フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

らーめん 来満(くま)@伏見桃山

久々の地元ネタ。
最近徒歩圏の大手通商店街そばに新しいラーメン店がオープンし、ネットでも結構評判が良いようなので気になっていたのだ。ようやく行ってきましたのでご紹介。

    1_4
お店の名前は来満(くま)、どうもお若い大将のキャラクターから名付けられたような感じですな。京都一乗寺で人気のラーメン店、高安の流れを組むお店のようだ。高安はあまり、これ!という印象は無かったのだが、から揚げは旨かったという記憶アリ。やっぱ、から揚げ良いよね~とやってきたのですな。

お得なランチメニューもあり、ご飯も大中小と3段階そろい踏み。基本、ラーメン、から揚げ、ご飯、以上!というようなシンプルなメニュー構成。

3_6

俺は1つ覚えでチャーシュー麺¥750を注文。薄手だがチャーシューはなかなかたっぷり。きくらげが好きなので嬉しいですな。

2_7

から揚げセットを注文し、ご飯・それに高菜と共に適宜わけわけということに。

4_2

麺が非常に特徴的。つるつる感を重視した多加水麺なのだがチャンポン麺を細くした、というような腰の無さ。面白い食感を含め高安的なのかも、ですな。

スープは白濁豚骨系で、脂分も抑え気味、パンチは無いが塩分も程良く万人向けですな。辛子味噌がテーブルに置いてあるので、我々の場合はかなりしっかり入れて程よい味わい。

5_2

から揚げ定食¥980のから揚げ。高安のように馬鹿大きくはないが、オマケではないしっかりサイズで3個。生姜醤油系タレで漬けたのか味も良く染み込んでいて表面はカリリと、中はしっとりでなかなか旨し。から揚げは近所にも旨い店があるので、ま、お好みでというところ。

京都の懐かしの味なのか、ご年配向けに人気でお客さんがほぼ50代以上の男性客ばかりだったのが印象的。確かにタマに食べたくなりそうなそういうお味ですな。ご馳走様でした~。

 

 

 

◆らーめん 来満(くま)
住所:京都市伏見区風呂屋町262-3
営業時間:11:30~15:00 18:00~22:00 水休
TEL:075-611-7125

 

2012年10月29日 (月)

京都駅の新幹線コンコースで買える贅沢お弁当

先週の水曜日、このblogでは非常に珍しい駅弁ネタ。
九州の関連会社に前泊出張になった水曜日。京都駅に夕方到着、九州の宿に到着するのは22:00ごろの予定。今回は途中までは1人での気楽な出張、あちらで晩飯は遅くなるし新幹線の中で弁当でも食っていくか、という作戦だ。

で、以前から狙っていた弁当を買ってみることにしたのだ。新幹線コンコースの中央部にある弁当店「舞妓」にそのブツはあるという。あまり駅弁を買うことはないのだが、ま、話のタネということに。

舞妓を発見。通常の冷凍ショーケースの中に並んでいる弁当にはお目当ての弁当は無いのだが、横に回ると店員さんにお願いして出してもらう別価格帯弁当が3種類ある。お値段がなかなか凄くて、最高価格は京都の老舗料亭で、「たん熊」の弁当がスタンばっていて¥5250!なのだが、売り切れ中。
で、今回のお目当ては特に一番お値打ちだという評判の「田ごと」¥2600の弁当だ。ちなみにもう1種は同じく田ごとの¥1600のもの。どれでも特に予約なしで買えるようだ。

1_3

ええいと清水の舞台から転がり落ちたつもりで¥2600の高級弁当を購入。(ちょっと大げさ:汗)サイズは、これぐらいの大きさ。ぱっと見はそんなに大きくないのだが、箱の厚みは¥1000ぐらいのお弁当の倍はありそうなしっかり量。手にするとずしりと重量感。では開けますよと。

