フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

2013年3月30日夕刻、本満寺

こちらのネタの続き。
賀茂川沿いの半木の道をぼつぼつと南下し、出町柳にあるお気に入り和食店を目指す。その前に大枝垂れ桜を見物しておこうということに。

6_3

出町柳にある桝形商店街を抜け、右に折れると桜スポットはすぐそばだ。
(でっかいポスターが掲げられている「たまこま」、先週最終回だったためか商店街奥に専用ブースが設けられ、そういう傾向のおにいさん方がたむろしながら置いてある落書き帳に落書きしつつワイワイとやっておられました。アニオタ向け余談情報はこちらが詳しいです。もしかして書いておられる方は同年代鴨・・)

でやってきました、本満寺。こちらで初めてウチのblogでご紹介してから、我が家の定番桜スポットとして、毎年来ているわけです。

1_2

枝垂れ桜が咲いているときは、普段の年ならソメイヨシノはまだまだ早い、という感じなのだが今年は5分咲き以上・・。

2_3

で、ででーんと登場、大枝垂れ桜。普段も人影少ない境内だが、18:00過ぎだったので我々以外は一組だけ。
境内に駐車場があるので遅くまで境内に入れるようになっているようですな。

3_2

毎年同じような写真ですが、ぱちり。

5_4

本堂前のソメイヨシノも満開。

35_2

誰もいない、しんとした境内。そろそろ夕やみが迫ってくる薄曇りの中でなぜだかとても荘厳な気分になってくるのだ。

4_4

別アングルで。

夕方もねらい目だよね、と大納得した夕方、18:15。大満足でした。さぁ、次はディナーネタです。

 

2013年3月30日pm 京都植物園と半木の道の桜

午前中は背割堤の桜を満喫。ランチは地元で適当なものを食べまったり。午後からは京都植物園方面に更に桜見物に出かけるのだ。

1

やってきました京都植物園。丹波橋の自宅から40分ほどで到着。今日から桜ライトアップがあるのだが、夜に出町柳でディナー予定だったので、今日の目的は大枝垂れ桜の見物。一度見物に来たが早咲きの桜なのでもあらかた散っていて、いずれ満開の時に来てやろう!と狙っていたのだ。

が、今年は3月の中ごろからイキナリ温かくなった影響であれよあれよと言う間にあちこちで梅と桜が同時に楽しめたり、早咲き・遅咲き桜が同時に満開になったりする不思議な現象が。どうしようかなと考えていたら27日にNETで満開だとの情報をつかんでやってきたのだ。

2

植物園なので桜だけでなく様々な花が咲いていて色々楽しめる。水仙もとても綺麗ですな。

25

あまり目にしたことの無い花もたくさん。女子トイレ前で発見。豆粒のように小さいがこれも可憐。

で、いよいよ大しだれ桜とご対面。

3

16:00を回っていて既に人影はまばら。ほんのりと花曇り、という雰囲気の中、厳かに佇む大枝垂れ桜。丸山公園の大枝垂れ桜の親戚筋で満50数歳、というところらしい。

4_2

別アングル。なんとも荘厳ですな・・・。 あちこちからパチパチと写真を撮りまくり満足して更に桜ポイントに。

6_2

桜ポイント前の生垣に可愛らしい花が。どういう意味で名付けられたのか知らないがかわいそうな名前の花。

7

こちらも色違いの木瓜(ぼけ)の花。

9

ソメイヨシノは6~8分咲きというところ。

5_2

大温室前は毎年恒例のチューリップが大満開の大満足。ちょっと早めだけれど、ぼちぼちディナー場所がある出町柳まで歩こうか?と移動することに。

11

賀茂川沿いの半木の道(なからぎのみち)、名物の紅枝垂れ桜は全体的には2~3分咲きというところ。

10_3

川を下るほどに桜が咲いてきて、数本だけほぼ満開の木が。薄闇みが近づいている夕方。とても幻想的・・。もう散歩する人も少なくなった18:00前の静かな賀茂川を散策。

で、更に1箇所、大お気に入りの出町柳の桜スポットに移動するのだ。写真が多すぎなので続きます~。

2013年3月30日 (土)

