フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2013年3月30日 京都市内、夜桜編 | メイン | 2013年3月31日 伏見桃山城の桜、満開 »

2013年4月 8日 (月)

クァルテット・コルサーレ@丸太町

1週間ぶりのご無沙汰、生きておりますスイカです。
本業の関係でやたらバタバタしているのだが、土日ぐらいはゆったりね、と言う作戦を立て始める週末。と、またまた土曜日は仕事になってしまい(微泣)、土曜日、仕事帰りの時間でまったり出来るお店を探すことに。

で、今回のチョイスは、クァルテット・コルサーレなるイタリアン。丁度開店一周年ほどの比較的新しいお店でなかなか人気も高い。フレンチとイタリアンのシェフ、ソムリエとバリスタの4人で始められたので、店名も「海賊4人組」という意味のようですな。20:00予約で前日に席確保。

1_2

で、爆弾低気圧接近で昼過ぎから横殴りの雨、それに強風でテレビでは「用事が無い時は外出を控えたほうが良い」と言っているのだが、京都では、ま、それほどで酷くはない天気で、丁度雨が途切れた間に地下鉄丸太町駅から徒歩でやってくるのだ。

間口は狭いが大きなお店で、入り口わきはスタンディングバーになっていて、奥がカウンター席が10席ほど、その奥に4人掛けテーブル席が3、2階もあり40席チョイ、という結構でかい箱なり。キッチン前でライブ感は一杯だが後ろが非常に狭くてちょっと腹回りに弱点がある人間には、厳しいカウンター席(汗)を確保し、さあ何を食べようかということに。

2

今日の黒板メニュー。どなたの手に寄るものかは知らないが、存在感と勢いのあるメニューに期待が膨らんじゃうかも。ごらんのように魚系がお得なようでフレンチよりはイタリアン的な気配濃厚ですな。が、これ以外の定番メニューも豊富。タパスありの、パスタも8種類ほどスタンバイ、という美味しいものを色々出しましょうよ、という方針のようですな。暫し悩んで前菜3にパスタ1、メイン1ということで。

4_2

まずは突出し。タパス的な1皿。ボイルしたホタルイカに数の子。オレンジスライスの上に鎮座している。京都でこの季節外食すると、和食でも洋食でもやたらめったら蛍烏賊が出てくるので、ちょっと秋が来ているのですが、ちゃんと新鮮でおいしいです。俺は生ビー(レーベンブロイ¥750)、嫁は白をカラフェ(500ccで¥1500)で貰い、まったりとスタート也。

5

2Fを含めほぼ満席のようで、先のお客さんはメインぐらいまで進んでいるところ。流石に料理が出てくるのが遅めになるのだ。と、もうちょっとお待ちくださいね、とサービスの小皿料理をサーブしてくれた。 カリフラワーのピクルス、それに生ハム。こういう心使いが嬉しい。

6_4

お次は推薦ですよ!と言われて注文した隠岐の岩牡蠣で¥1000なり。前菜は冷たいものをメインでチョイスしてしまったので、これは香草パン粉焼きにしてもらった。非常に大粒でとろりんと濃厚、ガーリックの香りが食欲そそりまくりですな。。

7_2

桜鯛のカルパッチョは¥1200なり。スターフルーツが飾られ、トマトと香草ソースで頂くシンプルな趣向。が、むちむちと肉厚に切られた桜鯛、なかなかこれはお値打ちですな。 旨し。

8

お勧め!と書いてあったので注文した、インサラータ・コンキリエなる貝類をたっぷり使ったサラダ。赤貝にばい貝、白貝に北寄貝、それに生ウニという無敵の布陣。見た目も良いですが、これも気に入った一皿で¥2000なり。

9_2

シャラン鴨、それに安納芋を使ったラグーソースのパスタ。手打ちのキタッラでしっかりした腰、それに角切りと言っていい存在感がある鴨肉がくにくにと非常~に旨かった一品。安納芋の自然な甘みがナイスマッチ。これ、お勧めですの¥2100なり。

10

メインにお願いしたのは瀬戸内海はいわぎ島産だというレモンポークのステーキで¥2800なり。しっかり肉厚で元は3cmはあろうかというなかなかのボリューム。甘口のソースを含めこれも気に入りました。何気にマッシュポテトが非常に旨かったりするのがフレンチ的ですな。

11

で、しっかりお腹一杯。が、ま、甘いものは別腹。バリスタが居られるお店なので、お茶は欲しいよねと1つだけお願いしたデザートは自家製のブラッドオレンジのタルトなり。そんなに激ウマ!ではありませんが、ちゃんとしておりますな。。

12_3

で、嫁の〆はカプチーノ。バリスタ、特にお願いしなくてもちゃんとこういう技を披露してくれます。お味も確か、俺もエスプレッソでご機嫌。

いやー、食った食った。27時までやっておられる使いやすいお店で、タパス系料理をつまみつつぐだぐだやるのも良し、今回のようにガッツリ料理で楽しむのも吉しの良店。スタッフが元気が良く、賑やかにわいわいやるのに宜しいですな。大阪ではこういう雰囲気のお店を何店か思い出すのですが、京都でもお気に入りの一軒になりました。で、生ビー1、白カラフェ1、赤グラス2で〆て¥15000と納得価格。ま、当然、また来ます~。

 

 

 
 

 

 

クァルテット・コルサーレ
住所:京都市中京区夷川高倉西入ル山中町546  MAP
営業時間:11:30~翌3:00 不定休
TEL:075-708-2081

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/31361631

クァルテット・コルサーレ@丸太町を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