フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■イタリアン 2012年 Feed

2012年12月31日 (月)

フィオリスカ @高倉二条

本年最終ネタはイタリアンネタを1つ。京都で食べ歩いている人なら必ずチェックしているだろうと思われる人気blog、京都グルメタクシーでランチネタを見かけて、あ、これ旨そう、と思ったので早速夜メニューを食べてきましたのでご報告。

お店の名前はフィオリスカ。開店1年未満のニューカマーのイタリアン。電話してみると夜は¥6000コース一本で頑張っておられるようだ。19:00予約でお店に。御池通から高倉通を上がり300mというところ。お隣は熱燗日本酒と魚料理を堪能できる「ごとし」なり。

1_4

店内は奥に向かって長いカウンター、既に先客が5名。あとは4人がけテーブル席が1つだけ。ウッディで落ち着いた雰囲気ですな。カウンター内は2人のシェフが忙しそうに料理進行中。。カウンターに陣取り今日の御料理をわくわくと待つのだ。

2_2

まずはエスプレッソの可愛らしいカップで供される突出しのスープ。牛蒡のピュレ、それに塩だけという非常にシンプルなもので正に牛蒡の風味満載。味付けも抑えたもので、以後の期待が高まるものだ。以下、シェフ自ら詳細に料理内容を説明頂けるのだが、メモなんぞしないのでかなり怪しいことをご了承(汗)ください~。

3_4

更に突出し的1皿。右手からマカロンが乗っかっている小さなパテ的なもの。肉味濃厚で旨し。真ん中は温められた自家製のフォカッチャと生ハム。ぽふぽふに膨らんだ面白い食感。左手はユリ根のクリームが乗った小さなパイ。一口でぱっくり。スプマンテなんぞを頂きつつ幸せになってくるのだ。

   4_2

で、白グラスに切り替えたあとは、温かい前菜。カリフラワーを使ったフランに、北海道産だという蟹肉、雲丹、それにトマトの透明なジュレを合わせた一品。いやー、なんというか旨いですなこれは。。とても上等なお味ですが、既にイタリアンの枠からはみ出ていそうな感じですな。。

5_3

お次は、長崎産鯖のマリネ。程良い酸味で青魚好き随喜の涙の逸品。
これも非常に芸が細かく、香草ソースやら周りに振り掛けられているゆかりみたいなものとか、過去頂いた記憶の無いものでした。既に忘却の彼方・・。

6_3

で、パスタは2種類。まずは泉州産穴子、それに淡路島産のしいたけを使ったというタリアテッレ。からすみが振り掛けられている。ガーリックや塩分濃度も程良く、非常~に好みのお味。こういうのが食べたかったんだと嫁を顔を見合わせ、にんまり。

7_3

お次は、ポレンタを練りこんである変形平打ち麺のマルタリアーティ。ソースは猪肉の煮込み。この煮込みの甘口ソースを黒胡椒とあわせると激しく、激しく旨し。。。パスタはちょっとざらついた食感で、好みが分かれるかもしれませんが。

8_2

皿数が非常に多いので、途中で口直しが出てくる。淡路産青檸檬を使ったグラニテ。はっ!とするほどの酸味で目が覚めます。。

9

魚の皿は甘鯛。鱗がサックサク、身はふんわり。青いソースは蕪の葉、クリーム色のソースはバーニャカウダだが、このソースも非常に旨い。付け合せの蕪まで手抜きなし。

10_4

で、肉の皿はシャラン鴨。ソースはキンカンを使った好みの味。付け合せは小松菜にインカの目ざめ。いやー、大堪能しました。

11

デザート前の口直し。グレープフルーツに似たかんきつ類、メロゴールドの果肉に果汁を使ったジュレ、それに皮を使ったマーマレード的ソースを合わせた一品。しっかりした苦みが素敵なお味。

12_2

デザートはイタリアンでしか出てきそうにない非常に珍しい一品。ラビオリで包んであるのは非常に甘い鹿児島産蜜芋のマッシュ。ちょっと花をかたどった感じ。それが茹でたて熱々で供される。それに生姜味のセミフレッド、チョコレートソースを合わせて頂く趣向。またまた芸が細かいですな。

