには粒マスタード、茹でカボチャにオクラ、赤・黄のパプリカ・玉ねぎのラタトゥイユを合わせてあるという、これまた驚きのメニュー。確かにフレンチでもかじっていないと思いつかないかも。

7

まぜちゃうと、なんじゃこれは~的ビジュアル(汗)になるのだが、クミンの香りも爽やかで豆乳と味噌系が合わさったなんともエキゾチック系不可思議なお味に。当然、冷たいまぜそばなのだが、もっと暑い季節で食欲の無い時に良さそうな感じですな。大推薦!とは言いませんが不味くは無く、楽しく頂けました。

4

で、トウモロコシの入った優しい甘味のご飯を頂いてほっこりランチ完了。こういう季節感のあるご飯ものは嬉しいですな。これはとても面白い試みのお店かも。

で、次々と子供連れの家族客がわさわさとやってきて、12:00前にはあっという間に満席に。6人掛けテーブルが2つある理由が解りました。
しかし、3歳児でも全然食べられる円やかラーメン、ということですな。個人的に醤油ラーメンには香り高い黒胡椒をその場でがりりっとやると、尚美味しいような予感なのですが。ま、非常に気に入ったので、また季節ラーメンが変わったら再訪確実です。いやー、旨かったなり。

 

 

 

 

らぁめん まだら
住所: 京都府宇治市槙島町石橋6
営業時間: 11:30~14:00 18:00~21:00 月休・変則休あり
TEL:0774-24-0556

 

 

2013年6月24日 (月)

紫洸@烏丸御池

いやー、またなかなか素晴らしい居酒屋さんに巡りあいました、お店の名前は紫洸、京都文化博物館の南側、高倉六角から東に10m、というところ。

たまたまネットを彷徨っていて、良いよ~と言う情報を得たのが1か月ほど前。別ルートでも良いという情報があり、ビビビときて予約。まだオープン1年ほどの比較的新しいお店だが、前日予約で席確保。オーナーご夫婦2人でやっておられるこじんまりしたお店だ。19:00予約でほぼ時間通りお店に。

   1

予約客で既にお店は満席。カウンターが6席ほど、奥にテーブル席があり、全部でも14席、というところですかね。ジャズが低く流れる店内、落ち着けるお洒落系居酒屋、という風情なのだが、料理もかなり、いや相当にちゃんとしているのだ。

2

ほぼ同時に3組が来店でばたばた。2人だけで全てをこなされているのだが、連携はピタリで、何か飲みながらウダウダしている限りそれほど待たされている感じは無いですな。

まずは突出し。切り干し大根の薄揚げの炊いたん、それに鰯の生姜煮。チョイ味濃い目ですが居酒屋系とすると上品な部類ですな。冷酒できゅきゅっと行きたくなる感じ。

3

で、つなぎでもらったポテトサラダは¥600なり。ポテサラはお店のキャラが出る楽しいメニューですな。で、こちらは柔らかくクリーミーに仕上げているタイプ。人参キュウリの歯ごたえが楽しい。生ビーぐいぐいで旨いっす~。

4

刺身盛り合わせ2人前は¥3000となかなか良いお値段。厚切りで存在感のあるよこわに勘八が超ウマ。鯛の雲丹巻、ヤリイカに甘エビ、鱧落としとボリュームも十分なり。

5

牛筋煮込みは¥650なり。大将の「うちのは白味噌と塩麹で仕上げているので柔らかいでしょ」との情報は、確かに納得ですな。やわやわでダシまでウマウマ。

6

今が旬のとうもろこしのかきあげは¥700。ひやー、さくさくで驚くほどの甘さで、非常~に旨いのだ。たまりませんなぁ~。

ま、当然冷酒に切り替え、獺祭→ハクレイの夏原酒ひや→杉勇純米という進行。常時10種類ほどとそんなに種類は多くないですが、結構、色々切り替えて入れておられる模様。

7

日本酒のアテに、と推薦頂いた自家製の蛍烏賊一夜干しで¥650なり。ほんわりとワタの苦みごと頂けるのだが、これがもうむちゃくちゃ呑めるお味、というほどは呑めないんですけど・・・乾きもの系が好きなら、大推薦!なり。

8

で、焼いた魚何かありませんか?とお聞きして推薦頂いた可愛らしい喉黒。サイズはアジフライぐらいのイメージなのだが、脂が超さらっさらで肉はしっとり、皮はぱりっと焼き上がり想像よりも激しく、激しく旨し~、猫まっしぐら系ですな。

