フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« SONGBIRD COFFEE@二条城前 | メイン | 麺厨房 華燕(かえん)@高槻市 »

2013年3月11日 (月)

センプリチェ@中書島

長年食べ歩きをしていると段々悪い意味でスレてきて、ちょっとやそっとでは感心なんぞしないよ!となりがち。(自戒も込めて)
が、1年に数回、こ・れ・は!と驚き、スレた心がリセットされるようなお店があるのだが、そういうお店が徒歩圏内にできるという幸せに巡り合いました。それも、我々が一番好きな外食カテゴリー、イタリアン。

お店の名前はセンプリチェ、会社帰りの遠回り散歩コース上coldsweats01にあるという、なんとも幸せ。ちなみにお店HPがこちら。京阪中書島駅から徒歩5分弱、というところ。50mほど南に人気つけ麺店きらりがあるのだ。お店の工事風景は前を通っていたので知っていて、イタリアンと解ってから、誰かお店を覗いてネットで書かないかなぁ(他力本願sweat01)、と思っていたら、こちらの京都系食べ歩きページにランチネタが晒され、こ・れ・は!と速攻ディナー予約。

   1

お店は京町屋リノベーション系。入り口傍に4人掛けテーブルが1、奥に向かって長いカウンターが8席、というところですかね。2F天井まで打ち抜いたなかなかゆったりした空間。これを(竹之内+浅野)/2系な男前シェフ、美人の奥様の二人編成で回しておられるのだ。お二人ともお若いですな~。カウンターに陣取りお料理を確認。

ディナーはコースのみで現在は¥3990のみの1種類。が、現在はお店の実力総動員系お披露目料理になっている。とりあえず現在、ありえないほどお得です。

2

まずは突出し系3種。手前は無農薬人参のフレッシュジュレと北海道白糠のモッツァレラチーズ。塩味がほぼ無いフレッシュ感あふれるモッツアレラにこれまた素材感丸出しな人参ジュレ。 

石のようなお皿には可愛らしいブルスケッタ。近江黒鶏のムースだそうな。それに自家製グリッシーニ。お得系泡物(グラス¥700)を頂きつつ、この時点で激しく幸せになってくるのだ。

3

オレンジ風味のグリーンサラダですな。ピスタチオの粉末、ウイキョウの泡ドレッシング、それに三宝柑のソルベをがりがりとふりかけ風味付けに使っている斬新さ。味付けは非常に抑えたもので、超健康的っぽい一皿。旨いです。

4

更にほー、と感心した一皿。黄アラ(青ハタ)のカルパッチョ。しっかり熟成させたものを肉厚に切ってある。余分な水分が抜け、むっちりした肉質がたまらない。その淡白な身に桜海老の塩漬け、それに酸味を抑えた大根のピクルスを合わせて頂く趣向。ま、とりあえず激しく旨い。想像力は無限大~、な一品。

で、お次は2種のパスタに続くのだ。

5_2

自家製ベーコン 新玉ねぎ ホワイトアスパラガス 新じゃがとリコッタチーズ カッペッレッティ 焦がしアンチョビバター風味、なる寿限無のようなお料理。
カッペッレッティとは帽子型の肉詰めパスタで、今回は中にホワイトアスパラガスと新じゃがのマッシュ、それにリコッタチーズが入っている。
フォカッチャに胡桃パンまで何から全部自家製!なマニアック店なのだが、この料理に使っている薄切りベーコンも自家製だ。燻製臭は控えめだが脂が旨い。

これも全体的に塩味は控えめ、アンチョビの風味が丁度良いアクセントになっている。小振りのイタリアン餃子のごとくむちむちと旨し。 当然パスタも全部自家製なり。

6

で、本日一番驚いた一品。自家製麺タリアテッレ。軽いトマト系ソースだがミナミの島豚のモモ肉薄切り、それに蛤入り。ま、これだけでも十二分に旨いと思うだが、お味に凄味を加えているのがこの伏見区産だという、驚くほどの甘味が乗ったほうれん草。

