フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

味苑@伏見区竹田

京都に引っ越してきて初めてのGW。今年は、両親を京都に呼んできて親孝行する以外は特に用事の無いGWで、ま、京都を満喫する予定なのだ。

で、GW1日目のランチネタは竹田にある人気中華料理店、味苑のご紹介。竹田駅の近く、竹田街道沿いというロードサイドにあるお店だ。

1_2

食べログでも評判が良く前から気になっていたのだが、前日、1週間の中国出張(蘇州)から帰ってきて1日目のお昼が中華、というのも、ま、色々事情があるわけで。(汗)

丁度ランチ時、13:00すぎという遅めの時間帯。お店の雰囲気は日本的解釈が加えられた中華ではなく、本格的現地仕様な雰囲気がプンプン。カウンター席が5席ほど、5人掛け、6人掛けの丸テーブルが空席。小上がりがあり、6人掛け2つぐらいですかね。そちらは満席の模様。

調理場は中国語が飛び交う本格仕様な感じで、サービス担当のおかあさんもちょっと片言気味日本語なのだが、笑顔がとても宜しいですな。でかい丸テーブルに陣取り、ま、初回なのでランチセットに好きな麻婆豆腐を絡めて、ということに。辛いものを食うぞ!感満々で注文したのだ。

2

ラーメン定食A¥780を注文したら出てきたジャージャー麺。ミンチは包丁でたたいたと思われる荒微塵さ。ナッツの風味が利いた甘味噌味がしっかりで旨い。これでもか!とラー油が回し掛けられているのだが、油が良いのか予想よりは重くなくすんなり胃袋に収まる。麺の腰も十分で、いやーこれはお得ですな。。旨いです。

5_2

嫁注文は、日替わりの丼。¥580とかのお得価格。キャベツにきくらげ、それにもやしに人参などのさっぱり系野菜類をうす塩餡と玉子で閉じた、超あっさり系中華丼。これだけなら頼りない感じなのだが、そこは事前に手を打っているわけで。

4

麻婆豆腐。本格的!花椒が利いている!等ネットではかなり絶賛されている一品で¥780なり。絹ごしの柔らかい食感、それにこれでもか!のラー油でギトギトなのだが、ドウチは控えめですな。それに花椒もそれほど利かせているタイプでは無いですな。
こちらもおおおっと驚くほどの粗挽きミンチ量。味の深みを追及するよりも、シャープでシンプルな辛味で、肉の旨みがしっかり乗ったタイプ。これはこれで旨いが、我々の好みとはちと違いますな。辛味はもっと酷い店が多数ある(馬鹿辛い店は、日本人シェフのお店のほうが多いような。。)ので、常識範囲+チョイ、程度。ジャージャー麺のほうが辛かったです。

辛くして!おもいっきり!とお願いすれば、更にいろいろしてくれそう(汗)ですが、ま、全体的に辛いものが好きなら好みそうなお味ですな。

3_2

ラーメン定食付属のチャーハン。ふわぱら海老チャーハンで、とてもあっさりしたお味。箸休め的効果も見込める、バランスの良い組み合わせですな。量も申し分無し。海老もぷりぷり。

おかあさんに美味しかったよ!と声をかけ、充実&お得ランチ完了。ま、文句も言いつつも、激しくお安いので確実に再訪決定店です。また来ます~。

 

 

 

味苑 (四川料理 )
住所:京都市伏見区竹田七瀬川町12-4
営業時間:11:00~14:30  17:30~23:00 無休
TEL:075-647-9119
 

◎このblog、他の味苑ネタ
◆ディナー2012年10月(2)
またまたディナー2012年10月(3) 

 

 

 

2012年4月25日 (水)

らーめん 玄屋@伏見桃山

中国出張中ですが、ご近所のラーメン店ネタを1つ、ご紹介。
ウチの徒歩圏ラーメン店で、多分一番人気のお店は、伏見桃山駅から北に5分ほどの大黒ラーメンだと思うのだが、ラーメンは¥470で確かにスーパーCP高いが、ちとあっさりしすぎで、我々の口にはあまり合わない。