13

〆にエスプレッソ、小菓子がでてきて超充実ディナー完了。最近のフレンチのような皿数ですが、ま、全皿一口でぱっくり、程度の量でお腹もしっかり満腹。しかしシェフお二人だけで非常に丁寧なお料理を出されますな。これで¥6000とは破格かも。

で、以上で泡物2、白グラスを4とそこそこ飲んで、〆て¥18000ほどとお値段も超納得。今ならまだ空いていそうなので、ねらい目ですな。少人数で京都的且つ上品なイタリアンなら非常に良い選択肢です。お勧めです~。

 

 

◆フィオリスカ(Fiorisca) 
TEL 075-212-9270
京都府京都市中京区高倉二条下ル瓦町545 アビリティ高倉 1F MAP
営業時間 12:00~14:00 18:00~21:30
定休日 火曜日

というわけで、本blog、毎日快晴時折曇天3京都伏見暮らしも12月末で2年目に突入しました。来年もよろしくお願いいたします。皆様、良いお年を~。
尚、お正月明けは1/4ぐらいに始動予定です。

2012年12月19日 (水)

イル・チリエージョ@地下鉄烏丸

衆議院選挙投票日だった日曜日。それ以外に特に用事はないのだが、ま、早めに投票を済ませて、そのままどこかでランチでも食べようよといういつもの作戦。
で、気になっていたイタリアンに行ってみようということに。お店の名前はイル・チリエージョ、昨年の12月にオープンした新しいお店だ。

蛸薬師通りと東洞院通りの角にほど近く、1Fに人気のつけ麺店「たか松」があるビルの2F。看板は出ているが注意しないと見落としそうな、隠れ家的店舗。

1_4

こういう看板が出ているので注意。1Fには同じマークのあるメニューの看板が出ていて今日は予約で満席だ、との表示。なかなか人気ですな。

   2_4

本日1組目の客として店内へ。4人掛けテーブルが2、2人掛けが1、ご覧の3人掛け丸テーブルが1、満席で13名というこじんまりした箱。そんなに装飾的ではないが、趣味の良い落ち着ける雰囲気だ。我々が入って直ぐにマダムの8人組、それに3人連れのご家族であっという間に満席に。調理場は多分2人、サービスは葡萄バッチを付けたマダム、それにお若い女性の合計4名編成とお見受けしました。

ランチメニューは、¥2500、3800、5500の3種。メインが3種類からチョイスできるプリフィックスでパスタ類やデザートは固定の模様。昨日の夜がしっかりだったので、¥2500のを2人前お願いし、嫁の注文分を¥500加算でメインの皿をイチボのローストに変更。

3_5

非常~に熱々だったスープ。蕪の角切りが入った優しい味のもので上からイタリアのからすみがかかっている。塩分も控えめ、程良い濃さで五臓六腑にしみわたり系・・。

4_6

野菜てんこ盛りの前菜がででーんと登場。あつあつのワカサギのフリットが乗っているのが非常に嬉しい。温州ミカンのソース、だそうな。サラダにも蜜柑が使われており、カリフラワーにブロッコリー、ミズナにルッコラなどなど野菜の量もしっかりで嬉しい。白のグラスを頂き、かなり幸せな気分になってくるのだ。

5_5

パスタは、やや太めのスパゲッティ。魚のラグーでサフラン風味の旨み満載のソース。えー、手打ちではないの?と、ちょっとがっかり~と思ったが、なんのなんの、これが非常に旨し。

6_4

何種類の魚が使われているのか、角切りの魚肉がごろごろごろごろと大量に入っていて魚味非常に濃厚。それと青ネギの香ばしい風味が程良く調和しており、やや太めで柔らかめに茹でたパスタにソースが絡んで驚く旨さ。アルデンテ、とはちょっと違うのですが、手打ち的柔らかさでこれはこれで旨し。。

7_5

俺チョイス魚の皿。鯛のポアレで春菊を使った目にも鮮やかなソース。魚ダシ濃厚ですな。蕪と青梗菜がマッチしており旨し。量は、控えめ。どこかで似たものを頂いた記憶が。品良く、さらりと。

8_4

イチボのロースト。西洋わさびのソース。そんなに激ウマ!ではないが程よい火加減で旨し。紫芋、堀川牛蒡、芽キャベツにネギなど付け合せの野菜も美味しい。量は、かなり上品。メインはそんなに特徴が無いかも、ですな。

