フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« Eight@伏見区藤森 | メイン | 月村@祇園四条 »

2012年12月19日 (水)

イル・チリエージョ@地下鉄烏丸

衆議院選挙投票日だった日曜日。それ以外に特に用事はないのだが、ま、早めに投票を済ませて、そのままどこかでランチでも食べようよといういつもの作戦。
で、気になっていたイタリアンに行ってみようということに。お店の名前はイル・チリエージョ、昨年の12月にオープンした新しいお店だ。

蛸薬師通りと東洞院通りの角にほど近く、1Fに人気のつけ麺店「たか松」があるビルの2F。看板は出ているが注意しないと見落としそうな、隠れ家的店舗。

1_4

こういう看板が出ているので注意。1Fには同じマークのあるメニューの看板が出ていて今日は予約で満席だ、との表示。なかなか人気ですな。

   2_4

本日1組目の客として店内へ。4人掛けテーブルが2、2人掛けが1、ご覧の3人掛け丸テーブルが1、満席で13名というこじんまりした箱。そんなに装飾的ではないが、趣味の良い落ち着ける雰囲気だ。我々が入って直ぐにマダムの8人組、それに3人連れのご家族であっという間に満席に。調理場は多分2人、サービスは葡萄バッチを付けたマダム、それにお若い女性の合計4名編成とお見受けしました。

ランチメニューは、¥2500、3800、5500の3種。メインが3種類からチョイスできるプリフィックスでパスタ類やデザートは固定の模様。昨日の夜がしっかりだったので、¥2500のを2人前お願いし、嫁の注文分を¥500加算でメインの皿をイチボのローストに変更。

3_5

非常~に熱々だったスープ。蕪の角切りが入った優しい味のもので上からイタリアのからすみがかかっている。塩分も控えめ、程良い濃さで五臓六腑にしみわたり系・・。

4_6

野菜てんこ盛りの前菜がででーんと登場。あつあつのワカサギのフリットが乗っているのが非常に嬉しい。温州ミカンのソース、だそうな。サラダにも蜜柑が使われており、カリフラワーにブロッコリー、ミズナにルッコラなどなど野菜の量もしっかりで嬉しい。白のグラスを頂き、かなり幸せな気分になってくるのだ。

5_5

パスタは、やや太めのスパゲッティ。魚のラグーでサフラン風味の旨み満載のソース。えー、手打ちではないの?と、ちょっとがっかり~と思ったが、なんのなんの、これが非常に旨し。

6_4

何種類の魚が使われているのか、角切りの魚肉がごろごろごろごろと大量に入っていて魚味非常に濃厚。それと青ネギの香ばしい風味が程良く調和しており、やや太めで柔らかめに茹でたパスタにソースが絡んで驚く旨さ。アルデンテ、とはちょっと違うのですが、手打ち的柔らかさでこれはこれで旨し。。

7_5

俺チョイス魚の皿。鯛のポアレで春菊を使った目にも鮮やかなソース。魚ダシ濃厚ですな。蕪と青梗菜がマッチしており旨し。量は、控えめ。どこかで似たものを頂いた記憶が。品良く、さらりと。

8_4

イチボのロースト。西洋わさびのソース。そんなに激ウマ!ではないが程よい火加減で旨し。紫芋、堀川牛蒡、芽キャベツにネギなど付け合せの野菜も美味しい。量は、かなり上品。メインはそんなに特徴が無いかも、ですな。

9_2

デザートが非常にGOOD。本日は洋ナシ角切りがころころ入ったスープ的なもので、ワインのジェラートが乗っかってるのだが、洋ナシの香りとワインの香りが合わさって非常~に美味。¥2500ランチのデザートとすると、激嬉しいですな。

10_2

で、濃厚エスプレッソに小菓子がでてきて充実ランチ完了。マダムチョイスのグラスワインが赤白2種ずつなんですがかなり良いものらしく、グラス¥800~¥1200ですが非常に旨かったです。

で、白グラス3、赤1と昼間っから、ま、いつものようにまったり飲んでのんびりできた、1時間30分。8人テーブルがグループ客で、ご近所の奥様連中の集会場にように賑やかhappy02だったのですが、皆さん鼻が利きますな。ご馳走様でした、また夜にも覗きに来ます~。

 

 

 

 

 

イル・チリエージョ (il ciliegio)
住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸一蓮社町312 I company蛸薬師ビル 2F MAP
営業時間:11:30-14:00(L.O.)  18:00-21:00(L.O.) 水休
TEL:075-255-0760

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/30606765

イル・チリエージョ@地下鉄烏丸を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