フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 京都桜模様、2012年春(その2) | メイン | 【2012.4.15】彦根で駆け足桜見物 »

2012年4月16日 (月)

restaurant 信@御所南

土曜日の桜ネタの続き。桜見物で大満足の京都、ディナーは前日予約したフレンチに。お店の名前はrestaurant 信、昨年の7月に開店した比較的新しいお店だ。場所は寺町通り沿いで、御所の南東角側直ぐにあるのだ。

1

なかなかお洒落な外観。本日1組目の客として中に。店内はわずか14席、キッチンはお若いシェフとサブの二名、。サービス担当の女性(奥様?)の3名編成というフレンチとするとミニマルな構成。

2_3

店内はなかなかお洒落。他の予約されたお客さんが19:00~19:30予約だったので、魚の皿が出てくるまでは我々1組だけで非常にゆったりできました。

メニューはコースのみ、¥3800、¥4500、それに¥6500と¥8000の4種。ネット情報によると¥3800のお得さが凄いようなのだが、基本オール固定メニューなので、¥4500のプリフィックスコースを選択することに。

3_3

アミューズ。右から牛肉のリエット、ガーリックバターが利いたエスカルゴ、野菜類に甘い玉ねぎのジュレがかかったもの。さぁ、フレンチのスタートだ、みたいな一皿ですな。

4_3

前菜1皿目。とりあえず盛り付けが綺麗ですな。
俺チョイスは鮮魚のカルパッチョ庭園風仕立てなり。厚切りのよこわ、それに軽くスモークされたサーモンが軽やかなビネガーで一体に。旨いです。

5_4

嫁チョイスは北海道産ホタテのポアレ。軽く火の入った半生ホタテと野菜類が混然一体。付け合せの野菜がはっ!とするほど甘かったりするので楽しい。京都園部産のようですな。

6_4

2人とも加算した¥300加算のフォアグラと筍のグリエ。ベリー系の甘いソースが焦げ味の乗った筍にこんなに合うなんで!と嬉しくなる一品。ま、単純に好きなお味です。

7_3

パンはサクサク系バゲットと、ミニクロワッサン。それに丸い不可思議な容器に入っているのが・・・、

8_3

桜の塩漬けが入ったコンソメ、器の底に豆乳のフランが入っていて突き崩しながら頂く趣向。¥200の加算メニューですが、これも大推薦します~。ま、家庭では出しえないお味ですな。これが一番お気に入り。

9_5

魚の皿。嫁チョイスは桜鯛のポアレ。さっくりではなくふっくら系ポアレで、菜の花のような苦みのある野菜が良く合います。

10_3

俺チョイスは¥500加算のラングスティーヌ(手長海老)。オマールのソースですが重くなく、塩分も程よくコントロールできているのが素晴らしいかも。

11_3

肉料理は加算無しの京都産黒毛和牛の赤ワイン煮込みをチョイス。あまりホロホロになるほどまでは炊いていない、肉食った感のあるタイプ。流石にお腹一杯になりました。

12_3

で、さっぱりとした口直しは、パイナップルソースのかかったヴァニラアイス、上に乗っているのは黒ゴマの風味が利いたチュイル。速やかに口がリセットされ、更にちょっとお腹がすくような、そういう趣向。

13_3

で、デザートがまた綺麗な盛り付け。季節のフルーツのミルフィーユ。軽くチョコを利かせた生クリームがまた嬉しい。ま、言うことなしですな。旨いです。

で、最後に小菓子3点と珈琲で充実ディナー完了。(写真は割愛)お腹一杯になったのですが、速やかに消化される感じで後口爽やか、確かに健康的なお店ですな。非常に気に入りました。スイカ家では本年度フレンチ部門暫定一位、ですな。(メインが牛肉以外のもちっと面白いものなら、更に良いのに~、という印象)

で、泡物2、白グラス3、赤グラス1で〆て¥16000弱と言う超納得価格。グラスワインも¥600と¥800という非常にリーズナブル且つお値ごろなもので、呑み助でも安心感の高い仕組み。大満足なり、次回は更にお得だというランチにお邪魔します~。

 

 

restaurant 信
住所:京都府中京区寺町竹屋町下る久遠院前町667-1
営業時間:11:30-14:30 18:00-21:00 月休
TEL:075-231-1211

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/28916081

restaurant 信@御所南を参照しているブログ:

コメント

素敵なブログに載せて頂きまして有難う御座います!happy02

Shinさまですな、うはは、先般はどうもご馳走様でした。

とても美味しかったので、また機会を見て伺わせてもらいま~す。

料理に添えられてる花は、私の農場で栽培したものです。
このように記事にしていただくと私どもも励みになり、大変ありがたく思います。
ちなみに、野菜を卸されてる園部農場とは親戚になります。

あ~るさん、コメントありがとうございます。

パンジーを天ぷらをにするんですねぇ。なんともダイナミックなことを考え付きますな、shinシェフは。

ま、こういうネタをひそやかに書いておりますので、またよろしかったら覗きにきてください~。

コメントを投稿