フォトアルバム

カテゴリ

関西食道楽系blog

  • 関西グルメ情報源

京都blog

  • 京都グルメ・イベント情報

-天気予報コム-

便利な機能

  • カレンダー

« 甘党茶房 染井@京都市上京区 | メイン | ヒロコーヒー 箕面小野原店@箕面 »

2011年8月30日 (火)

サルティンバンコ@京都市中京区

このネタの続き。土曜日のディナーネタを1つ。
前日に決めた京都行き。久々にディナーなんてどう?ということになるのだが、前々から行ってみたいと思っていたフレンチのお店に電話するがことごとく予約でいっぱい。景気が悪い悪いと言っても、京都では流行る店はきちんと流行っているようですなぁ。
で、4、5軒のフレンチに連続で振られイタリアンに方針変更。が、更に2、3軒のお店に振られてちょっと元気が無くなりつつあるタイミングでようやく取れたのが、地下鉄烏丸御池駅から徒歩3分の駅近物件、イタリアンのお店、サルティンバンコなり。

0_2

野菜系の前菜メニューが特徴のなかなか良さそうなお店。某食べログ等では結構辛口評価をされているのだが、写真を見ていてビビビと来たのですな。こちらでおやつした後は、最近リニューアルした京都文化博物館などをまったり見学したり、買い物したりして、18:00予約のほぼ定刻にぶらぶらと散歩がてらお店に。

照明は抑えめだが堅苦しく無い程度にお洒落。4人掛けの小さなカウンターがあり、その奥が厨房。お若い男ばかり4人構成。席数は30席ほどあるが半数越えほどの入り。イタリアンとすると盛り付けに凝った料理を出しておられるので、一杯になるとかなり待たされそうな予感ですな。

メニューはアラカルトもあるが、プリフィックスのコースがお得なので皆そちらを選択されている模様。¥3900、¥4800のコースはパスタ1種、メイン1種をアラカルトメニューから自由にチョイスできる。違いは¥4800のが冷製パスタが追加になる仕組みだ。あとシェフお任せの¥6800が。暫し悩んで¥4800のをお願いしてみた。基本2人でそれぞれ別のメニューを選択でき、結果、色々なメニューを試せるのは良いのだが、一皿の量は少ない目、且つ分けてくれないのが欠点ですかね。

1_4

とりあえずの生ビールでぐびぐびプハーしているときに出てきた突出し。自家製のグリッシーニ(写真割愛)、それに写真の梨の幸水を生ハムで包んだもの。我が家ではメロンよりも好きな一皿。

2_5

思わず大きな写真にしたくなったパン。自家製?フォカッチャなのだが、水分を含んだ丁度良いムチムチ感で、ぽったりめのクリームソースにぴったり。茶色いのは粒胡椒と程よい塩加減で激ウマですな。量もしっかり。

3_4

野菜づくしの前菜。色々趣向を凝らしてあって芸が非常に細かい一皿。ベタな右手前のズッキーニのラタトゥィユ、手前中央のジャガイモ(インカの目覚め)のチーズ焼、右奥のオクラのフリットなどがお気に入り。お若いシェフの料理の説明も一生懸命。好感度大、ですな。

4_5

冷製パスタがこれまた凝っていた。枝豆のピュレ、それに牛コンソメで作ったジュレを合わせたもので上に乗っかっているのがドライトマト、黄色いのはコリンキー。周りに散らばっているのが生ハムをパウダー状にしたものでちゃんと燻製臭がする。工夫が空回りしておらず健康的且つウマウマな一皿。

5_2

スルメイカ、それにズッキーニが入ったタリオリーニ。量はかなり少なめだが2人でシェアできるほどだ。さらりとしたオイル系ソースでこれも健康的。周りのは最近レストランでよく見るフランス系唐辛子でそんなに辛くない。ま、これはありがちだがナチュラル的に旨し、な一皿。

6

パスタもう1皿にチョイスしたのは、ジャガイモのニョッキ。ペコリーノチーズを使った超しっかり系ソースでパンと激マッチ。いやー、想像以上に旨いですな、これは。1人4個じゃちと足らないが色々食べたい派にはピタリ。

7

メインは嫁、俺とも同じものをチョイス。鹿グリルのバルサミコソース。最近あちこちのフィールドで増えすぎて大変らしいので見かけたら食べる様にしているのだ。(ま、肉料理とすると脂分が少ないのが、単純にチョイス理由ですが。)

火入れはごらんのように完璧。甘いバルサミコと大粒ブルーベリーと一緒に頂くと癖も無く非常に美味。奥の丸いのはサトイモを使ったポレンタで、しっとり芋饅頭みたいなものだか、付け合せも面白い。

8

〆はチーズ盛り合わせかデザート盛り合わせをチョイスできる。手前、巨峰のジュレ、奥はレモンケーキと桃のジェラート。これらも驚くほどちゃんとしていて旨し。

      9
〆のドリンク類も豊富。紅茶好きな嫁は、ダージリンセカンドフラッシュを、俺は珍しくジャスミンティをお願いしたのだが上品な香り高いもので激ウマでした。ジャスミンティは結構好きなのですが、お好きな方はぜひともお試しを。。 うーんこれだけで好感度がぐんと上がりますな。

で、生ビーSを2、グラスワインを赤白泡取り混ぜ5種で〆て¥15000弱という、納得価格。グラスワイン類は¥800ぐらいからとあまりお得ではないのですが、¥1000でボトル持ち込みもOKだそうです。
料理のチョイスが全てウチのツボにハマるものばかりだったので非常に好印象。今のところ予約も取りやすいし、ゆったり食事でき、場所も便利なところなので、又、京都の夜に予約が厳しいときは使わせてもらいそうな予感ですな。イタリアン慣れしている人はぜひお使いを。

サルティンバンコ (SALTINBANCO)
住所:京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460 ベルメゾン 1F
営業時間:(火~木)11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
       (土・日・祝)12:00~15:00(L.O) 18:00~22:00(L.O) 月・第三火休
TEL:075-213-5046

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348511/27000147

サルティンバンコ@京都市中京区を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