フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

■中華料理 2011年 Feed

2011年11月28日 (月)

中華菜香房 延ふたたび(2)@和歌山県岩出市

週末の和歌山ネタです。
実家に帰る前に、おふくろ様に電話して何か食べたいものは無いか?と確認したら、7月に帰ったときに行った中華料理が良いらしい。2日前予約で席を押さえ、奈良五條市ドライブの後、お店に。予約時間18:00のチョイ前、到着。場所は前回ネタをご確認を。

わざわざ和歌山以外の場所から行け!とは言わないが、普段着中華料理をリーズナブルに頂けるのが嬉しいお店だ。とりあえず和歌山市近郊では大推薦な一軒。入り口には予約で満席だとの表示があり、8人掛けの丸テーブルと8人ぐらい入れる個室は先客が。相変わらず辺鄙な場所なのに人気ですな。

全50点の目移りするメニューから、今回も4人としてはやや抑えめでチョイスを。

2

まずは前菜、蒸し鶏で¥780なり。ネギ塩ソースと、麻辣ソースと2種類の味が楽しめるのが良い。柔らかく味の乗った鶏が旨いのだが4人前では少なすぎ。4人なら2皿必須の旨さ。

3

三味豚ロースの黒胡椒炒めで¥1290なり。ピリリと刺激のあるしっかり系ソースがビールにぴったりマッチしそうなそんな感じですな。野菜類のしゃきしゃきで旨し!

4 

海老たっぷりの水餃子。ご覧の量で2人前、全12個。1人前が¥510なり。海老しっかり、厚手のぷりりんとした皮も素敵。1つ不満を言うと、茹で汁たっぷり目にしてもらったほうが後で味噌だれとともにおつゆを頂けるので好み。

5

11月の季節メニューで揚げ豆腐とズワイガニ肉、小蕪のあんかけで¥1400なり。上品な清湯のおかげで非常~に洗練されたお味で旨いっす!お安いっす!な一品。

6_2

これも11月の季節メニューから、鰆の甘酢あんかけ、柚子胡椒風味で¥1150。肉厚のほっくりした鰆が濃厚な黒酢餡とぴたりとマッチ。柚子胡椒のおかげでぴりりと締まった味になりますな。これも大推薦なり。

7

で、非常~になやんだ〆の麺類メニュー。2種類頼んで半分個する作戦。両親がチョイスしたのが海鮮あんかけ焼きそばで¥1080なり。いや~この質でこのお味はコスパ良すぎですな~。これも清湯の上品さ、野菜のしゃきしゃき感とも文句無しです。

8

俺と嫁チョイスは担担麺で¥780なり。コダワリのお店で、胡麻ペーストも自家製らしいのだが、ナッツの風味を感じますな。辛くして!とお願いしたのだが、辛さは見た目より全然控えめだが、味が深い。コク、キレとも申し分の無いスープで、一滴残らず完食。いやー、この質でこのお値段とはお得ですな~。

で、お腹はかなり一杯になったのだが、やっぱちょっとだけ甘いものを貰いましょうよ、ということに。

9

濃厚杏仁豆腐は¥350。キウイが乗っかっているのがライチ紅茶ゼリーで¥320なり。どちらも激ウマ!ではないがなかなか旨し。

10

嫁が注文した黒糖入りマーラーカオで¥250。ちゃんと蒸したてを出してくれます。ま、某ヤマ〇キを彷彿とさせますが(汗)嫌いではないです。いやー食った食ったで大満足なり。

で、以上、薔薇茶ポット1(お湯を指してくれるので何杯も楽しめ非常~にお得で¥400)、キリンFREEに生ビール×2で、〆て¥10100という、え?と思わず聞き返してしまったお得さ加減。高級店ではありませんが、普段使いなら文句なし!な一店ですな。また寄らせてもらいます。

2011年10月30日 (日)

チャイナ・カウンターTAKE(2)@東心斎橋

日曜日から久々の九州方面出張になる週末。更に再来週からまたまた今年7回目のインドネシア方面に2週間出張と言うバタバタな日々。貧乏暇無しとは、昔の人は旨い事言うものですな、ご同輩。