9_2

デザートが非常にGOOD。本日は洋ナシ角切りがころころ入ったスープ的なもので、ワインのジェラートが乗っかってるのだが、洋ナシの香りとワインの香りが合わさって非常~に美味。¥2500ランチのデザートとすると、激嬉しいですな。

10_2

で、濃厚エスプレッソに小菓子がでてきて充実ランチ完了。マダムチョイスのグラスワインが赤白2種ずつなんですがかなり良いものらしく、グラス¥800~¥1200ですが非常に旨かったです。

で、白グラス3、赤1と昼間っから、ま、いつものようにまったり飲んでのんびりできた、1時間30分。8人テーブルがグループ客で、ご近所の奥様連中の集会場にように賑やかhappy02だったのですが、皆さん鼻が利きますな。ご馳走様でした、また夜にも覗きに来ます~。

 

 

 

 

 

イル・チリエージョ (il ciliegio)
住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸一蓮社町312 I company蛸薬師ビル 2F MAP
営業時間:11:30-14:00(L.O.)  18:00-21:00(L.O.) 水休
TEL:075-255-0760

 

 

2012年11月26日 (月)

ラ・カンティネッタ@靭公園

勤労感謝の日、金曜日のディナーネタ。
久々に大阪に出る計画を立てる前日、夜21:00。久々の大阪なので、大阪らしい安ウマイタリアンなんかが良いよねぇ、と気になっていたトラットリアに予約TELしし席確保。当日、靭公園で激ウマ!カレーランチのあとは梅田で国民的アニメ映画その3を見たり、改装された阪急百貨店を覗きに行って歩きに歩いた30000歩。お腹も減ったと再度靭公園を目指す、19:00。

1

靭公園の一筋南側の路地に面したお店で、カウンターが8席、窓際にぎゅう詰めで3人座れるテーブルが1つの小さなお店。当日はどういうわけだか年齢層高めの常連さんだらけで、窓際席を確保。イタリア人オーナーシェフ、日本人の奥様ご夫婦でやられているなんだかほっこりできる空間だ。

2

ちと手振れ気味ですが本日の黒板メニュー。美人の奥様の流れるような説明に耳を傾け、白ワインカラフェ(超盛り良しで¥1800ぐらい?)で乾杯。2人で前菜1、パスタ2、メイン1ぐらい見当だとのこと。

3

前菜盛り合わせ2人前で¥2500なり。温かいジャガイモとコーンスープに鶏レバーペースト、それにトマトとモッツアレラのブルスケッタ、厚手のイタリア的玉子焼き、サラミに生ハム、トマトサラダなど健康的且つ程よい塩分。旨いです、はい。

4_3

珍味ですよと教わった、ラルドのブルスケッタ。塩豚バター味、みたいなワインぐびぐび系アテメニューで¥500なり。

5

イタリアの詰め物系パスタ、トルテッリ。本日はジャガイモとパンチェッタ入りで、バターとセージのソース。¥1500なり。
イタリア人でリチャードギアをちょっとふっくらさせて可愛らしくしたような大将が、片言の日本語で一生懸命イタリア餃子だと説明してくれるのだ。むちむちと艶めかしい食感、これも程よい押さえた塩分で旨し。

6_2

今日は歩き疲れて喉がしっかり渇いており、いつもよりは飲む気分だったので、珍しく先のパスタまでしか注文していなかったのだ。
が、もうちょっと欲しいよね、と追加でお願いした自家製フォカッチャのサンドイッチで¥1000なり。大ぶりのベーグルほどのサイズ。和牛つらみをあっさり煮込んだものが挟まれていて、半分でもなかなかボリューム感良好。おやつにピタリ、ですな。

61_2

で、更に珍しくカラフェ2杯目を注文し、ぐだぐだ飲みモードに突入なのだが、全席埋まったので料理進行は非常に遅めに。が、奥様が気配りの人でアテが無いことに直ぐ気を使ってくれて、つなぎにどうぞと出してくれたパルメジャーノ。ま、塩辛的チーズなので、これ一欠けでグラス1杯は飲めそうですな。

7_2

メインはあっさり系で鶏ローストでトマトとモッツアレラチーズがかかったシンプル、且つジューシーな一品で¥1600なり。皿の周りの炭塩、それにバジル系ソースを合わせてウマウマ。

いやー、全体的に程よい塩加減で非常に好印象。お手頃価格のパスタ類、それに甘いものも攻めたかったのですが、盛り良すぎのカラフェ2杯でお腹一杯に。。で、以上で〆て¥11000ちょいと、やっぱオオサカンイタリアンでお得系だよね~、という感じ。常連さんと大将の話を聞いているのも楽しく、とても印象の良いお店でした。次回は丸々と可愛らしいニョッキを食べに来ます。ご馳走様でした! 