で、結構気に入ってるのが、伏見の名物、酒粕を使ったラーメンが人気の玄屋。ここも徒歩圏なのだが、スープのお味はなかなか旨い。で、明日は朝5:30出発で関西空港に行かないといけないので、早めにちゃっちゃと夕食だ、と18:30、玄屋の前にいたのだ。

     1_3
マンション1Fの飲食店が並んでいる一角にあるお店。ちなみにお隣の北海道料理店も結構お気に入り。

2_3

メニューはこういう感じ。鶏から揚げが¥650と良いお値段なのだが、量はたっぷり2人前、ジューシーでガーリックが利いているビールのアテにぴったりなタイプ。、から揚げとビール、それにラーメンね!とお店の中に。

3_4

俺チョイスは、辛味酒粕叉焼麺¥980なり。上に乗っている赤いものは揚げ玉に唐辛子が入ってるもの。それに刺身でもないのに大根のケンが乗っていて、薄揚げにモモ肉あたりの叉焼が食べきれないほどしっかり。面白い構成ですな。

スープはとんこつ醤油ベースで、酒粕の甘味が加わってどことなく鍋物系なお味なのだがコクがあり非常に旨いのだ。ご飯を入れたら旨いだろうな~と妄想するお味。

4_2

嫁はレギュラーメニューの叉焼麺¥780なり。ボリューム的には上の辛味酒粕叉焼麺¥980と同等。スープはさっぱり系豚骨醤油、というところ。どことなく、上述の大黒ラーメン的ですな。

5_3

麺はストレートでかなりの細麺。この麺がどういうわけだか非常に柔らかめ。ウチの近所のラーメン店は茹で加減をお願いしないと、どこもつるつる感重視で柔らかめなものが出てくるようだ。

6_7

から揚げは子供の握りこぶし大、みたいなしっかり量で5個! 激しくビールが進むお味。旨いです。嫁は「このお店で、1人で晩御飯するとき、から揚げとビールだけで大満足だなぁ」というお気に入り。

今回2回目だが、また、気が向いたらおじゃましそうですな。ご馳走様でした~。

 

 

◆らーめん 玄屋
住所:京都市伏見区東組町698 パークテラス桃山 1F
営業時間:11:30~19:30(麺売切れ次第) 木休
TEL:
075-602-1492

 

 

 

2012年4月23日 (月)

ドーナツ専門店 ひつじ@丸太町

こちらのランチ前に立ち寄ったお持ち帰りネタ。
荒神橋のたもとにあった人気パン店、Hohoemi。京都でもかなり気に入っているパン屋さんだったのだが、最近閉店して丸太町でドーナツ屋さんをやっているとの情報。

去年の9月のオープン以来、結構そのドーナツ屋さんの前を通る機会があるのだが、大体夕方には概ね売り切れ。行列ができているのは見たことはないが、なかなかの人気。ならと、昼ごろにご近所に行くタイミングを見計らっていたのだ。

1_2

場所は、京都御所の南側、人気料理店がぽつぽつと点在する住宅街の中。お店の外観は、以前のHohoemiのようにナチュラル系なさりげない感じだ。お昼前だったので、Hohoemiのマスターと奥様を含め、合計4人のスタッフでどんどん生産中。店内は揚げ油の香ばしい香りで充満していてお腹が減りますな。。在庫はたっぷりあり、さぁ何を買おうか?ということに。

2_2

コダワリの自然派材料で作っているようなので、1個単価はドーナツとすればそこそこ良いお値段で¥140~¥180ほど。10種類チョイほどがスタンバイ。好物の餡ドーナツ、それにサツマイモ餡など面白いのもあるのだ。