で、とりあえずエネルギー充填!だと思いついたのは中華料理。新店を開拓するよりも最近行ったお店で再訪したいお店は無いの?と嫁に聞いたら、即答であの東心斎橋にあるカウンター中華のお店に行こうよ!ということに。お店の名前はチャイナ・カウンターTAKE、中華で輝かしい経歴を持つ物静かなオーナーシェフが1人で中華鍋を振るうお店だ。2日ほど前に予約し19:00からの席確保。ほぼ定刻にお店前に居たのだ。ちなみに前回訪問ネタがこちら。

         Take1
場所は東心斎橋、飲食店が立ち並ぶ雑居ビルの1Fで土地勘が無いとなかなか行きつきにくい場所ですな。更にいうとふらっと立ち寄るにはなかなか勇気がいりそうですな。
今回は先客は御1人だけ、カウンターのみ11席ほどの小さなお店で、カウンター隅に陣取るのだ。

メニューはその季節の食材を使ったものを中心に、10種類チョイほどのアラカルト、それに¥5000のおまかせがある。予約時にお願いすると¥7000のおまかせもあるようだ。前回、おまかせでとても満足したので、今回もおまかせにするか!ということに。

Take2

午後からサウナに行っていたので生ビー激ウマ~!と喜んでいたら出てきた突出し。細い筍の甘醤油的煮込み。八角の香り、それにラー油が食欲を激しく掻き立てる。激ウマー、な一皿。以下すべての皿は2人づつに取り分けてくれました。

Take3

前菜3種盛り。右手から牡蠣の炒りつけ、有田鶏の蒸し鶏でカラシ胡麻ソース。アボガドそれに大根の梅酢漬けが面白いほどマッチ。万願寺唐辛子の素揚げの上には、黄身部分がとろとろの皮蛋。どれもフォーカスピタリ、旨いです。これだけで生中を一瞬で消化。

Take4

んで、今季節ですので、と出してくれたシシャモの天ぷら。
ネギたっぷりの甘酢ソースで頂きます。国産シシャモは10月ごろ、北海道で鮭と同じように川を遡上する習性があり、その時期だけ市場に出回るようだ。輸入シシャモは名前は同じで似て非なるものだそうですな。

ちなみに手前がオス、下がメス。肉質は柔らかいのだが何とも言えない旨みがある。卵は無いが味が乗ったオスのほうが旨い。 いやー、いい時期にやってこれました。大推薦です。

Take5

黒豚ばら肉の豆鼓蒸し。ドウチのコクが乗った濃いめの旨いソースで、ぶりぶりんの豚バラを頂く趣向。カボチャにユリ根など野菜類も旨し。無茶飲めるお味です。甕入りの8年物紹興酒、瓶入りの10年物紹興酒をそれぞれグラスで頂いて、更に幸せになってくるのだ。

Take6_2

生湯葉の上海蟹味噌煮なり。
ちゅるちゅる湯葉と蟹肉、それに玉子の素晴らしいハーモニー。お味はとても上品で好きな部類ですが、ちと気になる生臭みがあったのが残念。不満があったのはこの一皿だけ。

Take7

貝柱のサクサク炒め。あまり他のお店では見ないメニューですな。
まぶしてあるのはパン粉と香辛料、それに香菜をミックスしたややピリ辛系の衣的なもの。これを絡めると揚げた山芋とブロッコリーも非常に旨し。アルコールが進むお味ですな。

Take8_3

おまかせの中にぜひ入れてほしいとお願いした、鱈白子入りの麻婆豆腐なり。
白子はしっかり火を入れくにくにした食感が楽しい。あまり豆鼓を利かさない上品な旨みだが痺れる辛さはきちんとあり、とても上質な麻婆ですな。白ご飯!と言いたいところだがお腹いっぱいで断念。。

Take9

で、前回と同じく〆はあっさり汁麺。3口ほどで無くなりそうな小丼サイズ。上に乗っているのは茹でたつるむらさき。軽くねっとりとした食感が上等な清湯に良く合いますな。これも文句無し旨し。