伏見区内に20年以上有機農法をやられている畑があり、そこから毎日届けてもらうそうな。近所には卸していないが北山では売っているお店がある模様。北山ですか、ちょっとシャクかもsweat02 細切りのムチムチ麺と相まって非常~に美味。

7_2

メインは肉・魚から1種チョイスという形。俺チョイスの短角牛もも肉ロースト、イカ墨!のソース。付け合せは3種類の根菜。

イカ墨を牛肉に合わせるのかよ!と思ったのですが、程良い味付けで違和感まるで無し、ですな。 こういうお店でメインが牛肉となると、我々の場合ちょっとがっかり~、となるのですが、これはイケてます。余分な脂肪分が無い淡白な赤身肉ですが風味はしっかり、旨し。

8_3

魚の皿はタスマニア産のサーモン。角切り的なものがしっかり2切れ。表面の塩は中心までは浸透させておらず、中は半生程度のソフトな火入れでこれまた旨し。
それに付け合せのひよこ豆が、ポルチーニ茸の戻し汁で炊いたもので茸の風味が移って豆好き随喜の涙の逸品に。なんとも旨いです~。

9_2

で、〆に2口分ほどのチーズリゾットが出てくるのが面白い。イタリア米だが「固すぎと言われるお客様が多いのでちょっとゆるめに炊いています」とのこと。我々はも、ちょっと芯があるぐらいが好きだが、〆にはこれぐらいでも全然無問題。

10_2

んで、甘いものは2種類からチョイスできるのだ。こちらは俺チョイスのキャラメルのジェラートと濃厚プリン。一緒に食べると上等なプリンだねぇ~なお味。

11_2

嫁チョイスは、塩ミルクジェラートと苺、それにカプチーノ味のクラッシュクッキーがかかっている。塩味濃厚だがこれも旨い。大人向けですな。

12

美味しかったよねぇと暫し呆然としていると、出てきたお茶。エスプレッソも濃厚で旨し、それに一口でぱっくり系な小菓子が付いている。ビターチョコかけの胡桃、それにメレンゲと生キャラメル。ほんの一口ですがキャラメルが激しく、激しく旨し。

いやー、最初から最後まで目くるめく美味しい体験。お二人だけでこのような凝ったお料理をこなしておられるので、満席になると待たされ感はあると思うのですが、先客が3人組が2組、我々はピーク時間をずらして入ったので、2:00足らずでばばばばっと完了。

で、グラススプマンテ2に白ボトル¥4000をお願いし、驚くべきことに¥13000チョイという、超お値打ち価格。現在は、ま、開店サービス期間中だとは思うのですが、とりあえずありえないお得さ。お近くのイタリアン好きなら、一度行っとけ!ですな。我々も食材が変わったころにまた覗きに来ますね。ご馳走様でした!

 

 

 

 

◆リストランティーノ センプリチェ (Ristorantino Semplice)
住所:京都市伏見区表町582-1  MAP
営業時間:11:30~15:00(LO13:30) 18:00~23:00(LO21:00)
TEL:075-605-4166

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/31193709

センプリチェ@中書島を参照しているブログ:

コメント

こんばんわ。中書島にこんな店があるとは。先週きらりに行きましたが、この店は知りませんでした。地元の店もチェックしないと。

リンクありがとうございます!伏見だけにほんとうれしいですよね。2人でこのセンスと実力は中心部でもないですよ。シェフには忙しくなったら移転しないように伝えました(笑)今回Upされた料理全く同じものを先日頂いてきました。また行きたくなる店ですね!

##ひでちゃん

コメント返し遅くなり済みません~。
きらりから本当に目と鼻の先です。席数は少ないのでランチでも予約は必須、でしょうね。
ぜひ一度挑戦を。

##archeさま

またまた参考にさせていただきました。いや、京都市内中央部でもこういうセンスのお店はあまりないでしょうね。 凝った美味しいものを出しておられるのに気軽で気安いお店を目指されているというのも、個人的に点数が高い!です。

ま、当然のようにメニュー変わりしたころに再訪確実です。

コメントを投稿