フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

法善寺あられの牛せんと辛鬼サラダ

実は、このイタリアンネタを書いたときの大阪土産ネタを1つ。

嫁ともども辛いものが大好きで、またおせんべいとかあられの類も大好き。で、心斎橋方面に出かけたらついつい買ってしまうのが、法善寺あられ。北心斎橋に本店があり、嫁がごく近所に勤めていた関係でお土産に使う定番のお店。

ボッチオにディナーを食べに行く前にちょっと寄って買いましょうか?ということで、お気に入り商品2種類に食べたことが無いのを2種類買ってきた。こういう類のお店とするとお安い部類ではないのだが、他のお店には無い味付けのものが多数あるので、ついつい色々買ってしまうお店だ。

1

奥がぷっくらふくらみ軽い口当たり、万人が好みそうな「ふくらすずめ」。1年ぶりぐらいにお店に行ったらメイン商品的位置づけになっていてお店の一番良い位置にディスプレイされていた。

右手は、定番で大好物の牛せん。このお店に寄ると確実に買う一品。左手は「海老の華」なるサクサク系せんべいで山葵が利いていて酒のアテになりそうなお味。かなりしっかり辛いが、ま、チョイ辛いぐらいの常識的な辛味。以前ご紹介した暴力的な辛味のウエガキのこちらと比較すると、ビリリと辛いが海老の味とマッチしていて、山葵が苦手な方以外には大推薦。美味しいです。

3

で、こちらの牛せんはこのお店では忘れてほしくない一品。どのあたりが牛なのか謎なのだが、なんとも程良い塩加減と結構濃厚なお味の乗り、サクサクと軽い食感で240g袋入り(ちなみに¥695と良いお値段)を一気食いしそうなウマさ加減。

が、今回初めて買ってきたこれが凄かったのだ。

2_2

真ん中のブツがそれ。辛鬼サラダなり。195g入りで¥495と、これも結構良いお値段なのだが、辛いもの好きなら必食。

がりがりと非常に硬いおかきの上に、これでもか!と黒七味系な超スパイシーなお味をまぶしてあり、激しく酒が飲みたくなる逸品。(いや、コーラでも良いのですが・・)これをつまんでから、手を洗わないでいろんなところを触ると、いろんなところがいろんなことになる非常に大変な一品で、ま、えらい目に合いました。sweat01

(最近、六地蔵にあるお洒落なディスカウント酒店、やまやに置いてあるのを発見。。。辛いもの好きのご近所の方、目についたら一度挑戦してコメントください~)

これ以外にもチョイ辛い、鬼サラダに牛蒡せんべい、バターの風味が濃厚なハッピーにブラックペッパーあられなどせんべい好き、あられ好きにはたまらない一品が目白押し。ま、北心斎橋あたりをうろうろする際には一度買ってみてくだされ~。

◆心斎橋 法善寺あられ
住所:大阪市中央区南船場3-6-16
営業時間:11:00~20:00
TEL:0120-12-8712

2013年2月25日 (月)

オステリア オギノ@東山二条

人生最強の忙しさの中でもこういうblogを書いているのはどうやねん!と自分で自分に突っ込みを入れたくなる日曜日、20:00。またまた2週間ノンストップ業務進行中、スイカです。ま、流石に土日は18:00前には仕事を終え、とりあえず自宅には帰ってきているのですが、その嵐の中の土曜日のディナーネタを1つ。

土曜日は、朝から通院→そのまま仕事場に→気が付けば19:00前、というゴールデンパターン。が、そういう中でも何か旨いものがあればなんとか精神の平静は保てるわけで。さぁ酒だ酒だ、と嫁にTELして会社から車で移動。そのまま気が付けば東山に居たのだ。

とりあえず傍まで行って気になるお店数店にTEL。で、席が取れたのが今回ご紹介するイタリアン、オステリアオギノ。この焼き鳥店の東100m、この和食店の西30m、という位置ですな。 カメラ無しなので嫁のスマホデータでご紹介。