Take10

で葡萄が乗っかった濃厚杏仁豆腐で充実ディナー完了。いや、食いも食ったり。

んで、生ビール中と小、紹興酒8年物グラス2、10年物グラス1でまたまた¥13000ほどという納得価格。とりあえず、食いすぎて反省。¥5000のおまかせでは、あとで反省するほど激しくお腹いっぱいになりますな。小食なら¥5000コースよりも4皿ほどアラカルトで頼んだほうが良さそうな予感です。

中華の醍醐味というと大勢で丸テーブルを囲んでわいわい、が王道だと思うのですが、カウンターでカップルでまったり頂く中華なら、現在の大阪ではこのお店より良いお店を知りませんなぁ。大推薦します&季節が変わったらまた来ます~。 (しかし、食べ過ぎするので今度はアラカルトを(汗))

2011年10月17日 (月)

中国料理 華祥(かしょう)@京都 元田中

日曜日のランチネタ。
昨晩から降り続いていた雨が明け方止んで、抜けるような青空になった日曜日。特に目的も無くなんとなく京都に行こうよ、ということに。(いや、本当は食べ歩き以外の目的があるんですが、年末に発表予定~)

第二京阪を使うと京都市内中央部まで我が家からたった1時間。便利になりましたなぁ。スマホで検索してビストロ ガスパール支店のラーメン屋に行こうぜよ!と車の中で作戦会議していたのだが、12:00少し前で既に店の前に20人以上の行列が。これは今回は見送りだ!と更にスマホで検索。これも激しく便利ですなぁ。

で、20分後こちらに居たのだ。

1_2

百万遍から200mほど北の元田中に移転されてきた人気中華料理店、華祥。町場の中華料理店だがかなり旨いとのうわさ。期待満点でお店に。が!店内に1組立って待っておられ、我々が1組目の外で待つカップル、ということになったのだ。
並んでいると、時代遅れなファッションの京大生のお兄さん達や、お若いカップルなど色々な人が通り過ぎていくのだが、みるみる行列が。回転は良いので10分ほどで我々の順番に。1Fはカウンターのみで10席ほど。カウンター席に陣取る。2Fにテーブル席もあるようだ。カフェ風というか、なかなか垢抜けた中華屋さんですな。カウンター内はシェフ3名が忙しそうに調理中。

ランチメニューは人気のあんかけ焼きそば定食、それに麻婆丼定食が¥800というお手頃価格。学生の多い街らしく大盛りも気軽にお願いできるのもGOODですな。お昼でも単品メニューが20種類ほどあるので、それから軽めに3種類だけお願いする。

キッチン内でめまぐるしく進む料理を見ていると、それだけでお腹が減っちゃいますな。。

2_4

まずは単品でお願いした麻婆豆腐で¥700なり。ご覧のように豆腐は絹ごしらしく飲み干せそうなグズグズさ。これはご飯にかけて食うものでしょう!と自己主張。ラー油や山椒は控えめだがちゃんと利いていて、ドウチのつぶつぶがしっかり解るコクのあるもので旨いです。

3_6

鶏ネギ中華そばで¥650。ホテル中華で見かけそうな、腰しっかりの細い玉子麺。それに醤油感しっかりでキレのある旨いスープが一体化。二日酔いの次のお昼ご飯に超適切そうなラーメンですな。これも旨いです。あっさりではないが油が良いんでしょうなぁ。

4_4

で、大盛りでお願いした焼飯で¥750なり(ふつうで¥650)焼き豚と玉子、ネギだけの超シンプルなものだが、ふわふわのぱらぱらでこれも旨し。

5_4

ま、我が家では当然こうして頂くわけで。うんまー、な日々。

予想した以上に油ギッシュ感の無いお店ですな。街場のお安いお店ですがメニュー自体はホテル中華的で、大阪で言うと移転してからまだ行けていないこちらや、こちらと似た傾向。しかしお値段は、この質で一段階お安めなのだから、そりゃ流行るよなと言う感想。