2_6

うはー、これは素晴らしいですな。いちいちメニューを書き映すのは大変なのだが、ちゃんとこういう献立表が入っていたのだ。

3_5

鮭の味噌漬けの芳醇なお味や、茄子田楽の上品な甘さ、南京や小芋、蕗などの炊き合わせのはんなりとした手抜きの無い旨さにおもわずうーんと唸ってしまうのだ。ちなみに量も十二分に大満足。。というか食い意地の張ったおっさんがビールのお供に頂くにはちょっと食べ過ぎかも、ぐらいの満足量でした。

来週も九州方面に同じ時間帯で出張予定なので、次回は¥1600のをお願いしようと思います~。ご馳走様でした。また、嫁に内緒で1人でちょっと贅沢したいとき(汗)に使わせてもらいます。

 

2012年10月28日 (日)

人見でまったり焼き鳥ディナー(3)@川端二条

土曜日のディナーネタ。
週末もへたくれもない業務進行中。この土日も会社に顔出ししないといけない状態でうんざりなのだが、なんとか17:00には仕事を終えて夜はそれなりにのんびりしようと狙っていたアート系イベントに出かける。

0_2

やってきたのは平安神宮がある岡崎。今日は「岡崎ときあかり」なるライトアップイベントが楽しめる夜だ。最近東京駅の改装記念行事でもやられていた「プロジェクションマッピング」、京都では今年2回目で、京都市美術館、京都府立図書館の建物を液晶プロジェクタのスクリーンに見立てて、様々な美しい幻燈を映す催し物なのだ。

やってきたのが20:00過ぎ。府立図書館はこういう雰囲気に。

1_2

建物の輪郭にピタリとマッチした映像が投影され、流される音楽と見事なシンクロで映像が目まぐるしく移り変わる。想像していたよりずっと綺麗ですな~。
暫し口をあんぐりと開けて見物。工学系で芸術系な人にはたまらないイベントですな。

2_2

こういうダイナミックな変形が起こると見物客からおおお~と感動の渦が巻き起こるのだ。毎年この時期にやっておられるようですので、今年見逃したかたは来年ぜひに。

3_2

平安神宮前の公園には沢山のお洒落な出店も出ていて、ジャグラーのアトラクションなどもあり色々な楽しみ方で楽しめるのも宜しいですな。そちらのほうは野外バールで一杯やれるのも楽しい。

で、21:00まで楽しんで、次はご飯だと予約していた焼き鳥店、人見に移動。岡崎から徒歩15分ほどで到着。ちなみに前回ネタがこちら。四条にあるこちらの焼き鳥店とともにお気に入りの一軒。それぞれキャラが違うのでどちらも甲乙つけがたく好きかも。

3_3

1回目に食べてすっかり気に入った酸味少な目のポテサラ。どことなく懐かしいお味。旨いっすの¥300なり

2_4

焼き物はせせりにホルモン、つくね、とりねぎ、厚かわあたりを制覇。(写真は省略)相変わらずの大将に見事な火入れに大満足なり。特におつゆ溢れまくるせせりを大推薦、ホルモンに背ギモも旨し。。見事です。

5

京鴨ロースは¥800なり。これも見事な火入れですな。鴨好き必食。和辛子が良く合います。

6

今回初チャレンジの「リコッタ奴」で¥290なり。確かにチーズ味の豆腐。どうやって作ってるんですかね。嫁は日本酒(獺祭)でまったり。

7

むしどり山椒ソースは¥580なり。鶏味濃厚、これもなかなか旨いですな。。

8

前回の訪問で、人見で〆のご飯物は2人で1つにしておくこと!、という暗黙の了解となったボリューム大メニューのそぼろご飯は¥550なり。
甘口の鶏そぼろをしっかりご飯にまぜこんで、上にはふわふわのオムレツが乗っかっているサービス過剰メニューですな。旨し。

で、生ビー2、冷酒2合で〆て¥6500という財布に優しい納得価格。いやー食べ過ぎました。ご馳走様~、また来ます。

 

 

 

 
炭焼創彩鳥家 人見
住所:京都市左京区二条通川端東入大菊町96
営業時間:17:30~24:00 水休・月曜が祭日の際は休
TEL:075-771-7818

2012年10月24日 (水)