2013年3月30日am 背割堤の桜、見ごろ

嵐のような2週間ノンストップ業務の後、ようやく1日休みが取れた土曜日。この数日すっかり春めいてきた京都、そろそろ桜が見ごろのスポットもある模様。まだ行ったことが無いところに行ってみようよ、と丹波橋の我が家から車で20分ほどの有名桜スポット、「背割堤」を目指すのだ。

背割堤とは、淀川河川公園の八幡市付近にある総延長1.4kmにも及ぶ桜並木。入場料は無料だが、櫻の時期だけ駐車場が開設され¥1000なり。京阪八幡市駅から歩くと10分ちょっとはかかりそうな感じですな。駐車場に車を停め、現場に。

0

宇治川に掛けられた橋の上から背割地区を見るとずーっと桜並木が続く。今日は黄砂の影響も少な目でなかなか麗しい、春の陽気だ。

1_3

宇治川と木津川が交わる土手が背割堤になる。その堤の上と両脇にゆったりした遊歩道があり、ずーっと1.4kmの桜並木が続く。

2_2

ほとんどの木はソメイヨシノ。およそ8~9分咲きで今を盛りと咲き誇っている。11:00ごろだったが、想像よりはお客さんは少な目。バーベキュー可な桜ポイントなので、駐車場から大きな焼肉セットを担いでくるグループ客はそこそこ多し。

3

京都市内の他の桜ポイントでは見かけない掲示物ですな。。。だはは。

5_2

風が心地よいですな。うららかな春。川の土手なので風通しも良く、皆各々のやり方で春を楽しんでいるのだ。

6_2

拡大写真。

7

青空と桜のコントラストがとても美しい。

8

タンポポと桜の競演。

9

背割の桜というとおよそこのアングルの写真が多いですが、なかなか見どころ満載でのんびり感の強い、ナイス桜ポイントでした。弁当持ってかバーベキューが王道でしょうな。 次回は自転車でのんびり来たいです~。

 

 

 

 

 

◆淀川河川公園背割堤地区
住所:京都府八幡市八幡在応寺先 MAP
問い合わせ先:
 075-981-1141(八幡市観光協会)
 075-981-1141(八幡市観光案内所)

 

2013年3月25日 (月)

速攻で再訪、センプリチェ(2)@中書島

先週、1年がかりのプロジェクトが終わってほっと一息、と書いたのも既に何か月も前のように感じる馬鹿忙しい一週間。たしか途中で祭日があったような気もするが、土日もノンストップでまた2週間以上不休状態に突入しちゃいそうな、ま、そういう情けない気分な週末。

土曜日、気が付くと会社の事務所に一人ポツンと18:00。嫁に帰るコールをするのだが、ふと思い出しあのイタリアンの席があるかなぁ、ということに。と!、奇跡のように席が取れるのだ。ま、こういうのもあまり世間に知られていない今だけでしょうが、だはは。
で、またまた19:00にやってきました、伏見のニューカマーイタリアン、センプリチェなり。 前回はまだ2週間前ネタで、事前にメニューは変わっていないと告げられたのだが、途中何品か変えていただいた。自宅の徒歩圏にあるありがたすぎるお店なのだが、美味しい目に合ってきましたのでご報告。またまた¥3980コースとはとても思えない高CP料理でした。

1

これは前回と同じ、無農薬人参のフレッシュジュレと北海道白糠のモッツァレラチーズ。近江黒鶏のムースが乗ったブルスケッタ。それに自家製グリッシーニ。¥4000でお手軽泡ボトルがあるので、それを頂いて今日の鬱憤を晴らすのだ。。