なぜだかお店前写真を忘れた20:00チョイ前、店内に。カフェ風に気軽な雰囲気でテーブル席では既に出来上がっているご年配ご夫婦。カウンターにテーブル全席で14席と言う小箱。お若いシェフ2名で回されているようだ。

今回、体力的にヘロヘロでメニューを押さえてくるのも忘れているweepのですが、前菜は¥1000前後で10種類、パスタも¥1500前後で7、8種類、ガッツリ系メインが5、6種類ほどスタンバイ。カラフェで¥1800とかぐらい、安ボトルも揃っている呑み助向けのお店ですな。 ま、詳細はお店のHPをどうぞ。

   Ogino1

嫁に運転をお願いしスパークリングウォーターを飲んでもらいつつ、こちらはハートランド¥600でグビグビプハーの幸せ。とりあえず、ばばっと食ってさっと帰る作戦で、厳選3皿をチョイス。

Ogino2

で、お願いしたのが前菜盛り合わせ。たしか¥1680ほど。大阪の安ウマイタリアンではこういう皿を良く見るが好きな組み合わせ。リエットの乗ったバゲット、鰯に生ハム、カポナータなどなど、ワインがしっかり進むが、塩味は控えめで超好印象。旨いっす!

Ogino3_4

んで、パスタも1皿。丹波あじわい鶏と白菜のスパゲッティ、大根のソースだそうな。たしか¥1500ほどだったように記憶。

Ogino4

珍しく、超拡大。鶏肉と白菜、それに大根ピュレの組み合わせでまるで鍋物か、塩野菜ラーメン的なまろやかさ。塩分濃度も程よく非~常に旨し。日によっては手打ち麺の場合もあるようだ。タリアテッレなど幅広系なら更に旨いでしょうなぁ。ワインのアテになるお味。お勧めします。

Ogino5_2

で、でっかい蓋付きのダッチオーブン的フライパンで出てきたのが、仔羊と自家製ソーセージの煮込み。男子なら皆好みそうな砂糖醤油的なまろやかな味わい。(もちろん醤油は使っていませんが)量もこれなら十二分!ですな。

畑菜、ひよこ豆に角切り人参、それに白菜にジャガイモ(ピュレのようにほぼ原形無し)とやわやわの子羊の塊肉がごろんごろんと存在感ありまくり。 巨大ソーセージもぶりぶりと旨し。いやー、パン無しだったのですが、パンも合いまくりな逸品。旨いで~す。

マスターがお喋りな方で、途中で我々だけになったので京都市内パン屋さん談義に花が咲く、なかなか楽しいディナーになりました。(あまりに疲れているのにアルコールを入れ、ちょっと普通ではないテンションだったかも。)

以上、甘いものは無し、珈琲も無しで、赤グラス3飲んで(スマヌ嫁・・)¥8000チョイと言うお手頃価格。こりゃCP良好ですな~。ボリュームしっかりですが、味付けも素材の持ち味を引き出す抑えめの感じで、お若い人だけでなく年配のワイン飲みでもばっちり! 確実に再訪しますな。ご馳走様でした、また来ます~。

 

 

 

 

◆オステリア オギノ
住所:京都市左京区聖護院蓮華蔵町31  MAP
営業時間:12:00~14:30(LO) 18:00~21:30(LO) 月休
TEL:075-751-5252

 

 

 

んで、2004年7月に、今は無き関西ドットコムで産声を上げた当blog。既に開設8年半を超えておりますが、先ほどカウンターを見たら2日前ほどに1000万PVを多分超えているのに気が付きました。(初めの3年で650万PVだったので、実は最近すっかり過疎っているのですが、だはは)
日頃の皆様のご愛顧のおかげと感謝、感謝であります。ま、体力と財力、及び食欲happy01が許す限りのんびり更新しますので、これからもお付き合いください。よろしくお願いいたします~。

 

2013年2月19日 (火)