で、実はこの写真を某食べログで見て、あー、あれを食べたい、と思ってやってきた思い出のメニューに10年ぶりぐらいで遭遇。

9

10年ほど前大阪に住んでいた時代に、京都に遊びに来て入ったちょっとオシャレ系居酒屋で目についたので注文して、とても気に入ったのが、このたぬきうどんのご飯版、たぬきごはん。薄味揚げ入り餡かけご飯、生姜&九条ネギ入り、みたいなシンプル極まりないお料理だが、冬の寒い夜の〆に超適切系。京都でもう一度見かけたら食べようと狙っていたのだが、ようやく巡り合いました。

が、エアコン掛け過ぎで体調がよろしくないときのリセットメニューにも宜しい感じですな。ほっこりできました。

10

どんなにお腹一杯でも食べられますよ!と出して頂いた〆の甘いもの。寒天を泡立てて作った抹茶ムースで、ミルクやバター系なもの一切無しだそうな。超ほわほわで口どけが雪のよう。大感心なり。

で、生ビー2、冷酒3合で計¥11000なりと超超納得価格なり。いやー、どのメニューもちゃんと美味しく頂けました。いやー、レベル高いですな。

もう既にご近所には相当知られたお店のようで、19:00~19:30ごろまでなぜだか女性2人客ばかり飛び込みで次々にやってこられて、残念そうな顔で帰っていく人気度合い。20:00回ると結構空いているようなので、遅めの時間が狙いかも、ですな。再訪確実店です、また来ます~。

 

 

◆紫洸
住所:京都市中京区堀之上町127 Y2ビル  1F
営業時間:11:00~14:00 17:30~23:00 日休、毎月18日休
TEL:075-255-9333
 

2013年6月23日 (日)

カフェ&ショップ Ryokaku@三条

原了郭(はらりょうかく)の「黒七味」というと、京都の定番御土産物で、ウチのblogでも超初期にネタにしていたお気に入り。 饂飩や蕎麦にちょちょいと使うと、あれー、ピントの決まらない眠い味だよね、と思っていたお料理が、ぐぐっと立体的なお味になる、和食好きなら一度は試してみるべきアイテムですな。

創業1703年という老舗なのだが、最近カレー店をオープンさせたということで、そりゃ一度行ってみないと、ということに。土曜日の梅雨空の中、三条外れのコインPAに車を停めお店に。

Ryokaku1

お店は四条と三条の丁度中間ほど、観光客も多い大和大路沿いという、ま、迷いそうにない位置にある。超巨大な黒七味容器がショーウインドに飾り付けてあるので即発見。和カフェ風の明るい店内で、老舗感はまるでありませんな。丁度お昼時、行列は出来ていなかったがほぼ満席で、空いていた2席に滑り込みセーフ。

で、メニューを確認。カフェなのでスムージーとかあまり原了郭で出しそうには無さそうなメニューもあるのだが、メインはカレーですな。カレー以外にはカツ丼・衣笠丼にカレー炒飯となかなかカフェらしくはないメニューが並ぶ。
カレールーは基本一種類だと思うのだがトッピングで色々種類あり。暫し悩んで、嫁は京野菜カレー¥1155を、俺は多分一押しだと思われる九条ねぎ鶏天カレー¥1155を注文。ま、カレーとすると結構なお値段。

ま、香味野菜たっぷりのフルーティ系、との事前情報で、どういうのかなぁ、と楽しみにしつつ料理を待つのだ。店内はカレーの旨そうな匂いでたまりませんな。

Ryokaku2

料理が出てくる前に、販売しているミックススパイス類を使った試供品みたいな一品が出てくる。ミニミニツナサンドにはカレーパウダースパイシーが、トマトには風味豊かなミックススパイスが使われている。
激ウマ!でもないのだが、確かにクミンなどスパイスの香りはしっかりで食欲増進には良い感じかもですな。カレーパウダースパイシーも、そんなに辛くはなさそうな常識的レベルの辛さのようだ。

Ryokaku4

で、まずは嫁の京野菜カレーがででんと登場。巨大な半割の賀茂ナス素揚げ、それに辛くない万願寺唐辛子がトッピングされ確かに京野菜だ!と主張。

で、一口。ほー、これは牛肉は繊維質まで溶け込んでいて香味野菜とフルーツが利いた円やかなものですな。多分、辛いのが苦手!とおっしゃる人でも過半数は食べられそうな、まろやか且つ、ほんわり甘味のある感じのカレーですな。辛さは後からやってくる、ようなタイプ。

Ryokaku3

で、辛いのが好きな人は物足りないと思うだが、テーブルにスパイス類が6種類もスタンバイ。店員さんが黒七味が合いますよ!と教えてくれるのだが、一味やを総動員して調整し、楽しめるのだ。 