 

 

 

 

ラ・カンティネッタ
住所:大阪府大阪市西区靭本町1-16-5 casa acca 1F MAP
営業時間:平日 18:00~24:00 土・祝日 18:00~22:00 日休・第二月休
TEL:06-7174-4247
 

 

   8

で、淀屋橋まで徒歩移動し、おけいはんで一路丹波橋まで。アルコールですっかり良い気分で、もう少しで出町柳まで行ってしまいそうhappy01な夢見心地気分の金曜日でした。

 

2012年11月19日 (月)

イルギオットーネ クチネリーア@木屋町四条

雨の中の紅葉巡りになった土曜日。お昼過ぎに土砂降りになったので16:00前には一度自宅に帰ってきたのだが、ディナーは21:00という遅めの時間に予約していたので、20:00過ぎ、また四条大橋の上に居たのだ。

と、橋の上に着いたとたんにお店から電話。席が空いたとのことでお店に向かう。目指すは鴨川沿いというグットロケーションにあるイタリアン、イルギオットーネ クチネリーアなり。 八坂の塔の傍にある京都を代表するイタリアンの支店で、本店よりは多少お得系価格設定だそうな。久々イタリアンでちょっとニコニコしつつ店内に。

1_2

場所は四条通りから高瀬川沿いを南に300m、というところ。ビルの1Fにあるが、本店よりは大分カジュアルな雰囲気。20席というコンパクトな店内だが、スタッフは5・6名ほど居られそう。1周目完了でラストオーダーが23:00なので、夜はこれからですな。

メニューはかなり豊富な部類で、手書き季節メニューが魅力的。が、1周目で売り切れているものも結構ありそうでした。前菜が¥1500~2500、パスタが¥1800~¥2500、メインが¥3000前後の値段見当。

2_3

ワインは抜栓されたボトルが部屋中央のワインクーラーで冷やされており、8種類ほどはスタンバイ。カラフェでボトル半分でもお願いできるのでそれでお願いする。グリッシーニをぽりぽり頂きつつ暫し料理を待つのだ。

   4_3
基本料理は全て1人前ずつ分けて出してもらえるシステムで、カップルなら4皿ほどとのこと。前菜は秋刀魚のバーニャカウダ。確か¥1500ほど。(今回、メニュー写真を忘れてきたので非常~にええ加減です・・sweat01

赤蕪・白蕪・サツマイモに生白菜!など、熱々の秋刀魚の風味濃厚なオイルソースで頂きます。明瞭な味付けで旨し。

5_4

パスタその1は、イカに蛸、貝類など魚貝たっぷりのペスカトーレ。リングイネではないだが変わった平麺でこしこしと旨い。(名前失念~)自然な旨みたっぷりで今日一番気に入った一皿で¥2300ほど。蟹のリゾットが無かったので次善策でお願いしたのだが、これは正解。

6_4

栗とポルチーニ茸のソースで幅広平打ち麺のパッパルデッレ。生ハムとたっぷりのパルメジャーノがアクセントになっている。ポルチーニ茸と聞いてクリーム系を想像したのだが、非常に軽いクリームソースで想像以上に健康的な一皿でこれも¥2300ほど。

3_3

20分ほど我々ともう1組だけになったので店内をパチリ。基本アダルト向けなのだが気軽な雰囲気。鴨川に面した窓には緑が効果的に配置され、なかなか気分良い空間。

7_4

メインは¥3500ぐらいだった仏シャラン産窒息鴨ロースト。レンコン入りポレンタにオリーブを大量に使ったソースが斬新。全体に黒トリュフがかかってなかなかリッチなのだが、かなり重い味付けでちょっと残念なり・・。鴨は好物なのですが、付け合せが?と言う感じでした。