陽はまた昇る@近鉄伏見駅前

土曜日のランチネタ。
自宅で仕事中な土曜日、12:00。めんどくさいのでランチはご近所でなんぞ食べようよ、ということになるのだが、最近自宅の最寄駅、近鉄伏見駅前に出来たラーメン店が結構人気で、一度食いに行ってみる?ということに。 我が家から徒歩10分圏内という至極便利な場所なので、思い立ったらお店前に居たのだ。

     1
余り駅前という感じはしない近鉄伏見駅前。前は中華料理店だったような記憶がある場所に結構垢抜けた感のあるラーメン店。カウンターは10席ほど、奥に小上がりがありそちらも4席ほど居ですかね。カウンター内にはお若い大将とサービス担当の女性の2名編成。昼時でほぼ半数ほどの入りだ。

2

メニューはこういう感じ。セットの値段が解りにくいがご飯とから揚げ1個でラーメン代+¥170、唐揚げ2個で¥200、3個で¥250というお値段。お勧めは醤油味の模様。加減が解らなかったので、俺はチャーシュー醤油の並+唐揚げ2個+ごはん中盛りで、嫁は醤油ラーメン並¥700をチョイス。

4_2

まずは嫁の醤油ラーメンがじゃじゃーんと登場。具材は穂先メンマに存在感抜群のレアチャーシューが2枚、味玉半分にネギ少々、海苔という布陣。魚系の良い香りがぐぐんと鼻孔をくすぐるのだ。

3_4

うはー、これは又ゴージャスなビジュアルですな。¥200アップで、レアチャーシューが8枚、それに角切りチャーシューがごろごろと大量に入るお得さ加減。しかしまぁ、デジャブのようだと思ったら、先週ご紹介したココと見た目は結構類似かも、ですな。

5_3

麺も先週のお店と良く似ていて、平打ちの太い縮れ麺で存在感あり!ななかなか旨い麺。しかし、スープはこちらのほうが醤油濃い味付けで、豚骨のしっかりしたとろみ、それに魚ダシもしっかりで大阪の玉五郎などと類似の感じがするように思った。上等さは先週行ったお店だが、こちらも実は結構好みの味。なかなか宜しいではありませんか。柔らかい穂先メンマやレアチャーシューなど具にも気が気張られており、好印象。
テーブル上に卸しにんにく、七味があるので、しっかり入れたほうが更に好みのお味に。旨いっす。

6

で、ご飯を普通でお願いしたら小ぶりの丼でしっかり量。お隣のお兄さんが大盛りを頼んでいて、これも仏壇の前に置かれそうな漫画盛りで笑ってしまった。
唐揚げもあかちゃんの拳ほどはありそうな巨大なもので、外はかりりと中はしっとりで、1人1個で大満足。とりあえずなかなか旨いです。いやー腹パンパンなり。

とりあえず、ご近所のラーメン店では中書島のつけ麺きらりと双璧を成す好きさ加減。先週のお店のようにいくら旨くても1時間も並ぶのはしんどいので、我々はこちらで満足しちゃうかも、ですな。ご馳走様でした、また確実に来ます~。
 

 

 

 

 

◆陽はまた昇る
住所:京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27  MAP
営業時間:[月火木金] 11:30~14:00 18:00~21:00
       [土日]11:30~14:30 水休
TEL:非公開

 

2013年2月18日 (月)

蕎麦切塩釜@一乗寺

日曜日のランチネタ。
昨日は、こちらの天婦羅BARでいっぱい引っかけてから、嫁お気に入りのこちらの日本酒BARに顔出しし、またタンカン梅酒とか蜜柑酒などの邪道系一直線で23:00過ぎぐらいに帰ってきたのだが、次の日ちゃんと8:00台には起きて仕事をしている自分を激しく褒めたくなる日曜日の11:30ごろ。

なぜだか激しく蕎麦が食いたい、それもまだ見ぬ蕎麦屋で、となったのだが、そういう時に便利な食べログ。つらつら見ていると、一乗寺に超盛りが良い蕎麦屋があるという。過去、サラリーマン脱サラ系蕎麦店で超上品なチョコ盛り蕎麦を食べさせられ、コスパの悪さに愕然としたことは数限りなくあるが、盛りが良すぎるというお店はあまり聞いたことが無い。前行った人気ラーメン店の隣だというので、さっそく行ってみようということに。