お店にはイートインコーナーもあるのだが、ま、今日はとりあえずお持ち帰りということに。

3_3

で、購入したのがこちら。丸いのは餡ドーナツ系。合計で¥900チョイ、となかなか良いお値段。

5_2

で、プレーン系のドーナツには別掛けの砂糖やシナモンパウダーが付いてくるのだ。砂糖がしけらない良い作戦ですな。

6_6

シナモンシュガーパウダーはとても香り高く、食感はふわふわ&むっちりで某ドーナツ店でいうと、ポンデなんちゃらぐらいの軽い食感。油切れも良くたしかにこれは旨いです。甘さも控えめで3つぐらい一瞬で食えてしまう感じ。
特に餡ドーナツ系はむっちりした食感で激しく旨し。サツマイモ餡も良い味ですな。いやー、これは気に入りました。

今後、健康的おやつというと思い出しそうなそういうお味ですな。また買いに来ます~。

◆ドーナツ専門店 ひつじ
住所:京都市中京区大炊町355-1
営業時間:10:00~18:00 日月休・不定休あり
TEL:075-221-6534

2012年4月21日 (土)

ビストロ エルジノ@京都市役所前

GW突入前週は今年2回目の中国出張、今回は1週間の予定。で、また日曜日の早朝移動になるので、前日の土曜日はディナーは止めてどこか美味しいお店にでもランチに行こうよ、ということに。

ソメイヨシノはほぼ散った京都市内。先週は花見客でかなりの混雑、また再来週のGWには大勢の観光客でいっぱいになりそうなのだが、今週は四条でも混雑は控えめ。ゆるゆると散歩しつつ、本日朝予約したプチメゾンに向かうのだ。お店の名前はエルジノ、ホテルオークラの東隣のビルの2Fにお店がある。

     1
お店前にこういうメニュー看板が上がっていないとまず気が付かないですな。2Fエントランスまで続く階段まで大人の隠れ家的なのだが、店内は明るく席間もゆったり。12:00の予約時間ピタリにお店に付いたのだが、ランチ時のお客は我々ともう1組だけ。窓際のお向かいにある公園の緑が見える席に陣取り、まったり。

ランチメニューは¥2900と¥3900、それに予約が必要な¥5500の3種。¥2900と¥3900の違いはメインの皿だけで¥3900のメインが近江牛のグリルと聞くと、ま、牛肉優先度の低い我々は¥2900をチョイスするわけで。前菜が3種、メインが魚、もしくは鴨のコンフィからチョイス、という仕組み。

2

アミューズは玉ねぎの甘味が利いたクリームを挟んだミニパイ的なもの。旨いです、想像以上に。

4

嫁チョイスの+¥400加算の前菜、フレッシュホワイトアスパラのエチュベ、温泉卵と生ハム添え。ふんわり盛りつけられた野菜でアスパラが見えませんが極太且つ歯ごたえの良いもので、酸味を加えたソース、それに温泉卵の卵黄が素敵に合うのだ。健康的ですな~。

5

俺チョイス前菜、ニジマスの瞬間燻製。ぷりぷりのアカザ海老も添えられており、サクサクの皮が付け和せてある芸の細かさ。さらりと上質。旨いです。昼間っから泡物、それに白グラスを頂き、幸せになってくる休日なのだ。

6_4

メインは、嫁がチョイスしたのが連子鯛のポアレ。どういう味付けなのか、海老味のような香ばしい味付けがされているのが不思議且つ旨し。付け合せの野菜類もしっかりで、春のイングリッシュガーデンのごとき風情ですな。

7

で、俺チョイスは鴨コンフィ。これも油で柔らかく煮てあるのに重くなく、且つ脂は程よく残っており非常~に旨し。あまり大きすぎても飽きてくるのだが量も丁度良くマイベスト鴨コンフィかも、とか思いつつ、幸せに半分個して頂くのだ。

8

大きく見えますがティースプーン前には、口直しのほうじ茶のブリュレ。直径4cmほどの超ミニミニサイズなのだが、非常に濃厚なお茶味で美味しいです。

9_2

で、〆のデザートがまた美味しい。4種類から選択できる。俺チョイスは¥200加算メニューの苺のスープ仕立て、バニラアイス添え。酸味と甘みのバランスも良く、言うことなしですな~。