Krepe 、その3@祇園四条

こちらのお店の続きネタ。
熱燗でほんのりいい気分、ごとしを後にして四条方面にぶらぶら移動。嫁はデザートを食べる気満々、この時間帯で甘いところというと祇園四条のデザートバー、Krepeになってしまうわけで。このblog、3回目の登場。前回ネタがこちら

22:30、お店に電話してみると23:00閉店とのこと。Barなのでもう少し遅くまでやっていると勝手に思っていたのだが、ま、食べるのは早いので今から行きますよ、ということに。

夜の四条通はまだまだこれからだ!というような盛り上がりなのだが、エレベータで四階までするりと上ると通りの喧騒が嘘のよう。閉店前だというのにまだ四組ほどのカップルがまったりしている22:35。 俺はグラスシャンパーニュで、ほっとするひと時。

     1
嫁が珍しく注文した季節のフルーツを使ったカクテル。ピオーネ果汁をたっぷり、シャンパンを注いでステアし、皮を剥いて凍らせたピオーネを浮かべる。シャンパンの泡でピオーネがグラスの中でクルクルと回転するのを眺めながらのんびりできる趣向だ。で、シャンパンが染み込んだピオーネを頂くのですな。芸が細かい一品。

2

で、チョイスした甘いものはシュークリーム。カスタードクリームを敷いた上に大きなかりかり系シュークリームが鎮座。中は濃厚なミルクチョコクリームがたっぷり、生クリームで蓋をする前に、シェリー酒を香りづけにしっかりかけて出来上がり。 割った写真旨く撮れず、残念。たしか¥800とかそういうお値段。

週末のひと時、就寝前の幸せな時間。ごちそうさまでした、又来ます~。

 

 

Krepe (デザート&バー クレープ)
住所:京都市東山区四条花見小路西入ル北側 井澤ビル5F
営業時間:11:00~23:00 月休
TEL:075-532-2828

 

2012年10月23日 (火)

バナナとくるみの大福@御菓子処 嶋屋本店(堅田)

土曜日の滋賀ネタで、おー、これはイケているなと思ったお土産ネタを1つ。

信楽の山の中の美術館をのんびり見物し、何か滋賀っぽいお土産と考えて、全然信楽からは遠いのだが前から懸案だった和菓子を買いに、堅田まで出ることにしたのだ。お店の名前は嶋屋。苺大福が人気のお店なのだが、ま、最近はそれを名物にするお店が多すぎるのでちょっと食傷気味。変わり大福系メニューでフルーツ系は大体やりつくされた感がありますなぁ。
が!こちらでは非常に美味しい組み合わせの妙が楽しめるとのこと。楽しみにやってきたのだ。

1_3

堅田駅からそんなに遠くない位置。住宅街の中の小さな家族経営的お店。こういうさりげない一軒。

    2_5

商品はこういう普段使いの和菓子がお手頃価格で販売されている。京都市内と比較すると、大体1、2割ほど安い感じ。で、人気のバナナとくるみの大福は的場浩二さんのスイーツ本にも露出してるそうだ。
ま、ショーケースにそういう本に出ていますよ、的な表示はさりげなくあるが、人気店的な売ってやろう感はほぼ無いまったり雰囲気ですが。

3_6

で、4種類バナナと胡桃の大福に、栗大福、柚子餡の餅に、サツマイモ餡の饅頭など色々詰めてもらっても¥1000チョイというお手頃価格。どれも甘さ控えめで普段使いの旨さ。

4_5

で、帰ってきて早速切ってみました。さっぱり白餡とバナナの上に、クルミの大粒が乗っかっている。香ばしい胡桃と押さえた甘さの白餡、それにバナナの風味が合わさって、素晴らしい相乗効果が。想像以上にウマいですわ、これ。

甘さ控えめなので、ぱくぱくと3個ぐらい一気食いしそうな予感ですな。次回はこれを中心に買い溜めようと思いました。いやー、お勧めです。お近くに寄られたらぜひにも。
 

 

 

◆御菓子処 嶋屋本店
住所:滋賀県大津市本堅田5丁目6-54
営業時間:8:00~18:00 月休
TEL:077-573-4620