1_2

近所のコインパーキングに車を停め、お隣の行列を横目で見ながら蕎麦店に。

お店の名前は蕎麦切塩釜。お隣に馬鹿長い行列が出来ているので場所は直ぐに解りますな。店内に入ると風情のある和食店的な結構雰囲気で席間もしっかり広い。4人掛けテーブルが3、6人掛けが1で、お昼時は相席にしている模様。ゆったり感はタイミング次第かもですな。我々は4人掛けテーブルに通され、ゆったり。

6_3

入店すると直ぐ脇にこういう石臼マシンがででんと鎮座しており、自家製粉の自家製麺だと主張するのだ。蕎麦は100%生粉と二八がスタンバッテいる。
メニューは非常に多く、天丼などの丼物まで揃っている。暫し悩んでいつも頼みそうなものを注文するのだ。

2_2

暫し待ちやってきたのは、過去レギュラー盛りで最大量になりそうな、鴨すきせいろで¥1310なり。

5_2

土鍋で鴨すき焼き風に甘口タレで煮込まれた鴨肉、それにネギにコンニャク入り。鴨肉も肉厚で非常に旨し。。いやー、これはお得ですな。。。このダシで蕎麦を頂く趣向。

4_2

なんというか、漫画盛りですな、これは。普通の蕎麦店の倍ほどはありそうなしっかり量。それゆえ、鴨汁でも普通のつけ汁に山葵、たんまりネギまでついているサービスの良さ。二八だがシズル感も程よく、こしこしと腰も十分でやや太切りで食感も良好。

3_2

嫁は量について何も知らなかったので、蕎麦定食を注文。¥950なり。甘口の味付けが好ましい鶏かやくごはんに小鉢(今日は切り干し大根)までついて、盛り蕎麦の¥180アップというこれも馬鹿サービスメニュー也。

普通、女性1人でこれを軽々食べきれる人は相当な大食漢ですな。嫁も流石にかやくごはんまではムリだった模様。(半分手伝いました) とりあえず、これでお腹に一杯にならない人は居ないかも。さらに激ウマ!とは言わないがコストパフォーマンスは過去行った蕎麦店最強だと断言。

ま、蕎麦湯の出てくるタイミングがなぜか蕎麦と同時に出てくるなど、サービス面では?な点もあるが、メニューが非常に豊富で変わり蕎麦も色々あり楽しそう。また違うのを制覇しにくる予定です。ご馳走様でした~。

 

 

 
 

 

 

 

◆蕎麦切塩釜 (そばきり しおがま)
住所:京都市左京区一乗寺西閉川原町29-13  MAP
営業時間:11:30~16:00(LO15:45)18:00~21:00(LO20:45) 
TEL:075-721-2966

 

2013年2月17日 (日)

天婦羅Bar 亀亀@河原町四条

土曜日の晩御飯ネタ。
既に土日の感覚も無くなりそうな本業の進捗状況。あと4週間ほどバタバタが続く予定で、土曜日も朝からずっと仕事漬け。が、やっぱ夜にはそれなりに羽を伸ばさなあかんぜよ、となるのが我が家のゴールデンパターン。pig

仕事の区切りがついたのが19:00チョイ前。こういう状況で予約も特にしていないが、とりあえずアルコール!といつものように京阪四条駅に移動。小雪がそぼ降る馬鹿寒い日なのだが、四条駅から気になる居酒屋系なお店数店に電話してみるがどこも満席。いやー、観光都市京都、オフシーズンでも舐めてはいけませんな。

で、ディナー難民になったのだが、嫁が何店か覗きたい店がある!と言うので、ふらふらと錦方面に。嫁がチェックしていたのが知る人ぞ知る「四富会館」。小さなカウンター飲み屋が集まり、梯子酒派の酒飲みにはたまらないディープなエリアですな。嫁がこちらのお店で1人で一杯やっていた時に京都の酒飲みなら1度は行かないと!とご推薦頂いたお店を目指す。しかし、耳がじんじんするほど冷え込む寒い夜。うはー、たまらんですな。ダウンジャケットモコモコでなんとか凌ぐのだ。