8_3

パスタ2種類でお腹も一杯で甘いものは嫁分だけ。林檎のタルトとピスタチオのソルベ添え。¥1575なり。フレンチ的に美しい盛り付け。手もなかなか込んでいる一品。

9_2

俺はエスプレッソ(小菓子付)でほんわり満足。

以上でカラフェハーフボトル、赤グラス2で〆て¥18000チョイ、というお値段。パスタは色々面白そうなものが揃っているのですが、鱧とか鮎とか和食材系のほうがこのお店にあっているのかもしれませんな。ワインをパカパカ、メイン無しで前菜2のパスタ2、というような使い方のほうが幸せだったかも。
ご馳走様でした。次回も遅めの時間帯にパスタを攻めに来そうな予感です。

 

 

 

 

◆イルギオットーネ クチネリーア
住所:京都市下京区木屋町松原上ル2丁目和泉屋町160 1F MAP
営業時間:12:00~15:00(L.O) 18:00~23:00(L.O) 水休
TEL:075-353-8866

 

2012年10月10日 (水)

アンチョビ なぎさのテラス店 @大津

10月3連休の最終日ネタ。
今回も午前中から昼間は宿題、土曜日は会社にも出る始末で、夜だけ外食&アルコールと激しく不健康だったお休み。どのあたりが体育の日なのだ!と自分で自分にツッコミを入れたくなるのだが(微泣)、最終日ぐらいちょっと日の当たるところでランチでも食べようよ、ということに。

で、前から気になっていた琵琶湖ほとりのなぎさ公園にある「なぎさのテラス」なる気分の良い場所に行ってみることにしたのだ。

1

伏見の自宅からわずか50分でこういう広大な場所に行けるんですなあ。飛行機雲がぐいぐい空に一の字を書いているのを眺めながら、激しくのんびり気分が盛り上がるのだ。半そでではチョイ涼しすぎるぐらいの快適な空模様。

2

水辺まで30秒という波打ち際に、4軒のレストランが軒を連ねている。これがなぎさのテラス。マクロビカフェに、デザートカフェ、カフェ的イタリアンに、サンドイッチが旨そうなカフェ。暫し検討ののち、今回はイタリアンにしておく?ということに。
(写真では、手前から3軒目)

テラス側から入ろうとして正面に回ってね、と言われたりしつつ(恥)お店前に移動するのだ。

3_2

お店の名前はアンチョビ。もともと大津に20年前からある老舗イタリアンの支店のようだ。当然この季節はテラス席が大人気で、席空き待ちが5組ほど。入り口に置いてあるノートに席はどこでもOK&名前を書いて暫し待つ。13:00前だったが意外に早く20分ほどで我々の順番に。

土日祝はランチメニューは無く基本アラカルトのみ。パスタにピッツアなど軽食系だが、メニューはそこそこ豊富。

4

嫁ともども、明るい中ノンアルコールビールで乾杯し、のんびりランチということで。このFREEのおかげで休日のドライブが更に幸せなものになりますな、感謝。

5_2

前菜盛り合わせは¥1365なり。お安くは無いが予想よりもしっかり。特に奥真ん中のガーリックが利いた豆のサラダを推薦。あと、奥左のスフレのような玉子が激ウマ。ちゃんとしています。

6

看板メニューからチョイスした栗とキノコのリゾット。¥1000ぐらいかな? 味は悪くないのだが、芯がしっかり残っている感じで、流石にアルデンテといってもこれは過剰かなぁ、のような状態。やや残念感あり。

7_2

生ハムピッツア。本格的なピッツア釜は無いようだが、生地はココで練って広げている。写真を見ればわかる焦げ味極少のむっちり系、ま、特筆すべきことは何もないが普通に美味しい。タバスコばっばで頂きます。

で、以上40分ほどでのんびり頂き、¥5000弱(麒麟のFREE×2)なり。とりあえずこのロケーションなら多少お味が悪くても、なのだがちゃんと街のカフェ的レベルはクリアしているような気がします。
そんなに気合を入れてやってくるところではないが、この絶景を眺めにまた来ているような気がするお店でした。ご馳走様でした~。

 

 

 

アンチョビ なぎさのテラス店
住所:滋賀県大津市打出浜15-3 なぎさ公園打出の森「なぎさのテラス」内
営業時間:[月~土]11:30〜14:30、17:30〜22:30
       [日・祝]11:30〜15:00、17:00~22:00 無休
TEL:077-522-1811