フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« ミスター・ギョーザ@京都市南区 | メイン | そば処 にし村@京都府向日市 »

2012年2月 5日 (日)

Restaurant Nagatake @下京区仏光寺通

土曜日のディナーネタ。
どういう訳だか、この数年で最も忙しい中、余計に週末は美味しいもので鋭気を養おう、と言う作戦を練り始める金曜日。京都の人気飲食店はやたらめったら予約が入りにくい印象なのだが、以前から数回予約アタックをかけて振られていたフレンチの席が思いがけなく取れたのだ。

お店の名前はRestaurant Nagatake。大丸京都店の東側、高倉筋を四条から降りて行って、突き当りを右に曲がった位置にある一軒家レストランだ。いつもはビストロ派の我々もタマにはお皿の数の多いフレンチを、という趣向なのだが、支払いはかなりお得系、のようですな。

    Nagatake1
入り口は通りからちょっと目につきにくく、こういう細いエントランスを入っていった奥にお店がある。フロアは1F、2Fの2層構造なのだが、今回は2F席を確保。全部でも30席たらずのこじんまりしたお店です。席間はそれほどゆったり、と言う感じではないのだが、すっきりと片付いていて好印象。隠れ家レストラン、という風情ですな。

メニューは基本コースのみ。¥4200と¥5200と¥8800の3種がある。メインだけがプリフィックスで適宜加算が付く方式。¥5200は魚・肉それぞれのメインがあるのでそれを。嫁はメイン料理に+¥1600の鮑料理を、俺は+¥1000でウズラをチョイス。ちなみにデフォルトは牛フィレソテー。

Nagatake2

アミューズ。グラスに入っているのはコアントローを注いだ上にオレンジジュースを炭酸ガスでその場でスプーマにして注いだ食前酒。さらりと甘くて食欲増進ですな。真ん中はレンコンとベーコンで作ったケークサレ的なもの。小さいカップはリエット。パン用にバター、それにオリーブオイル・レモン・白ワインビネガーを合わせたもの(これ自宅でもやろうっと)、それにアンチョビバターもスタンバッているのだが、皿数が多いので初めから飛ばさないほうが得策。

Nagatake3

冷たい前菜。赤いのはビーツで作ったムース。それにマイクロトマトやらロマネスクやら。ソースはほうれん草にさらりとクリーム、とても軽やかな味付け。この皿がこのお店の方向性を示しているようですな。

Nagatake4_2

温かい前菜。黒い器に入っているのはブロッコリーのムースに生ウニ、刻んだナッツが印象的。ホロホロ鳥のガランティーヌはカッテージチーズのようなものを巻いてある芸の細かさ。手前は生ハムとカポナータ。この1皿だけで20種類ほどの食材を食べちゃいそうな、凝った一皿。

Nagatake5

更に温かい前菜。器に入っているのが手長海老とビスクソース、それになんだったけ、これも野菜系ムース入り。海老味濃厚でウマウマ。黄色く丸いのは下がコンビーフ的なもので、上はジャガイモマッシュ。マスタードソースで頂きます。

Nagatake6

ひっくり返しそうな面白い器ですな、のカブのポタージュ。野菜も、それにクリームも想像以上にしっかり。ほんわりと旨いです。

Nagatake7

ホタテのムース、スズキ切り身をちりめんきゃべつで巻いて蒸したもの。人参ピュレのソース、それにクリームソースで、という趣向なのだが、ちと火が軽すぎて生魚っぽい感じになっていて口に合わず。見た目はGOODなんですけどねぇ、残念。

Nagatake8

一皿のボリュームは少な目、一口でぱっくり+α程度なのだが、流石にこれだけさ皿数が揃うと、相当お腹いっぱいですな。ウズラは、ま、期待通りのぷりぷり感なのだが、サトイモ入りのキッシュが非常に旨し。面白いこと考えられますな~。

Nagatake85

嫁チョイスは、こういう小さなココットに入ったあわびとシャンピニオンのオイル煮的な一皿。当然ガーリック利きまくりで、パン劇症化メニュー。うはー食べた食べた。

Nagatake9_2

口直し&デセールその1。手前の黒豆のジェラートはちゃんと豆の風味が生きていて非常~旨し。どこかのアイス屋さんでもやりませんかね?奥は立方体の小さなフィナンシェ。

Nagatake10

更にデセールその2。奥はバナナピュレとチョコレートソース。期待通りのお味。赤いのはクランベリーとヨーグルトの酸味が利いたムースケーキ、レーズン入りの素朴系ケーキ。嫁ニコニコ。

で、俺はエスプレッソ、嫁は紅茶で充実ディナー終了。ま、普段はビストロで3皿ぐらいでガッツリやろうよ!みたいな我々でも、タマにはこういうのも良い感じ。

で、この質・量で、2人で白ワイングラス2、ロゼ2、赤1ぐらい飲んで、計¥17000ほどと、おもったよりもだいぶ安いなぁ、という印象。明らかに自腹でやってくる健康志向な女性向けな構成ですが、加算メニューをチョイスするよりも標準のフィレステーキ食べて、その分飲んだほうがお得感が増すでしょうな。。それほど肩肘張る必要のない使いやすいお店です。また、季節が変わったら寄らせてもらいます。

 

 

 

Restaurant Nagatake (レストラン ナガタケ)
住所:京都市下京区仏光寺通高倉西入ル北側西前町367-2
営業時間:11:30~13:30 18:00~21:30 水・第二木休
TEL:075-352-1155

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/27886853

Restaurant Nagatake @下京区仏光寺通を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