フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 游美(ゆうみ)@宮川町 | メイン | 焼野菜 五十家(いそや)@京阪三条 »

2013年1月20日 (日)

いづう@祇園四条

なぜか現在ハマっている、京都冬の蒸し寿司店めぐり。今回伺ったのは鯖寿司で人気のある老舗、いづう。ちなみに1軒目は末廣、2軒目が乙羽きし寿司いづ重に続く、京寿司店第五弾。

京寿司でもどうよ?となった土曜日のランチ。昼から本業があり飲めないのだが、嫁の運転で三条辺りに車を停め、花見小路を通っていづうに向かう。前回ご紹介したいづ重が暖簾分けのようだ。辺りは京都らしい風情のある飲食街で、観光客も多い地域だが、寒い日だったのでそれほどお客さんも多くはない。

1

店内は、過去行ったどのお店よりも京の老舗、という雰囲気でアダルト且つ格式高い感じ。調べてみたら、創業天明元年(1781年)現在のご主人が8代目という老舗だ。広くはないが清潔で凛とした空気。店内に漂う甘い寿司酢の香りが食欲を誘う。

2_3

こじんまりした4人掛けのテーブル席が3。既に満席で店奥側にこういう山車の車輪を改造して作ったような古い丸テーブル。半分は商品展示に使われているがそこに陣取るのだ。

お値段は過去行った4店中最高価格帯で、お持ち帰りの鯖寿司は一本¥4410なりとなんともゴージャス。店内で頂けるメニューも握り寿司は無く、鯖寿司や押し寿司、巻き寿司などの古典的な京寿司。
弥次喜多寿司やらお台所寿司など、謎のネーミングのメニューもあるのだが、今回は暫し悩んで鯖寿司と小鯛雀寿司の盛り合わせ¥2520と、冬季限定!な¥3150という過去最高価格蒸し寿司にチャレンジするのだ。

3_2

で、暫しの後、鯖寿司に小鯛雀寿司がじゃじゃんと登場。手前が鯖、奥が小鯛。どちらも北海道産昆布が巻いてあるのだが、小鯛雀寿司は昆布といっしょにかぶりつく趣向で、鯖のほうは昆布を取り除いて頂く。

5

お持ち帰りの鯖寿司は昆布は食べられないと書いてあるのだが、店内で頂くと、外した昆布は後で食べられるものにしてある。昆布にも甘酢が染み込ませてあって上等版都昆布みたいな酢昆布なのだ。なかなか芸が細かいですな。

我が故郷和歌山でも小鯛雀寿司がある。小鯛の胸鰭を広げて開いた形が雀に似ているので「雀寿司」と名付けられたと聞いているが、こういう形でも雀寿司と言うのですな。。

で、お味のほう。肉厚の鯖は脂の乗りも十分。寿司飯は酸味甘味ともしっかりした古典的味付けのもので、押しもしっかり目。あー、昔ながらのお味と言う感じ。最近行った5店中一番重厚感のある味付けに思った。小鯛雀寿司も同じくしっかりした締まり具合で、更に酸味が乗っていて美味しい。ボリュームも1人前とすれば十分ですな。

4

寒かったのでつい注文したお吸い物で¥420なり。三つ葉と海苔の香りにとりあえずほっこり。

6_2

んで、更に5分待ってようやく蒸し寿司登場。末廣と同じような可愛らしい丼。なぜだか鮮やかな紅ショウガと共に。では、開けますよと。

7_3

焼き穴子、グリーンピースがころころ、錦糸卵がびっちり、というスタイル。しかし、¥3150と、他のお店の倍する高級メニューだったので、出てくるまでは期待してゴージャスなものを想像していたのだが、ビジュアルは普段着な感じ。きくらげが入っているのが面白い。

8_2

錦糸卵はびっしり、寿司飯には鰆の焼身、椎茸、ホタテが入っているとのこと。ちらし寿司のように酸味は強くなく、全体的にほんわりした甘味が優しい味わい。なかなか美味しい。しかし量は女子向け、と言う感じで、更に他の京寿司店の倍ほどのお値段。CPは全く良くないのでお勧めはしないです、はい。

9

お土産の鯖寿司は、如何にも京都らしい古風だがお洒落なパッケージが嬉しくなるのだが、ハーフサイズ(6切れ)で¥2205と、これも非常に良いお値段。時間を置いたこなれた味わいもまた一興。
お値段がお値段なので、他の京寿司店と比べると普段使いはしにくく、冬の蒸し寿司よりもお持ち帰りの鯖寿司や夏の鱧寿司を狙うが賢明かも。

 

 

 

 

◆いづう
住所:京都市東山区八坂新地清本町367  MAP
営業時間:[月〜土] 11:00~23:00(L.O.22:30) 
       [日・祝]11:00~22:00(L.O.21:30) 火休(祭日除く)
TEL:075-561-0751

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/30830983

いづう@祇園四条を参照しているブログ:

コメント

私は5年前の夜に観光で行ったのですが、殆ど一見さんお断りでした(観光なので、もちろん予約はしてません)。熊本から来たといったとたん食事の説明もせずに厨房に戻られ女中さん(?)がずっとお喋りしてる声が聞こえてきてました。
なんて下品なんだろうと子供心に思っていました。熊本にはそんな店ありませんし…
京都っていろんな意味でびっくりですね。

コメントを投稿