2

で、非常に抑えた味わいのグリーンサラダ。泡ドレッシングがセロリに、柑橘系の清見オレンジのソルベが振り掛けられ、生野菜食ってるぜ!感濃厚。
上はフレッシュな生野菜、下は紫キャベツや春キャベツ、ホワイトアスパラなどの茹で野菜が盛られている。多分、野菜嫌いな人は苦手でしょうな。それほど野菜感を全面に押し出していて、このお店の方向性が垣間見れる、ま、そういう一皿。アスパラ好きなので、嬉し。

3_3

これも前回と見た目は同じ。カルパッチョの魚は黄アラでは無く、なんだったかメジナだったか。桜海老の塩漬けと大根のピクルスとともに頂く趣向だが、前回よりもぐっと脂が乗った感じで、前回の肉厚且つ繊細なお味のほうが衝撃が大きかったかも。

4_4

で、前回これは旨いなぁ、と大感心したパスタ2種連発。今回の一品目は、ランチでも出されている、メッツァルーナなる肉詰め系パスタ。中身は新じゃがにアンチョビ。 菜の花と春キャベツを使ったチーズ系ソースが激しく旨し。上質ですな~、これは。旨いです。

6

で、前回のタリアテッレには感動したのだが、今回はこれも激ウマでした。ランチがパスタランチとメインが付いているものの2種類になって、メインが付いているほうでこれを出されているそうです。(ランチにも来なければ・・)

5_2

で、今回はトンナテッリなる太麺のカルボナーラ。ポルチーニ風味で、卵黄の旨みよりもクリーム系な旨み満載なのだが重くなく、といって軽すぎでもない絶妙な濃厚さ加減。これにクリーム系にピタリハマるホワイトアスパラ、それに自家製ベーコン、と言えば旨くないわけがない訳で。嫁はこっちが良い!のこと。

会社でへとへとだったので大分アルコールが回っているのだが、更に旨いメインに続くのだ。

7

今回は俺が採ったので、ちゃんと写真が撮れたタスマニアサーモン。なんとも程よい火入れ加減、塩加減。メジナに白子が入っていたので!と白子付。で、更に豆好きなら大納得なポルチーニ風味のひよこ豆が付け合せで嬉しさ倍増。

8_2

で、前回の短角牛の代わりに南の島豚も出せますよ!とのことで豚好きなので無条件チョイス。
どちらかというと食感はしっかり目で脂の旨みは驚きのあるお味。軽く燻製しているのかも。添えてある淡路産の甘すぎな玉ねぎ、それに前回と同じイカ墨ソースが相乗効果!な一皿。牛よりも鴨にうずら、羊や鹿やら猪やら、のほうが嬉しい我々だが豚もここまで旨いと凄味あり、ですな。

9

なぜか仕上げに出てくる二口サイズのチーズリゾット。ほっとするお味ですな。はぁ、なかなか旨し。

10

甘いものの抜かりなく旨し。2品とも前回と同じで、こちらはゲランド塩を使った塩ミルクジェラートに苺、カプチーノ風味のクランチクッキー。

11

で、小菓子が付いてエスプレッソでほっと一息。いやー、やっぱ美味しいですな、こちらは。¥4000の泡ボトルを付けて以上で¥12000割れという超納得価格なり。今のところ、なんともお得。ご主人が目指す「日常の上質」を具現化した、普段使いしやすいお手頃価格と健康的且つ美味しい御料理で、ま、当然のように人気店になるのでしょう。ネガティブ要素は立地だけですな。

メニューが変更されたころに再訪確実です。ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

◆リストランティーノ センプリチェ (Ristorantino Semplice)
住所:京都市伏見区表町582-1  MAP
営業時間:11:30~15:00(LO13:30) 18:00~23:00(LO21:00)
TEL:075-605-4166

 

2013年3月20日 (水)

アーム・ドゥ・ギャルソン@神宮丸太町駅

発作的にフレンチ系なランチ!と思いついた日曜日。バタバタと朝10:00ごろから、我々が好みの家族経営的小箱店にあちこち電話するのだがどこも一杯。こういう時はキャパがあるお店ならOKだね、と思いつき、和食要素がプラスされた結構大きな箱のフレンチに行ってみようと思いついたのだ。

