フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

京都千丸しゃかりき @二条駅

もしかして夏休みから寝かせていたラーメンネタを1つ。
なんだか麺類気分な日曜日。京都系ラーメン店で行っていない所でも行こうか~、とチョイスしたのがこちら、京都千丸しゃかりき。どちらかというとつけ麺のほうが人気のお店かも。

     1

日曜日のお昼11:30お店に。11:00開店なので行列でもできているかなぁと思ったがすんなり席確保。小奇麗なお店で、カウンターに陣取る。大学生ぐらいのお兄さんがたが1人ランチにくるところ、と言う感じですかね。今日は何やら1人暮らし系男臭がプンプンと。

メニューは結構豊富な部類で、期間限定メニューを出す走りのようなお店なのだが、今回も当然スタンバイ。が、つけ麺だったので嫁が注文担当。自分は特製ラーメン¥850を注文。

2

とろりんとしたとんこつ醤油系。具はしっかりチャーシュー、煮玉子にねぎたっぷり。キッチンででっかい寸胴鍋で仕込んだスープを混ぜ返していたので期待満点で一匙口に。

あー、これは和歌山系が好きな人はかなり気に入りそうなお味ですな。山為食堂のスープに醤油濃度を足したような感じ、魚介も合わせているらしいが風味付け程度で豚骨がガツンとくる。骨粉もたっぷり沈殿している濃厚さ。

3

麺は中太ストレート、腰もしっかり系で結構好み。 なかなか良いではありませんか、とにんまり。

4

嫁は限定メニューだという、煮干し醤油系のつけ麺(メニュー名失念)を¥850だとかで注文。 醤油ダシに魚介を合わせたダシだが、流石にこれはあっさり系で脂分も控えめ。ちょっとつけ麺とすると頼りない感じですな。具や麺は、ま、納得だがダシは全然自己主張足らなさすぎ。

5

店内に張っていた関西ウオーカーが仕掛けたらしい、映画「アベンジャー」とのタイアップポスター。はっきり言って意味がわからんのですが相乗効果が望めるもんなのですかねぇ。かなり悪乗りですな(汗)

ラーメンはかなり気に入ったので、また好みが合致した限定が出たら来るかも?ですな。ご馳走様でした。

 

 

京都千丸しゃかりき
住所:京都市中京区聚楽廻東町3-9
営業時間:11:00~24:30 定休日無し
TEL:075-813-5198

2012年8月30日 (木)

クレメンティアでランチ(3)@烏丸御池

ほぼ1週間ぶりのご無沙汰、生きておりますスイカです。
夏休み明けから九州に3日、4日間の中国出張などバタバタ。ようやく自宅パソコンの前に座る時間が取れましたので(微泣)、先週土曜日のランチネタを1つ。

日曜日はまたまた出張移動なので、外食ディナーは止めにして、どこかランチにでも行こうよ、という算段を始める土曜日の朝、10:00。パスタが良いなぁとお気に入りイタリアン、クレメンティアに電話して席確保。お若いシェフとサブのお兄さん2人で回しておられるこじんまりしたお店だ。ちなみに前回の夜ネタはこちら

お店前に掲げてあったランチメニューを確認。前菜2種にスープ、パスタがメインでデザート付きのランチはパスタを4種類からチョイスでき¥1600~2800。¥3800のメイン付コースもある。アラカルトでメインの皿だけ夜メニューを注文することも可能なので結果、腹具合と相談して色々楽しめる。今日はパスタランチをチョイス。パスタの皿は2人前に取り分けてくれるのが嬉しい。

カウンター席の隅っこを確保し、シェフの流れるような作業を見学しつつ、料理を待つ楽しみ。

1

まずは前菜、奥は夏野菜のカポナータ、ガラスの小鉢に入っているのがうさぎと葡萄のサラダ。手前は揚げたてライスコロッケのスップリ。
このお店を好きな理由は、塩分濃度。京都のイタリアンはどうも塩がキツメのお店が多いように思うのだが、こちらは丁度良い感じ。酸味や甘味の使い方もお上手ですな。 

2

冷たいスープ。本日はビシソワーズに酸っぱいドレッシングを染み込ませたパンのサラダを合わせた一品。優しいジャガイモにはっとするほどの酸味が面白いバランスを見せる一品。

