フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 北大路 おたぎ@北大路 | メイン | 速攻で再訪、センプリチェ(2)@中書島 »

2013年3月20日 (水)

アーム・ドゥ・ギャルソン@神宮丸太町駅

発作的にフレンチ系なランチ!と思いついた日曜日。バタバタと朝10:00ごろから、我々が好みの家族経営的小箱店にあちこち電話するのだがどこも一杯。こういう時はキャパがあるお店ならOKだね、と思いつき、和食要素がプラスされた結構大きな箱のフレンチに行ってみようと思いついたのだ。

お店の名前は、アーム・ドゥ・ギャルソン。以前行ったこちらのフレンチから一筋西、南に200m、というところ。ランチは3種類あるが、軽めにね!と、今回は¥3470のをチョイス。

1

お店はこういう感じで如何にも京町屋なのだが、2階建て更にワインセラーの地下室まである、結構大きな箱だ。個室が色々あるので大人数でもOKなのが、使いやすいかも、ですな。

予約していると伝え靴を脱いで店内に。足元が抉られたゆったりと席間が取られたカウンター席に案内される。2階、奥の個室は結構お客さんが居られるようなのだが、カウンターは我々だけで超まったり。カウンター内は2フロア分の料理をこなされているのか、4人ぐらいのシェフが入れ替わり立ち代わりかなり忙しそう・・・。キッチン内を飛び交う「ウィ、ムッシュ~」が耳に付くのだが、ま、そういう雰囲気。

2

軽く飲もうとメニューを貰うがグラスは¥1100チョイとややお高め。どうしようかなと悩んでいると、¥1500でドリンクのセットがありますよと勧められたのでお願いしてみた。2人で1人でもOK、なのだが、泡物に白・赤、それに食前酒なのか梅酒、という面白い布陣。量は少な目だが、軽めに飲みたいならアリかも、ですな。

3_3

まずは前菜。マグロのタルタル、蟹身といくら。泡はお醤油のスプーマでちゃんとお刺身的に頂ける面白さ。只和風なだけでなく、茹で卵にはトリュフとフレンチの手法も入っているのだ。ま、量は控えめ。

4_2

¥3470のコースでもう1つ前菜があるの、と出てきたのがフォアグラのムニエル。コンソメで炊いた大根、赤米のリゾットが付け合せ。ほほ~という感じ。

5

で、温かいうすいえんどうのポタージュ。お米で作ったスープのスプーマ、それと春らしい花びらのジャガイモ、ヤリイカソテーが浮身。濃厚で普通に旨し。

6_3

お口直し。酒粕のシャーベットに何か果物系のジュレが。(忘却の彼方~)チョッピリなのだが、このシャーベットは美味しい。京都限定大人向けなお味。

7

メインの皿のみ3種類からチョイス可能。黒毛和牛、シャラン鴨、それに鯛ムニエルという布陣。嫁が珍しくチョイスした黒毛和牛。火入れも適切でちゃんと旨し。

8_2

鴨。結構脂身がしっかりあって外側は焼き目がしっかりしているのに中はしっとり。なかなか旨いですなぁ。鴨好き納得の火入れ。

9_2

で、¥3000で品数もあるし結構お腹一杯になるよねと感心していたら、出てきた〆ご飯。梅干しに、ザーサイ、柚子大根、柴漬けに縮緬山椒付。お代わりもお願いできますが、ま、流石に今回は1杯だけで大満足なり。

10

で、〆のお茶をお願いしたのだが、最後のデザートがこれでもか!という量で非常に驚いた。普段より大き目の写真でお送りしております。happy02

手前は量はチョッピリ、更に焼き立てではないのだがクレームブリュレ、その後ろに2人前、フルーツ4種にプチケーキが4種、ジェラートが1種と大盤振る舞い。小さなポットにカスタードソース、ベリーソース完備なので、ご自分の趣味で色々楽しめる。ま、それぞれのお味は、普通に旨いね、なのだが、この物量作戦は驚きですな。。これで¥3470とはお値打ち。後でグラスの赤も1杯追加し、チョイ飲み付きで2人で¥10000以下で済みました。

アルコールのお値段がお高めなのだが、あまり飲まない女性客が、グループでワイワイ、には最適なんではないでしょうか。タマ~にフレンチなら良い選択肢かもですな。ご馳走様でした。次、会社で幹事するときに使わせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

アーム・ドゥ・ギャルソン (ame du garson)
住所:京都市中京区中町通竹屋町下ル鉾田町292   MAP
住所:11:30~14:00 17:30~22:00 水休
TEL:075-213-3016

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/31272965

アーム・ドゥ・ギャルソン@神宮丸太町駅を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