10_2

嫁チョイスはアーモンドのブランマンジェ、コーヒーゼリーとキャラメルアイス。コーヒーゼリーには一切甘味を乗せておらず、ブランマンジェ、アイスと合わせると、大人向けのビター感、それに程よい甘味になるように調整されているのだ。

いやー、想像以上に旨かったです。昼間っから泡物2、白グラス1、赤グラス1で〆て¥10000足らずの大満足ランチなり。なんというか、場所が分かりにくいせいなのか、空いている理由が良く解らないのですが、京都に遊びにくる高年齢層向けランチ場所としてお勧めできる良店ですな。ご馳走様でした。また来ます~。

 

 

◆BISTRO EL GINO (ビストロ エルジノ)
住所:京都市中京区河原町御池東一之船入町537-31 リベルタス御池 2F
営業時間:12:00~14:00 17:30~21:30 月休
TEL:075-213-3932

 

 

2012年4月20日 (金)

マルク・パージュ@丸太町

こちらの京都桜見物前に立ち寄った、1軒気になるケーキ屋兼カフェネタを1つ。お店の名前は、マルク・パージュ。京都の趣のある町屋をお洒落なカフェにリノベーションしたお店らしく、一度行ってみようよということに。

地下鉄丸太町駅の西側の住宅街の中にあり、観光スポットから少し外れている感がある地域。(ま、御所はそれなりに近いけれど) 駅からは徒歩10分足らずで到着。

Marquepage1

13:30という中途半端な時間帯、お店前に到着。ま、如何にもな雰囲気ですが、あまりケーキ店とは思えないですな。店内に入ると三和土のところにケーキ用の冷蔵ショーケースがででんと鎮座しているのだ。

カフェでお茶したいと声をかけると、好きなケーキを選んでから、靴を脱いで奥のカフェスペースにあがる仕組みらしい。10酢類ほど在庫があり、その中から気になるのを3つほどチョイスし、早速上がらせてもらうことに。

Marquepage2_2

入って直ぐのフロアから入り口に向かっての図。格子窓が気分ですな。こういう感じで床はフローリングで、席間もゆったりとしつらえられている。

Marquepage3

奥は小さいが綺麗に手入れされた坪庭があり、その前にゆったりと座れるソファが2つ。のんびりできそうなのだが、花見に来たのに、ソファに座ったまま移動したくなくなりそう(汗)なので、テーブル席に陣取るのだ。

珈琲は¥500だがケーキと注文すると¥50引き。ケーキは¥400~¥500ぐらいの価格帯。

Marquepage5_2

奥がこのお店での人気商品、フロマージュブラン。超軽い、空気をたっぷり含んだ滑らかなチーズクリームケーキ。スプーンがするりと入るほどの柔らかさ。甘味も上品でとても上質です。

で、手前はフランボワーズかラズベリーか、みたいなキイチゴ系のはっとする酸味に柔らかいチョコレートムースを合わせたもの。これもとてもスムーズな舌触りで旨いですな。2つで¥900ほど。普段はもうちょっと重たい、しっかり系ケーキを好む我々だが、2つともなかなか旨いと思った。

Marquepage6_2

ちょっと変わったのを選ぼうよとチョイスした、オレンジピールが利いた下はしっとり、上はサクサクのタルト。¥380だったように記憶。どちらかと言うと紅茶に合わせたい一品かな。

Marquepage4_2

珈琲もなかなか、いやかなり美味しい。酸味は控えめで、甘いものにすんなり馴染む旨い珈琲。小菓子付なのも嬉しいですな。町屋の雰囲気でのんびりできた良いティータイムになりました。ご馳走様でした~。

 

 

マルク・パージュ (Marque-page)
住所:京都市中京区釜座通竹屋町下る亀屋町325
営業時間:10:00~19:00 火休
TEL:075-252-5678