3_2

お願いしたパスタで使っている自家製ハム?を出して頂いた。牛すね肉を固めて炒め煮にしたものだそうな。塩味控えめのハムのようなゼラチン質満載の逸品。うはー、飲みてえ。

4

嫁チョイスのパスタ、夏野菜と軽い燻製にしたモッツアレラを手打ち麺のキターラと。黄色い野菜は桃太郎トマトのゴールド版だそうな。で、ぱっと見はそうは見えないがトマト味パスタなのだ。しこしことしたパスタが燻製臭が香しいモッツアレラチーズと絶妙に合ったリする一品。

5

俺チョイスは全粒粉の幅広麺、タリアテッレをポルチーニ茸と先の牛すね肉のハムをクリームソースにたっぷりと。これは塩味明瞭系なのだが、相当に旨い。このお店、自家製の柔らかいフォカッチャもとても美味しいのだが、パンも激進むメニューですな。参りました。

6_2

デザートは、ピーチメルバ。モモのコンポートを非常に濃厚で旨いバニラアイスと合わせた一品。最後までばっちりですな。

7_2

で、食後にエスプレッソを頂き、まったり。想像以上に美味しいひと時でした。京都で手打ち系パスタなら我が家ではまず最初に思い出す一軒。またまた充実ランチでありがとうございました。 また来ます~。

 

 

クレメンティア (Clementia)
住所:京都府京都市中京区間之町通二条上ル夷町572
営業時間:(火~土)11:30~LO.14:00 18:00~LO.21:30
      (日祝)12:00~LO.14:00 18:00~LO.21:00 月休・月1回不定休
TEL:075-231-5606

 

◎このblogのクレメンティア記事
2011年5月(ランチ)
2012年2月(ディナー)

 

2012年8月21日 (火)

茶寮 浜ぐら@近江八幡

滋賀ネタ、その3です。
滋賀小旅行1日目のお昼時、こちらに居たのだ。近江八幡市、人気観光スポット日牟礼八幡宮そばの八幡掘。

1_2

すぐそばに和菓子で有名なたねやの本店があり、そちらで和食系ランチが頂けるのだが、流石人気のたねや、12:00チョイ過ぎで空き待ちが15組。次の予定があるので、早くどこぞでランチだ~ということに。

観光案内所で貰ったMAPを見て、肉を食うぞ!と徒歩2分たらずにある牛肉系カフェ(汗)に行ってみることに。

0

こちらが蔵を改装してお店にした「浜ぐら」。近江牛専門店がやっているカフェ部門だそうな。ランチ時は牛肉系丼物が人気の模様。こちらも行列が出来ていたのだが、10分ほどで意外にすんなり席確保。カウンター席にテーブル席と30席ほどですかね。蔵を改装しているおかげか、落ち着いた感じで良いですな。

カフェ系軽食と言っても近江牛をリッチに使ったもので、ステーキ丼が¥3000オーバーと良いお値段。たねやでおやつも食べたかったので暫し悩んで注文。

2_4

んで、暫しの後じゃじゃんと出てきた和風ローストビーフ丼で¥2400なり。ほかほかご飯の上に見事な赤身のローストビーフがびっちり敷き詰められているのだ。ポン酢系あっさりタレのおかげでわしわし頂ける。で、ローストビーフが激しく柔らかくトロケる食感。予想以上に旨くてちょっと得した気分。。

3_3

小鉢類などもついている。近江名物赤こんにゃくはお約束ですな。、手前の揚げ物も近江名物の丁子麩。揚げてあるので香ばしく、中は御餅のようにむっちりした食感でなかなか美味しい。しいたけダシの湯葉が入った味噌汁も昔どこかで食べたことがありそうな、懐かしいお味。。

4_5

こちらは嫁チョイスの「赤の他人丼」なり。ま、赤い器に入ったすき焼き丼のこんにゃくを赤こんにゃくに替えた近江的メニューなんですが、ネーミングの勝利ですな。こちらも柔らかい牛肉とこんにゃくの食感、真ん中の温玉を割ってからめて頂くとなかなかの¥1280なり。こちらも漬物とみそ汁付。

あまり期待していなかった、というのもありますが(汗)、なかなか美味しく頂けました。たねやで行列が出来ていたら、ま、こういう選択肢もありますよということで。ご馳走様でした~。