ま、あまり大阪の我々が晩御飯を食べに行くような場所ではありませんが、ぼちぼちと全メニュー制覇したいお店がまた1つ増えました。また来ます~。

 

 

◆中国料理 華祥(カショウ)
住所:京都府京都市左京区田中里ノ内町41-1
営業時間:11:00~14:00 17:30~22:00 (21:30 LO) 水休
TEL:075-723-5185

6

食事後は30分ほど移動し、散歩がてら昭和39年建築のこちらのお城を見学に。良いお天気ですが人影まばらでなんともさびしい雰囲気。あとはおやつネタに続く予定。。

 

2011年10月 4日 (火)

四川曹家担担麺館@神戸元町

辛いものも結構好きな我が家。特に嫁はかなり辛いものでも平気。最近辛いものを食べていないのでガツンと辛いものなんか良いよねぇということになって、最近買った食べ歩きのムック本を眺めていたら神戸元町で本場仕込みの激辛担担麺を出しているお店を発見。丁度買い物したいものもあったので久々に神戸方面にお出かけする日曜日。

元町の兵庫県民会館のコインパーキングに車を停め、何処にお店があるのかな?と調べていたら直ぐそばにお店があったのだ。まだ開店して半年足らずのようだ。四川曹家官府菜 蜀なる、辛いもの好きに人気の四川料理店の支店のようですな。

1

店内に。丁度12:00を少し回ったところだったが先客は1組だけ。カウンターが7席、4人掛けテーブルが3のこじんまりした店内。サービス担当は日本語のお上手な中国からやってきたと思われるお姉さん、カウンターの中も現地から来られた調理担当のお兄さんの2人体制。現地仕様、本格的なものが食えそうな予感がプンプン。

2

メニューはこういうやっつけ感ばりばりの雰囲気。(汗) ランチメニューが豊富ですな。暫し悩んで俺は汁無し坦坦麺定食¥880を、嫁は麻婆丼とあっさりラーメン小のセット¥880をチョイス。しかし「燃えるソバ」やら「燃える丼」とは、超危険っぽい予感のするメニューですな。。夜の小皿料理メニューもなかなか魅力的。

3

坦坦麺をお願いすると、「辛いですが大丈夫ですか?」と店員さんに再確認さたので、「全然大丈夫!」と高らかに答えたのだ。(しかし、こちらのほうが日本語怪しそう。。。)メニューのように辛い物は本当に辛いです!だそうなので、それなりに覚悟して注文。

4

まずは俺注文の汁無し担担麺が登場。白米とチャーハンが選択できるのだがチャーハンをお願いしてみた。あっさりスープに揚げ茄子の煮びたし、ザーサイが付いてくる。ボリュームは良好なり。

5

アップ写真を。花椒の痺れる香りも爽やかに、でもラー油の量は半端なくしっかり。粉末だけでなくプチプチと花椒が粒のまま入っているのがダイナミック!なのだ。

では、良く混ぜ混ぜして一口。。。。どはー、これは辛いですなぁ。お子様には到底推薦できないレベル。どどどっと汗が出る前につるつる啜るとむせ返りそうな辛味。食べるときは麺をゆっくりと口に押し込むのがポイントですな。

が、辛いのだがなかなか旨い、甘味と旨み、辛味のバランスも良くこれは気に入りました。辛さで他のお料理の味が良くわからん(汗)のですが、全体的にはかなり好み。更に他のお料理を試してみたくなるお味ですな。。

6

で、こちらは嫁チョイスの丼物セットが登場。

7

結構粘性の高い麻婆豆腐で、辛味は汁無し担担麺よりは随分穏やか。ごらんのように上にはしっかり花椒粉末が振り掛けられているのだが、ラー油は比較的控えめ。もっと辛く濃度の高いお店は多数ありそう。もうちょっとドウチを利かせて深みが欲しい感じ。ま、全体的に悪くはありませんが青ネギより白ネギみじん切りが希望ですな。