お店の名前は、アーム・ドゥ・ギャルソン。以前行ったこちらのフレンチから一筋西、南に200m、というところ。ランチは3種類あるが、軽めにね!と、今回は¥3470のをチョイス。

1

お店はこういう感じで如何にも京町屋なのだが、2階建て更にワインセラーの地下室まである、結構大きな箱だ。個室が色々あるので大人数でもOKなのが、使いやすいかも、ですな。

予約していると伝え靴を脱いで店内に。足元が抉られたゆったりと席間が取られたカウンター席に案内される。2階、奥の個室は結構お客さんが居られるようなのだが、カウンターは我々だけで超まったり。カウンター内は2フロア分の料理をこなされているのか、4人ぐらいのシェフが入れ替わり立ち代わりかなり忙しそう・・・。キッチン内を飛び交う「ウィ、ムッシュ~」が耳に付くのだが、ま、そういう雰囲気。

2

軽く飲もうとメニューを貰うがグラスは¥1100チョイとややお高め。どうしようかなと悩んでいると、¥1500でドリンクのセットがありますよと勧められたのでお願いしてみた。2人で1人でもOK、なのだが、泡物に白・赤、それに食前酒なのか梅酒、という面白い布陣。量は少な目だが、軽めに飲みたいならアリかも、ですな。

3_3

まずは前菜。マグロのタルタル、蟹身といくら。泡はお醤油のスプーマでちゃんとお刺身的に頂ける面白さ。只和風なだけでなく、茹で卵にはトリュフとフレンチの手法も入っているのだ。ま、量は控えめ。

4_2

¥3470のコースでもう1つ前菜があるの、と出てきたのがフォアグラのムニエル。コンソメで炊いた大根、赤米のリゾットが付け合せ。ほほ~という感じ。

5

で、温かいうすいえんどうのポタージュ。お米で作ったスープのスプーマ、それと春らしい花びらのジャガイモ、ヤリイカソテーが浮身。濃厚で普通に旨し。

6_3

お口直し。酒粕のシャーベットに何か果物系のジュレが。(忘却の彼方~)チョッピリなのだが、このシャーベットは美味しい。京都限定大人向けなお味。

7

メインの皿のみ3種類からチョイス可能。黒毛和牛、シャラン鴨、それに鯛ムニエルという布陣。嫁が珍しくチョイスした黒毛和牛。火入れも適切でちゃんと旨し。

8_2

鴨。結構脂身がしっかりあって外側は焼き目がしっかりしているのに中はしっとり。なかなか旨いですなぁ。鴨好き納得の火入れ。

9_2

で、¥3000で品数もあるし結構お腹一杯になるよねと感心していたら、出てきた〆ご飯。梅干しに、ザーサイ、柚子大根、柴漬けに縮緬山椒付。お代わりもお願いできますが、ま、流石に今回は1杯だけで大満足なり。

10

で、〆のお茶をお願いしたのだが、最後のデザートがこれでもか!という量で非常に驚いた。普段より大き目の写真でお送りしております。happy02

手前は量はチョッピリ、更に焼き立てではないのだがクレームブリュレ、その後ろに2人前、フルーツ4種にプチケーキが4種、ジェラートが1種と大盤振る舞い。小さなポットにカスタードソース、ベリーソース完備なので、ご自分の趣味で色々楽しめる。ま、それぞれのお味は、普通に旨いね、なのだが、この物量作戦は驚きですな。。これで¥3470とはお値打ち。後でグラスの赤も1杯追加し、チョイ飲み付きで2人で¥10000以下で済みました。

アルコールのお値段がお高めなのだが、あまり飲まない女性客が、グループでワイワイ、には最適なんではないでしょうか。タマ~にフレンチなら良い選択肢かもですな。ご馳走様でした。次、会社で幹事するときに使わせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

アーム・ドゥ・ギャルソン (ame du garson)
住所:京都市中京区中町通竹屋町下ル鉾田町292   MAP
住所:11:30~14:00 17:30~22:00 水休
TEL:075-213-3016