 

 

◆茶寮 浜ぐら
住所:滋賀県近江八幡市大杉町24
営業時間:11:00~17:00
TEL:0748-32-5533

  

2012年8月20日 (月)

クラブハリエ ジュブリルタン @彦根市

滋賀ネタ、その2です。
旅行2日目のランチに立ち寄ったリゾート感溢れるパン屋さん、クラブハリエのパン部門、ジュブリルタン。 とりあえず、こういうところです。

2_2

ある種恥ずかしいほどリゾートですな。。彦根港から5分ほど。琵琶湖に面した文句なしのグッドロケーション。クラブハリエだがバウムクーヘンは置いていない。パン店とパンが頂けるイートインスペース、それと2Fにカフェがある大きなお店だ。ジュブリルタンとは仏語で「時間を忘れるところ」という意味だそうな。

3_2

2階やあちこちにパラソル付テーブルが配置されていて、買ったパンとドリンク類でまったりできる仕掛けがあるのだが、この日は、驚くほどの暑さだったので流石にそこでパンを食べている人は居なかった。

 5_3

カフェメニュー。席数は40席は楽々ありそう。が、丁度ランチ時。満席だったので7番目の待ちになる。

4_4

で、待っているのも時間が惜しいので、その間に素早くパンを買いに行こうということに。ハード系に柔らかい食事系、お惣菜系に甘いものまで種類は非常に豊富。お値段もそんなに高くはない。7、8個適当に購入。上のカフェでも頂ける食事用の柔らかめのパンが良い気がしますな。

パンを買って2Fにあがると20分たらずで意外にすんなり席確保。暫し悩んで、メニューからトマトと近江牛のココット料理2人前¥3600をチョイスするのだ。

6_4

先に出てくるサラダ。粉チーズ、それにオレンジ系の甘味と酸味のバランスが良いドレッシングが非常に旨し。色々な豆系がころころ入っているのも嬉しい。

7_2

お代わり自由なパン類。フォカッチャ、それにレーズンと胡桃の入った柔らかいカンパーニュ風のものが非常に旨かった。 お試し用にと小さな小瓶に入ったオリーブオイル(イタリアのCMV社というメーカー製)が貰えたのだが、果物のような甘い香りがパンに良く合う。しぼりたてを冷凍保存しているものだそうな。

ほんまに何ぼでもお代わりしてくれそうなので、ま、お腹具合を見てどうぞ。(初めにおいてくれる量もかなり山盛りですので・・)

8_2

熱々のココットが登場。塊肉ごろごろにジャガイモごろごろとダイナミック。想像以上に結構な量ですな。。驚きました。

9_4

小玉ねぎにジャガイモ、ブロッコリー、それにスプーンでほぐれそうな牛肉。塩味控えめで非常に健康的な味付け。この写真の¥1500ランチのメインぐらいの量(汗)に分けるとしっかり4皿分ほどになるのだ。

10_4

お願いしたドリンク類。甘さ控え目の「脇坂さん家のレモンスカッシュ」で¥550なり。量もやや少なく、ちょっとお高めだが、食事に良く合い結構お気に入りかも。

想像以上に色々と気配りがしっかりしていて感心。お若いサービスの面々も、流石近江商人だけあって教育に抜かりはないですな。ま、気軽にリゾート気分を味わうには良い所です。ドライブついでにぜひどうぞ。

 

 

◆クラブハリエ ジュブリルタン
住所:滋賀県彦根市松原町1435-83
営業時間:
土・日・祝 8:00~パンが無くなり次第終了
       平日 9:00~パンが無くなり次第終了
 
       ランチ 11:00~15:00  不定休
TEL:0749-21-4477

 

11_4

偶然撮れた、琵琶湖沖合い500mからのジュブリルタン。

2012年8月19日 (日)

行楽庵@大津市

実家に帰るしか用事がなかったこの夏休み。ひたすら宿題、夜は飲みに、という不健康さで普段の生活とあまり変わらない感じ(汗)だったのだが、1日ぐらいはのんびりと、ということで滋賀に発作的旅行を計画する、月曜日17:00。