Ryokaku5

こちらは、俺チョイスの油でくったりさせた九条ネギと鶏天が乗っかったカレー。鶏天は揚げたて熱々で、サイズは小ぶりだがぶっかけ饂飩に乗せてあるようなそういう感じ。ネギの香ばしさと相まってなかなか美味しい。

が、テーブル上の香辛料を駆使しないと、かなり眠いお味ではありますな。まろやかフルーティ系がお好きなら、良いのではないでしょうか。

Ryokaku6

ま、我々は再訪は、非常~に薄そう(汗)なのですが、ごらんのように本店で売っているものは一通り販売していて、気軽に買い物しやすいので、また黒七味等を仕入れに来そうな予感です。ご馳走様でした~。

 

 

 

 

 

◆カフェ&ショップ Ryokaku
住所:京都市東山区大和大路通新門前下ル西之町216-1
営業時間:10:00~18:00 年中無休(1/1・2のみ休み)
TEL:075-561-2732 

2013年6月22日 (土)

ルナールブルーでランチ(3)@烏丸御池

我が家で京都でフレンチ、というと思い出すのが、リーズナブルで美味しいルナールブルー。初めて来たときは両親を引っ張ってきた思い出のお店で、嫁と久々にランチにでも行きたいねぇと話していて、前回はいつ行ったんだろう?と日記代わりのblogネタを確認してみたら前回はこれ

つい最近、と思い込んでいたのに5年ほど前、それにランチには行っていないことが判明。そりゃ久々に行ってみないと、ということに。

1

お店は地下鉄烏丸御池駅から南東に300m、というところ。普段結構うろうろしている地域で前は散々通っているので、前回が5年前とは月日が流れるのは早いね~、と店内に。

席間は結構窮屈、力いっぱい詰めている感ありありだが、皆ニコニコとランチ中。ビストロランチで4人ぐらいでワイワイやるには良い雰囲気ですな。30席ほどある店内はほぼ満席で、我々が予約していた12:30で満席に。
ランチコースは¥2600、4000、5250と3種類がスタンバイ。今日は軽めに¥2600ので良いか~ということに

2

ホリデー気分を盛り上げるには昼酒に限る!わけで。エビスの生でぐびぐびプハーの幸せ。

3

前菜盛り合わせ。色々香辛料が付いているうずらのガランティーヌがメインで、イサキ?のカルパッチョ、それに小さな器に入っているのは赤ピーマンとトマトのムース。野菜サラダと共に。 ま、パンと一緒に頂くと嬉しいメニューですな。

4

冷たいスープは2種からチョイス。エンドウ豆、それにトウモロコシだったので2人とも後者をチョイス。自然の甘味が乗った非常~に好みのお味。クルトンがちょっと大きすぎ!とは思ったが、美味しいです。

客層は非常にお若い感じで周りは休日の京都小旅行女子会&新米カップル初デート記念会みたいな状況なのだが、ほほえましく、なかなか楽しいかも。

5

メインは4種類からチョイス可能。俺チョイスメインは加算無しのシャラン鴨。ビジュアル良好、想像よりも量しっかりですな~。火の入り具合も程よく、甘口系のどことなく和な感じもするソースが野菜にも良く合い美味しい。

6

嫁チョイスは魚。イサキのポアレ。これは軽くちょっと酸味の乗ったクリームソースで、野菜と共にいただくとバランス良い感じですな。非常~に健康的。嫁とわけわけしつつニコニコと頂くのだ。

途中でパンもお代わりを頂いて程良くお腹一杯。いやー食った食った。が、更に〆の甘い物も2種からチョイス可能で嬉しい。

8

俺チョイスは、洋ナシのソルベ、それに綺麗に成形された超軽いティラミスなり。見た目よりも超軽いフワフワ感なのですが、それが嫌な感じでは無く。健康的且つ旨し。

7

で、これが非常に良かった嫁チョイス、某店を彷彿とさせるグレープフルーツのパンナコッタ。固まるか固まらないかぐらいの柔らかさで、上に乗っている苺?のソルベともナイスマッチ。こちらを大推薦しますです。

9

嫁はミントティーにはちみつを入れて、俺はエスプレッソでほんわりと食事後の和みの時間。いやー、この¥2600はお値打ちですな。
久々でしたが、ま、人気の理由はわかりますな。ランチも2回転目が回りそうな勢いでした。また思いついたら来ます~。

 

 

 

◆RENARD BLUE(ルナールブルー)
住所:京都市中京区姉小路通高倉東入ル南側 加藤重ビル1F  MAP
営業時間 11:00〜15:30(L.O.14:30)
     18:00〜22:00(L.O) 月・第一日曜休
TEL:075-231-0972