    1
で、やってきたのが天婦羅Bar、亀亀。極小カウンター7席だけの超狭い酒飲み処。空いているかなぁ?と店に首を突っ込んでみると2人分だけ席が空いているというので、何とか席確保。はあ良かった。。ハンチングにTシャツのトークが楽しいマスターが1人切り盛りするお店だ。

基本お任せコースのみという感じで、カップルならペアセット¥5250(20:00までに注文)を、それ以後か1人ならお任せセット¥3150/人を、という感じ。ペアセットにはドリング類が計4杯ついてくるお得さで、それをお願いするのだ。

2

まずはお通し4品。うさぎさんの入れ物にはいんげんの胡麻和え、手前が菜の花お浸し、茄子の炊いたん、烏賊煮物。ま、とりあえずホッコリ。ちゃんとしていますな。。

3

ま、こういう雑多な雰囲気なのだがとりあえず妙に落ち着きますな。余りに寒かったので燗酒をお願いしたら、炭火で湯を温めるこういう風情のある入れ物に入れてくれました。俺は生ビーをチェイサーに頂きながら、今日はチャンポン一直線!なり。

4

天婦羅に付ける塩が4種。手前から日本酒風味、伏見は月の桂の酒塩、その奥が梅塩、黒七味塩、バジル塩なり。芸、細かいですな。。
天婦羅は椎茸からボツボツとスタート。お次は下の竹輪、それに万願寺唐辛子。さっくり系ではなく、フンワリ系で脂もたれしないさらりとした揚げあがり。個人的には、も、ちょっとサックリ系ならもっと好きなのだが、酒のアテには非常に適切っぽい感じ。

5

飲む気満々でチョイスしたのは、月の桂の純米吟醸生原酒、立春朝搾りなり。雪解け水のようなさらりとした飲み口でついついグイグイ行ってしまう危険な酒ですな。旨し。
マスター曰く、二月四日の立春の日には月の桂の酒蔵にそういう業界の人たちが集結し、酒の瓶詰やらラベル貼りを手伝うそうな。

6_2

月の桂以外にもこういうのはありますよ、と出して頂いた蓬莱泉、長良川の同じく生原酒。ま、こういうのも置いておられるので気になる方はお早めにどうぞ。(一応制覇しました)

7

鰯、それに生姜の天ぷら。これもふんわり、しっとりと、という仕上がり。旨いです、酒進みまくりですな~。

8_2

チョイピンボケ気味ですが、本日1、は意外に早めに登場。小柱とネギのかき揚げ。うひゃー、これは旨し。

酒が入るとこういう小さなお店の常で、お隣のお客さんと楽しいトークになったりするのだが、今回は我々より2回り年下のお兄さんと漫画論を戦わせたりしながら、楽しく夜が更けていくのだ。。。

9

蛍烏賊に菜の花。。。あと、野菜類は南京にアスパラ、玉ねぎは記憶。魚類はグジに真鯛、トリ貝があったような。ストップをかけるまでは出てくる仕組みのようですので、とりあえず、良く飲み、良く食べマシタ。

10_2

〆は海老にレンコン。うはー、これはウマし。ま、〆にはぴったりですな。特にレンコンは泣けるお味。

以上、生ビー1、燗酒1、冷酒4、ワイン1(メルシャンの日常飲み白ワイン、Every。これが想像以上に旨し)と我々とすると結構しっかり飲んで、約2時間、知らないお客さんと激しくお喋りし、日ごろのうっぷんが晴らせた楽しいお酒でした。〆て¥8000なにがしと、超納得価格。また、確実に来ます~。

 

 

 

 

 

◆天婦羅BAR 亀亀
住所:京都市中京区富小路四条上ル西大文字町615 四富会館 MAP
営業時間:18:30〜翌1:00(L.O.) (コースの場合は〜23:30) 日休
TEL:090-5884-9896