で、どこかで晩御飯を食べるところを、とチョイスしたのが今回ご紹介する、行楽庵。最寄駅は瀬田、湖岸道路沿いにある和食店だ。当日、京都は五山の送り火というお盆真っ最中なので開いているかなぁと予約TEL、なんとかこちらの席を確保。事前に¥10000のコースをお願いしておいたのだ。

1

ちょっと離れたホテルからタクシーでお店に移動。マンションの1F、店内はホテルにありそうな和食店と言う感じで、奥に座敷があるようだが、4人掛けテーブル席が3。カウンターは無く、気さくで話好きな女将さんが1人でフロアの切り盛りをされている。

向かいは夕焼け百選に選ばれたという琵琶湖を一望できるとても眺めの良い場所だ。植え込みの緑が邪魔でお店の窓からは、外がちょっと見づらいのが難点。お店前はこういうロケーション。

2

食事中にお店前に出て撮った写真(汗)

ランチは満席だったそうで、最近は食べログのおかげか、東京や大阪など遠方のお客さんが増えたんですよ、と女将さん。今日の夜は我々1組だけのようだ。

3

で、初めの一皿がびっくらこ。お盆ですのでね、と巨大なハスの葉に包まれて登場した八寸。全然八寸じゃなく巨大なプレゼンテーションなのだ。

4_2

葉を止めてある竹串をするりと抜くと、中からハスの花びらの上には美しい八寸が。手前の丸いのは裏ごししたカボチャ団子の中にフォアグラ、鯛の昆布締め、スモークサーモンとクリームチーズ、厚焼き玉子、鱧の子2種、レンコンの下には鰹の酒盗。キューブ状のもフォアグラの入った煮凝り。こういう風に洋食系素材も積極的に使われるようですな。

早速近江の地酒に切り替え、良い気分になってくるのだ。

5

椀物。胡麻豆腐にほんのり炙ったレンコン餅には松の実、中国産だが結構香りのあるマツタケ。おろし生姜が利いている明瞭でしっかり目の味付けだが、非常に旨し。ほっこり。

6_2

鱧焼き霜、梅肉合え。非常に量しっかりで驚き。梅肉でも酸味を控えた酢味噌でも旨し。キュウリの切り方が面白い。(オタマジャクシみたいな。。)

7

胡麻を練りこんだ麺。腰もしっかりで旨いのだが、冷やして唐辛子のぴりりとした刺激を加えたゴマだれと合わせる趣向。おくらに半熟卵、海老に甘く炊いたしいたけがピタリとマッチ。

8

笹に包まれ香ばしい炭の香りを放ちつつやってきたのは・・・

9_2

琵琶湖の若鮎。頭からがぶりでもOKな柔らかさ。いやー旨いですな。。薫り高い蓼酢も自家製だそうな。

10_2

とうがん、それに鰻。上に乗っているのは青唐辛子のスライス(風味はあるが、そんなに辛くない)、それと実山椒は自家製の味噌漬けにしている芸の細やかさ。ダシ味濃厚しっかりで、おもわず笑みがこぼれる一品。

    v 11
口直しにやってきたのは海ぶどうに山芋短冊を土佐酢で和えたもの。飲み干せるほどの酸味・それに甘味なのだが、目がしゃきっとするお味ですな。

12

食事は、新生姜の千切りををたっぷりいれた炊きこみご飯。生姜の胸をすく香りとしゃきしゃき感、これも驚くほどの旨さに思わずレシピをお聞きして教えてもらうのだ。香の物にも目が配られており、大満足なり。(ついつい、嫁の分までおかわりを2度してしまう・・・(汗))

131

甘いものもアリ。洋酒の薫り高いゼリーに葡萄2種(巨峰にデラウエア)が沈んでいる一品。酸味と甘みのバランスよく結構な量なのだが、するすると頂けてしまう。

で、ビール1、日本酒2合で¥27000チョイと、ま、お安くはありませんがこの質なら全然納得価格。ご飯の泣きが出るほどの旨さに思わず食べ過ぎになった(汗)のですが、流石に人気店だけあるお店ですな。大満足でした。

気軽にランチを頂くのも良さそうな感じなので、次回はドライブがてら¥5000ぐらいのランチを頂きに来ます~。

 

 

◆行楽庵(こうらくあん)
住所:滋賀県大津市萱野浦25-1 コンフォール萱野浦 1F
営業時間:12:00~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O) 不定休
TEL:077-545-6335