オマケのあっさりラーメン小のスープがさっぱり系なのにコクのあるとても良い味で、嫁は気に入った模様。麺もしこしこと良い食感。お腹一杯!は保証、ですな。

次の日に心配になりそうなほど辛いのですが、麻薬的な旨みで大満足。帰りに店員さんににっこり微笑みかけられて「次は燃える麺に挑戦ですね!」と言われ、「また来ます~」と笑顔で帰ってきた。夜の小皿料理も魅力的ですな~。ま、次回は燃える系なメニューを制覇しに来ます。(とか言いつつ、俺でなく嫁が挑戦していそうな予感。。)

 

 

 

四川曹家担担麺館
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通4-10-24 1F
営業時間:11:45~14:30 18:00~24:00 不定休(日曜営業)
TEL:078-392-5552

 

 

2011年9月26日 (月)

香味でディナー(5)@西天満

2週間の出張から帰ってきて、なんとなく中華気分な土曜日。嫁も2週間大人しくつつましい生活だったとのたまうのだが、中華でもあまりに濃いのはノーサンキュー、と言う場合に我が家で思い出すのが、西天満の香味(シャンウエイ)だ。

野菜系料理が美味しい店だと食べ歩き系雑誌にも紹介されていて、確かにそうだと思うのだが、しっかり辛い料理も旨く、組み合わせで色々楽しめるのが嬉しいお店だ。シェフご夫妻だけの小さなお店なので大勢で行くには不適切だが、カップルでも十分楽しめるのがありがたい。今日も当日予約でなんとか席確保、いそいそとお店に向かう19:00なり。

      0
久々なので外観写真をどうぞ。JR大阪天満宮から西に向かって約5分、某幸せな宗教団体のビル角を曲がってすぐ。

1_2

予約した19:00ピタリにお店に到着。我々がお願いしていた席以外は既に満席だ。月替わりのメニューがあるのが楽しいのだが、悩むのだ~。(でも、大体同じものを食っておりますな、ココでは)

2_2

とりあえず生ビーでぐびぐびプハーの後は、定番の前菜でよだれ鶏。確か¥600とかそういうお値段。柔らかく味の乗った鶏にピリ辛ダレが絶妙なコントラストを見せるわけで。
皿までべろんべろんと行きたいほど美味。辛いもの好きなら、大推薦。

3_2

素晴らしい火入れに大感心な野菜料理からは、黄ニラと芝エビの塩炒め。値段失念、¥1400ぐらい? 花ニラに黄ニラ、ヤングコーンにブナピー、白きくらげ等がさっぱり塩だれで一体化。でも、多分、野菜嫌いの人には受けないだろうなぁ、とは思うほどの軽い火入れ。ぷりっぷりの海老に納得、な一皿。旨いです。

4_3

季節料理から秋茄子と合鴨ロースのピリ辛香炒めで¥1500なり。何時もながら茄子と合鴨って合いますな。これも好みの一皿。

5

この店に来たら絶対に食わないと帰れない一皿、パイグー大魔王で¥1600なり。豚スペアリブの辛味揚げ煮みたいなお料理なのだが、ホロホロになるまでしっかり下茹でされたスペアリブに、香ばしい謎の調味料が一体化。この料理を旨く表現する能力は無いのだが豚肉好きで辛いもの好きなら死ぬ前に食っておいて損無しな逸品。(おこさまにはお勧めできないのだが。。。)激しく辛旨いっす。

6

汁無し担担麺など魅惑の〆メニューが並ぶのだが、パイグーがしっかり辛いのでさっぱり系で〆ようか?と選択した海老塩そば。¥1000ぐらい? 海老の尋常では無いぷりぷり感に感心しながら中華系中太鹹水しっかりめのつるつる麺を大堪能。食った食った。

旨いですな、相変わらず。某食べログではあまり点数は高くないのですが、我が家では非常~に好印象。パイグー食ってから評価したか?と問いたかったり。(小さい中華料理店なので評価が分かれるのは納得できるんですけどね。。)

生ビー2、甕出し紹興酒が250ccで¥980で〆て、¥9000たらずの納得価格なのも高評価の理由。文句無くまた来ます~。